2021年03月04日

no ジタバタ

新自由主義においては「資産を運用できる者」だけが富んで行くことができる、というシステムだから、ここを根本的にぶっ潰さないことにはどう「死ぬ気で働こうが」それは「死ぬ」だけになってしまいますよ。

そのジタバタは「死を導く」ドタバタですから、やめたほうがいい。


ジタバタはまた「別の」局面で。質的ジタバタは悪くないですけど。


おれたちがよく犯す間違い。カネが偏在しているのは事実なのだけど、持ち過ぎたやつに「くそ〜」とか思うこと。

いや、通貨は「ゼロサム」じゃないから。

もう一つ、「我々の税金で食ってる議員が〜」とか。

税金で食ってる・「見かけ上」はそう見えるからね。そう思う気持ちもわかる。だが税収と例えば公務員の給料を結びつける過程というかそこ「blackbox」になってることと、池上彰をはじめとして、そっち方面のプロパガンダが垂れ流しになってることから皆さん勘違いしてると思うんだが、「税金は徴収された瞬間に・その『金額』は消滅する」んだけどね。それが回り回って、国の出費には回っちゃいないんだけどね。国の予算とかも架空の「収支」なんだけどね。

それは「ミクロ経済のフォームに似せて作ってみましたんですけど」な架空の収支。国の予算は「新たに通貨を『刷っている』の」ね。


だから、税制における「不公平感」の話で、太郎ちゃんも言ってるが「ないとこから取るな・あるとこから取れ」というのは「翻訳するなら」「(取るとするなら)あるとこから取れ」という意味である。もちろんそれは「ないなら取らない」ということにもなる。だから最も愚かな税・それが「消費税」ということになる。


早くこちらの国の人が政府の流す嘘に気づき、「覚醒」しないかなあ。ldpの嘘と倫理観の崩壊が眼に余るが、だからと言って立憲のポリティカリー・コレクトにがんじがらめにされるのも「たいがい」である。しかもldp以上に「緊縮脳集団」なのね。かつて「理路整然とした独裁」なんてことを考えたことがあった。それが誰を思い浮かべたかというとエダノンだった。あいつの話は「おもんない」。正しさ(too muchな・lawyerだからだろう)を根拠に生きてきたんだろうな・と思う。modeの切り替えがない。不器用なやつなんだろうと思う。それはそれで構わんが。

そう考えてくると、非常に「人材不足」だな・政治家って。政治屋だらけだな。モリキロウ的なるものってCabinet内にもある。モテギやセメント屋・人を見下す態度。あるいは在野の「人に諦めさせる装置」として機能してるホリエとかポッと出の成金たち。

おれたちはそいつらを「羨ましがる必要」はないのね。正しい経済・財政政策さえ取られれば「カネには執着なくなってて生きて行くだけのカネでいい」という方々には十分な収入が確保されるからだ。早くそうしようよ。

人としてのプライドも取り戻す必要がある。

新自由主義・自己責任の呪縛からいかに自由になるか。the spell should be broken.

犬や猫たちにも優しくなる必要がある。その気持ちと人のプライドの回復はコインの裏表だとおれは思う。

ソフトな「north korea」で合ってる。こちらの国だけどね。功を奏してるわけでもなく、おそらく身内でも評判悪いと思われるが、すだれハゲはそんなちょっと独裁的な手法を取っている。まあしかし持たんな。持たんけど、持ってることになるのが最悪だが。そんな気配もある。

国は「会社」じゃないからね。そんな基本もわかっとらん者たちのなんと多いことよ。いろんなところにいますけどね。

だからそんな「変な思想」に覆われた状況でのジタバタは「無駄」となります。死ぬことになるからやめましょう。死ぬのは勿体無い。気持ちいいこともあるからだ・生きてりゃ。


posted by 浪速のCAETANO at 10:15| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

国を円で満たす

F2(フランス・ドゥ)において前首相・サルコジが「追及」されていることを伝えていた。健全だ。そこ、KoreaもUSAもまだ健全と言える。

何もかも発展途上国並みのこちらの国。「発展した気がしたが早くも衰退国」が正しい。

治らんな・しかし、ここ。柔らかいautocracy・奇妙な国になってしまった。古代からの伝統とも言えるが。

だが「鉢はデカイが中身萎縮の『助詞』が間違いだらけの中小企業の社長かよお前・なすだれハゲ」は、その無能さを力で押し切れる_と勘違いしてるから、7日の「解除」はどうするのか「見もの」である。下げ止まりの首都圏・


一方、「解除」なった大阪。

第4波決定じゃないか?感染能力が1.5~1.7倍と言われる「いろんな変異種」に置き換えられる前の「谷」よね・いま。

昨日、aomi店長からの情報によれば、江坂は人が「え〜らいやっちゃえ〜らいやっちゃ」状態だったそうだ。吹田豊中は「完全解除」である。中津から江坂までは御堂筋線で10分たらずなんだけどな。

大阪はクソ維新が財界と結びついてしまってるから、経団連とldpの相似形がここ大阪にはある。


Todo O Mundoも本日から20:30酒終了・21:00閉店となります。

その条件は21日間で終了で、その後は22:00閉店となるみたいだが、ど〜かな〜?

おれは「戻る」とフんでるけどね。そこで病床逼迫が緩和されていることを祈るだけだ。

もう(というか以前からだが)オノレの身はオノレで守らないと。おれの中ではもう「20年ほど無政府状態」が続いている。アナーキー・in Japan。Japanさえあるのかどうか?弱者を救済しない国・政府って存在意義ないでしょう。

落ちてしまってからは「救い」ってないんだよね。落ちる以前に「救わないと」。通貨はこちらの国の人々を救う為ぐらいなら「ナンボでも」発行できるよ。しかもそれやると、ショボってる「需要」を補填・回復させられるよ。そうなれば供給も損なわれないよ。そうすれば緩やかなインフレが訪れ(hyperなんか・なるかい)、するとGDPがChinaと競れる奇跡の「V字回復」するよ。二度目の奇跡・起こせるんだけどね。

太郎ちゃんの言う「100000えん/person・month」って「見事な財政政策」なんだけどね。「1200000円/year・person」でもいいのよ。国を円で満たそうよ。

posted by 浪速のCAETANO at 09:29| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

Japan is on the 4 different plates.

「不気味だな」と思ってることがあって、それは奈良の妖怪の顔とかじゃなくて(そういうイラんfactを散りばめるのがおれのいいとこ・だはは)、何かと言うと『地震』です。

東日本の「余震」とされたこないだの震度6強・中央構造線の東端(和歌山〜長野)と西端・北海道・島根・北大阪・種子島・トカラ列島。ちょっと頻発(それも満遍なく)しすぎである。

Japan is on the 4 different plates.

全く異なるプレートの寄せ集めの上に土地がある・とはそれ自体怖いことでもある。おれはよく、左右の足が異なるプレートに乗ったままプレートが離れて行き、股裂きになることを思う。怖い怖い。マイナーを忘れると列島は、北海道・本州・四国・九州の四島に「分かれる」がその下のプレートを「透かして」見るなら、また異なる「分割」が見えてくる。

フォッサマグナ以東・フォッサマグナ以西・そして伊豆半島の三つだ。

フォッサマグナ以東はon 北米プレート。

フォッサマグナ以西はon ユーラシアプレート。

伊豆半島だけはon フィリピン海プレート。(伊豆半島の誕生はなかなか面白いのよ)

北米プレートとフィリピン海プレートをまとめてもう一つの太平洋プレートが押している。

東日本大地震は太平洋プレートの沈み込み。


さて、先ほどのごく最近の地震の頻発。「本命と言われてる南海トラフ(フィリピン海プレートがユーラシアプレートを押している)」のとこだけが「空白」なのね。そのことを不気味と言ってるのだけどね。

とは言うものの、南海トラフの南への延長点が「種子島・トカラ列島」である。地震は「地層が壊れる・砕ける」ですからね。


前回の南海トラフの地震はいつだと思う?

これね、やばい時に起こってるのね。それは1944と1946です。戦争負ける直前・戦争負けた直後、です。どっちも「それどころやないで」だったと思うから、イマイチ、こちらの国の人々ピンときてないと思う。どさくさに紛れて有耶無耶になってるわけなのよ。おれはこの事実を舞鶴で知った。12年ほど前に。

それから75年。歪みも「十分」溜まってるはず。

もちろん地震の「時間感覚・時間間隔」はおれたちのような「たかがどんだけ生きても100年」とかのショボさとは異なり、その感覚は地球年齢46億年のタイムスケールとまではいかないが、例えて言うなら「100年前=昨日」ぐらいのことでさほど間違ってる気がしない。だからおれたちが「阪神・淡路」のことを「やや遠い目」で思い出す・なんかとは次元がまた異なるのだよね。そんなん今午後やったら昼前のことやん・ぐらいかな。


だからおれが地震の被害に遭うかどうかなんて、地震の立場からしたら、ほんの瞬きの前後ぐらいかもしらんよね。ただし南海トラフが動く前には小粒の地震が「和歌山」で起こる。中央構造線と南海トラフの直接の関係はわからない。わからないが、南海トラフが動けばマグニチュード9クラスでしょう。長い天神橋筋商店街のちょっと離れた天満市場の酒場で喧嘩があって人刺されたみたいなことがあれば商店街もざわつくよね。この例え:合ってる?

ちょっとよくわかんなくなってきたが、たかがおれたち非学者としての「感想」をおれが述べるとするなら、地震は「意外なところ」で起こる・である。これがちっぽけなおれたちのたかだか25年の(since阪神・淡路)「エセ知見」。

ただし南海トラフに関しては定期的に起こってきたというfactがある。そこ・忘れてた〜・ではちょいサルすぎると思うのね。

最後にみなさんM7とM9のパワーの違いは何倍だと思われますか?

1000倍でした。な・な・なんと、だよね。


posted by 浪速のCAETANO at 01:10| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

田舎帰れ

鉢はデカいくせに中身が萎縮してんのかそもそも「小ぶり」なのか・そして質問で痛いとこ突かれて答えたくないのか、あるいはなんか知らんやばいこと聞かれたぞ・ぐらいしかわかんなくて、それに対する最適解どころか、掠る答えさえそもそもその小ぶりな脳には存在しないのかは知らんのだが、「はよ帰りたい・はよ帰りたい」ばっかりが見えて、「こいつはバカにも『程があるぞ』」と見た人々は思ったろうことは想像に難くない。

犬HK、犬のフリして「愚直」に最後まで流したね。そう言う「消極的」な反抗(犯行でもええが)・いいよ・なかなか。「いえ、総理閣下のご意見は『最後まで』airしなければ・と思いまして・・・」それでええよ。

「鉢はデカいくせに中身が萎縮してんのかそもそも「小ぶり」なのか・なすだれハゲ」は甘えている・おれはそう思う。

これまでは「スゴんだなら・おのれの主張が通った」のだろう。そのような「威嚇的non-verval communication」に頼って生きてきやがったことがよくわかる。

それは甘え・だ。

すだれハゲになってまで甘えんじゃねえよ・ば〜か。あのう・言うておきますが、「為政者」にはおれは「何を」言うてもええと思います。罵倒でも・身体的特徴でも・そこにポリティカリィ・コレクトなんか「要らん」。ただそれは「為政者の時」という「期間限定」のこと。前任者とかモリキロウとか退いた後も以前と変わらぬ「力」を持ち続けている輩が例外となるがね。それはしょうががないわ。それをどやこや言うお利口さんはお利口さんでいればいいだけ。世の中はお利口さんとばか者のmixtureであるから。おれは敢えて「バカ者」の立場を取るだけのことだよ。お構いなく。

怒ってる・のね。怒らないこちらの国のメジャーな態度がバカをつけ上らすのね。

まあええが。

要は甘えとる。すだれハゲは。お前歳幾つやねん?と言っておく。自分より脳の活動が活発な記者たち(昨日やっとジャーナリストっぽかったが)を相手に、力や威嚇が効かない・となったら「もう帰っていい」と。

田舎帰って、一生東京には出てくんな・と言ってあげる。
posted by 浪速のCAETANO at 14:54| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

真っ平御免

うやむやの国において「それまでは『復興五輪』て言ってたんだからね」それが「コロナに買った証の五輪」とかに変わってるの意識してる?

「コムパクト五輪」とかも言うてた。ムッチャ予算膨らんでるけどね。大バエ・小バエ「たかる集る」。

そもそも前回リオの閉会式でアベシンゾーが出てきたとき「ゲー」吐きそうになったんだけど。「yeah」な人多かったんだろうか?うやむやの国のmajorityのことはよ〜わからん。

そもそも「under control」の大嘘から始まって、「大中小」嘘を取り混ぜ、いっぱい嘘つかれた・つかれ続けてる。


ネポティズム。「伝統芸」になってない?ldpの。

太郎ちゃんが言うてたが、「利権=カネ」の匂いのするところにしか集らない・と。それはldpに限ることなのか「ldp+維新」のことなのか「ldp+維新+旧民主系」までそうなのか、それはわからない。わからないが、一般国民にもいいことだが、それに関わるにはその上前・あるいは中抜きに「美味しさ」がなけりゃ「知らんぷり」ってことでしょう。


G7において「鉢だけはデカイが前頭葉新皮質活動かなり低下のすだれハゲ(長)」は他6国がolympiadに「賛成」したかのようにこちらの国のメディアは御用メディアだから報じるが、「ウッソ」です。


コロナのワクチンやっと打ち出したそんなタイミングで「yes」な訳なかろう。時間の問題で、「わしんとこの選手・やめときますわ」ってなる。アスリート個人単位でもあるよね。


モリキロウは消えたが、橋本・小池に丸川って「お●んこ付きモリキロウたち」なんだけど。商業五輪にも限界見えてるでしょ。スキームが前世紀のそれだもんね。2025万博なんてもっとあからさま。正義とカネのまあ簡単に言えば「二項対立」。で、正義の側から「カネの誘惑」でもうとっても簡単に切り崩されていくのがおれたちなので。カネに弱い。

だが「カネ」はゼロサムではない・という真実に気づけば(簡単なことだが)もうちょい自由になれるのに・と本当に思う。それが理解できれば「justice」を貫けるのに。死ぬとき後悔しないのに。

おれたちみんなが「路頭に迷わない程度」にカネをばらまくことはなんともないことで、あのさ、もしこちらの国が「デフレ」30年も続かなかったならば、おれたちの収入・時給・果てはGDPに到るまで『2.5倍』になってたって知ってる?低脳は「いや・物価もそれに連れて上がるやん」とかほざくだろうが、「うんそうそう」だからお前は低脳やねん・ウフフ。

もしそうならChinaにGDPまだ抜かれてないかもね。

国内の「需要と供給」のバランスが保たれつつ、マイルドなインフレであったはずなわけよ。円は各国通貨(特に$・ユーロ以外に対して)に対して「高いまま」。今後おれたちの娘・孫娘世代がシンガポールや韓国・中国の中産階級の「メイド」ととして「出稼ぎ」にいかなくても済んだのに・ね。

もう遅い・遅すぎる。そして絶望的なことは、その原因が「緊縮経済」だってことさえわかってない低脳・多すぎる。それ「鉢だけはデカイが前頭葉新皮質活動かなり低下のすだれハゲ(長)」に匹敵する「低脳」だからね。まあ・国民と政治家のレヴェルは「even」というよくある話だが、笑えない。全然笑えない。


「痛みを伴う改革」で痛みだけが残り、「身を切る改革」での傷口は開いたままで、「構造改革」でこちらの国の良き伝統を潰しアメリカにbargain sale。その挙句に「プライマリー・バランス黒字化」だって。みなさんこの果てしもなく残酷なそれの意味するもの・わかってんの?


「税収以下の国家予算を組む」ということなんだけど。どうなるか?予算は現在の「半分」になる。するとどうなる?

社会保障なんて「なくなる」よ。優良企業の優良事業しか世の中には存在しなくなることの「恐ろしさ」ってわかるかなあ?低脳には無理?あっそう。

新自由主義などという「カビの生えた」古臭い理論に従ってること自体・もうこれから生きて行くのは無理。これは資本主義の終わりを導くもの。資本主義が内在する「超資本主義・のようなもの」によって自壊して行くわけです。その現場をおれたちは「そこにいなさい・そしてそれを体験しなさい」と言われてる。

おれは「真っ平御免」なんですけど。
posted by 浪速のCAETANO at 05:42| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

権力と寝ると・・・

オットセイを切れるかどうかって、狭義の政治案件じゃないけど、世界の中のこちらの国の立ち位置が「決定」するような感あるね。英国のジャーナリズムの格好の餌だったりするよね。

ていうか、全世界に「喧嘩売ってしまったオットセイ、おっとっと・オットセイ」

是非『サメの脳みそ・ノミの心臓・下半身オットセイ』の・というのを枕詞にして全世界で、いや正確にいうなら『サメの脳みそ(のまま)・ノミの心臓(のまま)・下半身オットセイ(だったが今は子どもアザラシぐらい)』の・モリキロウと改めてご紹介いただきたい。

ジジイが体現している「おとこムラ」はおれたちが育つ「環境」でもあったから、おそらく多くのおっさん連中(おれも含む)のどこかしらには残ってるに違いない。ただし、そこ「全開」していいというわけじゃないから。客観視して常に「おのれモグラ叩き」が要求される類のもの。

オットセイほどの「無反省」は天然記念物ぽいが前にも言うたが、意外に「実体数の多い」絶滅危惧種だったりする。ある意味「老人性社会性の欠如症候群」とも言えようか。「学ぶ機会」に恵まれなかった可哀想な生き物かもしれない。Closedな世界で生き続けられたことの報いでもある。

おれは今Singleであるから「かつてのFemale Gender Work」とされるものは全部する。Marriedの時も実はそうだった。「おとこムラ」の住人たちはそういうとこ欠けてるのでは・とフんでいる。「おとこムラ」の住人でアタマ悪いの・は何かの信仰のようにおとこムラの存続の根拠を感じてるのかな?とか思うが、「型」というのはなかなか支配的でですね、一度「家事」をルーティンでもいいので日常に組み込んでみたなら意識は変わる。オットセイ・と言うか子どもオットセイsにも言いたいが、「ゴミ出し」だけではあかんのよ。家事の王道を体験しろよ。

おとこだけじゃないから。

おとこムラに「寄り添うオンナ」が話をややこしくしてる。ldpの女ども、ほぼ全員そうで、大変メーワクであるよね。散々言うてるが、イナダとか奈良の妖怪とか三原ウンコとか片山(いつまでその髪型やねん)サツキとかすぎたみおとか、ルックスのことは今は言うたらあかんからもろもろ込みの表現をするなら、もうお前ら「すでに怪獣」なんだから、怪獣らしくもう少しひっそりと生きていただきたい。その姿形を見て「快・不快」を通り越して『怖い』から。ウルトラマンていないんやからさあ。怪獣はGender・Sexを超克する。お・名言かも。でもそれ・ええやん。違う違う、おとこムラにおいては怪獣ながらの「機能・Feminineな」がある。


もうちょっと厄介な存在がある。

それは「権力と寝る」ことで発散する「エロ」が1.5倍・さらに増量していくオンナたちがいて、いや・あのね、彼女らは「権力と寝た」その瞬間に「エロ度」が急上昇するのね。不思議だけどね。根拠?そこあんまり詰めないのね。詰めないほうが楽しいから。

資質にもよると思うが、三浦瑠璃姐さんや河合(150000000円)アンリ元議員の「エロ」って、これ単なる学者もどきとか単なるldpの議員とかをはるかに超えた存在感があったりする。(エロに関してだけなんですけどね)。条件は『権力と寝る』その一点。非常にメーワクなことなんだが、エロ度だけは急上昇。蓮舫議員にもちょっとあるかな・そこ。塩村文夏議員にはまだそれはない。石垣のりこ議員にはそれはある。楽しみだ(何が?)。


善悪の話ではないのね。Politically correctも全くカンケーなし。発散する「エロ」だけの話。最近、それが「増幅されつつある女子一名」それは山口真由。幸か不幸か。

でね、そのプロトタイプは何なんだろう?誰なんだろう?と考えてたらどえらい「結論」に達して、そして萎えた。


それは・・・・あの・・・・櫻井よしこ・だった・・・・・・。


気分は子どもアザラシだった。




posted by 浪速のCAETANO at 05:59| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

オットセイの・・・バカ

『サメの脳みそ・ノミの心臓・オットセイの下半身』を誇るモリキロウ。そう言えば首相在任時に「support rate 9%」のナイスな(というか当時は正確だったな・モリもない)record holderだったな。神の国・なんちって。

ていうか、なんでそんなんが今だに生き残って・偉そうに言ってるわけ?清和会・CIA・もうっ。

ただこちらの国に「自浄能力」が「確かにない」ことも明らかだったね。「NYT」が言ってくれておおごと化するわけでさあ。

要は「メンタル・クソウヨ」なのよね。ジジイのクソウヨ・クソウヨでジジイ。「サメの脳みそ」だから。「オットセイの下半身」は若干気にはなるけどね。

もうあんた・そろそろ・「子どもアザラシ」ぐらいに退化しちゃってるっしょ・引退すれば?ってだ〜れも言わんの?こちらの国の方ですが。「何が何でもやる」とかもう絶対なんか湧いてるでしょ・アタマ。誰か「羽交い締め」しないと・今すぐ。そこから「ドラゴン・スープレックス」で仕留めましょうか。


なんというか、「ジジイのupdate」てそんなにも難しいのかね?オットセイ・だけではない。うちの店にも「土人のクソジジイ」たまに来やがるけど今の70〜80sとか「なんの反省もしとらん」からね。もう「いろんな意味で・このまま逃げ切る」に賭けてる風なの・丸わかりだったりするのね。斯様な土人の生息が散見される@中津なのだけど。大抵被害に遭うのはaomi店長であるが。そっち方面のハラスメント遭いやすいなんかしら持ってるんだろうと思うが、まあいまは「休業中」ゆえに、その心配も休業中ではある。


オットセイの仲間・は「一定数」まだいる。話長いのは「お前ら」よん・おんなじこと何回も言うし。
もう一つ、オットセイはウラではアベ、ユリコ、すだれハゲとは「固く」結びついてるからね。オットセイがすだれハゲのspinになっちゃ、事を見誤るよ。


本日から「予算委員会」だけど、コロナ関連法に「ldp・skg・クソ維新」とともに賛成してしまう立憲が野党第一党と言うこのクソ状況も「脱力」だ。


posted by 浪速のCAETANO at 10:49| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

リアルな近未来

全国的に感染者数が「本当に」下がってるの?本当に?

おれは『artificial』だと思っている。勝手に思っている。ほっといて。

東京・神奈川は「追跡」を放棄したんじゃなかったっけ?

すだれハゲは東京500・大阪300が「目安」と言っているが、いやいや大阪・今日は215とかそんなんやったよ。クソジンのいうunder300*7daysって意外に「あっという間に」実現するのでは?東京500・大阪300でまた緩めちゃあかんやろ。

第4波、自ら招いてどーする?サルなのか?

サルの前のめり・と言ってあげる。


庶民は「ツール」か?虫けらか?『Yes』と高須クリニックの親父が言った気がした。。


そういうことよね。バカ政治家達の「駒=ツール」として「替えのきく」群衆の一人、名前のない、そんなことである。

石原伸晃や白鵬は5万人抜きで「ちゃんと入院」できる。

すでに「階級化社会」が出来上がってる・が正しくないかな?こちらの国。ただややこしいのは、富裕層と一部のビンボー人が心情的に結び付くとこ。これは「中途半端」な国に多い現象。まあそうは言ってもアメリカとかもそうだったんだが、てことは世界的な現象なのだろう。

何かを誰かに「託す」そんなことかな。

そんなvirtualで生きれれば世話ないよ・とも思うが、現実に向き合いたくないというか、できるだけ現実から距離を置いておきたい・そんな子ども達と接していると、その「罠」はあるとき自分が「自覚」した瞬間がヤバいかも知らんね。人がどこに「帰属」するかって「選択肢が貧困」。

ハンガリーほどのレヴェル。こちらの国って。おれの私見ですが。知ってるハンガリーの現状?内政的に見たらね。俯瞰するならアメリカとその核の傘に覆われてる・そんなmore serious背負っちゃってるけどさ。

余計ややこしいが。

「アーミテージ・レポート」読んでみた方がいいよ。その通りにこれからはまた動いて行くからね。jbは内政の沈静化でてんてこ舞いになるかも知らんが、そのバックは「ヤル気ー学園」・なので。

何をやるの?

へへへ、chinaとの戦争に決まってんじゃん。その先兵として自衛隊が間違いなく使われるからね。あらららら〜と言ってる間にそうなります。

アメリカは(その政治がという意味では厳密には違うんだが)「仮想敵」が必要で、あいつらの厄介なのは「仮想敵」が「リアルな敵」になっちゃうことなのね。もうすでに「次のターゲット」はchinaです。こないだまでは「イスラム」やったよね。ただ、今のchinaは当時のアメリカのにとっての「旧ソヴィエト」ほどの国力になろうとしている。一筋縄ではいかん。試さないと。but how?

ええのがおるやん、太平洋の向こうに。元ユーラシア大陸やったくせに、ユーラシア大陸を嫌ってる「夜郎自大」なバカ国が。そいつ、アホやからわしらの51番目の州とかなりたい・なんちゃって。今だに「地政学」が分かっとらんサル達だから、そんなに「いうこと聞きたいんだったら」試しにあいつらにやらせてみようか、わしら、痛くも痒くもない・だから。

近未来ってそういうこと。


posted by 浪速のCAETANO at 04:06| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

じんわり大災害

節分だが、最近はそういうこと「アホらしくて」やんなかったが、お袋にはアクセントになるな・と思い「恵方巻」を買いに行く。

「緊急事態宣言」が続いている。なんか「減ってきてる」。不思議な国だと思う。その調査・artificialってことないよね。減り方がシャープすぎてやや驚く。」であるなら、このまま「ゼロコロナ」まで持って行けばどうだろうか?

アホの吉村は「大阪は独自にfewer than 300*7daysで宣言を解く」とか言い出している。バカめ。こういうの「悪目立ち」である。クソ維新の「タチの悪さ」が集約されている。何度でもいうが、あいつらは「新自由主義の先端に咲いた『徒花』」である。妖しく咲いてるんだけど、その妖しさ(怪しさ)を見抜けないjapanese多い。民主党に騙され、アベシンゾーに騙され、すだれハゲには騙されんかも知らんが、その分・クソ維新に騙される。もうこれ「既定路線」であるね。北九州の市議選においてldp(ー6)でクソ維新(+3)というのがわかりやすいですね。「身を削る」とかいうフレーズに反応する・とかアタマ「ユルすぎる」わけで、マクロ経済とは「ゼロサム」ではないのをこれがなかなかわからない。バカ経済学者@慶応・池上彰・枝野幸男(もっとおるが)、こいつらの、マクロ・ミクロ経済混同のおかげで人は「覚醒せぬママ」である。罪が重すぎる。


TVしか見ない・という🅱️層の人たち、すだれハゲの「自助・共助・でもって公助(って生活保護らしいが)」をどの程度「受け入れてる」わけ?「絆」って牛を繋ぐ「紐」のことやで。社畜の人、これを会社への忠誠のメタファーと見たりはしないの?

生活保護まで行っちゃったら、もう「帰ってこれん」よ。その前に政治は人々を助けないと。

ldpのアホ達が、離党になったけど、あいつら、「クソ庶民どもは自粛・おれたちは特権ありでおねえちゃんと飲みに行く・ククク」こんなメンタルやろね。もうわかっちゃったからな。だが、倫理的には(ネガティヴな意味だが)これらのバカ達・「アベシンゾー」には足元にも及ばない。

なんかさ、「善悪の基準」もまたグダグダのガタガタなんだよね。


だが、「ロックダウン」と「検査の徹底」しか(あと・ワクチンもあるこたあるが)optionないでしょう。これが一年間の蓄積された「知見」ではないのかな?そうだろう。いまが「ロックダウン」中であったとして、感染者数が下がり、しかし、下がりきらないうちに解除されたとき、また「同じことの繰り返し」になるのは目に見えている。ワクチンは強制することは出来ないわけで、おれも嫌だし、でね、そうならこれまで「やっていない・検査拡充」を一回やってみてはど〜なのよ。幸か不幸か海外のような「桁違い」の感染者ではまだない。「早く検査拡充」を。もうすでに、「阪神淡路」や「東日本」の死者超えたんじゃなかった?

『大災害』だよね・これ。
posted by 浪速のCAETANO at 16:17| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

若者の人たち・えらいことよ

国会を見てたが、思うに、「公に・国民を殺す」と宣言してるようなものだな。

カネ・出さないなあ。カネに関する事には「渋る」なあ。一つは「総選挙」用に「給付金」は「とってる」ね。総選挙直前に「皆さんに10万円」でしょうね。ナメられたもんだ。

そんな餌・もう手遅れなんだけどね。「焼け石に水」にしかならない=さほど集票効果ない・と思うがどう?

政府による国家の壊滅・そんな現場をおれたちは目の当たりにしてますね。こんな珍しい体験、後世に伝えたいが伝えるには生き延びる・が必要って知ってた?そこ・微妙である。

もうアホなのか・悪意を持ってやってるのかが「よーわからん」ほど、ひどいけれど、おそらく「後者」。意図されたものであるね。次から次へと出てくる「ショック・ドクトリン」がそれを裏付ける。

すだれハゲの「空虚さ」に怒りを通り越して呆れるを通り越して、あいつに人間の感情を取り戻させるには何だろう?

「痛み」ではないか。

往復ビンタ〜毛毟る〜両鼻の穴に注射器で水〜スタンガン〜色々ある。

恥の概念のないジジイには「効果的なものが」あんまりないが、ミソジニスト的な心情は残っているみたいだから、そこはやっぱり蓮舫に網タイツ履いていただいてブーツ履いていただいて(望月記者でもええが)ブーツのヒールで股間を踏みにじられつつ、言葉攻めされつつ、惨めに射精するぐらいの事を味あわさんとあかんよ。イナカもんにはそれ・効くと思うよ。


あいつらの狂ってるとこは「供給能力を毀損させてる自覚が」あるのかないのかよくわからんとこ。あるなら「悪意」でないなら「うすらバカ」ということになる。どちらにせよ「お前らが」国賊・売国奴、という使いたくない言葉を使わざるを得ない。史上最低をKoizumi〜abe〜すだれハゲとどんどん更新している。もっとも・過去の積み重ねがあってそれぞれ随分「風化させて」くれたから、壊すのより簡単になっちゃってるんだけど。


供給能力を毀損して縮小させるmeans通貨発行量に制限がかかる・である。GDPは半分ぐらいに落ち、アジアの中の「最貧国」になってしまうだろう。いや・これマヂでよ。他のアジアの国・勢いあるよ。おれは長年留学生と付き合ってるから、それ実感してます。キミらより百倍・情報量多いからね・いうとくが。若者は国外に「働きに」いかなくちゃいけなくなる。例えば「メイド」として中国の・韓国の・タイの・マレーシアの・シンガポールの中産階級の家に住み込みで雇われる・なんてことよ。その競争率も大概である。

そんな未来が待っている。それは「嘘やん」ではなくて、あり得るのね。人は「よりお金持ちの国」へ流れるもの。

それを「決定づける」そんな「意気込み」の現政府であるよ。その意気込みは「やる気のなさ」として表面化してるが。若者に大変同情します。もうちょっと・しかし「賢くなって」ldp以外に投票することだね。それ・ここから先は本当に「自業自得」の世界だよ。よく考えないとね。
posted by 浪速のCAETANO at 17:50| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

potential of democracy

「ショック・ドクトリン」大全開で「呆れている」。こいつら、みんな落とさなあかんわ。

クソldp。

罰則。奈良の妖怪(ほんま・ゲー吐きそうなほどキモい)が国旗を毀損したら罰則・とかほんま気狂ってる。外国の国旗を毀損したという場合は、そりゃ国際紛争の材料になるからね。だがおのれの国の国旗を・・・・というのは『Fascism』に限りなく近いと考えるがどうだろう。それをコロナ禍の下で行う。

あり得ない。いいよいいよ、バカウヨはバカウヨの考えて生きれば。おれの近辺には寄ってくんな。ちっちゃな脳で生きてちょーだい。

東京の感染者「973人」・お・ちょっと下がってきたな?とか思ってる人50000000人ほどいると思うが、おめでたい・おめでとう。

検査数が1894人て知ってた?陽性率『50%』やん。恐ろしいことになってきた。大阪はその東京の「二倍の死亡率」である。なのに、まだ「実質都構想」の法案を進めているクソ維新とクソ公明。それ通りそうなのよね。クソ公明の「寝返り」で。


もう無茶苦茶。あっちもこっちも。

今日新幹線の中で国会(参院)を聴いていて、すだれハゲ・追及に慣れてないから、これからボロどんだけ出すか、そんな「暗い楽しみ」が見つかった。蓮舫・今日は「いい仕事」したね。望月記者の「リヴェンジ」ぜひ。「カス」みたいに言われとった。もっと言われて当然である。「自助の後は生活保護で」って、こいつ、ほんまに「毛毟って、鼻の穴に指突っ込んで、抜いてすぐ口の中に入れてあげたい」。明日は森ゆうこ議員である。こちらも期待する。アホで権力持ってるやつが「ボロクソ」これはエンターテイメントである。何か・間違ってる?いや・だから「暗い楽しみ」言うとるがな。

ldp内部から見放される日も近いと思うが、まだまだ〜。もっと「ぐい〜っと」支持率下げないと。

だがしかし、笑い事で済まされない。クソアベの燃え滓みたいなオヤジが、言葉もよう喋らんくせに、「処罰」の連打を目論んでる。いや、そこをサンドバッグにさせといて・かな。その背後で・かな。とにかく、「ずるいこと」には最近ほんまに頭回るのが「ldpとクソ維新」である。


総選挙がある。この事実をこんなに「頼もしく」思ったことはない。全員『落とせる』んだよ。スガでさえ「ただのすだれハゲ」にできるのよ。奈良の妖怪だって「ただのキモいババア」にできるのよ。

「選挙の可能性=民主主義のポテンシャル」とも言えるんだよ。その権利をおれたちは実は「ほとんど行使したことがなかった」。ここ・「千載一遇の機会」だと思うのだがどうだろう?








posted by 浪速のCAETANO at 16:53| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

ただいま「変身中」

びっくりした。空港とかでの「水際作戦」の検査率って「5%」らしいよ。

そりゃ・入ってくるよな。その検査は「抗原検査」だしね。

イシハラくんが、感染して無症状だったが「入院」したね。まあ、ldpだからとかは置いといて、「感染が判明したなら無症状であったとしても入院」が正しいことが「100歩譲っても判明した」ということでいいよね。


みんなにそうせ〜よ。そうしてよ。


もうさ、『0』になるまで緊急事態継続しか無理でしょう。お店だけではなく、各個人に月10万円・半永久的に。これでどうかしら?

もちろん医療機関への補填プラスbonus・たっぷり。アメリカは600兆だけどね。

財政破綻するとかいうてるバカ緊縮(慶応系)学者、あと法政の小黒とかもおるが、こいつら「死刑」に値する。実際それで人は死んでいるからだ。パソ中・あほキンソンらは「八つ裂き」じゃない?

経済学者が「管理通貨制度」の理解が足らん・でどういうこと?おそらく彼らの「師匠」がアホだったのだろう。高橋是清とかをどう思っているか聞いて見たいものだ。ケインズを「否定・曲解」した新古典派の方が「new」とかいまだに思ってるのだろうか?ネオリベってや〜ね。


従来型が変異型に置き換えられてる「まさに最中」ではないかな・今。欧米に学ぶということも何だか・しない。アホである。「まだ面の広がりじゃないですし」とか呑気なことを言っている。言いつつも現実は「トリアージ環境」だが。バカなのか・悪意に溢れてるのか?

英国のリードタイムは3ヶ月だったよ。変異型が「完全優位」になるまでに。

何が推測されるか・というと、おれの関係で言うなら「新学期もまた・リモート」だということだね。南ア・ブラジル型Virusは抗体をすり抜ける・とも言われている。


あれだね、コロナは「収まらんね」そう簡単には。そう考えるのが「自然」だね。倉持くんは3・4年と言っていた。現場の医者としての実感から出た言葉は「重たく」受け止めざるを得ないですね。

あの「コロナの時代」と後で振り返ることになるのだろうが、振り返ることができる人数もまた「間引きされる」わけよね。何人減らしたいの?


本格的に寒いのか・あるいは春っぽい日も続くが、もう「風邪引かないように」という文言が「なんだかよくわからんもん」になってきたね。風邪=旧型コロナ、なら「別に」という感じです。





posted by 浪速のCAETANO at 09:40| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

Progressive

前掲のBernie Sandersの意見。

アメリカのDemocraticの中には「中道」と言われる人々と「Progressive」と言われる人々がいる。山本太郎と枝野ぐらい違う。

「中道」と言われるのはオバマ、hc、jb、khらを思い起こしていただければいい。その「言葉」は素晴らしい。感動的ですらある。が、それだけ。

で、本音は「資産家」の味方である。dt信者が「ディープ・ステート」なんて言ってる集団は、そこと「さほど」齟齬はない。

おれはBernie Sanders,そしてAOC in USA、山本太郎 in Japan を支持する。て言うか、ほかに誰がいんの?そこよくわからん。

その「中道」の人々は「globalism」というか「アメリカン・スタンダード」ですけどね、それで世界を覆ってしまう、そういうmovementにかなり貢献している。

dtが、jbがとかいうこちらの国の短絡的なTVにおけるいろんなバカたち発言は、Democratic内の「中道」とRepubrican内の「ldp右派 or 維新的なもの」しかないかのような印象を与える。misleadだと思う。

まあ、「Bernie やAOC」はアナロジカルに見るならこちらの国のその対象は「どうしても」山本太郎を持ってこざるを得ない。だからこちらの国のメディアにおいては。そこ、事前に「申し合わせ」があるのだろう。国民が山本太郎がこちらの国の「Bernie でありAOCである」ことを気づくのを恐れて。

おれはそう見てる。見てる、というかだね、政策で見たら「ほぼ同じ」だよ。

彼らは「Progressive」と呼ばれている。プログレ・だ。

dt支持者には「Communist」なんて罵倒されたりしてるが「Communist」が罵倒のための用語か?はようわからんが。ただ’ 「Communism in USA」という現象は興味深いよね。

CapitalismにおけるSocialism的アプローチしかない、おれも思うもん。固定しちゃあかんのね。「常に微調整しつつ左右に移動させる」がいいからね。

洋の東西を問わず、globalismだからだけど、dtの政策とBernieの政策は先っちょでこんにちは、しがちなのね。「共通の敵Globalism」ということだ。


4年後、AOCに期待してる。こちらは太郎。新時代の日米関係というのはそんなぐらい「Progressive 」じゃないと。そう思うからさ。


posted by 浪速のCAETANO at 13:38| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

白ひょっとこ・黒ひょっとこ

山本太郎の「精度の高いモノマネ」によらんでも:

『日本円で借金してるだろ?日本円刷って返せばいいじゃない?』「白かった」時代のセメント屋の発言。マクロ経済と自国通貨の発行権をわかった発言。極めて真っ当な。

それが:

「政府の給付金は税金から出してるわけじゃない。国債という借金ですよ」「黒くなった」セメント屋(残念なことに・今)。慶応のバカ学者並みになってしまった。


ほんとザンネン。

ひょっとこに何があった?顔面が歪んでくると脳も「捻れる」わけ?単なる老人性痴呆症?どっち?白かった時代の発言(エラそーだが・そこ一緒)を部屋に閉じ込めてloopで見せ続ける・そんな拷問が思い浮かんだが、どうだろう。

それほど「ministry of finance」というのは『そんなに』恐ろしいものなのだろうか?だろうね。おそらく、その指示はもっと上の方から出てるね。もっと上って何?「宗主国の『どこか』」ということだね。アメリカ政府・ということではない「どこか」。そんな「いびつな支配関係」になってしまってる。ここ・もうちょっとイラうの難しいんだろうな・とは予想つく。太郎ちゃんのハードルをさらに高くするもの・小沢くん・角さんを「排斥」したもの。そういう「力学」的何か。


何ちゃら会議・日米なんちゃら委員会、そんな固有名詞がチラチラしましたが、それだけじゃない。JFKやRKは暗殺されたがこちらの国でも石井紘基が暗殺された。その闇の深さと暗さは専門家にお任せしたいね。しっかり本書いてね。「特別会計の闇」ですよね。『別建ての会計』ね。『国会で承認せんでもいい』お金。不思議ですね〜。


戦争やってる時に当然税収で賄い切れるものではなく、じゃあどこからお金が?と誰でも不思議に思うでしょう。『満州システム』の応用。特別会計の中には「建設国債」なんかもあるよ。高速道路・新幹線・原発・リニア・万博などね。あんなん一般会計『100兆ぐらい』では到底賄いきれません。今で500兆超ほどあるんじゃないかな。だから「お金はあるんです」。特別会計用の「借金は無尽蔵」なのに「一般会計の借金は国民の負担」とか論理破綻してるよね。ここは太郎ちゃんの言う「みんなに毎月10万円」が実は[not a dream]と言うことの根拠ですが。


いや・だから、セメント屋の「転向」というのは何かものすごい「力学」によって本格的にがんじがらめにされ、そのがんじがらめが「固定化」しちゃったような印象がある。愚かにもスタンドプレイにより「財政の真実」を口走ってしまったセメント屋も、もう「暗に」その命・家族・財産が自分では自由にならんのだろうね。首根っこ押さえられてる・「命・家族・財産」を人質に取られてる状態にあると見るのが「論理的推測」だろうね。


しら〜っと「真逆のこと」を「同じ態度」で言うというセメント屋の「役者」ぶりもまあ大したものだが。いや・底は割れてるけど。ひょっとこの「態度の硬化」は何かしらおっさんへの「圧力」が増していることを伺わせるものだ・とおれは感じてるけどね。

「ナイ=アーミテージ=グリーン=オースチン」のJ Handlersたちの復活もそうなのだが、「CSIS」というアメリカDemocratic系のシンクタンクがこちらの国の政権と「直結」することの方がおれは「ヤバい」と思ってる。CSISというのはセメント屋の「こちらの国の水道民営化するよ〜」やチン次郎が「セクシ〜」発言したところですが。あれdtがpresidentの時は「力失ってた」んだけどね。jbになってまたldpと直結すると元の木阿弥となる。Democratic内の『Progressive』たち(BernieやAOC)とは「違いすぎる」からね。


結局、「グローバリズム」の網の目の中に「再編成」されて行くのがこちらの国の運命なのである。それに体張って抗おうとする人々は(政治家はでもいいが)、そこまで根性決まってるのって「彼」しかおらん・ということになるわけ。今・野良犬やけどな。




posted by 浪速のCAETANO at 08:52| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

試験を作りながら

Washington D.C.緊張が高まってるみたいだね。こちら時間の本日夜ですね。(正確には21日2am)

何かが起こるのか?であれば何が起こるのか?dtは現場にはいない、それが何かを起こそうとしている人々にどう影響するのか?

だが、思うに所詮は「他所の国」である。こちらの国の現状があまり自分に影響を与えない、そんな立場にある人々(おれの友人にもいる)は「娯楽」としてのアメリカにものすごく興味があるみたいだが、おれはdomesticが大事。いいなあと思うのは財政出動の規模が600兆ほどになる。そこはすばらしい。こちらの国の約10倍以上である。この数字が正しいのね。「盛った」数字が流布してるけどね。

ショック・ドクトリンの嵐であると思う。災害便乗型の政策を「この機に乗じて」というのが丸わかりなんだが、わかりやすいのは「ディジタルによる管理」「マイナンバーとワクチン」ね。かなり強引に進めようとしてるね。だが15%という普及率が示すように、みなさん「なんとなく信用できん」と思ってるもんね。

ほんとにldp内にはロクなんおらん。今回の選挙は「一掃する」チャンスなのだけどね。どれくらいその気持ちって共有できるんだろうか?此の期に及んでも、まだフラフラと・あるいは癖でldpへと入れてしまうのだろうか?

sjbが「いいヤツ」かどうかはわからないし、カマラ・ハリスがsjbの任期中にthe first female presidentとなってまたどうなるのかもわからない。「divided」な現状はDemocratic にとってもうまくない。何よりもコロナを収めることが1st Priorityなのはどこの国も同じ。ん?なんかそうでもないような気がする極東の国ありましたけどね。その極東の国は政府に全く緊張感がなく、ショック・ドクトリン独走中である。かわいそうね・おれたち。電気が足らんとか言ってるのも「眉唾」で聞くべき。その先には「原発」復活の目論見が必ず「付いてくる」から。


さて、バカ田大学の後期試験を作っている。一つ出来た。あと一つ。


来期の予定も考えなきゃいけない。いろいろ思うところがある。

コロナが終息するとは思えないし、一時的に収束し、またぶり返すの繰り返しであろうことは予想できる。おれたちはアホだから、気を抜いた時に、かつての日常に戻れるような幻想を抱きがちだ。だが、そんなことはもうないのだ。少なくとも2021のうちには。

で、どーすんの?である。そーなのよ。offerはある。ただし、survival は大事だが働きすぎはあかん。音楽の時間が取れなくなる。働くために生きてるわけじゃないのだ。まあカネは以前ほどはないが。だがクルマが5台あるとかじゃないのだ。オソボロイタ車が一台あるだけ。駐車場もタワー式に替えて一万円ほど安くなった、だはは。中津、ええ加減にせーよ、である。なんで3マンやねん、ボケが。

最もボケはpm/governor/mayor だけどね。だが、此の期に及んでも緊縮を言ってるヤツらは「国を滅ぼそうとしてる」そんな意味では「同じ」です。とりあえず野党が「消費税0〜5%」飲めなかったら存在意義ないです。山本太郎の「食わず嫌い」も解消せんといかんよね。そこ、一番。

政策読んでみたらいいねん。中途半端に学歴とかあるとなんかあかんみたいだね。おまえら如きのプライドなんてどーでもいいんだけどね。自分のことしか考えられん人間て大変厄介であるし、ヒトの条件満たしてないんだけど。そしてそれ、ものすごく「短絡的で・長期的視野に欠ける」。要は「頭悪い」。おれは「死んで」と言うが、山本太郎は「そんなあなたも救おうと」してくれるよ。


さて、後期試験もう一丁いくか。






posted by 浪速のCAETANO at 11:57| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

今・第一幕

それ自体はなんの危険もない「検査」は渋るが、(あちこちで死亡例が報告されつつある)ワクチンはガンガン打たせたいって、「利権」としか思えなくって、でその担当がなんでクソ河野なの?

これ「第一幕のシナリオ」かな?そこには「ただの風邪論者」も仇役で出てくるよね。

最終幕終わった頃、人口半減かな/だね。
posted by 浪速のCAETANO at 08:11| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

SFの側から現実を見てる

それが「効果を持つ持たない」論議はおいといて、「今・自分が『negative or positive?』が分かること」がなぜあかんのか?

最初からズレまくってるんだが、その後に修正されることなく、トンチンカンの連打でそのズレは135度ほどにも「開いている」。

なんか「めんどくさくてやりたくない」そんな「本音」が透けて見えるよね、こちらの国の政府だが。だから後手に回る。本日やっと国会が始まる。と言っても「所信表明」があって、本会議の代表質問があって、予算委員会まではまだまだ時間がかかる。

トロい。


東京・その周辺の人出を見てると、収まらないだろうと想像できる。「無症状の感染者」にはおれもなりたくない。自分が「N or P」であるかは知りたい。検査をしたからと言って、その時点の「N or P」にしか過ぎないよ。そんな冷笑系の意見もあるが、であれば何度も検査すればいいじゃん。底には「カネ使いたくない」のが透けて見え、それを擁護する側の「バカ医者」と政府擁護の「馬鹿ウヨ」の「合理性のない」しかし、束になってのプロパガンダに溢れてる。

京大系の「おれの方が頭ええ」みたいな変なプライドの発露みたいなものも見受けられる。言い切るのはどうかな?頭ええかどうかは知らんが。

pcr不要論者はとりあえず「本庶先生」を論破してからだね。

そしてワクチンよりも治療薬の(アビガン)承認を渋ってるところも何かしらの利権が絡んでることはチョンバレ。ワクチンは危険を感じるよね。事実ノルウェー当局の発表で1回目のワクチン摂取で「29人」の死亡が明らかになった。ファイザー製。当局は「関連を認めている」。こんな情報、こちらの国の何%の人々に届くのかどうか?地上波においては「かくせ」との指令が出たらshut outされるだろう。これが現実。


無症状の感染者は「犯罪者的」であることの自覚も必要か・とそんなphaseである。自分が母親を殺すことになる直接の原因にはなりたくない。危険の中での「安心」が安価で手に入らない・とても「新自由主義的」である。政府の存在意義がどこにも見えない。どんどんアナーキーへと近づいてること皆さんお分かりなの?

どこの国でもやっている拡大検査・これ一丁目一番地のはずなのだが。「それ」がやられていないこちらの国のある意味「SF的」な状況があることに「SF内」にいるとよくわかんないのかな?など思ったりする。




posted by 浪速のCAETANO at 09:56| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

アホのくせに生意気な

喋れば嘘しか言わんバカとそもそもよう喋らんバカの「どっちがええの?」

そんな「不毛の推移」の中、感染は確実にその半径を狭めて来てるなあ。大阪はさらに「ウンコ」が二つ乗っかってるからね。酷いものだ。死亡率・東京の2倍。

で、なのに何故か「最も頑張ってる政治家」が武富士だという。それもまあダントツで。ウンコが第一位・all ジャパンの見解だ・それが。こういうとこが信用できないとこなんだよね、こちらの国の人々のことだが。

よう喋らんバカは「もう分かり易すぎる」やん。でも「あそこまで」わかりやくすないと「わかんないの?」

おれは何が絶望的ってそれよね。


FOXp2という遺伝子がある。これこそがおれたちの大脳新皮質を形成することになった「犯人」なのだが、およそ1億年前のこと。

実は哺乳類に先駆けて、「知能」を持った者がいた。ヴェロキラプトル=トロオドンだが、集団で狩り・トラップで獲物をゲットしてたからね。隕石の衝突さえなけりゃ「爬虫類型ヒューマノイド」が今クルマ運転したり、キーボード打ってたりするのだろう。「指三本で爪長い」からやりにくそうだが・だはは。

あるいは「爬虫類型ヒューマノイド」と「哺乳類型ヒューマノイド」=おれたちがそれぞれ帝国をつくって「対立」なんてさ。startrekそのものだが。「哺乳類型」だけでもややこしいのにね。
 

まあそのようにして進化の過程における偶然と必然によりまして、獲得して来たおれたちの「知性」なのだけど、それが「邪魔」な人々が「増えつつある」と感じます。

知性が重荷になってる人がかなりのvolume存在する。

こどもに顕著だが、大人にも多い。大脳の古質で生きようとする人間の多さにゲンナリ。古質とはそのまま「古い脳」である。「食欲・性欲」を司る。好き嫌い。ネオリベとは相性がいい。この「間違い」に気づいて「修正」しなければ、進化がUターンすることになる。いや、別に「進歩史観」を大肯定しているわけじゃないんだが、であるとするなら、「行き過ぎた進化」はもう「水の詰まった肉の塊」であるおれたちの身体性をもう超えてしまったのかもしれない・そう危惧している。

地球の歴史は46億年。生命の歴史は40億年。霊長類は50〜20万年。ホモ・サピエンスは5万年。

おれたちはその「相対的短い時間」に色々詰め込みすぎたのかもしれない。地球にかけてる負担も他の種とは比べものにならないほど重い。


誰にでもわかることにしか反応しない・そんな「劣化」は各感覚器からの情報を「総合」できなくなっていることを意味する。もちろん「medium/media」が恣意的に情報を「いらってる」こともあろうが、それにしても・ではある。

そのある意味「劣化」にもかかわらず、おれたちは「生意気」なんだよね。アホのくせに生意気な奴って嫌われる。


カンケーないが、Covidの変異はDomesticにも起こってると考えるのが論理的だね。
posted by 浪速のCAETANO at 09:32| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

もっと怒ろう・本格的に

要するに「ワシらには『想像力ってもの』がないんだもんね〜」と言っている。スガすだれハゲ政権のことだけど。

その証拠に「仮定の質問には答えられん」わけだし。

仮定にさらに仮定を重ねてPlan B/Plan C・・・・Plan Zぐらいまで考えてこそ『Government』である。

アベよりアホがおった。「アベ政権」より「すだれハゲ政権」の方がアホだった。危機がより顕在化してる不運もあるが、それは同情にはまるで値しないが。目くそ・鼻くそとも言えようが、目くそより鼻くそが・・・というのは時と場合・によるよね。

お前らぐらいの政策なら園児でもできる。もう人をビビらす以外に何の取り柄もない「すだれハゲ」もうやめさせましょう。いや、とことんsupport rate下げてからかな?人が無駄死にするね。


聞き捨てならんことがある;

この感染爆発は、年末年始の「帰省に伴う親戚との会食」が原因・って言うたな。

そっち持っていくか?

「旅行してね〜」「メシ食いに行ってね〜(ってことは酒も飲んでね〜・と同値)」と言ってた当事者が、感染者の数字に「慌てふためいて」緊急事態宣言出したくせに、Plan Bさえも持ち合わせていないような「うすらバカですだれハゲ」政権が公式発表としてだよ、「正月にお前らが親に会いに行ったことが悪い」ってか。

バカも休み休み言わんかい。毛毟んぞ。


で、西村4p@vietnamは(おもろいフェイス・シールドの田村もだけど)、昼もダメよん、と言いやがった。あんさ、お前ら・どっち方面にも「喧嘩売ってる」って自覚してんのか?

10時までね、あかんか、じゃえ〜っと、9時までね、いや〜そんなんやったら8時までです。

小学生の「おこづかい交渉」か?

でその挙句、昼も辞めてね・やと。

もう「ムッチャ朝やん・朝しかないで」が業界のコンセンサスなってんの知らんのか。そして、そんなみなさん全員「西成人」にして何が嬉しい?


挙げ句の果てに「国民皆保険・見直し」まで言及しやがったこの「うすらバカすだれハゲ」に対して「現代の山口二矢くん」・待ってるよ、おれは。まあ、そこ先端で根元ではないが。



posted by 浪速のCAETANO at 00:36| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

a bit クソウヨ

おれたちは「流されてる」から、目の前のことに、過ぎていく物事に目を眩まされちゃいるが、よくよく考えていただきたい。

今、発症したら、「おかしいな」と思って診察を受けるのまでに数日・診察を受けて検査を受けるまでに数日・幸い検査を受けれたとしてその結果が出るまで現在は数日(これが最近の新たに浮上して来た問題)・でそこから入院というか治療を受けることができるか?もうすでに「トリアージな環境」である。

今ここから、感染するということは「死になさい」に割と「近い」・そう思っている。あなた・どう思ってますか?大阪の「死亡率・断トツ」って知ってた?

もうそろそろ「Covid-19・最初の感染者@japan」が出てから一年になる。一年よ。

で、このザマかよ。

政治は「何を」してた?アベはなにをした?バカすだれハゲは何をした?西村4p@vietnam男は何をした?ユリコは何をした?武富士は何をした?雨ガッパは何をした?

強いていうなら、何もせず「いらんことしか」してない。


あの時、山本太郎が都知事になっていたら、都民はここまで悲惨には遭わなかったはずだし。宇都宮氏でもまだマシだったろう。維新推薦の前熊本県副知事でもまだマシだったかもしれない。東京はその選択肢も・選択のタイミングもあったはずである・大阪と違って。大阪は「この後に及んで」『実質上の都構想」がクソ公明の賛成で成し遂げられそうだ。そんなことしかやってない・のが大阪。それに比べて東京は(選択肢のなかった大阪と違い)敢えて・ひどい方を選んだ。同情の余地は・ないね。

繰り返すがもう一年である。その間・何の危機感も持たず、己の権力の維持と獲得にしか興味がなかった。あとinboundにolympiad。まだそれでも41%がsupportしている。だいぶ「盛ってる」とは思う。だが、支持の理由が「特に理由がない」らしい。

リアルに「家畜」である。社畜で家畜なのだろう。語呂合わせではなくてこれ・現実を反映してると思う。今・根本的に「生活が安定してる」という人間の「ユルさ」にカチンとくるわけである。なんてことをしてくれたのよ・新自由主義。もうみんな「モたない」。みんなじゃないな。政権に(既得権に)心情的に奉仕する人間以外は。

にわかに「階級闘争」の意味合いが浮上してくる。もれなくrevolutionという言葉が「付随」してくる。

マヂで消えて欲しくないかなあ・上記のバカたち。こちらの国は「委奴」の本質があるのかしらんが、いやそうは言うても、それは二千年ほど前の話だよ。その後、主に半島関係者がどんどん「玄界灘を落ちて来て」混血進んでるはずでしょ。まあおそらく、中枢は半島関係者によって「占められている」のだけれど
、これもまた、大陸の側の「弧の列島」の運命。こちらの列島で「権力」を持った人々は中国系か朝鮮系しかいないから、それはもう「歴史的事実」なのだが、まあこちらに来た挙句に「よりjapanese」になると言うのが古代からの「伝統」。それだけ、当時はこちらの列島は「ナイーヴ」だったということなのだが、それにしてもその伝統は現在にも生きてることが何だかなあ、である。今日、右翼やな・おれ。いや、正しくは「ネトウヨ」やな・だはは。

でもね、国民に対して「ちょっとひどすぎる」こちらの国の政治と経済界のことを思えば、それも「なんかわかる」でしょ。何のルサンチマンなん?と訊いてみたいわ。現在のそのひどいことの根拠に関しては「20世紀の近代史」にあるんだよ・など言われた日にゃあ「深いため息」しが出ないけどね。

でもな、こちらにも「深いマグマ」が溜まって来てるのも事実やで。

半藤一利さんが亡くなった。うちにも何冊か著書がある。あの方はムッチャ保守の人と思っていたが、まあそうなのだが、くそのつく右の方では全くなかった。戦前を厳しく真摯に批判されていた。こちらの国においては半藤さんの言説が「ど真ん中」ぐらいになってたね。いまの状況にしても「全くかつてと同じ」というもどかしさの中、さぞかし無念だっただろう・と想像する。おそらく正しい。ご冥福をお祈りする。






posted by 浪速のCAETANO at 10:21| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

変異株の仕業か?

なるほどね。
もうすでにロンドン株が(英国株)が蔓延を始めている@こちらの国。

これでなんだか、急な感染の拡大の「根拠」が説明できる、というものだ。

そうかもしれないでしょ。蓋然性だね。

戦法も変えなきゃいかんのだが、手駒がないね。「受け」しかできないね。ここ、政府に対して怒るべきだし、その無策に対して大批判するべきだし、「罵倒」しても足らんだろう、例えば身近な人間が罹った、或いは亡くなったりしたら。だが、それはこちらの国の「ほんの先の未来」だと思う。「きっと」そうなる。

英国の、「ロックダウンしても感染者が減らん」状況の深刻さは、これもまたこちらの国の「数ヶ月後の未来」であるし、間違いのないところ。

とにかく、こちらの国の「都会」とされるところ、そこは「壊滅的」。

この「変異virus」、彼らもsurviveしたい。一旦この世に発生したからには。生物は「virusのためのvehicle」とはちょっと前によく言われたことだが、まさにそんな展開になってきた。

「Virusの感染能力と生物への重症化能力」はバーターの関係。ただその中でも「当たりどころ」悪くて死ぬ人もいる。ここはすごくクールな対応が必要な時なのだが、今まで「一度もクールになったことのない」こちらの国のしかもバカpoliticianには無理。

悲劇が待っているね。悲劇しか待っちゃいないなあ。今もすでに医療機関はパンクしてる。もうおれたちは「感染できない」。

バカすだれハゲが、何が「強い思い」なのかわかんないが、海外からの新規ではない来日を止めないのが意味不明。そこ、1番やばいでしょう。おれだってChina girlが親戚の大反対に遭って、来日延期したのを「ああそう」など曖昧な返事をするしかなく、いろいろみんな「あ〜あ」があるんだよ。

半年はもう無理だね、一律に原則全面的に止めましょう。しゃーない。例外はあるだろうが。

要は、まだ一部のバカは変わりない生活をしてるが、キミらはどの変異体を撒き散らしてるかの実感がないとするなら若干、犯罪ぽいよ。

やれるのにやらん、敢えてやらん。これがこちらの国の姿勢。

ただし救いは「感染は増えるかも知らんがその分重症化は減る」、変異種のことだけどね。まあその中でも亡くなる方は出る。そんな留保事項はあるにせよ、重症化は減る・がtheoryよ。

「国民全員に」お金をレギュラリーに配って、損した人にはその分全額補償して、国家であるなら、国家というのであるなら、国家らしいことしてみろよ、一回ぐらい。何が「自助・共助」だよ。なら国なんか要らんちゅうねん。バカすだれハゲ。さっさと辞めろ。いやそこ微妙、支持率下げるだけ下げつつ、しがみつけ、みっともなく。負のスパイラルが定着するまで。だがそうなると死ぬ人が増えるよ。ああもうっ!


posted by 浪速のCAETANO at 20:56| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

それ以外あり得ない

・とおれが言ってるのは[Democracy]の危機が極大化する・そんな意味も含んでいます。

USA&USBなんて話・上手いな、上手いけども、こちらの国も他人事じゃない。同等かそれ以下だと思うし、ヤバいと思うのは、それを人々が「さほど問題視」していないことである。USAの方にはまだ「言論」が生きてる気もするが、さて此方は?

Pacificを挟んで、此方と彼方、ボロボロであるね。感染症への対処の効果・効率においても、遅れを取るなんて事からもDemocracyは危機に瀕している。


さて。感染症。それ自体が巨大なfiction・そんな気もするが、もっと言うなら「メタ・フィクション」のような気もするが、どっちにせよ、トンネルを抜けたとしてもそのあとは、もう異なる世界(after Corona)へ突入してしまってることは「確か」。何割がそのトンネルを抜けれるかも「不確定」。


コロナを「ナメた」発言いまだに聞くが、もうあんまり喋らん方がいいと思うけどね。おれは「正しく怖がりたい」。「わかった」など言うてるやつはおのれの知性を過大評価していると思うし、そもそもその五官(感覚器)の制限された情報収集力に疑いを持ってないとこ、痛い。自然って畏怖すべき対象ですよ。いつまでも。Virusの歴史は30億年。おれたちはたかだか20万年。



Todo O Mundoも、昨日も書いたけど、「通常の営業」はしばらくやめとこ・ということになる。aomi店長にも「しばらく遊ぶのがいいのでは」と言ってる。

これはnegativeな意味での店の運営に関わることではなく、もっと面白いことに店などは使わないと・そう思っている。そんな24年前の「原点」に戻ろうね、ということ。

毎日が「祝祭的」だった、あの頃。そこから社会は変容し、先が見えない。見えないからこその、頻度を落として営業する、そういうのがいいね。夕方早くからの「ライヴ」や「ワイン会」「鍋」「ワークショップ」「古代史研究会」まだある・録音なんてのもいいな。


中央・地方を問わず、もう「政治は信用できない」でしょ。「no heart」だからね。太郎ちゃんが力を持つまでは無理だよ。

どうせ、変わらなきゃいかんのよ。トンネルを幸運にも抜けたあとはまた「見たこともない地平」が広がってるからね。それは一見「狭まった」風に見えると思う。しかし、顕在化した現象の裏にニッチが多く隠れてると思う。「無駄に競争」の無益さにもみなさん気づくべきだし、当然、新自由主義は捨て去られなきゃいけない。当然、「大きなこと」をいうpoliticianもまた捨て去られなきゃいけない。言葉持たないやつなんてのは論外。そしてこれらはグローバルに進行していること。ただ、どこにも「抵抗勢力」はいる。此方の国ではその言葉、「抵抗勢力自身」が多用してるけどね。それに乗せられてる低脳・多いけれど、もうそんなのには未来なんてないのよ・大変残念ながら。20世紀のメンタルで21世紀はsurviveできません。至極当然・そう思いませんか?

右派ポピュリズムと権威主義の洗礼を一度受けることになるが、Democracyの回復にはそれもしょうがないのかもしれない。そこで全てが「潰れてしまう」可能性もまた高いんだけど。権威主義好きの低脳・ものすごい勢いで増えていってると思う。

pandemicとは歴史的に見るなら時代の変容を「急がせる」そんなfactもまた存在する。その変容の先は「脱・資本主義」でないといけない。それ以外、あり得ない。
















posted by 浪速のCAETANO at 09:45| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

数日の猶予って意味わからんね。

長崎が、長崎にしては「大雪」で、実家からも雪の積もった庭や、埋もれたクルマのPhotoが送られてくる。四万十からも送られてきた。四万十で雪・もレアだな。

大阪はチラチラで終わったが、「寒すぎた」。昨日のバカ田大学の行き来、ywのチャリ通、「修行」だった。寒いと言うより「凍る」。身体の先っちょ凍る、そんな感覚。寒いと言うより「痛い」。

だいたい帰阪した翌日は、前日の最終での到着ゆえ、ただ起きて行ってるだけ・みたいなヘロヘロ男なのだが、いきなり往復ビンタ張られたみたいだった。ホームが寒い。なんか疲れた。

正月はお袋のケアとテレワークでこれまたfatigue。昼から酒飲まない正月なんて珍しい。夜はそりゃ飲むけどさ。「三千盛・北雪」がおせちの友だった。今年のおせちはいつもよく行ってた割烹のもの。greatなおせちだった。毎年これやなこれから・とお袋とも意見の一致を見た。


最悪から始まった2021だが、落ちるとこまで落ちないともう無理。誰も(どの政治家も・という意味だが)考えてることが「大間違い〜間違い」。山本太郎だけである・正解の答えを持ち合わせているのは。しかしその答えは「実にシンプル」なものだ。貧しい人の生活の下支えをする。実に理にかなっている。それで回らなくなったカネが回るからだ。GDPもすぐ回復する。貧しい人・の中には長引く「コロナ禍」の下、これから「貧しくなる人々」も含まれる。まだキワキワやれてる人も「明日はリアルに我が身」。まあその現実から目を背けたい気持ちはわかるが、でも必ずその時はやってくる。おれも全く同じだが、「仕事がある」だから生きていける。だがそれは「仕事がなくなる」=「生きていけない」である。「今・貧しい」とnearly イコールである・そんな自覚あるからね。そうなったらそれで開き直るけれど、開き直らんでも生きていける・の方が望ましいからね。


大阪governor、アホですので、「必要ない」から3日後「必要」を意見を変え、で国に言ったら「ちょっと待て」と押し戻され「様子を見て」、で結局なんなん?どっちやねん?キミ、「親和的」やね・国と。そこ、ユリコとは違うね。「へ〜こら」してるしね。目の死んだおっさんに。

大阪もだが、いずれ20時までの時短ということになるだろう。Todo O Mundoも大抵開ける時間遅いのに、そんなんじゃやってても意味ないな・という話をaomi店長としていた。しばらく・閉めるかもしれません。閉店という意味ではないの。ただ、おれが行きたい時は早よから開けようかな・とも思っている。

だが、火曜から・と思っていたがそれはなさそうだ。なんか、「ケチ」ってるな。バカは死ななきゃ治らんね。

緊急事態宣言はいいから、補償を「みなさん」に。街の監視・とか言うなよな。警察国家かよ。おれも大学いかんでええようにしてくれよ。そーゆーのスルーよな。







posted by 浪速のCAETANO at 15:42| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

はよせえよ

「・・・・・・ということで私のご挨拶に代えさせて頂きます」

ご挨拶だったの?

「仮定の質問には答えられない」も出た。おのれの言うとる「1ヶ月後に、、、、」も超仮定ちゃうんかい?

テクニカルなことは全て、尾身にフる。これは前任者の悪しき慣習を踏襲している。
pmが「連続してバカ」そんな不幸に遭っているね、おれたち。

スペシャリストでなくてもいいが、基本的な質問にぐらいは答えないと。かつてのpmはこういう時でも己の意見を言ってたよね。いらんこと言うのもおったが。

圧倒的に熱量が足りない。腹話術の人形。頭の中は空っぽ。

途中まで聴いて、やめた。アホらしくて。


小柳ルミ子も言っていた;

『感情はないのか?

愛はないのか?

誠意はないのか?

情熱はないのか?

血は通っているのか?』



おれは『おのれは変温動物なのか?』と付け加えたい。

アベスガ政権の「言葉の空虚さ」に流石に「ウンザリ」しないかな?全員・落選させましょう。skgもクソ維新もコミで。


そのクソ維新の大阪、年が変わって「死者50名」。まだ1週間やで。東京の感染者数のバブルに目を奪われがちだが、こちらも『かなり緊急』『喫緊』だけどね。governorは数日前までは「結構感染抑えられてんじゃん」など言っていた。わかりやすいバカ・である。バカを支持する「もっとバカ集団」もおるが。


そもそも、今の対策では「再生算数」は『1』を切らない・といわれる。今のまま。これからの「手」はかなり限定される。なんで、もっとはよやらんねん?
なに「go to」とかやっててん?そんな話になるのは当然。

やってられるかい・と営業を続ける店もある程度出てくる。当たり前である。補償がショボいから。

全ての人を「カネ」で補償する。もうこれしかない。





















posted by 浪速のCAETANO at 07:10| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

How does it feel?

南アフリカからの変異型も御入国されたみたいで、こちらの国もreally「グローバル」。
頻繁に大阪〜長崎間を行き来する身としては「ちょっとな」ではある。

そっち方面のグローバル・スタンダード、ほんと、いらない。

version upされた緊急事態宣言が必要となるだろうね。lock downね。

コロナ以前でも、もう殺しに来てた、けど、コロナ中でも更なる意思を持って殺しに来てる。その意図に、おそらくみなさん気付きつつあるのだけど「家畜マインド」は反発を自己規制する。

だが、その背景には、思うのだけど、緊縮脳があると思う。貴重な資源を分け与えていただいてる、そんな思い込みだ。分け与える主体が権力の側だから、も一つ文句言うのが憚られる。そんなメンタルが透けて見える。ただ、もっと今回に限っては怒っていいのではないか。わかりやすく「殺しに来てる」んだから。

お金に余裕のある人、どんどん減ってるんじゃないですか?閉塞感感じ始めてもう何年になる?

カネがヒトを支配する。カネはゼロサムである。そんなスキームに囲まれてなんかすごく不自由なんだけど、しかしカネはもっと生み出せる、そう思えば、さほどカネに首根っこ抑えられてる気はしないのでは?

何かが、例えば石油でもいいが、「有限」であると言われ出して、まあそれが一番わかりやすかったんだけど、「資源有限論」みたいなものに囚われてしまってるおれたちの脳がありまして、そんなことからの「洗脳」にも遭ってる。

で、いわゆる金持ち(特に最近の・ポッと出の)などは「有限の中の無限」を謳歌している。まさにゼロサムの中で「奪ってる」。だが、条件の有限が「そうでもない」としたら、そこまで「餓鬼」にもならんのじゃないか?堀江のような人格は表出しにくいのではないか、とか思う。例えば。

有限を装うことで、支配はより容易になった。「分け与える」というスキームが機能するからね。「分け与えてやってる」「言うこと聞くなら分け与えてあげる」「ありがとうございます・って言え」そうなると簡単だね、人の支配ってさ。「社会的SM」か。

いや、ほんとに。

立ち位置はどう考えても正義の味方なのに、その有限論に憑かれてる人が残念なのね。米山くんとか望月くんとかね。小川くんも。まあ、経済学の教授というバカの集団おるからね。慶応の経済の教授って全員バカだもんね。パソ中はじめ、土居、金子、みんな緊縮脳。ミクロとマクロの区別つかない経済学者ってなんでしょう?どんなにお勉強してもやっぱ「家計簿」から離れられませんでした、ということね。そこ、納得しやすいからね。だが、そんなんだったら教鞭を取るべきじゃない。人にモノを教えちゃあかんなあ。いや・そこ・マヂで。小嘘ならまだ罪軽いが「大嘘」だしね。被害者は(学生は・ってことですが)膨大な数に上るわけで。

ハシシタもそっち方向の学者に喧嘩売ればええのに。

教えられてることに疑問持たずおのれのCPUの性能の証明だけがしたい、そんなバカ東大生ある時期から増えたね。おれたちの10年ほど歳下から、受験が「そういうもの」に成り果てた。

そんな子がウソ理論を教えられて、それを「しっかり」学んでしまう。小川くんとかの生真面目の悲劇はそんなところに垣間見えたりする。十分あり得る話だから。

その点、中卒は強い。失うものがないから。その脳も「変な勉強」に疲れてない。嗅覚の鋭い・こだわりのない中卒は、変な常識の毒に侵されてない分、お勉強の順番が正しいと思う。あんさ、18で大学入って、ケインズの・とかピンとくるかな?実感あるかな?世間を知らない状態でよ。30歳ぐらいでもええんちゃうかな?

「感染者バブル」は続いている。大阪なんか「ほぼ東京」だからね。長崎もその人口を考えるとまあ大変な状況。全国津々浦々にまで浸透してきた。ちょっとした感染爆発。無能・無策な政治の現場に「被害者」として参加させられてどうですか?

how does it feel?(@like a rolling stone)

Revolutionなどという言葉が頭の中を駆け巡る2021の新春。



posted by 浪速のCAETANO at 05:07| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

長いシナリオの一場面

厚生労働省が看護系大学院の学生に「現場に入って」と。
学徒動員。

自衛隊で80人クラスター。おいおい。ヒデト大丈夫か?

相当ひどい地獄が待ってる予感がするね。

変異型が感染力70%増し、南アからのさらにへんいしたvirusにはワクチン効かん、という新情報。子どもは罹らんというが、変異型はさにあらず、とも。

これが戦争だとすると、もうだいぶ形勢悪くて、しかもこちらの戦略・戦術共にプーすぎる・遅すぎる・トンチンカン過ぎる、あ〜あ、だしね。戦争(リアルの)だけはさせたらあかんね。こちらの国。

さて、緊急事態宣言らしい。東京はひどいことになっているが、これ「シナリオ」という気がしてる。そのゴールは何か。憲法改正だと思う。

その本丸は「緊急事態条項」。永遠の独裁の完了。

例によって話の中盤「すっ飛ばしてる」から「はー?」かも知らんが、まあこれ論文ではないので勝手に進めるが。

皮肉なことに「緊急事態宣言」与党が渋り、governor ・野党・国民がそれを出せ、という構造。「そ〜お?じゃあしょうがないから出すか〜」このような構図になってる。

やられてる。やられてますよ。やられてますけどね。

おれの・あたしの権利をどーしてくれる?と怒りなれてる他国の人々とは違って、「おとなしく、言うことよく聞く我々」は、主権の侵害に関してもう少し慎重になるべきなのだが、宣言を「お願い」せざるを得んとこまで追い詰められたね、おれたちは。補償はしたくないけど、お願いだけをする政府の無策ぶりは、長いシナリオの一場面だね。

今年の総選挙、いつなのかは分からんが、olympiadが開催不可能が濃厚になったとしたら4月に前倒し、あるだろうね。野党の体制が整わないうちに、が傷を最小限にするもんね。おれはそう思う。第三波の「小康状態」のタイミング、ともカブる。

山本太郎、急げ!



posted by 浪速のCAETANO at 12:36| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

Another 10 years

正月らしくはない正月。数年続くかね?
東京周辺はもう「人が言うこと聞かん」ということみたいですね。

東京のことなど「知ったこっちゃない」が、その同じ土地でolympiadをまだ表面上give upしてないとはね。桃田くんが陽性になったが、そんなことが開催中にも起こる、ということなんだけどね。

もういい加減、現実を直視しよう。

よくよく考えてみたなら、初詣が元旦でなくてもいいし、別にお節がなくてもいいし、餅食わなくてもいいし、そう言ったことの多くが「儀礼的」であることに気づく。伝統なんて言っても「since明治」みたいなことも多い。

おれたち前後の世代は史上一度だけのbonus=高度経済成長に遭遇してるから、その記憶とリンクしてそれが当たり前とおもいこまされ、そこに固執する気持ちもわからんでもないが、でももう相対化しましょうか。

デフレが20年以上続いて、「餓死」する人がいる国だし。人が簡単に「家無くす国」でもある。仕事は言うに及ばず。初詣とかも行ってる余裕がある人は行けばいいぐらいのもの。お祈り、でなんとかなる時代でもなかろうよ。

国の経済が、、、、と心配してる人大変多いと思うが、、そもそも近代化がとうの昔に終わった国にはマイルドなインフレぐらいでいいのね。おれたちの国のラッキーなことは、「自国通貨」があること、国債の買い手がドメスティックなこと。

このラッキーを最大限利用しないの?なんで?アホだから?

いや・なんで?

今、円高になってるよね。世界経済が「変動相場制」で、ユーロ・ドルが大量に市場に出たからだよね。そこの観点からもお金を配ることが必要。前述の人々の「苦悩」の解消のためにも是非、早く。すべての人に月10万円。コロナが収まるまで。

早くしろよ。

予測をいろんな機関・人がやってるけど、最もペシミスティックな予測は(おれには最もリアリスティックに見えるが)、為替は100円、株価が13000円、原油は15ドル。新たに「さらに失われた10年」の始まり、というものだ。

もう一度言うが、おれにはこの考えが最もリアリスティック。

これも何度も言うが、「内需の回復」がすべてですよ。内需はビンボー人にお金あげたら「ドラスティック」に回復するからね。人も救われる。

おれたちはコロナと戦うのと同時にldpとも闘わなくちゃならない。ここがしんどい。こうすべき、と言う政策の真逆をやる政府。

今年は選挙だね。コロナとの戦いはる続くが、ldpを葬ることは「できる」んだけどね。みんなどう考えるんだろうね?

posted by 浪速のCAETANO at 08:55| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

年末に

年末の地上波、「対中戦争」へ向けて確実に国民を導いてる。
これ、思い出せよ、という態度。年末、やっと普段忙しいみなさんがTV見たら、ここぞとばかりの「洗脳」でしたね。罪深いよ。

いろんなご意見あると思うが、おれたちは「股裂き」になりかけてる。これこそ、TVでは理解が無理な話。

よくよく考えれば、こちらの国は「colony」ですよ、実質的に。みなさん、勘違いしておられるが。どこのcolony?

いやいやUSA に決まっとるがな。

アメリカ通の評論家しか出てこないのが片手落ち。そしてもっと冷静に。

もうさ、アメリカが世界であった時代はgone  behind。もっと世界中をよーく見て、どこの国にも目を配ることが必要ではないのかなあ?

おれはそう思いますが。

こんなメンタルになった時(対中嫌悪だけどね)みなさん、辺野古のこと忘れている。少なくとも「棚に上げている」。

アメリカに盲従しかない、とはなんと選択肢が制限されることだろう。もっと軽やかなフットワークってないんだろうか?

年末になると戦争への階段を確実に登る。同時にそのハードルは確実に下がる。1世紀前に近づく。

懲りないな。ひどい目にまた遭わないとわかんないのか?あっても分からん、という気もするが。


上手いことやっていただきたい。尖閣にアメリカが軍を出すかどうかは大統領の一存では決められない。議会の承認がいるんだけどね。そういういざこざ起こさないようにするのが外交であり、そこで知恵出さなきゃ。

何もかもが崩壊するのはみんな見たくないはずだしさ。それに、必ずどっちかの「側」につかなきゃあかん、ってことはないのよ。



posted by 浪速のCAETANO at 12:57| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

Being broken

新型コロナが旧型コロナとさほど変わんないのか変わるのか、おれはわからない。
わからないままにしている。わかりきっていないからだ。


さて、東京はどうしましょう。その前に、自分が言うたことを守れんバカたちが、レヴェルの低い言い訳をするわけで、ムカつくわけよね。

おれたちの「理解力がもひとつ」みたいな言い方にみなさん「なんやとー!」よね。


japanese、壊されてしまったね。言語もね。もう訳せんよね。「バカJapanese 辞典」もう一つ要るよね。おれたちがかつて喋ってたのは「古典」?

jkも崩すが、バカpoliticiansも崩すね〜。


まあ標準語とは基本リンガフランカですからね。もっと崩れると言うか、拡散してもいいと思うが、公の人間がシニフィアンとシニフィエの乖離に貢献してどうするよ。恐ろしいほどのバカに支持されてるから、そこに同期するのかね?そうかもしれない。空気を作る代理店のアホどもよ、結局それじゃ、「長い間儲けれないよ」。きみらが作った空気で出来上がってしまったバカウヨたち、いったいどこにどんな形で回収できると言うのよ。これ放置しとくとメーワクやで。
posted by 浪速のCAETANO at 17:37| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終わりの始まり

なんか無駄に忙しいのだけど、もうending modeになってるからどうでもいい。
Fu,kin’ 2020もあと2週間。去年、more Fu!kin’2020とか言ってたが、見事にその通りになるのだけど、coming 2021はeven more Fu!kin’ oneとなる公算高いのだけど、ひょっとしてどーかね?底打つんじゃないかね?甘いかね?甘いんだけどね、おれ。苦労が身に付かないタイプ。


今朝寒かった。もう我慢できなくなってガスファンヒーターを一昨日出した。暑いぐらいあったかい。この暖かさを暖かくない人たちに「share」したい。この暖かさの60%ほどでいいからだ。

真冬並みの寒さと気候予報士の彼が言うているが、いや、真冬でしょう!とお返ししたい。もう冬至だしな。

日本海側、古代の「表日本」では「ドカ雪」である。

一昨日の神戸の寒かったこと。寒すぎて、預金通帳を2冊落としてしまう。何ででしょう?よくわからない。さっき銀行経由でケーサツから電話があった。

取りに行くのは、ケーサツの「営業時間」を考えると極年末になるだろう。忙しい。神戸には行くんだが夜である。忙しいんだが、もうどーでもいい。

もう無意識で生きているようなものである。深夜に唯一「我に帰る」。そうなると眠れない。で、朝まで起きている。一瞬「天才化」する。夜明け前、なのだが、「最も社会性から遠い」時間帯だからかな。その天才の余韻は結構長続きし、そのまま起きて迎えたその日の前半はチョーシいい。だが、睡眠不足が祟り、後半になれば、偏差値でいうなら30ぐらいのバカ化していることを自覚する。延々フラットより、いいじゃん。と強がってみる。だはは。偏差値なんて使っちゃダメだよ。


ただし、何かしら、終わりが(単なる時間の区切りにしか過ぎんが)可視化されることで心が平静になれる。無常感にも囚われる。それ、悪いことじゃない。そういうものだからだ。それ以上でも以下でもない、時間の流れとはね。人は現在を永遠と認識し、それは錯覚で誤解の極致とも言えるものだが、「残り時間」が少なくなってくるとリアリティが見えて来る。まあそこからが「人生」なのかもしれない。そうなると退屈からは解放される。そんな場合じゃなくなってくるからね。同時に無駄もまた意味があることもわかってくる。効率もそうなると大事だが、それは「絵空事」でなく、リアリティを伴う。無駄もまた大切な人生の態度であるとわかってくる。おれの時間を「どう使おうが」誰にも文句は言わせない、ということね。ここからはある意味「自己責任」でさえ受け入れられる。自己責任などという「Harsh」な言葉は、他人に投げかけるものではないし、ある程度の歳もとり、覚悟が決まった人間が自分自身に対してのみ投げかける言葉なのであって、それ以外の使用を「禁止」する。そう主張しておきたい。

さて、寒いね。何着ていこうかな。それもまた「愉しみ」と言える。まだ冬が「浅い」からかな?
posted by 浪速のCAETANO at 10:35| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

計算

計算。

こちらの国のGDP before Coronaが年間500兆だった。そのうち最も大きいエンジンはもちろん「個人消費」。6割と言われている。

つまり300兆。1ヶ月に25兆。1日あたり8300億、これを1億2千6百万人で割ると6600円となる。

これに30掛けてみる。およそ20万円。

国民一人当たり1日6600円、ひと月で20万円使えば、GDPは維持できることになる。

コロナ前に100兆の需給インバランスがあった。もちろん需要が足りなかった。さらに需要は50兆ほど萎んだだろう。

太郎ちゃんの言う144兆円。ちょうどやね。これを5年続ければ、もちろん初年度288兆円の方がいいが、それを供給がまだ「持ってる」うちにやれば、イーヴン〜マイルドなインフレが達成されるだろうね。


そのエヴィデンスというか、今年すでに112兆の国債を買っている。それは国民に撒かれた、まあカタチは色々だし効率が良かったかどうかは「?」だけど。

で、どお?

物価は「ビクとも」してないよね。そう20年のデフレ、lost30年というのはそう簡単に覆せないことがよくわかるよね。

株とかが上級国民の、日銀に支えられたアブク銭(といってもどえらい金額だが)だが、そことは無関係の我々のお財布がやや嵩張るようになることは全く悪くない。金持ちは金持ちで、現実的じゃない額のカネ持ってて構わないんだよね。おれたちはおれたちの必要な額があればそれでいい。だから、金持ちがびんぼーにんを蔑むような言葉とかいらんわけよ。それは「選択」だから。おれたちだって金持ちが金持ちであると言うだけで反感持ったり憎んだりしない。1人の金持ちの資産がビンボー人から少しづつ「さっ引いた」カネの蓄積になってしまうような構造がfu?kなわけよね。It’s 新自由主義だけど。


そう言う社会がいいと思うんだ。資本主義はもうあかんけど、社会主義も微妙。その間を「行ったり来たり」。それが現実的。資本主義的なるものと社会主義的なるもののmixture、それも非固定的な。可動性のあるmixture。


そんな社会への「第一歩」として太郎ちゃんの政策はある。会社ではない国がそこを責任持って底上げをまずする。会社はおのれを守るためにリストラができるけど、国は国民をリストラできません。したいみたいやけどな。


最初の計算。平均して国民一人当たり月20万円お金使えばGDPは維持できるし、金持ちはもっと使うだろうから、1番貧しい人々が月20万円使えるようになれば、簡単にデフレは解消されうる。


デフレ・インフレは本来気分のものではない。こちらの国においては常にマインドを伴って語られること多いんだけど。デフレ・マインドのままでもインフレになりうる、ってことね。みんなに金配れ、と言う時に反対するような人間たち、ろくなもんじゃない。他人を見て自分を慰めてきた「みじめ」な人間・でまちがいないです。可哀想ね。偏差値にやられてる。自分のことに集中しろよ、バカ。
posted by 浪速のCAETANO at 10:00| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

実験か?あるいはジェノサイ・・・・・・・・・?

怖い「論理的推測」がある。

スガが「言い出しっぺ」なため、そのメンツが「go to」を止めることを妨げてる・そんな意見もあるし、各閣僚もそこに意見を言えないのか、ヘタレめ、とおれも思っていたが、どうもそれだけではないみたいである。

Scotlandのpmが言っている。「人の移動が蔓延の原因であることは決定的事実だ」と。

これ、まあ子どもにでも「論理的推測」できるだろう。尾身も「go to」やってる場合じゃない・と言った。

もう無視できない声となってる。だがそれを「無視」している。

で、そこからの「論理的推測」とはこうだ:


「あえて、人の動きを「活発化」させ、集団免疫を獲得しようとしている」・


どう思う?

超Sweden方式。Swedenも途中でそのヤバさに気づいて路線変更した。

これ、怖いです。こんなことやってる(こんな『実験』やってる)国など、存在しない。こちらの国は、『間引き』を目論んでるのか?

老人を「ごっそり」殺したいのか?社会保障費・ケチるためにか?こちらの国の「人でなし度」を考慮するに、十分考えられるとおれは思う。あちらもこちらも「未必の故意」だらけである。今回は「未必の故意 plus『促してる』・推奨してる」。

見て見ぬ振り・根っこに悪意。新自由主義の他の国でもその「人権」に関わる部分に関しては、そこまではやらない。まだどこかに「正義」は残っている・

ところがこちらの国の「意地悪度」は「日本陸軍」の伝統がある。メンタリティはそう簡単に変わらない。あの公園のベンチの「角度」。人を人と思わない労働環境。非正規のこんなにもの増加。デフレに消費税という考えられない暴挙。

論理的推測は「確信」に変わり始めてきたけどね・おれ。


あなた・どう思う?

posted by 浪速のCAETANO at 18:54| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほっといたれよ

なぜ小室くんだけに説明責任などという、一般人には普通は要求されないこと(たとえ内親王の夫になるにしてもだ)を強いるのか?

アベシンゾーのそれ(それら、複数、いっぱいありすぎる)はどうなっとるの?とみなさんは言わないといけない。

「そうだそうだ、小室」ではあかんのね。順番と重さの次元が異なる。

国民の「成熟度、とロンパリな視点」があからさまに出る。もちろんこれは「spin」であること、わかってるよね。え、マジで怒ってた?小室くんに?あーあ、だね。


秋篠宮は「個人の合意にのみ」基づく、と言ったじゃないか。その言葉を受け止めましょうよ。

これは「スピン」です。「話を逸らす・ハシシタwayを大がかりでやってる」、或いは、スピンの手法を、個人に集約したのがハシシタwayであるとも言える。

今大事なことは何ですか?それは他者に向けられる質問であると同時におのれへも向けられる「問い」だからね。

気をつけてね。おれも気をつけます。


天皇家と同化なの、今度は。みっともないぜ。呆れてる。


小室くんは今頑張ってるんじゃなかった?in NY。
posted by 浪速のCAETANO at 08:34| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

imagineの日

12・8が過ぎて行く。

79年前、パール・ハーバー。

40年前、ジョン・レノン射殺。

79年前は存在していないが、40年前は千林の元ヨメのマンションに居候しながら卒論を書いていた。そんな時にFMから突然訃報が流れたのだった。

it's a long long time ago。そうでもないのかな・わからない。時間って、その長い短いって、ほんとよくわからんでしょう。

偶然にも、『Imagine』を見た。長崎では「平和公園」で Uncle Harrisonの「井手さん」が、12・8には「imagine」を演奏され続けている。もう何年になるのかな。ある種の「祈り=オラショ」に喩えられるな・と思い、いつまでもやってください、と思うし、言ってもいる。とても長崎らしい行い。

さっきNHKBSでたまたま見た。1975のfilmだったかな?5年後のおのれの悲劇をもちろんジョン自身は知らない。

12・8というのも、戦争が始まったこと、そして平和のiconが強制退場させられたことが巡り巡って、よりにもよって同じ日に・ということだから、何かを考えざるを得んよね。鎮魂の日々が続く8月と同様に、半年に一度は「そんなこと」を考えなさいよ・そんなメッセージに思える。誰からの?

もちろん『死者たちからの』。だと思うよ。


平和を(ということは戦争を)考える上で「imagine」の対極にある曲があってそれが「Powderfinger」Neil Youngなんだけど、戦争のたびにNeilはこの曲を演奏してきた。「湾岸・イラク」。自衛隊がChina海軍と南・東シナ海にて戦闘を「始めさせられた」時、もう一度演ってくれるだろうか?

米中の緊張を面白がって火に油注いでる人いるけれど、アメリカの「鉄砲玉」はこちらの国だということは覚えておくことね。もう「必然」だと思ってる。きっとある。こちらの国の「展望」はちっちゃなあかんアメリカ。どういうことかというと「戦争で食って行く国」を目指す・ということね。そのベースには新自由主義によって中間層を下へ落とし、不満と不安を醸成し、そのはけ口を国内政治ではなく、「外」へ向ける政策があってね。外とは半島と大陸。その思考って1世紀前と何も変わらない。コロナは誰も予想していなかった「ダメ押し」。そのプロセスは5歩ほどスキップしたね。

日米FTAがどうなるか?わからないが、TPPだって同じこと。dtだろうがjbだろうが。jbの方が「CSIS~J .Handlers」の意向が前面に押し出され、さらに「みっともない国」になることは間違いなく、日米地位協定も普天間も横田空域もさらにがっちり「固定化」され、身動き取れないまま「属国」としての振る舞いが強化されて行く。で、南・東シナ海でChinaに「当てられる」。

見えないところはアメリカに、見えるところはChinaに「買われ」、おれたちの「プライド」はズタズタにされて行く。実際北海道ではどんどん土地建物買われていってる。買うな・じゃなくて、それさ、売る奴がいるから買うんだからね。順番間違えたらあかんのよ。それを禁止する法整備も遅れてる。またいつもの「後手・後手」よね。なるべくしてそうなる。国会議員、仕事しろよ・である。傍観者。


『imagine』が何度流れようが『Powderfinger』が何度演奏されようが、それによってアメリカは正気を取り戻すことがあるかもしれないが、こちらの国はどうなんだろう?と懐疑的。


その「荒んだハート」を和らげようとする山本太郎の抵抗への抵抗も可視化されてきた。


最近、年末には「今年サイテーやったが、来年はさらにサイテー」と言い続けてきたが、その通りになっていて、よその国なら「暴動とか革命」起こってそうなものなのだけど、「じっと手をみる」なこちらの国の人々。地震は防ぎようがないが政治は変えられることも「忘れてる?」

大きな変化は望まずに身の回りの事内で、セコく小銭の奪い合いしてるそのメンタリティを「おのれFU・K」する事なしに、事態は変わりません。別に変わらんでええし、な人々もいるだろうけれど、「環境に順応しすぎた種はその変化についていけず真っ先にdie out」するからね。そこ、覚悟できてるかな?だったらいいのよ。



posted by 浪速のCAETANO at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

敵がいっぱい

クソ維新への批判もやっとポツポツ出てきてる。
そらそやろ。アンチ・コロナ対策ばっかりやってきて、おのれらのせいでほんまに困ったら「自衛隊、ヘルプ〜」てバカすぎた。

バカすぎたが、そこ被害を被るのは我々だった。ウンコを頭の上に戴くものの「不運」だ。

あんなもんに騙された/る、って、よっぽどつまんない男しか周りにおらんかったんか、大阪のおかーちゃんたち、と言おうとして、その配偶者らの顔思い浮かべたら「ぷっ」ときた。まあまあ厳しい状況を生きざるを得んのが現実だったなあ。

肩書きにも弱いし。

幻想と現実のせめぎ合い中で生きる人間の可笑しさ。まあ可笑しいで済む時代ならそれでよかったが、そうもいうてられんのよね、これがまた。

人はそんなに「幸せな人生」を送っちゃいない。何が幸せか、という問題もある。そこ「画一」から逃れられない人は辛い。「多様」なんて言葉は、理想ではあるがこれが一般的になるのは「程遠い」@こちらの国。同調圧のこんなに強い社会なのだ。ムリムリ。

それはA型のせいだ、とまた「問題発言」。

ここ言い逃げしよう。

幸せの多様化ってしかしポイントですよ。問題なのは、多様化を謳っておきながらも結局、画一へ収束していくこちらの国の人々のメンタリティなのだ。みんなと一緒って落ち着くんだろうねえ。楽なんだろうねえ。

まっぴらゴメンだが、おれはね。まあね、多様、というものはマージナルな場の概念だからね。まあムリならせんでええよ。おれは全然ムリじゃないからそうする。だから、そこ責めんなよな。


政府の補正、73兆円とかほざいてるが、「真水」がおいくら?ってよく見てよ。ショボいよ。騙されないように。


コロナ前でさえ、需給ギャップが100兆円あった。だって20年間のデフレですから。需要が供給を100兆円下回っている。

今国民にカネを配ると「ハイパーインフレに!」とか言う蟹味噌脳がおるけど、ハイパーインフレの仕組みとかわかってんのかな?と思うことがある。供給が極端にしょぼくれた状態でカネが市中に出まくるとそうなるわけで、今なんてまだ供給はたっぷり残ってる。みんなの懐が寒いだけ。そこを解消すれば、また「成長軌道」へ戻れる。

ところがヤバいことに、政府は、竹中・アトキンソンコンビにより、その供給を潰そうとしている。「中小企業の淘汰」がそれです。

これヤバいのよ。それこそ、今のままなら「予定にないハイパーインフレ」の呼び水になる政策。ホンマにアホなのよ。スガって。アベもそうだが。

アホというより、確信犯なんですが。

だから「殺しに来てる」が誇張ではないのがおわかり?「そんな大層な!」が大方の反応でしょうね。であれば、おめでたいな。どーぞ、殺されてください。

残念だな、と思うね。
posted by 浪速のCAETANO at 22:54| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

民主主義の「抜け穴」が・・

草津温泉など行くこともないだろうが。北関東など、なんの食指も動かんけどさ。

ひどいね、大阪みたい。

民主主義の「限界」が露呈されてるね。民主主義の・なんていえばいいかな?「抜け穴」を民主主義のルール内で悪用する。その「抜け穴」って理念上のものではなく「実務上の抜け穴」ね。

民主主義が民主主義であり続けるには、その運用者が「資格」がないといかんてことね。「資本主義」も同様だった。「資格」のない奴が「抜け穴」を使って悪用する。まさに『相似』。

それとは別件だが日本のクソど田舎のメンタリティの「後進性」にゲー吐きそうになる。

気になった方は「草津温泉・リコール」で検索してみたらどうでしょう?

ほんと・大阪みたい。


カネはなんぼでも刷れる。その事実は事実として、しかし、「限られた財政内で」というテイの国家・地方自治の「嘘の建前」のなかで、いかに「ドブに捨てられているか」はチェックしといたほうがいい。アホノマスクの200億以上と都構想の100億だ。特に大阪のクソ維新・散々病院・保健所、削っておいて、パニック寸前になって「自衛隊・ヘルプ〜」って。

ゴミなのか?

武富士の物言いにムカつくのね。なんか「ひとごと」みたいなんだよね。「報告」みたいでもある。「実況中継」か・と思うこともある。

全国に「先駆けて」新自由主義の「実験場」はもうわかったし、それが「大失敗」することもわかったんだから、今すぐ消えてくれ。そう思うが、昨日もバカが店にいて、「クソウヨ」だが、「中国憎し」を論じるから、china govt.とpeople、Japanese govt.とpeopleの関係性はそれこそ相似だし、govt.同士、目指すところは「同じ」なんだけどね。そう言おうか、グタグタにしたろか・とおもったが、店長に怒られるだろうし、気分も悪いから早々に引き上げる。バカには理解できないだろうし。

何だろう?「信仰」が欲しいのかな?そんな風にも思ったりもする。すでに「信仰」でしょう。この後に及んで、アベを支持するって。さすが「バカウヨのicon」

そいつも「何で今頃・あるいはまだ『桜』やねん?」とバカの「テンプレート」を言い出しとったが、しかし、それもこれも民主主義の抜け穴をどんどん大きくしていって、その大きさが「普通じゃね?」ほどの感覚になっちゃった人々の多さがベースになっとるんだなと思う。麻痺。


バカウヨが存在する限り、ldpも維新も不滅です・みたいなことでしょうね。ね・チョーさん。
posted by 浪速のCAETANO at 10:23| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

pointは2〜3週前

感染者のトレンドを見てると、東京も大阪もどうだろう、ピークアウト?7日平均のトレンドがいいかもしらんね。
ちょっとぐらい学習してもらいたいのは、だから「施策のタイミング」2〜3週間早くするということ。ええ加減、わかれ。ていうか、次はそうしろ。

まあ東京も大阪も検査を恣意的に「絞ってる」気配もあって、そのデータ自体が出鱈目という噂もあるが、しかしそれしか見るもんがないんだもん、DATAね。出鱈目なら出鱈目でもいいんだが、それはそれでも「傾向だけ」は見られると思うから。

で、傾向を予想してみる。

12月末に向けて感染者数は「減っていく」。だが厄介なのは減ってはいくが「底堅い」。そしてその「底」は前回の底よりも「高い」。1回目の底が限りなくゼロまで近づいたが2番底はそれよりはるかに高く、3番底
はそこまでも落ちない。遠目から見たら「プラトー(高止まり)」。

大阪の医療崩壊は「決定的」だし、そこには「真実」がある。そこには「リアリティ」がある。そこには想像の余地はない。それが大変残念なことではある。そこでの「重傷者・死者」のトレンドこそ「リアル・トレンド」なわけでさ。

こわごわの年末年始になるね。おれもまたこわごわである。見えないだけで誰もがspreaderになり得る。おれはPCRが他のウィルスに反応しててもいいんじゃないか、と思ってる。こちらの国ではfluが19〜20ではほとんど見られなかった。それを根拠にイチャモン付けてるバカが昨日おったが、どうだろう?欧米ではすごい感染者…死者である。そのfactは「完全な異変」以外の何者でもない。factor Xの見極め、急がれる。

わからないものには「畏れて、最大の予防措置」しかないでしょう?経済(カネ)のことを言うのなら「政府が補償」すればいいだけである。そこ、間違えちゃいけない。それは難しいことじゃないからだ。難しそうに見せてるけどね。そこだけが「キモ」なのよ。全てが「ショック・ドクトリン化」してるのがわかるだろうか?全ての事件、全ての出来事、今となっては安倍晋三のサクラから芸能人の不倫まで「ショック・ドクトリン」の潤滑油とされているのがわかるだろうか?

ここまで今みたいに「ウソでもいいから」政府側の「誠意」が見えない時代はなかった。言質を取られるからだろうが、「言葉さえも」ない。アベシンゾーが作り上げた、パンケーキがtake over しているあの手法であるけどね。だから余計に「人でなし」に見える。その人でなしをサポートする頭と精神壊れたヤツらに囲まれてるわけで、大変居心地が悪い。新自由主義の底辺にいる新自由主義者たち。大してカネもないくせにね。クソウヨとも被ってるね。あと、それしか「知らない」ヤング(相対的ヤング含)。

民主党が(当時はpmは菅直人だが)東日本大震災の後70日間も国会を閉じずに作業服で「政治」をしていたこと、みんなもう忘れてると思う。カスだと思うがそこはその姿勢は見上げたものだというか、あったりまえだ、と思う。

もう終わんのかい?スガ!

次の総選挙は「関ヶ原」ですよ。


戻るが、トレンドを見つつ、ブレーキはピークを迎える2〜3週間前に躊躇なく踏む、が「最悪を避ける」施策である。次はもっと底もピークもレヴェルが上がってるだろうけれど。だが、それが「学習」ではないのかな?違う?

もう手遅れという説もあるけど。武富士が時短に被せて慌てて「赤信号」言い出したとこから危機感の先延ばしが露呈しちゃったからね。イソジン武富士、「赤信号は止まれ」やで。「赤信号」って言いたかっただけちゃうんかい。おかんにわがまま言ってツッパるそんなメンタル垣間見える。こんなんにgovernor やらしてたらあかんわ。こいつら、まだ実質上の「都構想」目論んどるからね。消滅させたい。

posted by 浪速のCAETANO at 07:56| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

コント赤信号か

大阪がどえらいことになってるだけど、TV見てないからよくわからんのだが「不要不急の、、、」みたいだが、それじゃあどうもならんよ。
おれたちは情報操作されている、そんな自覚ある?

政府が助けようとすると助けることができる人々を「見殺し」にしようとしてること、わかりますか?

Go toを辞めない。連休まで続ける、と犯罪者が言っていた。飲食店の「悲壮な訴え」がその政策を後押しするかのような装置になっている。根本的に間違っている。

「補償とロックダウン」これしかないのにね。それの最たるものがここ大阪だったりする。病院がヤバい。崩壊寸前。

だがその悲痛な声がなかなか表に出ない。意図的に隠されている。

維新は結果的に「Sweden方式」を採ろうとしている。集団免疫獲得だが、犠牲は多くなる。Swedenもそれは失敗だと認めて、方向転換した。

周回遅れの国、府、市。今、北区、中央区は飲食店時短しているが、それは11日までだったが、15日まで自粛と言い出した。どっちやねん。解決法は「カネ」しかないんだよ。「医療非常事態宣言」をバカが出したがそんなキャッチフレーズで仕事をアピールするだけ。危機感がない。何が赤信号やねん。コント赤信号か!

コロナは「資本主義の限界」も露呈させた。China,Vietnamの成功と欧米の失敗である。正確に言うなら「政治的自由主義の限界」かな。だがそのバックには巨大資本が控えてる。

二兎を追う者は一兎をも得ず。愚かだ。

ロックダウンしてもいいのよ。カネ出して、感染を抑えること、これしかない。それからgo toだったはず。

Go toの原資がおれたちの「持ち出し」ってのがセコいのだ。

強権発動しないとほらだめでしょ?という世論形成へ「誘導」していってるのがわかるかな?主権の制限。ここは難しいが、節度を持たない政府だから信用できないのね。1か0の「究極の選択」へと導こうとしている。乗せられちゃいけない。


ショックドクトリンね。それ、ホントに狙ってるからね。

なんでおれらだけ大学行かなあかんねん、と結構怒ってるんだけどさ。

posted by 浪速のCAETANO at 20:24| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

対策と「経済」は対立しない

自己責任のatmosphereの下、virus根絶か「経済」か、バカな議論であると思う。経済・なんて言葉もまた「カネ」と置き換えればなんと愚かな選択におれたちは立ち会わさせられてるのか、が分かると思うんだが。

わかんないの?

経済を省略せずに「経世済民」とちゃんと言うならば、上記のような選択など、「ありえない」。economyではなくって。「世を経め、民を済う(よをおさめ・たみをすくう」。そう考えるなら上記のような「愚かな二択」は「ありえない」ことがわかると思うんだが。対立概念であるんじゃなく「Virus根絶」も『含む』。

わかんないの?

おれたちは「ほぼ・丸腰」でvirusに囲まれて生活してる・が現実ですからね。防具はマスクだけ。竹槍の国民と対して変わらない。伝統・だな。

Covid-19が今のようにその症状がfeatureされた特別のvirusではなかったとしても、政府は最大限の国民に対するケアをしなければならない。で・ないと「在る意味」がないからね。政治は「政治屋」がそれでメシを食うためのものじゃなくってさ。だから自助・とか共助とか言ってる時点で「そこにいちゃあかんで・お前」と言うことになる。おまけに「絆」だって・プッ、恥ずかしい。バカ小学生の「今週の目標」なのか。それもまあ「かなり昔の・イナカの小学生」だが。絆は牛を繋ぐもの。意味・意外に知ってたりして。

なるべくカネを出さずして、なんとか収まってくんないかな〜・なんちって。考えてることはこんなことね。どっかの小学生と代わってみてもいいのでは。

「しっかり補償して」ロックダウンして止める。ニュージーランドや中国・台湾・ヴェトナム、先生はいっぱいいる。アジア・太平洋地域。



そんな中でも大阪。すべての責任はクソ維新。だけど、それを支持してきた人々、もうええ加減にわかったらいいのに。大阪は医療崩壊間近である。そしてこれは「人災」。クソ維新の罪である。犯罪。


ちょっと、自分のことを考えると、新型・旧型コロナにかかわらず、fluにも罹りたくはない。地方にも広がっているからだ。正月もやってくる。そして「後遺症」はちょっと怖い。よくわからんことは怖い。わかったつもりのバカの「冒険的行為」に付き合うつもりはないな。勝手にどうぞ・だがおれに近寄るな。

これはある意味、古代における「カミへの畏怖」なんかと似ている。その時代との違いは「中途半端なサイエンス」の存在。サイエンスはそこそこ偉大だが、その先にはさらなる地平が広がる。先に行けば行くほど・広がる。

何事も「ナメない」ことだ・と強く思う。








posted by 浪速のCAETANO at 12:04| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

めんどくさい・が忌むべき言葉・かもね

ロレツが回ってなかったか・本日のバカ田大学。

喋んのめんどくさい時ってあるよね。ま・いいじゃないか。

塾まで時間があるから、帰って風呂で「竹取物語」を読む。本日は川端版だった。何百万年ぶりだろう?と、そんなexaggerationは置いといて〜にしても「何十年ぶり」はリアル。

作者が不詳である。九州王朝の人間だから・だね。そして物語もまた「リアル」である。車持皇子は「藤原不比等」と言われている。かぐや姫に「集る」残りの4人はほぼ「実名」でもある。改めてお読みになってみるのも如何か・そんな気がしました。こちらの国の最初の小説は「SF」だった・というのはちょっと面白い。セリフもまた「人間臭く」ていいのね。川端先生の力だけではないと思うよ。
  
やっぱ「月」なんだね。九州王朝の「信仰の対象」は「月読命」。アマテラスは近畿による「神の変更」のなせる結果かな。大和に存在した物部の春日信仰の応用による伊勢「捏造」をこれもまた「改めて確信」した。またいずれ。そんなこと言うてるうちに国家崩壊してるかも知らんが。

さっき元生徒の人妻から「ええ月やから・見てみ」とメールがきていた。fabulous moonだった。今天空にある。近くに火星がいるんじゃなかった?


さて意図してない出来事が起こる。新型コロナからもう一年。それによって社会が変容する。これは古今東西そうなのだけど、こちらの国のpmの「奉り方」がキモいね。もう一歩進んだね。ナチスの手法を真似る。国民の多くが「それ」を先回りしてる印象がある。「もうな〜んにも考えないのが楽〜」みたいなことね。「命令を聞いとくだけって楽〜」。「責任とかまっぴら〜」そんなの。

「めんどくさい」という言葉に象徴されるメンタリティですね。バカ政府(国家・地方問わず)の暴走に一役買ってるのもそのメンタリティ。「目の前のこと」しか考えない・ならそりゃ楽でよかろう。でもそれだと「好き放題」されるからね。で、不公平なのは「楽」してる人がそうなるのは「自業自得」だけど、物事を考えてる人々にもその厄災は降りかかる。ほんとメーワクな話。


好き放題されて、今困ってる・これからもっと困るのは大阪人はじめ東名阪・福岡・北海道の人々。困る・なんていうレヴェルではないかも知らんね。大阪なんて酷いもんだ。あのバカ達の「バカ」を一般人が分かるために一体何人犠牲になるんでしょう?全てはおれたちが角度5度ほどで「目の前しか」見ていないことの・自分のことしか考えていないことの「結果」だと思うよ。他人事ではないのね。だって地球は丸いんだもん・じゃなくて、だって空気は循環してるんだもん・でもなくてと言うわけではないが、あなたの隣人を辿って行くならいずれあなたに遭遇する・ということなんだよね。

因果応報も情けは人の為ならずも「人は繋がり・社会は有機的」ということの優れた例えであると思う。

だから、こう「刹那的・ジコチュウ」の集まりの社会に「未来はない」と思うわけ。そうではないでしょうか?だから山本太郎という希望はいなくなったら結局皆さんが困るということなんだけどね。そこ・もひとつわかってない・とおれは思うよ。誤解も多い。

posted by 浪速のCAETANO at 23:23| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

空気を作る者たち

長崎でも「県外の方お断り」の店がポツポツでだしてる。

政治の不作為は人の不信感を醸成する。バカに政治やらせちゃダメだね。ここ、National に共有したいんだが、おのれの言葉でようしゃべらん目つきの悪い頭すだれのsupport rate58%とかいうからもうダメだと思う。

昨日は太郎ちゃん、なんと桜井誠に街宣、邪魔されとった。面妖なのは警察が櫻井側だったことね。ヘイトを撒き散らす団体の『擁護」をpoliceがやってる絵をよく見る。そこから類推されることは、ldpのホンネは「そういうこと」なのね、だ。ldpのホンネはクソ維新と日本第一党にあり、だね。

ダサすぎてゲー吐きそうになる。

もう終わる。経済的にも終わるし、人間がウンコすぎて、ウンコすぎるあまり「自家中毒」により終わるでしょう。おれたちは国という制約・の中で生きざるをえんのだけど、国からいかに自由になるか、を同時に考えとかんと、えっらいことになるんじゃないか。こんだけ国民が「劣化」しちゃムリでしょう。まあその劣化は意図されたものだけど。

それを意図したアメリカもその劣化度に「驚いて」ないかな?そこまで「外交が楽」な国なんてこの地球上には存在しないからね。喜んで国益をbargain sale する政府とそれを支持する国民とか、逆に信憑性がなさすぎて疑心暗鬼になるんじゃないのかな。「話うま過ぎる」ってやつよね。
だけど、それ、正味なのね。競うかのように「on sale」だったね。

そういうことも周知されてないんだろうね。みなさん、目の前のことをクリアするのに必死なのだろう。そういうふうに持っていけば政権は安定する。そんなことは10年前からわかってたけど。

嫌な感じがするのは、桜井を、太郎ちゃんに「噛ませること」でどっちも「よう似たレヴェル」という印象を定着させようとする意図が見えること。こんなことぐらいはクソ電通のクソマーケティングマンは楽勝で考える。ldpは高みの見物を決め込んで、「下々」にやらせることぐらいは、ナンボでも考えるよね。今電通の最大のクライアントはJapanese govt.のはずである。空気の醸成が「特技」なのよ、agencyって。

マーケティング、厄介である。おれはかつての自分の仕事ながら、もう関わり合いになりたくない、そう思ってた。しかし、そのアンチ、ならやってみてもいいかもな、そんな気にもなる。


posted by 浪速のCAETANO at 21:23| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

一難去ってまた・・

アベシンゾーの「起訴(カモね〜)」を「エサ」に国民投票法の改悪(ハードルを下げる)を目論む改憲勢力。しかも明日採決という。外道である。

だが、アベシンゾーはもう沈んで行くんだろうと思う。そう期待する。検察の矜持を見たい。堰を切ったかのように「新事実」が出てきてる。公明党も突き放したような言い回しをしている。

秘書の人・死なないでね。アベシンゾーのために詰め腹・そんなアホなことはやめましょうね。


その分「特高」がもっと下品にガサツに乱暴に李と組んでおれたちの息の根を止めようとしに来る。きてる。もう始まってるからね。「特高」とハシシタ、李には共通項がある。それは「ルサンチマン」。どうしようもない憎しみ against Japanese。だから怖い。「話せばわかる」が通じない怖さ。

特高には「いかに多く喋らせるか」だな。しかも自分の言葉で。いっぱいボロが出るから。こんな「オワコン」が服着て頭スダレになったようなオヤジがなぜpmなのか?ってことはみなさんよく考えて見たほうがいい。外交の現場・例えばG7等で「みっともないで〜」。まあルッキズムですが。いいんちゃう?対権力者・である。おれたちは「権力者を嗤う権利」がある。揶揄する権利・がある。揶揄し続けようよ。そこ・遠慮する必要・全くないです。いいことしたら「いいね・それ」と言ってあげたらいいが、おそらくそんなことは「稀」です。


三島が市ヶ谷で割腹自決して以来50年になるのか・そうか。自分は中一だったな。その事件と結びついている「光景」がある。校庭で友人のちょっと生意気な「鵜崎」が鉄棒で「大車輪」をしていた。なんの脈絡もないのだけどね。鵜崎の大車輪と三島由紀夫。三島由紀夫と鵜崎の大車輪。もう一つ・その余韻の中で聴いていた「Have You Ever Seen The Rain/CCR」。今の社会の中で・あの歳に戻るのはいやだが、時代も共になら「戻って」もいいな。そう思う。


極論するなら「あの時代」しか生きる値打ちはない・そんな気もするわけである。なんと自己中心的な。バカおやじなのか?ただ、何もかも「形になっていなかった」あの時代の「流動性」・何もかもが「トライアル」・当然、おれも周囲もそして社会も間違いを犯し続けていたが、それらは「もやもやした何か」が形になるための必然だったのだ。


「楯の会」の一期生がおれの10歳上の方が多い。「団塊の世代」の「痙攣」の一つだったのかな?そうも思ったりしてる。左翼と右翼。あまりに大雑把かもしらんが。団塊の世代・めんどくさい。目の前というかもうちょっと距離がある前方の「分厚い蚊柱」みたいな印象だった。その時代の「情報」は2年早く大人になる人間とまだ子どもの人間にとっては致命的な「差」があった。その「大元」が団塊の世代だった。可視化できる大きな蚊柱。そこから「蚊の群れ」は拡散しながらおれの目の前まで広がってきてたなあ・といった印象。「印象」だけど。


さて大阪は北区・中央区、明後日から21時終わりである。2週間と言われている。Todo O Mundoもそうなる。12・11か。2週間ほどの「そのようなこと」で大丈夫なのだろうか?という心配はある。冬越せるのか?バイ菌の中でも大阪市は「さらにバイ菌」視・されそうである。失敬な。中津は「ガード」に守られてる印象があるよ。最近・壊されつつあるが。だが十三や福島に人集中するだけなのではないか。大阪市・色々ダメッジ受けすぎである。大阪市民・受難の年だった。その受難はまだ続いている。一難去ってまた一難だ。
posted by 浪速のCAETANO at 12:20| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

特高顔・参った

武富士あるいはイソジンだが、「トリアージ」を言い出した。

何様のつもりなのだろう。このガキ。バカ達に権力持たしたらろくな事ない・わかりやすい例だが。

どうせなら「命の選別」とJapaneseで言ってみろよ。それが、本音だとわかってるから。

まだ「騙されときますか?」大阪のお母さんたち。よーわからんわ・キミらの趣味が。奴の目は「虚空」を見つめてる事・わからんかな?わからんか。あっそう。御愁傷様。

もともと最初っから間違ってるから(ハシシタ時代から)もう「反省したら死ぬ病」やからね・彼ら。ごめんしてちょ・言うたら死ぬ病。そこに付き合うのもうええ加減やめようよ。大阪のお母ちゃん。息子・娘の住む世界は「地獄化してるよ」。それに手を貸すの?ようわからんわ。しかし、奴ら・次から次に「目に見える地獄」を提案することよのう。

大阪のコロナ対策・サイテーってもう明らかですよ。都構想なんちゃって・そのような無益なことに人的資源も裂き・おのれらもそれ一辺倒やったことの弊害が今、顕在化してきていることは誰の目にも「明らか」。うん、だからね、いい加減メッキ剥げてるでしょ。2025までは「持たないよ」。万博なんてもはや「意味がない」し、それもカジノと絡めるなんて以ての外・ではないかな。おれはそのように思います。

アベシンゾーの「さくら」・どうなるかね?ガースーの「叛乱・アベ三選阻止」という見方もある。「我」の強さって「その場」に行ってみないと「自分でも」わからない・ということはある。アベの息の根とめて、ガースー人気なくなる・ってのが理想ではあるけれど、そんなおれたちにとって上手く物事が運ぶなんて思えない。こちらの国の三権が「ちゃんと」分立しているかどうか。あるいはこちらの国が「先進国の端くれ」に引っ掛かってるのがどうかが可視化されるいいポイントではある。

そしてそのガースー。

あの目つき。辺見庸氏は「特高顔」と言った。その視点は見事だな。見事な形容だな。

さすが辺見庸だな。まさに。


特高がpmと成り果ててしまったこちらの国。その子分がgovernor/mayorのおれの住んでる街。「1984」としか言いようがないね。どこかに希望があるのかね?

ただ、今コロナにだけは罹りたくない。悔しいことこの上ない。
posted by 浪速のCAETANO at 15:14| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

Queens 駅伝

今日は「待ちに待った「Queens 駅伝」。
まあ、巨人がソフトバンクにボコボコにされるのもいいし、照ノ富士が貴景勝を「捕まえて」土俵に転がすのを見るのもいいが(前者は現実・後者はどうだろう?)、おれはにいやんと広中りりかが走るとこが見たい。

Female Atheletes 好きね。別嬪とかそんなんでもない。お2人とも「さほど」である。そういうとこじゃないのね。なんだろう。アスリート特有の「自信と不安」を併せ持ちつつ、おのれの可能性の限界を毎回試している、そんな姿に惹かれる。もっと何かあるんだろうけれど、ことばにならない。

彼女らの走りに「失望」したことがない。もちろん、駆けっこ、であるから相手があることには違いないのだが、おそらく、お二人とも「自分のこと」しか考えてない。

彼女たちが「何を幻視して」走っているのか?はものすごく興味があるのだが、彼女らにしか見えないものがきっとあるのだろう。

単に前に人がいるのに我慢ができないのかもしれない。

まあどうでもいい。コロナ禍の下、コンディション調整も大変だったろうと思うが、お二人の「ケレン味」の全くない走りに鼓舞されたいと思う。


https://twitter.com/iam_hitominiiya/status/1330273024747114498?s=12

こんなこと言ってる。
posted by 浪速のCAETANO at 08:29| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

英語のお勉強

A Pleasant if awkward fellowね。

根幹はA pleasant Fellowであることは明らか

大事なことは「先に来る」、覚えとこうね。バカメディアのバカ記者。

で言うか「ワザと」やろ?

Japaneseは大事なことは最後に来る。


「ハトヤマをええやつっちゅうか、まあそうとも言えんこともなきにしもあらずなれど、ちょい厄介っちゃ厄介というのもやぶさかでないこともないとは言えない。」

めんどくさいね、japanese。膠着語。

If any, if everとかと同じ意味のifだね。おれはそう生徒に教える。If awkwardのことだけどね。ちょっとクサして最後はしっかり上げる「Pleasant」ここには否定要素は皆無である。pleasantがかなり「いい形容詞」であるから、−2+7ぐらいの感じね。オバマの「思い通りにならない」ほどの意味だね。toughにも近いかな。

どちらにしても結論は「Pleasant」である。アホな真似はすんな。クソ記者ども。


posted by 浪速のCAETANO at 14:41| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相当終わりかけ

天変地異とは違うでしょ。

その際の諦観を「お勧め」するような物言いは一切止めろよな。

なんだか「デジャヴ感」があるなと思っていた。ガースーや西村や尾身たちの物言いにだが。

「クラブ中には水飲むなマインド」と相当近い気がする。なんか一気に「昔感溢れる」モードになってないかね?

アベシンゾーに散々壊された後は、昭和40年代の国に戻ってしまいました。いやもっと遡るかな。

「神頼み」だから昭和10年代?まあ当時は確かに「ふんどしの時代」。知らんけどな。

なんか、おれから見ても「超ジジイ」の世界が広がっちゃったなぁ・とそんな感想を持った。

いや、未知のVirusだとしても、天変地異とは異なるのだ。


なんかさあ、すごく反動的だと思うのだけれど、そのまた反動が怖ろしい。その反動って「超プラグマティック」な世界で、情緒もへったくれもなく、その情緒自体も、「現在の反動が否定される際に一緒にトイレに流される」そんな予感を持っている。

それって相当な混乱なのだが、それを表現する言葉もなかなか一般には浸透しそうにない。だいぶみなさん、全国津々浦々を通してアホになっちゃってるからだ。

いま社会を覆う「自己責任論」も一種のカルト。そんなんやったら、mayor/governor/pm・全て「いらない」。要らん人間どもに「好き勝手やられて」肉屋の豚に甘んじる・ってこれもまた全国津々浦々的に「脳・溶けてる」。なんなんだろう?この人たち。nationalityって怖いなあ・そしてちょっとやそっとじゃ変わらんのだなあ。

いまおれたちは、戦前の空気を味わってる・でいいと思うのだけど、それさえもある人々にとっては「new」なんだよね。特に「繁栄」を知らん人々にとっては。だからこれは「醸成」する蓋然性が高いと見てる。


不安定が一気に顕在化してしまっている世界の中で、おのれの頭で何一つ考えようとしないで、ただ「指示」を待って流されようとしている人々のことは山本太郎・救えるかな?太郎ちゃんの街宣にも「いらだち」が感じられる。言葉一つ一つが尖ってきている。支持は確実に広がってきているとは思うがそのスピードは遅い。遅いからいいこともある。だが、間に合うか?ということに関しては疑問が残る。れいわに関しては「plus3議席」。そうなればNHKも無視できなくなる。国会に山本太郎がいないことで。政府はストレスが5割以上軽減されている。弛緩している。徳山(やったっけ)の街宣では立憲民主の候補にもマイクを握らせる・そんな快挙を成し遂げた。考えられないが、「反緊縮」しかまとまれないのだが、そしてそれは理にかなってるの。一方で「敵が見えない混乱した者たち」はやたらに狂気を(凶器を)振り回す・あるいは反社会的行為へと走る、そんな無体でどーするよ。

ただ、ちょっとこの流れを止めることは難しくないかな。嫌な流れはちょっとその規模極大化してないかな。それに拍車かけてるのは政府の「無策・神頼み」からくる「落胆・絶望」だよね。コロナは風邪や〜言うてるやつは別にお好きに・だがそんなんに限って「罹らん」のよね。ただ、近寄るな、おれに。畏れる・逃げるってのがおれたちの祖先の「これまでの成功のキー」なのだから。そこはtraditionalがいいのよ。いや・ほんと。
posted by 浪速のCAETANO at 04:52| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

さらっと、嘘を

コロナ禍、というのはこれからが「本番」だね。

もうおれたち「倦んじゃってる」から余計危険。

Virusには「感情はない」からクールにおのれの生活場を「無理なく」広げている。この数日の大阪の感染者の多さ、それって2週間前が感染時だとするなら、「クソ都構想」んときやん。バカが2人「どえらい」ことしてくれやがったな。そして「go to」などという馬鹿げた上っ面の経済対策。

原資はおれたちのポケットマネーやん。なんなん、それ。

もうどうしてもカネ出したくないのね。最低の世界の流れから「ズレた」政府・ということよ。

FRB、ECB、IMFでさえ、今は財政規律、一旦忘れよーね、と言っている。おれたちの身近なばかの「背後」にいる国家的バカが渋ってるよね。「新自由主義者」。

新自由主義とか国債とかは「なんか他の言い回し」が要るなあ。国債は「通貨発行記録(とってもニュートラル)」でいいが新自由主義はちょっと感情が入ってしまう。ちょっと考えてみたい。「クソ・とかがどうしても入り込む」からさ。


コロナの感染、秋冬に拡大するすると言われてたよね、散々。で、この有様だ。無策で傍観、そんな印象がある。大阪に至っては「バカ選挙」といった体たらくだったし。


もうldpや維新がやってることは「むちゃくちゃ」なのであって、全否定していいほどのものである。

東京がレヴェル4というなら大阪だってそんなもんでしょう。いや、自分のことを心配してるのだ。なんで学生が来ないのにハイブリッドなのよ?おれらだけが「リスク」に晒されながら学校行く、っておかしくない?人権に「差」があることにbooしたいわけよ。「使い捨て」とかいう言葉が頭に浮かぶ。


くそd通の「個人事業主」の話。いろんな保障も補償もいらん、と、まさにこれこそが「新自由主義的」である。おれも「個人事業主」。政府からの補償が「しょっちゅう」必要なんですが。

20年間のデフレの中で消費税を容赦なく何度も上げるような「DV政府」は退場していただかないと。一刻も早く。

だがね、メディアがひどい。今日もその現場を見た。NHKだけど。

世界経済がヤバい、と。で、世界の財政支出が1300兆に及ぶ、と。で、こちらの国のそれはGDPの4割、アメリカは1割5分、とそんな嘘を「さらっと流して」、次の話題へといきやがった。10倍もサバ読む、ってなんやそれ。「1984」を生きる、それもそう危機感を持たず、ってのはこういうことなんだよね。

ええ加減にセーよ、と思うのだが、これを嘘と見破れる人間の絶対数を考えると、かなり、暗くなる。山本太郎が倒そうとする敵の「層の厚さ」に言葉をなくす。
posted by 浪速のCAETANO at 16:56| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

幸せってさ

バカ田大学の帰りは北新地駅まで乗る。そこから梅田まで歩くのだが、誘惑が多すぎて。

今日は捕まってしまった。自ら捕まりに行ってる・そんな見解もあるけれど、それでも本格昼飲みはそうはない。

捕まってしまった。トラップだらけであった。

いごごちのいい店は知ってたほうがいい。ネスパでビフカツとビール、これはよくある。あの3ビルの角というか果てというか、中華のなんちゃらセットも良い。まああんまり開拓精神は行きすぎると、何してんのかわからなくなるから徳田ちゃんとかはなるだけ避けてるのだが、結局同様の店に引っかかってしまった。また引っかかると思う。

ハーフタイムの過ごし方。


今店長が旅行中で、ネコたちの世話というかメシとトイレ・だが2.5日ほど仰せつかっている。店は休みで、今日などおれが開けてみてもいいか、とも思うのだが、まあ、ノリで。昨夜はおれ編集の昔のロック(ザ バンド、ジミヘン、ロイ オービソン、ピーターゲイブリエル、ニールヤング)で、片っ端からええ酒を飲んでたら、気がついたら泣いていた。あかんあかん、明日早いやんか、と、程々にして帰ってきた。


今日はアルグリーンにオーティスにロネッツかなど思えば涙がいくらあっても足らんじゃないの。まあそのぅ、過去の美しさに浸る時もないと「あまりに殺伐」なのも、たいがいにせえよ、ではある。


今のこちらの国、おれはいろんな家庭とその子たちを見てるから言えるのだが、もうたいてい「壊れてる」。ガワだけは機能してるけれど。ほんとにガワだけであって、みなさん(家族の構成員だが)play中、ゴクローさん。そんな感じである。誰一人として「幸せそうな」個人がいない。幸せ・てなによ?とかそんな質問はいらんのよ。よくわからんもんなのだが、「非・幸せ」というのはもう至る所に・ある。「不幸せ」ではないとこがポイントなんです。


自分の思うようにならないことに人は、かなりフラストレーションを感じている。なにかの「落とし前」をどうしてもつけないと気が済まない、そんなとこだろうか。こんなにみんなが「自覚的」というか自身を「相対化」した時代はこれまでなかった。これは「近代ゆえ」の事象であるが、じゃあ、近代って「ロクなもんじゃないなあ」という結論に、おれはなってる。おれがなってるということは、そのうち遅れてみなさんもなることでしょう。


TVはもちろんあかんけど、ネットもウンコやで。TVのメンタリティでネットにいるみたいなクソ情報多すぎる。もちろんネットの中にしか「存在できない(今んとこね)」太郎ちゃんもいるが。クソldpとその一味が「最も恐れている」ことの証左でもあるものの。

時間がない。うーん、もうっ!


さて、いろいろお仕事。肝心なことは時々忘れないと死んでしまう。


posted by 浪速のCAETANO at 16:03| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

是非検討すべき

イランのベーシックインカム

・2011年開始

・人口の92%に支給

・平均年収の29%(日本≒132万円)

・労働人口も労働時間も減らなかった

・20代では、仕事をやめて高等教育を受ける者が増えた

・女性の就労増

・男性の自営業増

・母親と高齢者の就労減

世界銀行レポート


李さんの「あかんBI」はホンマにあかんが、国民健康保険、年金等そのままで「BI」があれば、かなりみなさん「いい傾向」にならないかな?

今、困ってる人はとりあえず、それでメシが食える。

仕事はしてるがお金が「なんかちょっと足らん」人はそこ、補える。

食えてるひとはやりたいことができるようになる。もう一回大学行ったり出来るかも。

お金の余裕というのは、人に無駄遣いをさせる。いいねえ、無駄遣い。無駄遣いが「あかんもん」とされてることがあかんねん。無駄遣いこそが「カネを回す」んだけどね。無駄遣いが無駄遣いを呼び、社会は「無駄遣いの連鎖」になり、つまんないもん(というか要らんもん)でも売れるようになり、コモディティ以外のものも売れるようになる。コモディティしか売れんのが今だよね。

アホなもんに金使うことの面白さ、消費が娯楽になる。そうでなくなってから久しい。カネ如きはさほど大切ではない、というアイディアが人を自由にしませんか?無駄にいっぱいあるものはさほど貴重ではない、そこまで行かなあかんね。カネはtool。手段でもいい。それが「目的化」した賤しい人間が、なんか偉っそうにしてるそんな「倒錯」が社会を覆っている。もう、何年になる?バカが持て囃される社会になってから。

おれも昔は小金持ってたけど、イタ車・フラ車5台持ってた時期もあった(ボロやけどな)が、今、ホンマに必要以上のカネ、要らん。そんなことよりも、時間と自由が、曲作るとかボロ・イタ車で田舎道走る時間が欲しい。カネを儲けるって、もう数億すでにあるような御身分でなけりゃ、結構そういう「モード」に己の精神をセットしとかなきゃいかんこともあって、何かしら、疲れる。

働くために生まれてきたんちゃうし。

ホモ・ルーデンスでいいの。あるいはホモ・モーヴェンス。

あんさ、自分だけが金持ちになって「何が楽しい」のかがよーわからんのね。気ィ使うのめんどくさいしなあ。カネがそこそこあると「守り」に入るテーノーも多いでしょ。クソサラリーマンのしょーもないとこって「そこ」。そんだけ長年「我慢して頑張って・そんだけ?」「おつかれ〜」といいたい。良い老後を!

カネ使うにはそれに見合った体力も要るね。おれはむっちゃ元気な時にカネがふんだんにあったことに感謝してる。同時に今はあんまり要らないことにも感謝してる。そんなカネのことばっか、考えてられん。そもそも、それ、かなり「アタマ悪く」ないだろうか。


BI、どかーんと出して、カネを回して、もう一度無駄遣いだらけのバブルまで行く必要はないが「ちっちゃなフロス」を何度でも、そんな国になるといいね。自殺なんてバカなことも極力少なくなる。イヂメも今よりは減る。子どものイヂメ、オトナのイヂメ、どちらも陰湿だ。それが緩和される可能性もあるでしょう。カネがあれば、少なくともフラストレーションの絶対値が減るからね。

太郎ちゃんの言う月10万円はまさにそんなBIである。そんなことやっても国は破綻しないことはauthorizeされてるからね。じゃあやれよ、ということになる。

でもやらん。


もうさ、立憲とかめんどくさいよね。もう時間ないと思うのよ。ldpの補完勢力でしょう。

あとひとつ、稚拙な資本主義の下で生まれた社会主義しか地球人は体験しとらんのだよね。ここまで資本主義が行き詰まったあとの社会主義の「可能性」「社会主義的なるものの可能性@資本主義」というのを見てみたいよね。「プログレッシヴ」ですね。アメリカの影響(宗主国だからね)は受けないと。アメリカの「社会主義」は注目に値するよね。あのアメリカだよ。レッド・パージのアメリカだからね。実験国家アメリカ、こちらの国もそんな側面あるが、こちらの国の実験は「どこまで虐めたら人は狂うか?」みたいなタチの悪さがつきまとう。

働きたい人は働けばいいが、仕事ってほら、カネのためだけではない側面があるからね。STAR TREK世界の「お仕事」にはまだ程遠いが、だけど、そこが理想ですよ。

posted by 浪速のCAETANO at 18:45| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

そんな悠長な

dtがむちゃくちゃだからと言って(実際むちゃくちゃだったけどね、特に後半はね)jb・yeahと言ってる人たち、ほんとにそれでええんかな?

困ったAか困ったBの選択ではないかな?もうUSAの分断はBlue States of AmericaとRed States of Americaに分裂するのがいいのでは。分裂すれば分断は問題ないから。

どっちになれば「どんなええ思いする?」とか「自分はどうなる?」とか、そこがColony Mindですね。Real Colonyなんだけどさ。

おれたちは「その枠内」でしか生きられんのは事実だが、精神は「宇宙行って帰ってもこれる」。極論であるが。

USA、分断されてるけど、「財政出動は400兆超」である。こちらは実質その1/10もない。円高なってるよね。当然の結果だが。

2020のGDP、怖いものがあるね。2/3ほどになってるはずよね。その分を政府が「出動」するのがtheoryなんだけどね。theory無視にもほどがあるけどね。そういうとこ、興味を示さず、dtが、jbが、とか「なんとおめでたい」のか?なんとゲスなのか?なんとアホなのか?

そう思うし、呆れる。おれはどっちがSuzerain Presidentになろうが「ほんま」ど〜でもいい。

いやそんなことよりもさ、おれたちの「生活」向上の方が大事じゃない?


なんかjbがrepresentしてるものって民主党・establishedで、実は「一番・今いらん」勢力ではないかなあ。「言葉」はそりゃスンバラシイけどさ。dtは行き場がそこしかなくて「右派」にすり寄って行ったが、アメリカだって実は「上と下」なのよね。「右左」ではない。まあ福音派とかおってめんどくさいとこ・あるが。

その右・左の大部分は『下』である。アメリカのidentityも揺らいでいる。国家の衰退って国民のidentityを揺さぶるんだね。こちらの国もしかり。イケイケの70〜80sって人はこんなに「頑な」じゃなかった。心にも余裕があったよね。MotownやThe Bandの映画、懐かしくも切ないが、それはもうあの時代には戻れない・というかああいう時代は「やって来ない」ことの再確認が辛かったりする。なかなかにそれは「残酷」な現実でもある。


こちらの国も立憲民主とかいらんでしょ。国民民主も。ldpと山本太郎で「いきなり決勝戦」でいいんじゃないの?そうでないと「間に合わんよ」いや・まぢで。そう思いませんか?そんな悠長なこと言ってられる?

おとーさん・おかーさんで頭悪いなあ・と思うこと。あなたはldpやクソ維新に媚びへつらって、小銭を稼ぐ、それがいい・と思い込んでる人々たいそうおられるが、あんたが小銭稼げば稼ぐほど、あんたの息子・娘の生きる余地が「狭〜く」なっていくことが実感できないとするなら、「親やめる」のがいいね、とおれは思います。















posted by 浪速のCAETANO at 21:35| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

イナカモンはお静かに

言うとくが、おれはどっちでもいいです。

Democratic Left にしか興味がないからなのだが、だからどっちでもいいです。

ただ、うちのママ曰く「下男」がjbに「おめでとう」と言っちゃったこと(まあEU首脳も言ってるけど)、乗り遅れないようにってことだと思うが、4年前は「間違えた」。hcにご機嫌伺いの「フライング」を犯してしまってる。そんな事実もありましたね・と言っておく。


いや、ほんまに「宗主国と植民地長官」の図であるね。いかに宗主国のmasterと「繋がりが太いか」が権威となるとこなんて。中曽根ぐらいから始まったよね・あからさまなんは。「ロン・ヤス」なんちって。同時にsaleも始まったね。宗主国のpresidentがsaleのためにfriendlyを装う・ぐらい「屁」でもなかろうと思うのだが、「お人好し=田舎もん」の国民には効果的だった。「おれたちって結構イケてるかも?」勘違いさせることもいい条件でsaleさせるには効果的。

こちらの国、そうねえ30年ほど前まで、「ほぼ・イナカモン」だったよ。バブルの狂騒の恥ずかしさ、あれが最も経済が盛り上がったことになってるわけで。ジュリアナなんて「イナカモンの極致」でしょう。その20年前に万博・olympiadだから、そこは「近代化・真っ最中」。だからつい50年前までは「リアルにイナカモン」だったわけよ。

そんな「自覚」要るのでは。


こちらの国の「おっさん」の発言からは「自覚のなさ」が滲み出る。目つきにも滲み出る。


jbのペドフィリアぶり、ちょっとヤバい気がするね。そっちは地下情報で今まで散々流れてたけどね。同様に今になってはdtが「分断」を手段にしてることも批判されてもしょうがない。だから「どっちでもいい」。そこ、どやこや言うてもどうしようもないことだから、betterな対応をするしかないわけだからね・colonyとしてね。

そんな視点がすっぽり抜けている。それに大統領選は今「止まっている」。


静観がいいと思うけどね。


そんなことよりも大阪人、バカmayor/governorが「いちびってる」間にコロナ環境、ヤバいことになってる。コロナが本当か嘘かとかは関係なく、少なくとも、府民・市民の共同幻想には対応しないとあかんよ。バカmayor/governorはまだいちびり続けたいみたいだが、もう政府の「go to eat」がマズいのは分かってるもんね。Don't Get Excited.静かに過ごすことも悪くないでしょう。今まで、無理やり「騒いできた」んだから。さほど面白くもないことに対して。



posted by 浪速のCAETANO at 07:25| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

Don't get excited.

Don't get excited.

おれの行動範囲;

バカ田大学への通勤・阪急とJRに乗る・帰りは環状線の時もあれば北新地まで行って2ビル・3ビルら辺を通ってメシ食って帰るか阪急Dept.で晩メシを買って阪急に一駅だけ乗る。大学には至る所にアルコールが置いてある。体温検査もあって、異常な場合は入れない。ハイブリットと言ってはいるが、来る学生はほぼいない。授業も工夫してる。書画カメラの使い方も最近慣れた。

収録は梅田。歩いて行く。収録現場にも消毒液は至る所にある。帰りは阪急Dept.あるいはあんぱん屋あるいはY.C.かマルマンの上と寄るとこ決まってる。

2・3週に一度、母親の様子を見に行く。新幹線と特急。到着時刻も決まっている。帰りの時刻も座る席もほぼ同じ。新幹線ではタバコを吸うからなのだが、喫煙コーナーまで歩いて10歩で行ける席だ。隣に人がいることはマレ。新幹線も特急も。

あとは家にいて、塾。来る生徒は決まっている。近場の子のみ。あとはリモート。リモートだと個別になるから、時間が人数倍かかって忙しくなった。

予備校は今2つともお休み。

あとは店に深夜に行く。2〜5杯なんやかんや飲んで帰る。会食も、こないだ「THE BAND」観たあと、店長と野菜でワインを飲む店に1時間ほどいた。久しぶりに「人と店に」だった。

今んとこ、自分が新型コロナに感染している自覚はない。だが、長崎に行けば(最近感染者は出ていない)確実にバイ菌扱いで、おれが行ったあとは「ヘルパーさん」は1週間来てくれない。

マスクはしている。この時期、大抵おれは喉をやられる。マスクは喉の乾燥を避けられるという意味で有効だと思う。コロナには「?」だが。だが喉の乾燥が和らげば、virusへの抵抗力も増すだろう。

Don't get excited.がポイントではないかなあ、と思ってる。騒ぐ・乱れる、みたいなこと。一泊旅行も2度行ったが、これからも行くが、ほとんど人と接触しない。

割と「移動」しているのだ。


Don't get excited.に大いに反したイヴェントがあった。住民投票だが、「主犯」はシレーっと、「256人です。第三波です」と言っていた。実質的にはまだゴキブリたち、諦めてないみたいだけど。ハラハラ・は免疫下げるんだけどさ。

人にストレスを与える輩・はpublic enemiesですからね。


飛ぶが、国家資本主義(chinaに代表される・権威主義plus自由経済)の方が今「経済も感染症対策も」優位に立っている。今もまた「過渡期」であると思う。

事実、一言「政府を批判」したら、やっぱりえらいことになっている。過渡期だから「その後」があるのだけど、過渡期中にその一生を終えることになるおれみたいな歳の人間には、なかなか「環境としての不自由」には耐えれそうにない。人はその精神の輪郭を若い時に形成してしまう。歳をとって元気なくなって行くのにも関わらず、周りの締め付けが厳しくなるのには我慢はできない。パワーはなくなるのだが、なくなるからこそ、おのれが「自由を享受したい時」にそれを制限されるのはやっぱりいやだ。


Don't get excited.だよ・もはや。盛り上がって誰かと何かを共有した余韻で時間を過ごすなんて、もうちょっと「違う」んじゃないか。感染症が原因で、ヒトはsomething differentへ向かうと思っている。ヒト同士の濃厚接触が憚られること自体、何か違うものへの変態の「布石」である。


KEEP YOUR DISTANCE。https://youtu.be/62p4S7w0GHk


感染者数は最高値だが感染確率はいまだに低い。低いし、必ずしも発症後どエラいことになるかはわからない。だが、なるかもしれない。確率論的に「怖がらない」というのも戦略だろう・そうなる。おれはそんな戦略取らないけどね。だが、一定数そんなヤツがいるというのも理解はできるし、いてもしゃーない。

行動が制限される中で、ちょっとづつみなさん手足を伸ばそうとしてる時期だと思うが、以前の社会には戻れないのは事実。戻れるとこと戻れないとこがある・がただしいかな。


Don't get excited.そうやって「やり過ごす」しかないのでは。もうおれ最近は(コロナ前からだけど)酒は飲むが酔っ払いにはならない。なんでかわかんないが。酒飲んで解放される・がダサいと思い始めたのかもしれない。










posted by 浪速のCAETANO at 09:40| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

くちだけ元祖、ここが難しいとこ

カマラ・ハリスのスピーチ、素晴らしいね。

言葉は返ってくると思う。そこは朗報。

だが、おれたちが忘れちゃいけないことは、美辞麗句を並べながら、戦争をしていた、殺人を繰り返していたオバマ時代(民主党・established 政権)の悪夢よね。

dtはとんでも野郎だった、で今はいいと思うが、「戦争」からは遠い4年間だったこともまた、忘れてはいけない。米国内の分断は事実だが、思い出していただきたい。hcが当選していたなら「世界戦争」の危機がグッと近づいていたことを。

何度も繰り返すが、J handlers復活する。こちらの国が「やらされる」可能性もまたぐっと高まった。

米国民みたいな気になって、Biden yeah!はちょっと違うんではないのかな?

こちらの国には選択肢がないのね。悲しいことに。Colony とはそんなこと。民主党・established が返り咲くことでこちらの国の財界やldpは「直系」となる。そして今こちらの国が向かっている方向はBarbain saleであることも覚えときましょうね。

国民的にはそう両手をあげて喜んでる場合じゃないと思うよ。

hcの4年前の敗北宣言スピーチにも「うるっ」ときてた人いたことも覚えてる。そう、言葉だけはいつも素晴らしい、のが「民主党・established 」でした。
posted by 浪速のCAETANO at 12:00| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

不自由な閣下

「下男みたいやね、この人」

実家で国会中継見てた際のお袋の言ったこと。

「ママ・それ、なんかあかんで」とは言うたもんの、あまりに言い得て妙でさ。

おれが言うたんちゃうし、お袋ですから。もちろん、ヨシヒ・スガーリン閣下のこと。

ヨシヒ・スガーリン閣下、言葉がやや「不自由」である。言葉によってこれまで生きてきた人間ではないと言うことなのだろう。So How?

ここ答・出さないほうが賢明。怖いもんが出てくるよ・きっと。

しかし「あそこまで」不自由だと、側から見てたら、野党議員が「小賢しこくもおじいさんをイヂメてる」そんな図が出来上がる。japanese覚えたてのforeignerが聞けば、そう思うだろう。

「神輿は軽いほどいい」アベシンゾーの時そう思ったが、軽いと言う言葉があんなに似合う人間もそういないが、その延長であることは間違いなく、だが今回は「熱」も感じられず、「同じことを繰り返す厚顔」の持ち主で、「周りの固め様」は万全か。

こちらの国の「首相システム」はアベシンゾーにより大きく変容させられたということだ。「バカの周りに大バエ・コバエをタカラせ城壁を作る」

pmはさらに「機関」となる。


クソ維新、懲りてない。懲りてないで。

リコールしませんか?雨合羽も武富士も。どお?

ハシシタ出てる。「都構想反省会」@関テレ。潰したいね。両方。ほんま・カスである。クソ関テレ・でいいと思う。また「改革」と言っている。『改革』を使う人間はゴミだよ。

みなさんすぐお忘れになる・とは思ってますが。あんまり期待してない。





posted by 浪速のCAETANO at 12:31| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

脊髄は時々正直で天才

https://twitter.com/deendeen1506/status/1323286792271851520?s=21

脊髄反射で「死ね」と思った。今も大脳はそれを肯定してる。


カス!
posted by 浪速のCAETANO at 02:09| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

市は残ったけれど

最近では「最も心配の少ない朝」かもしれない。

だが、グッタリしてる。ボケを一人辞めさせるのに、こんだけエネルギー使うことの割の合わなさ、なんとかしていただきたい。だが、誰に頼む?

自分らでやるしかないのね。結局。

おれは運動家でも政治家でもないが、それでも二十人以上には話をしたし、説得もした。「my own matter」だとちゃうな。


だが「住民投票の罪深さ」もひどく感じてる。やるもんじゃない。上から「降ってきた」クソ維新による住民投票などほぼ「暴力」だ。

雨ガッパの「リコール」、武富士の「リコール」ならええかな。

だがどっちにしても禍根は残る。おれも、何人か、顔浮かぶが、知り合いで維新支持を公言するヤツなど、顔も見たくない、が本音である。こんだけ「バカバカ」言うたしね。


それだけハシシタ、マツイのボケらは罪深い。おのれらが辞めて済むと思うなよ。大阪市民による「損害賠償請求」とかはリアルではないのだろうか?

ノブエせんせい、どうなん、そこ?


反対派の方々、いい機会やから何故「維新の暴挙だけでなくその政策」があかんのか、そしてそれは今の政権のそれと「どれほど親和性があり」「どれほど世界の潮流から遅れているのか」まで認識を深めるべきだと思う。

「緊縮にした上で、無駄な競争心を煽り、敵を発見して、糾弾する」それをルサンチマンの発露とする、そのやり方の不毛とそこにつけ込むレントシーカーの存在によってそのクソ政策が進化してしまうという悪循環にまで認識を深めることこそが必要だろうね。


喉元すぎるとなんとか、で、3回目もあり得る、とおれは思うからさ。信用なんかしてない、クソ維新など。

勝った勝ったでは片手落ち、というものだ。

カネを出さないクソドケチ政府のout of dateな政策をしらーっと実行するその態度こそ、国政で追及しないといかんのだけど「自助」などほざくガースーなど、public enemyそのものだが「共助」で終わるエダノも補完勢力に過ぎない。財政がわかっとらん文系弁護士の限界だね。

たまたま久しぶりに見た朝生で李平蔵に言いくるめられる小川くんを見てしまったが、東大脳の限界が見えたかな。せっかくMMTなんてことを言い出したのに残念。そんな理論的に裏付けがどうこうより、USAの財政支出の規模を見てみたら。今がどんな緊急事態なのかの認識、甘すぎるのだ。きみ、香川の地元回ってんちゃうん?だったらみなさんの「疲弊」がわかるだろうが。


やっぱり「国の借金」に騙されている人多すぎるんだよね。騙されてばっかりなのか、こちらの国の人々は。

今日吉富くんが初めて「れいわ」と太郎ちゃんの存在が大きかった、とTVで言ってた。TVには雨ガッパと大阪市LDPの北野妙子氏(なんと阪大人科の一つ後輩だったが)しか出ない。

おかしい。

太郎ちゃんの、2週間以上の張り付きこそが、「熱」を「真実」をいわゆる無党派と言われる人々に伝えたのではなかったか?

物事は「正確に」伝えようよ。それもできずに高い給料もらってんじゃないよ。メディアの人間。

おそらく、維新に騙されるメンタリティが燻り続けることになるし、それはみなさんが「財政のウソ」に騙されてるから。雨ガッパの嘘など小学生でも見破れるが、池上彰に代表されるウソを見抜くのは一般の人には至難の業。権威が背景にあるからね。権威主義者、というか権威に弱い人は「わんさか」いる。

ある程度は自分の頭でかんがえるんだけど、わかんなくなったらそこらへんの一番ありふれた権威を「借りる」、それはしょうがないことなのかも知らんが、それが永遠に騙され続ける「コツ」だったりするから厄介だ。

勝った勝った、ではなく、負けなかった、かろうじて、が正しいとおもうし、根本が解決されたわけじゃ、全くない。

まだいろいろ危ない。本当は。

でもね、維新がやってきたことがすでにベース化してることが(例えば区役所職員がパソナであるとかよ)もうその崩壊を根本から治療することを妨げることになるでしょう。府大と市大の統合までもうきまっちゃってるんだろ?都構想ありきでもう始まってしまってるその政策一つ一つ見直すべきじゃないのか?

それはどうなんの?

依然として議会は維新だよ。府下の市長もどんどん維新化が進んでるよ。大阪市以外の市は必ずしも「。反対」ではないはずやで。

ほら、手放しで喜べんというのはそういうことだったりする。

より混沌と、問題解決できないことによるに「股裂き」状態は続くのね@ 大阪府。

局部的には崩壊防げたけれど、大阪人のメンタリティの拠り所は漂い続けますよ。

朝は心配事なくなってたが今は昨日とそう変わんなくなったわ。
posted by 浪速のCAETANO at 11:01| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦術

だいたいさ、投票で「勝ったことない」からさ。
二度の住民投票ぐらいなんじゃないかなあ、と振り返ってる。

新幹線の岡山ぐらいで投票打ち切りで、かもめに、乗り換えて諫早ぐらいで勝ったのわかった。博多〜肥前山口間は、「出口調査の、うそつき」と恨んどった。

まあ前回もそんなだったなあ、と思い出してる。

だが、勝ったというか「負けなかった」のは良かったが、維新が提示した「夢(ウソだけど)」に「抗い切れない」人々がほぼ同数いるのだ。そして雨ガッパ、明日にでも辞任するかなと思ってたら(思ってなかったけど)、任期全う、だって。

ふざけんなよ。今すぐ辞めろよ。right now.right here。


この政治的無力感の払拭はいいトラウマを植え付けたね。

「ならぬものはならぬ」

太郎ちゃんにもちょっとした成功体験を味わってもらえて良かった。コロナと都知事選とつねきくん事件のからの出口、見えたね。


上書きしていくしかないんだよね。latestにはよわいね、みんな、ね。あとカロリー。ほんますごいわ。

巨悪に対峙するやり方、戦術的に教えてくれたね。寄ってたかって。


同じコンテンツを、違う場で、異なるマナーでやる。


おれも勉強になりました。

みなさん一晩ぐらいは全能感に浸ってもいのでは。いいよ。

随分「久しぶり」では?


おれはそう。
posted by 浪速のCAETANO at 00:58| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

Fatal DAY

市が廃止されても大阪は残る。なんかexcuseみたいだけど。だが公明が寝返ってることって大きいと思うな。

新自由主義の実験場、知らん間になってたね、大阪。ガースーがpmになるなんて誰も思ってなかったところ、そんなことになっちゃって「うわ・ムッチャハマったな」が現実になった。

維新はldpガースー派。

大阪市民・すでにただでさえ「モルモット」だったんだよ。知ってた?

ただその実験は「どれだけ詐欺を働いても幻想によってplusルサンチマンの香りを振りかけたら人はついてくるか?」そんな実験だったと思う。


夢を見せるのは確かにうまい・維新。ハシシタのパーソナリティも「大きかった」。イソジンというイケメン(吹いた・)という副産物もあり、まさにポピュリズム。

人はイメージだけでどこまで生きれるか?そんな実験も含まれてたね。


さあ泣いても笑っても本日である。こわごわ賛成してる人も多いんじゃないかな?反対の人の方が物事はよくわかってる。全力で賛成・ってのは「サル」だが、サルにも一票。在日の人々にはないけどね。


二重行政は「あってもいい・もっというなら『ないといけない』」からね。二つのタワーはバブルのネガティヴな産物よ。誰もが間違ってた時代。サルの人は目の前にあるものを「触る」「反応する」。進化途上。

まあ嘘で固めたスキームはいずれバレる。バレた時にどう振る舞うのだろう?そしてそれを支持した人たちもまた「どう・言い訳をし、そしてまたどう振る舞うのだろう?」あのね、この大阪市廃止・解体が現実になるのは01/01/2025である。

でね、そこまでに維新の正体バレないかね?おれはバレる・と思うんだけど。そのさい。「旧」大阪市民は「執行を待つ死刑囚」のようなメンタルで生きなきゃいかんけどね。大丈夫?

5年後、「新自由主義」は「相対化」されてるよ。古臭いカビの生えた過去の遺物と成り果ててるよ。こちらの国はそこもひょっとして「大きく遅れる」のだろうか?GAFAさえも解体されてるかも?世界は動いてるよ。

「本当の絶望」とはどのようなものか?おれたちはそんなせんでええような「ご苦労」を全国に先駆けて経験したりするのは嫌だなあ。て言うか、「真っ平御免」。

それもこれも全部含んで、皆様方は振る舞いを考え始めないといけなくなる日が明日であるなら「誰にとっても不幸」である。そんな11月1日の始まり。
posted by 浪速のCAETANO at 07:03| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

熱には熱で答えるのが

太郎ちゃんの、大阪張り付き、見事だった。見事だったし、チカラになったと思う。

1番政治の腐った街大阪。腐り切るのを待つのも手・だが、50年前ならともかく、もう今それをやったらダメッジきっつすぎて誰も立ち上がれないだろう。ほんと、もうキワキワのとこまで来てる。その危機感が、市民にあるのかどうか、おれは遠ざかりながら見極めたいと思う。

本当に「三叉路」にたっているし、運命の分かれ目である。今日だけでも、ポスター、店の玄関に貼ろうかな。


明日、投票に店の前を通る人もいるだろう。翻意させられるかもしれない。

しかし公明党の「醜さ」最近際立っているね。理念も信念も、教えさえもガタガタではないのか?

既得権益は維新の側にある。「改革」は最早「言っちゃいけない」言葉、と言うかそう言う奴は信用しちゃいけない言葉になってしまった。まずそこに「気付きましょうね」。


虫酸がはしるのだ。維新とその支持者に。よくも知らないくせに「賛成」とか言ってるバカに。おのれの「ちょっとした」利害のために賛成票を投じるサルに。

市民であるからにはそれくらいのことは言う。自分が加担しようとしてることがどんなに大それたことかの自覚もない者なら罵声ぐらい浴びろよ。

住民投票は現場でなんかできるのよね。

しかしさ、5年に一回「分断」を作るって為政者としてはもう「最低」ですね。ただ、維新のバックにはハシシタはもちろん、李平蔵、ガースーと現存のヤバいの連なってる。民衆の敵「public enemy」が連なっている。ホントなら革命起こさないと、ぐらいの状況ではないのかな?みなさん、こちらの国の人々、大人しいし、お人好しだから、それは家畜マインドで、奴隷であることに慣れすぎてるからだろうけれど。自分の運命ぐらいは「自決権」欲しいよね。もちろん十分な知識の上だけどね。

本日もまた、信じたいが信じられん。

なので、ブルー・ムーンにお願い!

月読命。よろしくお願い申し上げます。
posted by 浪速のCAETANO at 23:34| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見てもうた、時間の無駄や。

ちょっと朝生、見てしまったが、竹中平蔵、今日は特にひどい。このガキ、ホンマに。
しかし、こいつら、遅れてるねえ。全然遅れてる。

小川くん、東大秀才脳から自由になること。森永くんもっと持論を負けずに(同い年)。

たわらはもういらんでしょう。

1時間ぐらいだったからまだ軽症。
posted by 浪速のCAETANO at 04:26| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

拡大再生産

11/3のアメリカ大統領選挙は取り上げるが、大阪市廃止住民投票は取り上げないね、TV。
情報を、と言うか真実を隠したまま、というのがこちらの国の「やり方」。

後進国。衰退国。野蛮國。Democracyから遠く離れて。

昨日、お勉強教えてたらミノベとかいうこの地域の維新のゴミが「あれ・デマでっせ〜」とクルマで回ってた。

あんさ、デマならデマであるという根拠を公の場で説明すべきね。その場ではあらゆる批判に答えながら、だよ。それが「公」という意味ね。


維新とガースーはほぼ同じメンタリティの輩。都合悪いことは説明を避ける、逃げる。ガースーに至っては「説明しない」が説明だったりしてることにもっとおれたち、厳しくないといけないんだけどね。おれたちの、その際の代理人とは野党だったりメディアだったり。

直接民主制。大統領選も住民投票ってそうだが、どちらももう泥仕合の様相。こちらは維新側のマルチ商法に騙されるユルいお人好し、あるいはgreedyな輩が半分いる。ユルい人々はもし反対が勝てば「あー、よかった」と後で思えるから、だから三度目があっても次は勝てると思うが、だが、お気楽なものだ。正しいことをを周知させる、とはこんなにハードル高いものなのか、おれなど、もうとっくにgive upだが、めげない山本太郎が救っている。少なくとも、おれのメンタルは彼に救われてる。

昨日は朝、阪急中津におったらしい。神出鬼没、まさに。1万円ぐらい寄付したい。

反対が勝ってもモグラ叩きのように3回目のチャレンジあると思うが、3回目は圧勝できる。周知が広がるから。だから、ここで負ければ身もふたもないわけである。

もう足元崩れかけてるんだけどね、賛成派は。恐ろしい衆愚政治。バカの大量生産という、おれが塾始めた頃ぐらいから顕著になり始めたストラテジーは奏功したが、それは元々は戦後のGHQの「き○がい過ぎて恐すぎたJapanese soldiers」を生み出す国民性の矯正ポリシーに由来する。

3S、だけどね。sex.sports,screen。

それが80sのある時からギアが一つ上がった。ゆとり、なんてのもそれかな、今思えばね。

反知性主義というお上品な言い方もあるが、「バカがバカを開きなおって何が悪い」主義。脱構築。


それに加担した学者の方々、ケツ拭こうね。と、バカが奈落に落ちるのを何千人も救ったと勝手に思ってる(おれもバカ?)人間の恨み節。



posted by 浪速のCAETANO at 09:34| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

目つき・顔つき

人間の心に必ず少しはある良心が自分の嘘を蔑み目を虚ろにさせる

かおなし



ガースー、維新の3バカと山本くん小川くん田村さんを単純比較してみたら一目瞭然。これ見抜けないくらいなら、今後「契約」なんて出来ないよ。

人の品性は顔に出る、は真実。ガースーやハシシタ、マツイの「横目」「上目遣い」、人物評価に極めて有効。

posted by 浪速のCAETANO at 12:08| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

落ち着きがない

だいぶ維新のウソがバレて来ちゃいるが、いまだ情勢は亀甲縛り、ではなく「拮抗」している。
桂文枝師匠とか西川きよし師匠とかが「なんか一言」言ってくれたら良いのに、と思う。やっぱ、絡みがあるんだろうね。


要するに「維新側に既得権益」があることの証明ですが。ここ、騙されてる、とするなら「情けないね、大阪市民」。

150CEABB-7DAC-4C5F-AE84-A1B7B000045A.png


所謂「都構想という名の大阪市廃止」の実情の正しい理解と「賛否」の関連を表すグラフだが、よく「本当のこと」知れば知るほど「反対」が増えていることがわかる。

要は、「よく知らせず、賛成票を」というのが維新の戦術であることがよくわかる。

期日前投票、おれも済ませたが、出口調査によれば「yes!都構想」が多い、という。

中にはyesとvotedなんだが「今よくわかった」みたいで慌ててるおっちゃんもいる。

だから〜、雰囲気勝負なんだって、維新って。

今回ほど、B層・と敢えて言うがその人たちの「厄介さ」が顕在化した「選挙」、これ分かりやすさにおいて、ここまではっきりさせた現象はないだろうね。

その「啓蒙」を説教くささを極力抑えながら、6〜7回公演を続ける山本太郎。こちらの国の「宝」だと思うが。そう思う人が半分までとはいかないまでも30%ほどにならないと「変化」は起きないだろう。

お袋の寿命には間に合わない。では、おれの寿命ならどうか?

微妙。

あちこち(across the Pacific Ocean)から茶々も入るだろうし、sleepy Joeが勝てばまたそうなるだろう。みなさん、もうJ.Handlerのことお忘れになってると思う。こちらの国の「戦争へと巻き込まれる確率」はdtよりjbの方が断然高い。

マイケル・オースチンやったっけなハゲのアーミテージの部下だが、は「自衛隊の実力を見てみたい」と公言してる。

場所は南シナ海、相手は人民解放軍。正義がどちらにある、なんて誰が決めるんだろう?


「反対派」が負けたらここが「point of no return」だったんだなあ、と後で振り返られることになる。間違いないんだから。

冷静に過ごそうとは思うがどーもそわそわしてしまう。自分のことだけしか考えへんヤツ、どんなに「楽」なことだろう。
posted by 浪速のCAETANO at 11:44| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

逃げろ・元警察犬

逃げた警察犬、「気持ちわかるよ」と安易に言っておきたい。捕まるな。逃げおおせろ。

キミは一般のjapaneseよりも「イヌ度も家畜度」もずっと低く、誇り高い存在だから。

「あー・もー・やってられん」と思った気持ちさえも抑えてるjapaneseいっぱいいるし、そう思ってもアクション起こす・なんて夢のまた夢。

ゴミを漁ってるかも知らんが。その精神は崇高。

そんな「栄光の時間」さえも一度も持てん「リアル・家畜」だらけのこちらの国で、一般の皆さんの感想は「心配・噛まれるかも」だろうが「ぜひ・甘噛み」ぐらいして素早く、森へ逃げろ。

やわなメシに慣らされてたろうから、胃腸の調子いま悪いだろうが、まあ慣れて。

キミに何かしらの「希望」を見た人間・どうだろう?10000000人はいないとしても1000000人ほどいるのではないかな(i hope)。

『自由』の本当の意味を教えてくれる「hero」だから。

自由なんてこちらの国など、「経済活動の自由」ぐらいしか認識されとらんからね。アタマ悪いね・そう思う?キミも。


どこまでも逃げろ?山本太郎ぐらい応援してる。
posted by 浪速のCAETANO at 07:55| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

「人は流れて・どこどこ・ゆくの」

中核派の拠点を警察が家宅捜索。その際に中核派のおっさんから中に入る際におまわりさんが「体温検査」をひとりひとり受けてる映像、これは笑えた。

マヌケだった。

43F6A2A7-9DFB-4BD1-B3CD-91A6EDC6C0F2.jpg

「田中龍作ジャーナルより」


中曽根くんの葬儀の自衛隊の道路の両側に並ぶ一列横隊。もう確実に「戦前」だなと感じる。帝都東京。気持ち悪いし、もう大変危険な状態。

大阪も市が廃止されようとしてる。太郎ちゃんは居座るみたい。心強い。

おれはもう投票済ませてきた。最後の追い込み・何処までいけるかな?今回はボロ負けの予感だったけれどなんとか接戦までいけるかな?どうかな?


思うのだけど、先のない国で生きる際に、「先」を考えてももうしょうがないな。先があるような「気」がするのは『幻想』ね。そのうち・・やろう。と思ってるものはほぼできなくなる。そう思っておいて間違いないね。先のためにお金を残しとこうと思ってたとしてもそのお金も奪われることになる。やれること・やりたいことは今のうちになっておくのがいい。自分のパワーも、それをやる環境もどんどん「削がれて」行く。

もう「警察国家」決まりですからね。Chinaに対するそんな「憧れ」いらんのに。


人々がここまで「劣化」したのはなぜだろう?

『IT』なのではないか?そんな気がしてる。

自分の頭で考えるってことを忘れてしまってはいないか?そしてそれをツールとして功利的な知・だけを求める賤しさだけが残った、そんな気がするのね。

その背後には「カネ」という不思議な存在がある。さらにそれを「遍在化」させようとする新自由主義がある。

株などにおれが興味がない・というよりも「反・倫理的」に思うのは、それが多くの労働者の屍の上に浮かぶカネの奪い合いだからだ。「時価総額」などという言葉がまた人を賤しくした・かな。それは「空気」。

みんなもう「競争」に疲れ切ってる。「競争させられることに」だけど。人を等しく賤しくする・これもまた。

努力と競争は異なる次元の話。努力は各人が「勝手に」やればいい。やらなくてもいい。できる時もできない時もあるし。

11月というのが色々と大きい月ですが、そこまで2週間切ってしまった。悲劇についても「すぐ」忘れるnationalityだから、まあ「流れて行く」のだろうけれど。

「人は流れて・どこどこ・ゆくの」「花」という曲を思い出した。自分でもやろかな。
posted by 浪速のCAETANO at 11:11| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

浸透圧

こちらの国のバカ率(支持率)いまだ51.2 %もあるよ。

ほんとですか?ほんとにほんと?ほんまにほんま?マヂ?

何回もこんなこと言うてるが、こちらが「飽きたら」終わり・と思ってる。

アベシンゾーがいた頃・おれたち大阪市民の頭の上には「ウンコ3つ」乗ってた。一番おっきなウンコがなくなったと思ったのも束の間・またanotherウンコが「あれよあれよ」と言う間に上空に広がって行った。

今度のウンコは「冷たくて・暗くて・湿気ている」


冷たくて・暗くて・湿気のあるウンコ。なんか「カタチ」がはっきりしない。はっきりしないが、はっきりしないから、最初どう「扱っていいのか」誰もが二の足を踏んだ。その流れはいまも続いていると思う。アメーバ的と言うか、実態が見えにくく、だがそのウンコの周りを固めるラインナップが明らかになって来るにつれ、その「冷たくて・じっとり」してるウンコの本質がもうあからさまになってきた。

これ・「容赦ない」。

地銀を整理、中小企業を淘汰、給付は「絶対しない」、IMFの提言と真逆のことを報道するメディアを伴って、おれたちを「殺し」にきている。積極的に殺しにきてる・でいいと思う。

なぜ、ここまで自国民に対して「冷酷に」なれるのかがよくわからない。なぜ、こう・おれたちがやって欲しいことは決してやらずに、やられると嫌なことばかり「選んで」やるのだろうか?

ケータイ料金を下げる・ごときで喜んでる人々、何者なの?彼らが51.2%を構成してるのは間違いなく、それはやっぱり「お人好しを軽く通り越してバカ」でいいんじゃないだろうか?半分以上が「バカでモノの本質からは遠ざけられた人たち」による社会とはなんなのだろう?怖くて外出れません。そんなのが平気で「仕事」したり、お店でもの売ったり、人の相談に乗ってる・ということだが、こちらももうほんとのこと言えない・本音を吐くなんて以ての外だと思う。

彼らは「現状維持」を選択しているつもりである。だがそれが未来に向けてかなり傾斜のついた坂道であることが、平衡感覚なくなってるから・うずまき菅イんでるからだろうか、把握できていない。そのままでいることは「落ちて行く」ことなんだけどね。グラヴィティは誰にも何処にいてもいつだって9.8m/s^2である。

なんかね、彼らとは「契約」がなけりゃ関われない。好意ベースでは関われない。こちらのレヴェルにおいても「冷たい」関係しかもう作れない。アメーバ上の広がったウンコは確実に下へと浸透してきてるからだ。匂いにも「すぐに」慣れてしまう。

この「精神の怠惰」とも言えるnationalityがもうほんとに不思議である。おそらくそれが「家畜のメンタリティ」ということなのだろうが、ほんまの家畜は「頭・ケツ・アタマ・ケツ」と効率的にトラックに積まれて運ばれて行く「受動態の主語」である。覚悟はできてるのだろうか?
posted by 浪速のCAETANO at 09:20| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

「落ちてなかった人が落とされる」

IMFといえば、韓国なども世話になったこともあって、世話になる=可愛がり(相撲の)だけど。

予算の額が決められ、いわゆる超緊縮財政を強いられ、国民は「どえらい目に」遭わされることになるのだが、そのIMFが『先進各国はコロナ禍で増加した政府債務を十分にファイナンスできる。増税などの緊縮財政に戻る必要はない』だってさ。


これを「なかったことにしよう」としてる、こちらの国だけど。

IMFは「そうすることで2025には元に戻る」とも言っている。プライマリー・バランスなど「明後日来やがれ」である。

「な〜にが財政規律やねん」とも言える。

池上くんの「大嘘つき」・太郎くんの「大正解」がエンドースされた・ということなんだけど、財務省に経団連、いうこと聞くかな。

2019までに消費税19%とか言ってる「気の触れた」人々、どんな反応をするのか?

クソ読売新聞だと「各国の財政状況、コロナで急速に悪化。。。政府債務残高15.7%悪化」こんな記事になっている。

この国家ぐるみの「大嘘」をなんとかせねば。政治家の良心。。。。。ないか、そんなものは。

同時にみなさんの心象風景もどんよりしてる。阪急Dept.に来てる人々に危機感は感じられない。あの界隈を歩く人々は困ってない人確率は高いだろうし。困ってる人々は「地下に」潜ってるのだろうか。

屁〜蔵もそうなのだがアホキンソンにはグローバル企業がこちらの国の伝統・遺産を「カネにする」その最終準備という指令が下ってるのだろう。多かれ少なかれ、人々は(本意に反して)そのことに協力しなければ、その人々が「食っていけない」そんな仕組みになっちゃってる。

ズルいねえ・ズルいし、悔しいねえ。


御巣鷹山の日航機事故の「真実」を知っている中曽根の国葬に合わせ、弔旗と黙祷を指示だと。新自由主義を入れたおっさん。風見鶏。不沈空母。売国の始まり。おれたちの歳だと、みんな知ってる。今後、そんなことが慣習化しないことを望む。セメント屋やアベの国葬なんて「経験しそう」だからさ。


さて、が〜スーの時代になって、新自由主義的政策は加速度がさらに増した。そのブレーンを見たらすぐにわかる。何を意味するか?

これまで「落ちてなかった人が落とされる」です。これ抽象的な話ではないのね。「地方銀行の合併」「中小企業の淘汰」これらはもうすでに「具体的な政策」なんだよ。

「落ちてなかった人が落とされる」

あまりの変化の速さに、過去のメンタルを清算できずに対応が遅れる人々だらけなんだとおもう。パンケーキ・なんちって、和んでるうちにあなたの足元崩壊しますからね。これはもう「具体的な政策で動き出してるわけ」だから。


「大阪市廃止・住民投票」行ってきた。後2週間、ここで押し返せばモメンタムになる可能性があるが押し切られれば、もう真っ暗闇の世界である。大袈裟?

いや違います。
posted by 浪速のCAETANO at 10:33| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

クソ府警が

太郎ちゃんのゲリラ街宣今日は戎橋だが、「大阪府警・南署」が妨害。

はあー。どこまでくさっとんねん、維新よ。指示はガースーから出てんのか?ひょっとして。

山本太郎、殉教はあかんで。きみがいなくなったらこの世は闇やで。

こちらの国もさあ、いくら憧れのChinese  governmentだったからと言ってなんでもかんでも「マネ」したらええっちゅうもんでもないで。香港かい。

Chinese studentsと話していて、彼らはborn to beだからそのシステムというか体制を受け入れざるをえんのだろうけど、「お上」への非難は「御法度」。ある種の「契約」みたいにおれは感じてた。契約関係。

お金儲けはなんぼしてもええで。けど、わしらに文句は決して言うな、これにハンコつけ(サインでもええが)。みたいな。

香港が不憫すぎるわけよね。本国では人権なんてのは相対化されとるわけだからさ。まあでも、こちらの国もそうなってきてる。しょぼいけどな。全てがショボいが。

いやー、ほんとに「空気は戦前」。今戦前と言ったが、太郎ちゃんゲリラ街宣への干渉は、ここが大阪である以上、雨ガッパか武富士イソジンかが指令を出してるしかないわけで、おそらく直接的には雨ガッパで間違いないが、ダサいことをするものだ。クソ維新支持の低脳大阪人、これがお前らのメンタリティということは知ってるが、もうちょっとなんとかならんのか?これがキミらの総意、でいいの?こういうことって、ブーメランなのよ。キミらにも等しく、それは返ってくるわけよ。

あんさ、何度も言うてるが、「都」ってな、一つの国に「一個」やねん。そんな基本的なこともわからんテーノーであることを自覚しなさい。

今回は「政令指定都市を自ら、ようわからんが放棄する」という住民投票なのよ。

あんな、「都」になりたいのなら「遷都」を要求する、ちゅうのはどやねん?東京都を廃止して、大阪「唯一の」都を要求する、というもの。どお?

お前ら、威勢のいいこと言うて、実はショボいのは、東京と「肩を並べたい」みたいなことしか主張せんとこやねん。メンタルがどこまでも阪神タイガースやねん。

首都を「東京から奪い取る」ぐらいのこと言えよ。それやったらおれも賛成すんで。リアル「都構想」やん、それ。

繰り返すが、それはアホには何度もおんなじこと言わなわかれへんというおれの職業上の経験則から来てるだけ、気にすんな。「都」というのは一つの国に一つ。クソ維新の提案はだから「論理整合性」がそもそも、ない。

「副・都構想」なら分かる。じゃあ、でもなんで「府」じゃあかんのか?を説明しろ、雨ガッパ、あるいは武富士、どっちでもええが。

「遷都構想」でも分かる。であるなら、東京から「都」を奪う根拠を明確にしたらいい。ただし、その場合は東京・大阪を巻き込んでの大議論となることを覚悟しないとね。


ほら、大阪における「都構想」と言われるなんだか「ふんわり・ぼんやり」したものの実体、見えてこない?中身がほぼ「ない」わけよ。

じゃあその実体ってなんなんですか〜?とここで鼻垂れてるキミに言うなら、「大阪府による大阪市の権限と権力の奪取」に他ならない、わけよ。


このクソアベ政権の8年間、これまでに起こり得ようのないことが起こりすぎてた。小さな過失を正当化するために大きな法律を捻じ曲げる、そんなことばかりが起こってきた。「あ、めんごめんご、イッツマイフォウルト、」と言えばいいだけのことを、これはアベシンゾーの幼児性に根拠があるが、そこ大層に法を捻じ曲げる、あるいは閣議決定、みたいな、そんな「おままごと」に大の大人が付き合ってきた挙げ句の果てが今である。

その流れに「乗っかって」その政権の実務を仕切っていた番頭が、番頭風情が、権力者に「成り上がった」のが現状である。ミスキャストも甚だしいのだが、ドレイの皆様、国会もよう開かん、クソど田舎もんに平伏してる。笑っちゃうわけだよ。ダサすぎて。

クソど田舎もんにpmは務まらんよ。分をわきまえろ。雨ガッパも。八尾のクソど田舎もんに「かつての洗練の極致」であった大阪の首長はつとまらんよ。分をわきまえろ。若牛蒡でも作っとけ。

クソ維新信者のアタマ悪さって、もう「臍が茶沸かす」ぐらいのアタマの悪さで、それは犯罪的な頭の悪さで、もうまとめて台風の際の淀川に身投げしてもええぐらいの頭の悪さで、スカイビルから集団飛び降りしてもいいぐらいの頭の悪さで、アドヴェンチャーワールドの猛獣コーナーに集団放置されてもいいぐらいの頭の悪さで、ナゴルノ=カラバフのど真ん中で集団裸踊りしてもいいほどの頭の悪さで、ゲートウェイから100万光年彼方の爬虫類型ヒューマノイドの支配する惑星へ集団転送してもいいほどの頭の悪さであることを言って、これから新幹線寝にはいるとこである。boa noite。

posted by 浪速のCAETANO at 15:12| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平戸に行こうと思う

お袋が「平戸の図書館」のことを絶賛していて、聞き流していたのだが、ある言葉がフックになって、おれも行きたくなった。で、来月行くことにした。
よくよく考えれば、行ったこともないくせに「平戸城とそこの桜」やら「出島以前」の話やら、九十九島のクルーズを「想像だけ」で書いて「小銭」貰ったりしてたんだった。ええ加減な。

いかんな、そういう姿勢ではな。

図書館も気になるが、天気が良ければレンタサイクルで、島を回りたいと思った。超素敵な教会もたくさんある。「オラショのエコー」を幻聴するかもしれない。最近、ハートにいいことをそう言えばあんまりやっちゃいないな、そんなちょっとした反省もあり、ホントはPanda で行きたいが、その前後はハートに悪いことでガチガチに固められてるから、不慮の事態に対処できんな・そう思い、公共交通機関を使おうとおもう。

やっぱさ、みんな体を解放してない時期が続くとハートも「シュリンク」するものだったりするよな。「パーッと」行きたい気持ちはよく分かる。


太郎ちゃん、北海道行ってたけど、また大阪来てくれてるな。道頓堀!。target locked。そうでなくっちゃ。

新自由主義、と言って「よーわからんわ」と鼻垂れてる方には「自己責任マインドを維持したまま弱肉強食の世界」の先鋭・維新(それはLDPの言いたくても言えないことを代弁してくれる別働隊である)に「公に中指立ててくれる政治家」が「どこにいる?」


今日、公示がなされた。おれも期日前投票行って、大阪がどうなるか?米大統領選がどうなるか?それを平戸の海を眺めながら結果を受け止めよう、そんなプラン。

よくよく考えれば、「令和」が決まる際、おれは「釜山」にいた。

「非国民・上等」。

大阪市廃止・反対にも自分なりのbestは尽くすが、政治は人民のレヴェルを超えることはない。

それを思えば、悲観が身体中を覆っちゃうのだが、、、。

それはそれ。どんな状態に陥ってもニッチを探してそれを二本指でグイーッと拡げて(好っきゃなあ・それ)居場所を探してやる、そんなプログラムがおれには施されている。

無知とかバカの人たちが不憫なのね。生意気に聞こえる?ええよ、それでも。前者は「まあようわからんけど」後者は積極的維新支持者、と言い換えられる、と思うが、ターゲットとは「前者」よね。太郎ちゃんもそこ。

「よーわからんのなら、とりあえず反対しとこうよ」が正解なのだけど、維新は「このどうにもならないようにも思える閉塞感」にリーチしている。大阪人の「ルサンチマン」へも「社会心理学的・巧みなアプローチ」を施している。

しかし、長いよ20日間。冷静に考えるなら、増える見込みがあるのは「反対票」、人々の全体像の周知とともにね。今の知識はかなり「ふんわり」してる。そこも維新的戦略だけどね。「都構想」とはどこにも書いてないよ。

おんなじようなことを何度も書いてる。何度でも書く。飽きたら去ってくれればいいだけの話。おれは自分のためにこれ、書かないと「死んでしまう」のね。ですので。放っといてねえ。






posted by 浪速のCAETANO at 11:15| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

大統領選挙から透けて見える

おれは、Bernie Sandersが好きで、アメリカ国民だったら「間違いなく」
Sanders=Ocasio・cortesチームに投票するが現実には、現実はそうもいかず、そんなチームはオフィシャルには存在せず「choose “not worse”」なのだけど、アメリカ国民ではない身としては、「まあどっちでもええわ」と言うのは容易いが、dtを100%非難するかのようなこちらの国の態度もまた「どーかなあ?」とも思う一人だったりする。


Sleepy Joe Bidenが勝てば戻ることになる。何処へ?4年前へ。

要するにこれまでの、J.Handlersたちによる横っちょからの支配となる。返す返すもこのdtの4年間が「惜しい」。鳩山ちゃんだったらよかったかもね。ホントにそう思う。こんな意見への賛同者の数「極少」だとは思うが。


こちらの国の、おれたちには「natural」に見える倒錯をちょっと別の角度から明かりを照らしてその現象を結果的に相対化したdtは価値があったと思う、今でも。

ただアベシンゾウと取り巻きがバカすぎて前路線の踏襲度を純化させてしまうと言う無策によって自ら進んでその奴隷度を増してしまうという「何やってんだか」で終わろうとしてるが。

sjbが勝てば間違いなくハゲのアーミテージ、ナイ、グリーンらJ  Handlersによる「横っちょからの支配」へと戻る。そちらの方がおれは「危険」だと思う。ガースーは、その際には植民地のヘッドとして一年は持つが、もっと従順な、例えば小泉jrなどに置き換えられ(ハシシタかも?)るだろう。

dtが再選となればどうか?

変な形の孤立というか、独裁色が強い、ひょっとしたら「ベラルーシ」のような国になってしまうかもしれない。


前者なら、アメリカの意図で、後者ならオノレの意図で「無謀な戦争」に突入させられる/する可能性が出てくる。

国内的にはspjの方が「危機感は隠微」されるだろうが、本質的に変わりはない。ガースーの「ピエロ度」はその方がアップする。

さてどうなることか?


恥の感覚のない人間をpmと仰ぐ、醜い国民、そんな立場をおれたちは演じることになってしまった。ガースーと雨ガッパには共通項がある。そんなとこにいてはいけない・普通だったらあり得ない、そういう人格の人間だということね。ミスキャスト。

おれが思うに、dt再選の方が「全てが顕在化」して好ましい。

そもそも宗主国の大統領の選挙を感情的に語ってるとしか思えない人たち多すぎる。それが「無意識の奴隷マインド」であると意識してるのであればいいと思うけど。

どっちにしてもお先は暗いんだけどね。カムフラはイヤかな、おれは。欺瞞的な人間がまたさらに増えるから。

posted by 浪速のCAETANO at 04:25| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする