2020年11月18日

さらっと、嘘を

コロナ禍、というのはこれからが「本番」だね。

もうおれたち「倦んじゃってる」から余計危険。

Virusには「感情はない」からクールにおのれの生活場を「無理なく」広げている。この数日の大阪の感染者の多さ、それって2週間前が感染時だとするなら、「クソ都構想」んときやん。バカが2人「どえらい」ことしてくれやがったな。そして「go to」などという馬鹿げた上っ面の経済対策。

原資はおれたちのポケットマネーやん。なんなん、それ。

もうどうしてもカネ出したくないのね。最低の世界の流れから「ズレた」政府・ということよ。

FRB、ECB、IMFでさえ、今は財政規律、一旦忘れよーね、と言っている。おれたちの身近なばかの「背後」にいる国家的バカが渋ってるよね。「新自由主義者」。

新自由主義とか国債とかは「なんか他の言い回し」が要るなあ。国債は「通貨発行記録(とってもニュートラル)」でいいが新自由主義はちょっと感情が入ってしまう。ちょっと考えてみたい。「クソ・とかがどうしても入り込む」からさ。


コロナの感染、秋冬に拡大するすると言われてたよね、散々。で、この有様だ。無策で傍観、そんな印象がある。大阪に至っては「バカ選挙」といった体たらくだったし。


もうldpや維新がやってることは「むちゃくちゃ」なのであって、全否定していいほどのものである。

東京がレヴェル4というなら大阪だってそんなもんでしょう。いや、自分のことを心配してるのだ。なんで学生が来ないのにハイブリッドなのよ?おれらだけが「リスク」に晒されながら学校行く、っておかしくない?人権に「差」があることにbooしたいわけよ。「使い捨て」とかいう言葉が頭に浮かぶ。


くそd通の「個人事業主」の話。いろんな保障も補償もいらん、と、まさにこれこそが「新自由主義的」である。おれも「個人事業主」。政府からの補償が「しょっちゅう」必要なんですが。

20年間のデフレの中で消費税を容赦なく何度も上げるような「DV政府」は退場していただかないと。一刻も早く。

だがね、メディアがひどい。今日もその現場を見た。NHKだけど。

世界経済がヤバい、と。で、世界の財政支出が1300兆に及ぶ、と。で、こちらの国のそれはGDPの4割、アメリカは1割5分、とそんな嘘を「さらっと流して」、次の話題へといきやがった。10倍もサバ読む、ってなんやそれ。「1984」を生きる、それもそう危機感を持たず、ってのはこういうことなんだよね。

ええ加減にセーよ、と思うのだが、これを嘘と見破れる人間の絶対数を考えると、かなり、暗くなる。山本太郎が倒そうとする敵の「層の厚さ」に言葉をなくす。
posted by 浪速のCAETANO at 16:56| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。