2005年11月29日

今日でちょびっと一段落

 なんだかずーっと働いてる。そのおかげでうちの中三のばかたちもだいぶ賢くなってきた。明日で期末テストは終わる。終わるが、終わるのは公立中学だけで高校生の期末テスト・後期の中間テスト(前後期制の学校も多い)公募のB日程にTUTOR、それに中三の進路決定に関するおかんたちとの懇談と気が抜けない。最近は必ず時事問題というのが社会や理科のテストに含まれ、「当ててやー先生ー」ということになり、社会は皇室の女性天皇・女系天皇容認の話。まさかさーやの結婚相手の名前なんかは出ないとは思うが一応「黒田さん」も押さえといてみたいな、ね。理科だと小惑星探査の「はやぶさ」と「イトカワ」かなあ、と無責任に言っておいたが当たるかな、当たれよ。
 生意気で斜に構えとったようなやつが、わからんやつに「こういうことやん」などと教えてたりするから、そういうときは今年もまあ無事に終わりそうだとやや安堵って感じ。今年も雰囲気は良かった。それに貢献してるのはいまだにだいぶアホだが、前の日騒ぎすぎておれからしばかれて当たりどころが悪く鼻血出て泣いとったくせに、次ん時「ひょ〜」などと言いながら入ってきて「せんせー、なんか食いもんないー」と全然応えとらんY部の存在が大きい。こいつだけは延々アホのままだが(数学だけはできる)、学校でも先生にはまーまー好かれてるらしく、内申がいいのにびっくりした。大阪の公立高校は内申重視のところもかなりあるから、こーなると性格も強みである。
 毎年のことだがこの時期は何かのピークに向かっておれとの距離もものすごーく縮まるなかなか素敵な時期で、期末が終われば冬期講習だし、たまにピザとってやったりとか、言葉の掛け合いもなかなか高度になり、「ちゅーとぱんつ」も一般的になり、あんなにアホだったやつらも何事かに真剣になってきている様子が伝わってくる。なんだか、そう簡単に諦めなくなってくるから不思議なのね、これがまた。
 こんな気持ちを延々味わえる(た)なんてことも根本的なことで人生厭にならない要素でもあったと、振り返ってみて思う。ヒトにモノを、おれの場合は原理的なことを教えるのがまあ好きだったのね。そして肝心な瞬間のために普段はバカみたいにしておくことも大切なことなのだ、ということも、ね。この時期になるともうほんとにいろんなことをやつらが吸収しているのが手に取るようにわかるからね。うちの塾の感じってなかなか言語化が難しくて、それが外部につたわらないのが難点なんだけど。かなりカルトな塾ということになるのかな。カルトなんていうと誤解されるか。マニアックな、でもないし、やっぱり難しいか。
 まあ次の生徒募集までにゆっくり考えることにしまして、まあなんとか今年度いっぱいは生きていくことができそうです。
posted by 浪速のCAETANO at 13:26| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「女性天皇問題」は歴史の知恵に学べ後篇
Excerpt:  昔、インスタントコーヒーのテレビコマーシャルで「違いが分かる男の」という宣伝文句があった。 これに茶々を入れたのがオーディオ評論家の故長岡鉄男。曰く、「違いの分かる男がなんでインスタント・コーヒーを..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-12-03 07:56