2020年09月21日

バカレイヤー

「類は友を呼ぶ」から、知性のかけらさえなかった安倍晋三にはバカ子バエがたいそう集っていたけど、ガースーに「本気」で集るとするなら、知性のなさに関してならさほど変わらないが、今回の「腹黒さ」もその・類とするならそこに集るにはやや「憚られる」のではないかと思うが、その分、「安い苦労人話」に騙されるのであるから、こちらの国のバカにはレイヤーが何層もあり、手を変え品を変え、みたいに入れ替わり立ち替わり前面に出てくるなあ。
そんな感想をもってます。
posted by 浪速のCAETANO at 10:58| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。