2020年10月07日

To fu○kin’ citizens in Osaka city

「言いっぱなし」ではなく「討論の場」へ引きずり出せば、あんなやつ、すぐに馬脚を表すし、人の気持ちも醒める(冷める)んじゃないかな。
「喋れない」んだから、なんせ。

花を自分の席だけに飾った「御前会議仕様」で「お言葉会」みたいな事、やってたが、これ「不敬罪」ではないのか?右翼、怒れよ。

ひどさをもう隠すつもりもない、カムフラージュを「ほぼ」考えていない。それでほんまに勝算あるんだろうか?

ここまでは維新の後ろ盾の勘違いクソど田舎もんに関して。


こちらの国の様々な地域の方々が「大阪市民」のレヴェルでないことを期待するが、そこまでアホかなあ。大阪は「長年の対東京コンプレックス・に伴うルサンチマン・さらには阪神タイガース弱(ヤクルトよりは強いけど)」そんな三重苦の時に詐欺師ハシシタに光明を見てしまった(その時はシャーないが、そこからアップデートされてない)という不幸があるんだけどさ。

しかし、その子分たちが、あまりにしょぼすぎるんだけど、それにもまた「騙され続けよう」そんな信念を一部の低脳の人々に感じてる。

だがもうそっちは手の施しようがないと思う、正直。凝り固まってる。夢を見てる。夢を見てる人に「水」掛けるのは何かしら切ない。まあご自由に、というしかない。後におのれの不見識とマインドコントロールを進んで受け入れてたことに地団駄踏んでいただこう。失ったものの大きさにも責任を感じていただこう。簡単にいうなら「ハラ切れよ」だけど。


いや、低脳なんて言ってますけど、維新に騙される=低脳で良いんじゃないの?同様にガースーを信じる=すんごい低脳、これ間違いないもん。ここで、絶望感に囚われる。support rate ・over 70%というからもう、ほとんどの方が「気狂ってる」んじゃないか、そう思わざるを得ない。気持ち悪いし、怖い。

大阪の構造と国全体の構造が相似なのよね。山本太郎が大阪に張り付いてるのは「優れた嗅覚」であると言う他ない。

以前から言っているように維新は「新自由主義(わかりやすく言うなら経済的弱肉強食)」の先端に咲いた「徒花」plus ldpが「言いたくてもそこまでは言えない・やりたくてもそこまではやれない」ことをすんなり政策化できる別働隊である。大阪府市民をモルモッツにして。何やねん・おれらは?

ガースーと維新の親和性はもうldp ガースー派、と言っても問題ないぐらいのもの。

今回の住民投票は、こちらの国が最悪のグチャグチャの更なる事実上の「敗戦国」になるかどうかの瀬戸際。どちらが勝っても、勝った方が「モメンタム」を持ち、雪崩式にそちら方面へ大きく傾くことになる。最悪、大阪だけとは言わず、国を離れた方が(特に残りの寿命が比較的長い方は)身のため、そんな事態になる。必ず、なる。

最悪・の方が加速度大きいですよ。

ラリったままでアクセル全開、そんなことに例えられるかと思う。大袈裟な、とか言ってる人、言っときなさい。別に、同情もしないし、またこちらへの同情も要らんしね。もう充分「divided」なわけよ。意識の上での「住む世界」が、その次元が違うのよ。

自分で「積極的」選択してその結果、酷い目に遭ってるバカに同情要る?責任持てよ。経済的自己責任なんて、その責任から比べれば可愛いもんだよ。バカ集合体の意思でバカ集合体も含んだ全体を「悲劇に巻き込む」んだから。自己責任とか、どーでもいいのよ。そんな軽い言葉、どーでもいいのよ。自己責任ってむちゃ軽い。自己責任と他人にメーワクかけない・は同レベルの「ヒトをヒトたらしめない決定的要素である」。

いつからそんなエラなったん?キミは生まれた瞬間から「自己責任と人にメーワク掛けない」そうやって生きてきたんかい?と訊いてみたい。

あり得ないの。哺乳類だから。生物は「進化すればするほど脆弱になってきてる」もっと言うなら「自己責任から遠く離れて」きてる。

あのね、賢い人ならここで気付かなあかんことなんですが、ということは「自己責任」などという「不遜で傲慢な」意識などおれたちは「一度も持ち得なかったし」これは「概念上のお花畑でのお遊び」なのよね。

違うというバカ、じゃあ明日から「カエルの卵」になってみろ。もうほんとに気持ちいい「自己責任の世界」が待ってるよ。一瞬であなたの実存は消滅するだろうけれど。


だからね、今「自己責任」などという思い上がった造語(脳のお遊びね)を口にするヤツってどうしようも無い低脳ってことよ。そんなクソに影響されるなんて、アンタどんだけミジンコやねん、ですよ。ミジンコ、これから、この人間社会で生きれるかあ?ミジンコ脳遺伝すんで。こわいよ。

いや、あのね、まだそんなに「詰まってない」社会なら、つまりこれまでの社会なら「隙間」はありました。だから文字通り「生きる余地」があったのよ。だが、もう無理。無理でしょう。でも象徴的なことにこの住民投票ってさ、ニッチのない世界のニッチをも完膚なきまでに消滅させる、そんな意味合いを持ってる、そんなことに気付きもしない低脳が、ノリで賛成・とか許せない。お前らは「破壊者」なのだ、という自覚ぐらい持て。バカがいかんなら無知がどんだけ罪深いか考えろ、自覚しろ。そしてその罪深さに早く気づけ。


罪には罰が待ってるんだけどね。罰さえも虚しい「罪」ってさ、植松といい勝負。そのぐらいの罪を犯そうとしてる。

自覚ある?
posted by 浪速のCAETANO at 03:09| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。