2005年10月28日

曾根崎デッドエンドストリート

<<去年の今頃のヒトリツウシンから。路地の再開発情況に特に進展はない。変化があるとすれば、自分か?>>
「2005年の11月6日、最後のデッドエンドストリート祭りです。ちょっと早いが忘年会的な。屋台・DJ・踊り・ライヴ・ワイン」

 いわゆる仲秋というもっとも気候のいい時期になってきましたね。
 お初鍋始めますからね。2F/ 3F要予約です。
 梅田の再開発。そんなもんしなくてもいいと思うが、金儲けしたい不動産・土建屋多いみたいね。やっぱり。そんなひとたちが考えること。「ビル建てよーぜ」
 トドムンド界隈も水面下で進行してたことが顕在化してきつつあります。沖縄そばもなくなっちゃったしなあ。新御堂側はどんどん切り崩されてきてる。この露地の1本北側のピンク系の店も多い露地は立ち退きが決まったみたい。もうすぐニュー・ミュンヘンとデッド・エンド・ストリートの店だけになるのだろう。この露地とかトドムンドの「ありえなさ」がひしひしと身に滲みますね。いつまでも、とは思っても時の流れには逆らえない。デッド・エンド・ストリートの土地を持ってる方がトドムンドの大家さんでその情報は前々から聞いていたんだけど、このデッド・エンド・ストリートだけはまだそんな話になっていなくて現実的に言っても最後まで残りそう。ただそんな時のことを考えると、けっこう興味深い。高いビルに囲まれて、トドムンド及びデッド・エンド・ストリートの店が営業を続けてて、昼間は廃虚みたいに見えるんだけど、暗くなるとどこからともなく人が集まって来、世界の音楽が流れ、料理が出され、ワインが何本も抜かれ、賑やかな歓声がこだまし、歌が歌われ、さまざまな言葉が飛び交い、それはさながらパリ5月革命の自治解放区のようでもあり、怒るやついれば泣くやつもバカ笑いするやつもおしっこ漏らすやつもいて、横ではネコたちが勝手にくつろぎ毛繕いをしながら、人間ってやつは・・・なんてクールな視線を投げかける。そんなことになればよろしいですなあ。

 街を面白くするには、これって案がおれにはあって、それは何かというと一時間に1本でいいから深夜にすべての電車を走らすこと。そういう署名活動をしてもいいと思ってるぐらい。私鉄・JR・地下鉄すべてに対して。街に活力が戻ると思うし、深夜の時間に限ってはきっと赤字にはならないと思うがどうか?
 赤ワインが美味しくなってきたね。それもそーだけど、赤でも白でもない「緑ワイン」を入れました。興味ある方飲んでみてくださいね。あとグラッパ。そしてシングル・モルトも是非秋にうまい酒だね。焼き牡蠣にタラモア・デュ−を垂らしたのを肴にね。プレモダンでモダンを、トドムンドおよびデッド・エンド・ストリートで越える試み、あなたもいかがですか?何のことかよーわーらんって人にはおれが今度説明したげるね。
posted by 浪速のCAETANO at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 路地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック