2020年08月16日

浮かんでは消え

残暑お見舞い申し上げとこう・と思って。

今年はまた「厳しく・暑い」ね。店も今日から連休で、おれはだけど、明日の3コマ収録に向けて、予習が残ってる。今日の医学部・数学の予習もなかなハードだった。人生で一番勉強してるかも。意味がわからない。


大学だけなら・楽勝。塾だけも楽勝。予備校だけも楽勝。Tutorも楽勝・なのだが、それが変なバイオリズムで重なって増幅する時が「必ず」ある。ようある。いまがそれ。世は休み。

理不尽って言うのだろうか?こういうの。


もうどーでもよくなってるっちゃなってるんだが、終わればすぐ・忘れる。まあ忘れながらも何かしら「改善のタネ」みたいなものが残り、アホなおれでもちょっとは効率など考えたりする・みたい。


ほとんど「無意識」の世界。5 hard daysはもう終わろうとしているが、もう4日分のことは忘れつつある。


しかし、暑いですね。殺人的な暑さ。40度ってなあ。気が遠くなる。外でんのも・怖いもんね。ちょっとおれたち・「冷静に」なって考える必要がある。ひょっとして「Olympiad」やってたんだよね。

「殺す気か@ダチョウ倶楽部」ですよね。アスリートにも観客にも審判チームにも被害が出てると思う。


なんかひどい世界・ひどい国になっちゃったなあ。明らかに20年前までぐらいまでの生活とは「格差」を感じませんか?酸素も足りない気もするし。息苦しいよね。マスクも一役買ってる。言いたいこともどんどん憚られる。さっすが、報道の自由度70位前後の国である。


誰かが「Olympiad ナンチャラwith Corona」なんて言ってたけど、それ辞めたほうがいいですね。「ガイジン」には「怖すぎる」からね。with Coronaとかユリコが言い出した時に誰か突っ込めよ・と思ったが流してたけどさ。『with』はあかんでしょう。いろんな意味を持ってるwithだけど、その使い方はどう見ても「intimacy(親密)」のwithやん。in love with youのwithでしょう。

仲良くなんて。ね。そんな刷り込みが「恐れを知らない・感染者」を産むような気もするのね。under Coronaぐらいに変えてください。


ニイヤン(新谷仁美)がOlympiadなしでもいいし・と言っていた。それに「賭けてきた」アスリートでそんなこと言えるのは大したものだと思う。為末くんとかとえらい違いである。そんな「ガス抜き要員」小銭儲かるんだろうな・とは分かる。


「英霊」と言う言葉、この夏も「乱発されてた」けど、英霊たちは「餓死」多かったんだけどね。他所から(中・韓に限らない)見てると、やっぱり精神的な「戦争の(と言うことは大日本帝国の)清算」が出来てないんだよね。Europeの国の(独伊以外)人など、空襲で甚大な被害に遭ってるのにも関わらず、なんで「2原爆」落とされるまで降伏しなかったのか?とかがよくわからんみたいよ。それとか「ソ連」に仲介を期待してた理由がスターリンが「西郷さん」に似てるから・なんて、もう頭ん中・ウンコだらけの実例があちこちに存在する。もうなんて言うの?天皇を中心にした「國體」という概念も、ガイジン誰一人分からんだろうな・と思うし。軍部が悪かった。統帥権がね、なんて話が「決定」みたいになってるけど、戦争責任者はやっぱり「国のトップ」以外にありえないけどね。

この暑さの中、狂う寸前の頭はいろんなことが湧いては消え・の連続だ。
posted by 浪速のCAETANO at 16:45| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。