2007年12月26日

07年末に1

 なんだか、TVなどを見ていると明らかに「年末ムード」で、まあ、あったり前なのだが、年末に向けてヒート・アップしていく仕事をしていると、しみじみ渋めのお茶など飲みつつ本年を振り返るなんて気持ちになれないことが20年間続くとなると、メンタルには非社会的なニュアンスが感じられ、たまに街中を歩けば「野良犬」のような気分にもなる。

 いい傾向だと思っている。ファミリー・マンでどーすんのよ。自民党支持者でどーするよ。カンケーないか。

 年末は息も絶え絶えに終わり、もうひとつの相対的大仕事を終え、はーはーぜーぜーと呼吸困難一歩手前まていきながら、カンフル剤のワインを流し込み、一瞬生き返り、また死にそうになり、またワインで生き返り、しかし、それによってモつ時間はどんどん短くなり、最後には倒れ込みなのだけど、ちょっと待てよ、それって熊野行きとおんなじぢゃん・などと、10回やってやっと気づいたりするバカがいた。

 「死と再生」ぢゃないの。儀式としては「ヨイ」と思った。もうどんどんムチャが出来なくなってきているから、やれるうちにやれることは・・と思ってはいる。

 今年の人文字は「偽」らしいが、「嘘」でもいいんでないかい・と思う。もっとストレートに。「嘘」がフツーでしょ。ま・嘘と偽はとっても仲のいいルームメイトほどの関係だからカタいことは言わんが、その手口のコドモ騙し度を鑑みるにショーミのハナシ・嘘・がいい。嘘ついたらおかーさんに怒られる・ってレヴェルがそこにはあって、そのまま大して怒られなかったやつがおっさんになって、コドモのメンタリティのままさほど責任も感じずにそんなことやってる感があったりするから。

 「嘘も方便」だが、嘘をつき続けるのって大変。小説書いた方がいいよね。

240x320.jpg「わたしたちに嘘は存在しない。非論理的だからだ」
「なるほど・副長」
posted by 浪速のCAETANO at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック