2005年07月12日

焼豚を作ろう。なんかやっとれんから。

 なんでテロやねん。といっても起こるものは起こる。
 ばかがひとり、自分のことを棚にあげて、延々メールしてくる。

 気が滅入るときは料理に限る。自分のためにめしを作る。これで幾度救われてきただろうか?
 
 豚ロースの脂乗ってるやつが冷凍庫にあった。自然解凍が間にあいそうになかったから、レンジにて強制解凍して塩・胡椒を全面になすりつける。卵焼き器がジャストサイズだったので、それを使うことにする。ニンニク二欠け手のひらで潰して、生姜なかったからおろし生姜をニュルッと出して余ってたネギもぶつ切りにしてオイルで炒め、香りがたったところで豚ロースの脂面から押し付けていい色にする。四面ともいい焦げ目がついたところで、ザラメと醤油、それと夕べの残りの赤シャンパンで煮る。すぐに水気なくなるから何度も足す。おっと八角忘れそうやった。小一時間ほど5分おきでチェックに行き、足りなけりゃシャンパンを足すが、あー、なくなっちゃった。酒にタッチして足す。ちょいと醤油も足す。味をみるがうん、いいいい。

 BGMも大切である。ゴールドワックスのオムニバスだった。スペンサー・ウィギンズがすばらしく、いい気分になる。終わって次はカルロス・リラにする。インタヴュー気合い入れていくぜ。お、なんとなく元気なってきたぞ。

 そろそろいいんじゃないか。端っこを削って口に入れてみる。おー、うめ〜よ。ラーメンやチャーハンのともにしようか、今晩これで焼酎でも飲もうか。ばかは許したろか。テロはそうはいかんが。
posted by 浪速のCAETANO at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック