2020年10月18日

「人は流れて・どこどこ・ゆくの」

中核派の拠点を警察が家宅捜索。その際に中核派のおっさんから中に入る際におまわりさんが「体温検査」をひとりひとり受けてる映像、これは笑えた。

マヌケだった。

43F6A2A7-9DFB-4BD1-B3CD-91A6EDC6C0F2.jpg

「田中龍作ジャーナルより」


中曽根くんの葬儀の自衛隊の道路の両側に並ぶ一列横隊。もう確実に「戦前」だなと感じる。帝都東京。気持ち悪いし、もう大変危険な状態。

大阪も市が廃止されようとしてる。太郎ちゃんは居座るみたい。心強い。

おれはもう投票済ませてきた。最後の追い込み・何処までいけるかな?今回はボロ負けの予感だったけれどなんとか接戦までいけるかな?どうかな?


思うのだけど、先のない国で生きる際に、「先」を考えてももうしょうがないな。先があるような「気」がするのは『幻想』ね。そのうち・・やろう。と思ってるものはほぼできなくなる。そう思っておいて間違いないね。先のためにお金を残しとこうと思ってたとしてもそのお金も奪われることになる。やれること・やりたいことは今のうちになっておくのがいい。自分のパワーも、それをやる環境もどんどん「削がれて」行く。

もう「警察国家」決まりですからね。Chinaに対するそんな「憧れ」いらんのに。


人々がここまで「劣化」したのはなぜだろう?

『IT』なのではないか?そんな気がしてる。

自分の頭で考えるってことを忘れてしまってはいないか?そしてそれをツールとして功利的な知・だけを求める賤しさだけが残った、そんな気がするのね。

その背後には「カネ」という不思議な存在がある。さらにそれを「遍在化」させようとする新自由主義がある。

株などにおれが興味がない・というよりも「反・倫理的」に思うのは、それが多くの労働者の屍の上に浮かぶカネの奪い合いだからだ。「時価総額」などという言葉がまた人を賤しくした・かな。それは「空気」。

みんなもう「競争」に疲れ切ってる。「競争させられることに」だけど。人を等しく賤しくする・これもまた。

努力と競争は異なる次元の話。努力は各人が「勝手に」やればいい。やらなくてもいい。できる時もできない時もあるし。

11月というのが色々と大きい月ですが、そこまで2週間切ってしまった。悲劇についても「すぐ」忘れるnationalityだから、まあ「流れて行く」のだろうけれど。

「人は流れて・どこどこ・ゆくの」「花」という曲を思い出した。自分でもやろかな。
posted by 浪速のCAETANO at 11:11| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

浸透圧

こちらの国のバカ率(支持率)いまだ51.2 %もあるよ。

ほんとですか?ほんとにほんと?ほんまにほんま?マヂ?

何回もこんなこと言うてるが、こちらが「飽きたら」終わり・と思ってる。

アベシンゾーがいた頃・おれたち大阪市民の頭の上には「ウンコ3つ」乗ってた。一番おっきなウンコがなくなったと思ったのも束の間・またanotherウンコが「あれよあれよ」と言う間に上空に広がって行った。

今度のウンコは「冷たくて・暗くて・湿気ている」


冷たくて・暗くて・湿気のあるウンコ。なんか「カタチ」がはっきりしない。はっきりしないが、はっきりしないから、最初どう「扱っていいのか」誰もが二の足を踏んだ。その流れはいまも続いていると思う。アメーバ的と言うか、実態が見えにくく、だがそのウンコの周りを固めるラインナップが明らかになって来るにつれ、その「冷たくて・じっとり」してるウンコの本質がもうあからさまになってきた。

これ・「容赦ない」。

地銀を整理、中小企業を淘汰、給付は「絶対しない」、IMFの提言と真逆のことを報道するメディアを伴って、おれたちを「殺し」にきている。積極的に殺しにきてる・でいいと思う。

なぜ、ここまで自国民に対して「冷酷に」なれるのかがよくわからない。なぜ、こう・おれたちがやって欲しいことは決してやらずに、やられると嫌なことばかり「選んで」やるのだろうか?

ケータイ料金を下げる・ごときで喜んでる人々、何者なの?彼らが51.2%を構成してるのは間違いなく、それはやっぱり「お人好しを軽く通り越してバカ」でいいんじゃないだろうか?半分以上が「バカでモノの本質からは遠ざけられた人たち」による社会とはなんなのだろう?怖くて外出れません。そんなのが平気で「仕事」したり、お店でもの売ったり、人の相談に乗ってる・ということだが、こちらももうほんとのこと言えない・本音を吐くなんて以ての外だと思う。

彼らは「現状維持」を選択しているつもりである。だがそれが未来に向けてかなり傾斜のついた坂道であることが、平衡感覚なくなってるから・うずまき菅イんでるからだろうか、把握できていない。そのままでいることは「落ちて行く」ことなんだけどね。グラヴィティは誰にも何処にいてもいつだって9.8m/s^2である。

なんかね、彼らとは「契約」がなけりゃ関われない。好意ベースでは関われない。こちらのレヴェルにおいても「冷たい」関係しかもう作れない。アメーバ上の広がったウンコは確実に下へと浸透してきてるからだ。匂いにも「すぐに」慣れてしまう。

この「精神の怠惰」とも言えるnationalityがもうほんとに不思議である。おそらくそれが「家畜のメンタリティ」ということなのだろうが、ほんまの家畜は「頭・ケツ・アタマ・ケツ」と効率的にトラックに積まれて運ばれて行く「受動態の主語」である。覚悟はできてるのだろうか?
posted by 浪速のCAETANO at 09:20| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

「落ちてなかった人が落とされる」

IMFといえば、韓国なども世話になったこともあって、世話になる=可愛がり(相撲の)だけど。

予算の額が決められ、いわゆる超緊縮財政を強いられ、国民は「どえらい目に」遭わされることになるのだが、そのIMFが『先進各国はコロナ禍で増加した政府債務を十分にファイナンスできる。増税などの緊縮財政に戻る必要はない』だってさ。


これを「なかったことにしよう」としてる、こちらの国だけど。

IMFは「そうすることで2025には元に戻る」とも言っている。プライマリー・バランスなど「明後日来やがれ」である。

「な〜にが財政規律やねん」とも言える。

池上くんの「大嘘つき」・太郎くんの「大正解」がエンドースされた・ということなんだけど、財務省に経団連、いうこと聞くかな。

2019までに消費税19%とか言ってる「気の触れた」人々、どんな反応をするのか?

クソ読売新聞だと「各国の財政状況、コロナで急速に悪化。。。政府債務残高15.7%悪化」こんな記事になっている。

この国家ぐるみの「大嘘」をなんとかせねば。政治家の良心。。。。。ないか、そんなものは。

同時にみなさんの心象風景もどんよりしてる。阪急Dept.に来てる人々に危機感は感じられない。あの界隈を歩く人々は困ってない人確率は高いだろうし。困ってる人々は「地下に」潜ってるのだろうか。

屁〜蔵もそうなのだがアホキンソンにはグローバル企業がこちらの国の伝統・遺産を「カネにする」その最終準備という指令が下ってるのだろう。多かれ少なかれ、人々は(本意に反して)そのことに協力しなければ、その人々が「食っていけない」そんな仕組みになっちゃってる。

ズルいねえ・ズルいし、悔しいねえ。


御巣鷹山の日航機事故の「真実」を知っている中曽根の国葬に合わせ、弔旗と黙祷を指示だと。新自由主義を入れたおっさん。風見鶏。不沈空母。売国の始まり。おれたちの歳だと、みんな知ってる。今後、そんなことが慣習化しないことを望む。セメント屋やアベの国葬なんて「経験しそう」だからさ。


さて、が〜スーの時代になって、新自由主義的政策は加速度がさらに増した。そのブレーンを見たらすぐにわかる。何を意味するか?

これまで「落ちてなかった人が落とされる」です。これ抽象的な話ではないのね。「地方銀行の合併」「中小企業の淘汰」これらはもうすでに「具体的な政策」なんだよ。

「落ちてなかった人が落とされる」

あまりの変化の速さに、過去のメンタルを清算できずに対応が遅れる人々だらけなんだとおもう。パンケーキ・なんちって、和んでるうちにあなたの足元崩壊しますからね。これはもう「具体的な政策で動き出してるわけ」だから。


「大阪市廃止・住民投票」行ってきた。後2週間、ここで押し返せばモメンタムになる可能性があるが押し切られれば、もう真っ暗闇の世界である。大袈裟?

いや違います。
posted by 浪速のCAETANO at 10:33| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

クソ府警が

太郎ちゃんのゲリラ街宣今日は戎橋だが、「大阪府警・南署」が妨害。

はあー。どこまでくさっとんねん、維新よ。指示はガースーから出てんのか?ひょっとして。

山本太郎、殉教はあかんで。きみがいなくなったらこの世は闇やで。

こちらの国もさあ、いくら憧れのChinese  governmentだったからと言ってなんでもかんでも「マネ」したらええっちゅうもんでもないで。香港かい。

Chinese studentsと話していて、彼らはborn to beだからそのシステムというか体制を受け入れざるをえんのだろうけど、「お上」への非難は「御法度」。ある種の「契約」みたいにおれは感じてた。契約関係。

お金儲けはなんぼしてもええで。けど、わしらに文句は決して言うな、これにハンコつけ(サインでもええが)。みたいな。

香港が不憫すぎるわけよね。本国では人権なんてのは相対化されとるわけだからさ。まあでも、こちらの国もそうなってきてる。しょぼいけどな。全てがショボいが。

いやー、ほんとに「空気は戦前」。今戦前と言ったが、太郎ちゃんゲリラ街宣への干渉は、ここが大阪である以上、雨ガッパか武富士イソジンかが指令を出してるしかないわけで、おそらく直接的には雨ガッパで間違いないが、ダサいことをするものだ。クソ維新支持の低脳大阪人、これがお前らのメンタリティということは知ってるが、もうちょっとなんとかならんのか?これがキミらの総意、でいいの?こういうことって、ブーメランなのよ。キミらにも等しく、それは返ってくるわけよ。

あんさ、何度も言うてるが、「都」ってな、一つの国に「一個」やねん。そんな基本的なこともわからんテーノーであることを自覚しなさい。

今回は「政令指定都市を自ら、ようわからんが放棄する」という住民投票なのよ。

あんな、「都」になりたいのなら「遷都」を要求する、ちゅうのはどやねん?東京都を廃止して、大阪「唯一の」都を要求する、というもの。どお?

お前ら、威勢のいいこと言うて、実はショボいのは、東京と「肩を並べたい」みたいなことしか主張せんとこやねん。メンタルがどこまでも阪神タイガースやねん。

首都を「東京から奪い取る」ぐらいのこと言えよ。それやったらおれも賛成すんで。リアル「都構想」やん、それ。

繰り返すが、それはアホには何度もおんなじこと言わなわかれへんというおれの職業上の経験則から来てるだけ、気にすんな。「都」というのは一つの国に一つ。クソ維新の提案はだから「論理整合性」がそもそも、ない。

「副・都構想」なら分かる。じゃあ、でもなんで「府」じゃあかんのか?を説明しろ、雨ガッパ、あるいは武富士、どっちでもええが。

「遷都構想」でも分かる。であるなら、東京から「都」を奪う根拠を明確にしたらいい。ただし、その場合は東京・大阪を巻き込んでの大議論となることを覚悟しないとね。


ほら、大阪における「都構想」と言われるなんだか「ふんわり・ぼんやり」したものの実体、見えてこない?中身がほぼ「ない」わけよ。

じゃあその実体ってなんなんですか〜?とここで鼻垂れてるキミに言うなら、「大阪府による大阪市の権限と権力の奪取」に他ならない、わけよ。


このクソアベ政権の8年間、これまでに起こり得ようのないことが起こりすぎてた。小さな過失を正当化するために大きな法律を捻じ曲げる、そんなことばかりが起こってきた。「あ、めんごめんご、イッツマイフォウルト、」と言えばいいだけのことを、これはアベシンゾーの幼児性に根拠があるが、そこ大層に法を捻じ曲げる、あるいは閣議決定、みたいな、そんな「おままごと」に大の大人が付き合ってきた挙げ句の果てが今である。

その流れに「乗っかって」その政権の実務を仕切っていた番頭が、番頭風情が、権力者に「成り上がった」のが現状である。ミスキャストも甚だしいのだが、ドレイの皆様、国会もよう開かん、クソど田舎もんに平伏してる。笑っちゃうわけだよ。ダサすぎて。

クソど田舎もんにpmは務まらんよ。分をわきまえろ。雨ガッパも。八尾のクソど田舎もんに「かつての洗練の極致」であった大阪の首長はつとまらんよ。分をわきまえろ。若牛蒡でも作っとけ。

クソ維新信者のアタマ悪さって、もう「臍が茶沸かす」ぐらいのアタマの悪さで、それは犯罪的な頭の悪さで、もうまとめて台風の際の淀川に身投げしてもええぐらいの頭の悪さで、スカイビルから集団飛び降りしてもいいぐらいの頭の悪さで、アドヴェンチャーワールドの猛獣コーナーに集団放置されてもいいぐらいの頭の悪さで、ナバルノカラコフのど真ん中で集団裸踊りしてもいいほどの頭の悪さで、ゲートウェイから100万光年彼方の爬虫類型ヒューマノイドの支配する惑星へ集団転送してもいいほどの頭の悪さであることを言って、これから新幹線寝にはいるとこである。boa noite。

posted by 浪速のCAETANO at 15:12| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平戸に行こうと思う

お袋が「平戸の図書館」のことを絶賛していて、聞き流していたのだが、ある言葉がフックになって、おれも行きたくなった。で、来月行くことにした。
よくよく考えれば、行ったこともないくせに「平戸城とそこの桜」やら「出島以前」の話やら、九十九島のクルーズを「想像だけ」で書いて「小銭」貰ったりしてたんだった。ええ加減な。

いかんな、そういう姿勢ではな。

図書館も気になるが、天気が良ければレンタサイクルで、島を回りたいと思った。超素敵な教会もたくさんある。「オラショのエコー」を幻聴するかもしれない。最近、ハートにいいことをそう言えばあんまりやっちゃいないな、そんなちょっとした反省もあり、ホントはPanda で行きたいが、その前後はハートに悪いことでガチガチに固められてるから、不慮の事態に対処できんな・そう思い、公共交通機関を使おうとおもう。

やっぱさ、みんな体を解放してない時期が続くとハートも「シュリンク」するものだったりするよな。「パーッと」行きたい気持ちはよく分かる。


太郎ちゃん、北海道行ってたけど、また大阪来てくれてるな。道頓堀!。target locked。そうでなくっちゃ。

新自由主義、と言って「よーわからんわ」と鼻垂れてる方には「自己責任マインドを維持したまま弱肉強食の世界」の先鋭・維新(それはLDPの言いたくても言えないことを代弁してくれる別働隊である)に「公に中指立ててくれる政治家」が「どこにいる?」


今日、公示がなされた。おれも期日前投票行って、大阪がどうなるか?米大統領選がどうなるか?それを平戸の海を眺めながら結果を受け止めよう、そんなプラン。

よくよく考えれば、「令和」が決まる際、おれは「釜山」にいた。

「非国民・上等」。

大阪市廃止・反対にも自分なりのbestは尽くすが、政治は人民のレヴェルを超えることはない。

それを思えば、悲観が身体中を覆っちゃうのだが、、、。

それはそれ。どんな状態に陥ってもニッチを探してそれを二本指でグイーッと拡げて(好っきゃなあ・それ)居場所を探してやる、そんなプログラムがおれには施されている。

無知とかバカの人たちが不憫なのね。生意気に聞こえる?ええよ、それでも。前者は「まあようわからんけど」後者は積極的維新支持者、と言い換えられる、と思うが、ターゲットとは「前者」よね。太郎ちゃんもそこ。

「よーわからんのなら、とりあえず反対しとこうよ」が正解なのだけど、維新は「このどうにもならないようにも思える閉塞感」にリーチしている。大阪人の「ルサンチマン」へも「社会心理学的・巧みなアプローチ」を施している。

しかし、長いよ20日間。冷静に考えるなら、増える見込みがあるのは「反対票」、人々の全体像の周知とともにね。今の知識はかなり「ふんわり」してる。そこも維新的戦略だけどね。「都構想」とはどこにも書いてないよ。

おんなじようなことを何度も書いてる。何度でも書く。飽きたら去ってくれればいいだけの話。おれは自分のためにこれ、書かないと「死んでしまう」のね。ですので。放っといてねえ。






posted by 浪速のCAETANO at 11:15| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

大統領選挙から透けて見える

おれは、Bernie Sandersが好きで、アメリカ国民だったら「間違いなく」
Sanders=Ocasio・cortesチームに投票するが現実には、現実はそうもいかず、そんなチームはオフィシャルには存在せず「choose “not worse”」なのだけど、アメリカ国民ではない身としては、「まあどっちでもええわ」と言うのは容易いが、dtを100%非難するかのようなこちらの国の態度もまた「どーかなあ?」とも思う一人だったりする。


Sleepy Joe Bidenが勝てば戻ることになる。何処へ?4年前へ。

要するにこれまでの、J.Handlersたちによる横っちょからの支配となる。返す返すもこのdtの4年間が「惜しい」。鳩山ちゃんだったらよかったかもね。ホントにそう思う。こんな意見への賛同者の数「極少」だとは思うが。


こちらの国の、おれたちには「natural」に見える倒錯をちょっと別の角度から明かりを照らしてその現象を結果的に相対化したdtは価値があったと思う、今でも。

ただアベシンゾウと取り巻きがバカすぎて前路線の踏襲度を純化させてしまうと言う無策によって自ら進んでその奴隷度を増してしまうという「何やってんだか」で終わろうとしてるが。

sjbが勝てば間違いなくハゲのアーミテージ、ナイ、グリーンらJ  Handlersによる「横っちょからの支配」へと戻る。そちらの方がおれは「危険」だと思う。ガースーは、その際には植民地のヘッドとして一年は持つが、もっと従順な、例えば小泉jrなどに置き換えられ(ハシシタかも?)るだろう。

dtが再選となればどうか?

変な形の孤立というか、独裁色が強い、ひょっとしたら「ベラルーシ」のような国になってしまうかもしれない。


前者なら、アメリカの意図で、後者ならオノレの意図で「無謀な戦争」に突入させられる/する可能性が出てくる。

国内的にはspjの方が「危機感は隠微」されるだろうが、本質的に変わりはない。ガースーの「ピエロ度」はその方がアップする。

さてどうなることか?


恥の感覚のない人間をpmと仰ぐ、醜い国民、そんな立場をおれたちは演じることになってしまった。ガースーと雨ガッパには共通項がある。そんなとこにいてはいけない・普通だったらあり得ない、そういう人格の人間だということね。ミスキャスト。

おれが思うに、dt再選の方が「全てが顕在化」して好ましい。

そもそも宗主国の大統領の選挙を感情的に語ってるとしか思えない人たち多すぎる。それが「無意識の奴隷マインド」であると意識してるのであればいいと思うけど。

どっちにしてもお先は暗いんだけどね。カムフラはイヤかな、おれは。欺瞞的な人間がまたさらに増えるから。

posted by 浪速のCAETANO at 04:25| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

親殺しのおすすめ

228EDAC1-8314-4649-B6F0-006C3E502155.jpg


こんな「あからさま」に明記してるとはちーとも知らんかったよ。

雨ガッパと武富士の「サディズム」が現れてる。バカの分際で、この大阪を思いのままにしたろう、という意図が「丸見え」なんだが、雨ガッパよりアホな大阪市民はそれに気づかない、というか、そのサディスト側に立って一瞬の「優越感」に浸ってる、そんなところか。

しかし、大阪市廃止をこう大々的に謳って、市民が「自分の身体を、あるいは自分の親を傷つけましょう」みたいな住民投票に賛成するとしたら狂ってる。倒錯の極致。もうアホすぎて何が何だかわかっとらんのだな、と評価する。愚かな人々。

お前らの「心の闇」に向き合えよ。バカは「偏差値的」なのよ。バカだから偏差値的にならざるを得んのだけど、でもね、それ、そういう風に教育されちゃってるだけよ。「セコい競争」いつまですんの?いつまでも?

へえー、今、誰かより上位にいて安泰、とか思ってるかも知らんが、今後ずーっとそう、そんな保証・あるかね?偏差値的な人間にそんなことあるかね?偏差値的な人間、言い方変えようか。何千万円レヴェルの人間でいいや。何千万円レヴェルの人間が心が休まるのは「何百万円レヴェル」の人間を前にしたときだけ。

何億円レヴェルの人間には「うううう」あるいは「ひれ伏す」そんなメンタリティがホリエとかをチョーシこかす原因ね。

まあアホウヨがアベに集ったようにコバエは何億円に集るんだろうけど、勝手にどうぞ、なんだけど、そんなメンタリティが蔓延してる。


戻るが、そのメンタリティが今「親殺し」をしようとしてる。大阪、大大阪の伝統と誇りは大阪市が無くなったら、あっという間に先細る。これは間違いないです。今、大大阪と言ったが誇張でもなんでもなく、ここはワカモノにはわからんとこかも知らんが、大阪は「最初の都市」である。いつのこと?

元禄時代。この時期にこちらの国の最初の「都市」が誕生して、それが「大阪」だよ。京都は「都」ね。大阪では農村の共同体から弾き出された、あるいは、そんなものに愛想尽かして新天地を求めた人間たちの「欲望が」渦巻いてたわけよ。同時に文化も花開くわけよ。文芸、学問、芸術よ。もちろん、そのベースには経済の発展があったわけ。堂島の米の先物取引きとかさ、cleverさも持ち合わせてたわけよ。


西鶴がいたし、近松がいたわけよ。近松なんて、目と耳にうったえる、そんなアートを生み出したわけよ、人形浄瑠璃だけどね。曽根崎心中ですよ。豊かさの担保は自然科学の発達なんて側面もあったしね。


おれもね、Todo O Mundo、曽根崎という地名がなけりゃやってない。お初天神がそこになけりゃやってない。なんか突然店やることになって、デッド エンド ストリートの隠れ家感と、住所にビビッと「痺れた」んだよ。それ以外には理由はない。

それもこれも、かつての「人口一位」の元禄からの流れの「大大阪」その匂いあっての話。おれは関西で生まれ、長崎で育ち、大学でまた戻ってきたが、寝台特急「あかつき」で数十回行き来をする中で、東京ちゃう、大阪、ってずっと思ってたもんね。当時は大阪、全然東京に伍してた。その後、バブル期の後半よ。殆どの会社の本社が東京に移転し出したのって。そこから先とか、もっと後勝負ついたあとの大阪しか知らん
のは不憫としか言いようがないが。

「大阪市廃止」を大々的に謳う。よう考えてみて。雨ガッパ、八尾の田舎モンやで。知性も知能さえもない、あんな極道右翼に牛耳られるってさ、恥ずかしないの?みなさん、血迷わないで。あなたたちはいとも簡単に、考えもなく、「発展とか成長」の甘言に騙されてる「あほう」ですよ。維新の府市政になって何年になる?発展も成長もしとらんよ。するわけないやん。維新は緊縮財政やねんから。そこわかんなかったら「ホンマのアホ」やで。緊縮財政はパイを小さくして「奪い合わせる」そんな地獄のような社会よ。あのね、GDPの6〜7割は内需、つまりおれたちがお金使えれば、こちらの国は復活するんです。国家にはつうかはっこうけんがあるんです。「通貨発行権」ね。維新の緊縮財政は人の心の闇、もっというとキミらの心の汚さにHzをチューンしてそれを増幅させてんのわからんか?「あいつらええ思いしやがって」ですよ。違うから、それ。あいつらもおれたちもいい思いしようよ、が正しい。実は維新政治もどん詰まり感満載なのよ。アホのおかんとかが武富士に騙されてる間に。緊縮財政はみんなの首を締めるからね。だから;

キャッチ・フレーズに「逃げてるだけ」ってのがわからんの?なんで?アホやから?

住民投票はさ、アホ脱皮の最終チャンスでもあるよ。

アホアホ言われんの腹立つんやったら、ちゃんと物事の「仕組み」を分かりなさい。賛成しようとしてるあなたたちは「犯罪者」として将来のあなたの子・孫世代から「糾弾」されることになる。これ、確定。ええの、そんなんで。

とりあえずは「保留」。ちゃんと話せずにムードで押し切ろうとしてる雨ガッパと武富士に騙されたらいかんし、そのバックにいるガースーに無用なパワーを与えるべきじゃない。


考えろ。考え抜け。もう1ヶ月もないねん。おれもアホながら考えとるちゅーねん。
posted by 浪速のCAETANO at 05:58| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

参考までに

れいわのチラシはポイント突いてる。

15061B27-D964-436A-B04D-7BE31777974C.jpg97CC84FE-3091-4366-9440-DCE342BD2245.jpg


カツアゲにネコババ。その通り。
posted by 浪速のCAETANO at 11:59| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

To fu○kin’ citizens in Osaka city

「言いっぱなし」ではなく「討論の場」へ引きずり出せば、あんなやつ、すぐに馬脚を表すし、人の気持ちも醒める(冷める)んじゃないかな。
「喋れない」んだから、なんせ。

花を自分の席だけに飾った「御前会議仕様」で「お言葉会」みたいな事、やってたが、これ「不敬罪」ではないのか?右翼、怒れよ。

ひどさをもう隠すつもりもない、カムフラージュを「ほぼ」考えていない。それでほんまに勝算あるんだろうか?

ここまでは維新の後ろ盾の勘違いクソど田舎もんに関して。


こちらの国の様々な地域の方々が「大阪市民」のレヴェルでないことを期待するが、そこまでアホかなあ。大阪は「長年の対東京コンプレックス・に伴うルサンチマン・さらには阪神タイガース弱(ヤクルトよりは強いけど)」そんな三重苦の時に詐欺師ハシシタに光明を見てしまった(その時はシャーないが、そこからアップデートされてない)という不幸があるんだけどさ。

しかし、その子分たちが、あまりにしょぼすぎるんだけど、それにもまた「騙され続けよう」そんな信念を一部の低脳の人々に感じてる。

だがもうそっちは手の施しようがないと思う、正直。凝り固まってる。夢を見てる。夢を見てる人に「水」掛けるのは何かしら切ない。まあご自由に、というしかない。後におのれの不見識とマインドコントロールを進んで受け入れてたことに地団駄踏んでいただこう。失ったものの大きさにも責任を感じていただこう。簡単にいうなら「ハラ切れよ」だけど。


いや、低脳なんて言ってますけど、維新に騙される=低脳で良いんじゃないの?同様にガースーを信じる=すんごい低脳、これ間違いないもん。ここで、絶望感に囚われる。support rate ・over 70%というからもう、ほとんどの方が「気狂ってる」んじゃないか、そう思わざるを得ない。気持ち悪いし、怖い。

大阪の構造と国全体の構造が相似なのよね。山本太郎が大阪に張り付いてるのは「優れた嗅覚」であると言う他ない。

以前から言っているように維新は「新自由主義(わかりやすく言うなら経済的弱肉強食)」の先端に咲いた「徒花」plus ldpが「言いたくてもそこまでは言えない・やりたくてもそこまではやれない」ことをすんなり政策化できる別働隊である。大阪府市民をモルモッツにして。何やねん・おれらは?

ガースーと維新の親和性はもうldp ガースー派、と言っても問題ないぐらいのもの。

今回の住民投票は、こちらの国が最悪のグチャグチャの更なる事実上の「敗戦国」になるかどうかの瀬戸際。どちらが勝っても、勝った方が「モメンタム」を持ち、雪崩式にそちら方面へ大きく傾くことになる。最悪、大阪だけとは言わず、国を離れた方が(特に残りの寿命が比較的長い方は)身のため、そんな事態になる。必ず、なる。

最悪・の方が加速度大きいですよ。

ラリったままでアクセル全開、そんなことに例えられるかと思う。大袈裟な、とか言ってる人、言っときなさい。別に、同情もしないし、またこちらへの同情も要らんしね。もう充分「divided」なわけよ。意識の上での「住む世界」が、その次元が違うのよ。

自分で「積極的」選択してその結果、酷い目に遭ってるバカに同情要る?責任持てよ。経済的自己責任なんて、その責任から比べれば可愛いもんだよ。バカ集合体の意思でバカ集合体も含んだ全体を「悲劇に巻き込む」んだから。自己責任とか、どーでもいいのよ。そんな軽い言葉、どーでもいいのよ。自己責任ってむちゃ軽い。自己責任と他人にメーワクかけない・は同レベルの「ヒトをヒトたらしめない決定的要素である」。

いつからそんなエラなったん?キミは生まれた瞬間から「自己責任と人にメーワク掛けない」そうやって生きてきたんかい?と訊いてみたい。

あり得ないの。哺乳類だから。生物は「進化すればするほど脆弱になってきてる」もっと言うなら「自己責任から遠く離れて」きてる。

あのね、賢い人ならここで気付かなあかんことなんですが、ということは「自己責任」などという「不遜で傲慢な」意識などおれたちは「一度も持ち得なかったし」これは「概念上のお花畑でのお遊び」なのよね。

違うというバカ、じゃあ明日から「カエルの卵」になってみろ。もうほんとに気持ちいい「自己責任の世界」が待ってるよ。一瞬であなたの実存は消滅するだろうけれど。


だからね、今「自己責任」などという思い上がった造語(脳のお遊びね)を口にするヤツってどうしようも無い低脳ってことよ。そんなクソに影響されるなんて、アンタどんだけミジンコやねん、ですよ。ミジンコ、これから、この人間社会で生きれるかあ?ミジンコ脳遺伝すんで。こわいよ。

いや、あのね、まだそんなに「詰まってない」社会なら、つまりこれまでの社会なら「隙間」はありました。だから文字通り「生きる余地」があったのよ。だが、もう無理。無理でしょう。でも象徴的なことにこの住民投票ってさ、ニッチのない世界のニッチをも完膚なきまでに消滅させる、そんな意味合いを持ってる、そんなことに気付きもしない低脳が、ノリで賛成・とか許せない。お前らは「破壊者」なのだ、という自覚ぐらい持て。バカがいかんなら無知がどんだけ罪深いか考えろ、自覚しろ。そしてその罪深さに早く気づけ。


罪には罰が待ってるんだけどね。罰さえも虚しい「罪」ってさ、植松といい勝負。そのぐらいの罪を犯そうとしてる。

自覚ある?
posted by 浪速のCAETANO at 03:09| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

I「was」ときたよ

が〜すーは「内に強面・外では足舐め」そんな、もっともおれたちのプライドを「折る」pmだろう。

Dear President Trump,
Iwasvery worried about you when I read your tweet saying that you and Madam First Lady tested positive for COVID-19. I sincerely pray for your early recovery and hope that you and Madam First Lady will return to normal life soon.

「I was」かつてはそうであったが、今はそうではない。あ、っそう「心配してくれてないのね」「もう終わったことを振り返って述べる」そんなニュアンス。

ん、宗主国の大統領閣下は「今現在・闘病中」ではなかったんじゃないの?


まあ、イナカモンであることはよくわかる。顔見た瞬間にわかる。


でさ、マダムファーストレイディだって!植民地根性というか属国根性、透けて見えるねえ。そういうこと慣れてないのはよくわかる。官僚もアホなんだな、というのもよくわかる。

繰り返してるように、アレはiconにはなり得ない。実務をアベの元で仕切ってた番頭がpmになって、どうもその地位とそぐわないことは本人が1番よくわかってると思うが、それとは別に「番頭の手法」でpmを務める、そんなもっとも予想外の展開になることでおれたちは予想外の不幸へと追いやられる。

小泉・竹中時代が、小泉の顔がガースーに代わり、おれたちの状況がさらに疲弊した挙句に戻ってきた、ということだ。ゴールドマンサックスの、アトキンソンもいる。ハシシタという、民間の後押しもある。

国内的には最強かも。最恐で最凶とも言うが。

だが外交現場ではどうだろう?G7の場で、各国首脳がケンケンガクガク議論中に別室で一人呆けた顔してたアベの姿があったが、「それ以上」だろうと思う。相手にされんだろね。そんな屈折・倒錯した楽しみを期待するおれは一国民として不幸だ。



もういいかげん、そろそろわかってよ、ハシシタのキモさ。学術会議のことも、一応政権の説明不足を批判するが、そうじゃなくて「はっきり理由を言え」と言う。「もうホンネをぶちまけろ」と言う意味ね。かように維新とは新自由主義と独裁を「先鋭化」させるldpの別働隊、もっと言うと「はねっかえり」のrollを持つ機関である。


国内がなんだか「grey」じゃないですか?色が。ガースーがpmなってから。


「法に基づいて処理してる」に対しては「何の法?」「何条の何項のどのような解釈?」と言う質問をたたみかけましょうね、野党のみなさん。ちょっとは気合入れてヤレよ。まあ、まだ国会も開かれてないとこは同情するけど。


えだのが「自分の頭で考えてる限り」ldpは全く怖くないだろうね。カンナオトやチャーシュー野田が顧問やってること自体、終わってるんだが、小沢くん無役で構わんから、影響力だけを発揮して欲しい。中村喜四郎も。メディアもチャーシューなんかと小沢くんを「一緒くた」してはいけない。したいだろうし、するだろうけど。小沢くんが失脚せざるを得なくなった際に仙石とつるんでた学者のことは覚えてる。そいつらって、結局、えだのと同様のrollを果たすことになる。そもそもご自分の地位が揺らぐことしないしね。安全なとこで御高説をお垂れになるだけだから。

結局ldpがもっとも恐れてるのは、小沢くんと太郎ちゃんなのだ。


ldpとハシシタみたいな「アホが最初騙されるぐらいの」で良いんだけどタッグがもう一度組めないかなあ。

本日も梅田の街宣だったが、大阪に来るのはいいと思う。「わけわからんキ○外」がいてわけわからんことを言ってくるからだ。脳内維新の撒き散らす「fake dream」に騙されてるにもかかわらず、自分の方まで考えた選択だと思い込んでる「物事を見たいようにしか見れてない」おっさんがウジョウジョ存在するからだ。そんぐらいのへんな手応え、たまには要るでしょう。hot spotは「京橋」だ。


維新はまだ余裕こいてると思うが、これから住民投票近づくにつれて、真実がどこまで広がるか?ほんとの意味の保守的な人たちの奮起が必要。おれも三人ほどは説明・説得した。だから「反対」が増える。反対しか増えない。だが届くかどうか?


どうだろう?





posted by 浪速のCAETANO at 23:41| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

太郎ちゃん、target locked

お〜、太郎ちゃん大阪3連発か。

明日・明後日、梅田だね。クソ維新のど真ん中で、ウンコ脳の維新信者を前に、こんな事ができるのが「他に誰が」いる?そんな怖い事「誰が」できる?

クソ維新のゴミ信者の酒飲んだような戯言と批判に「付き合ってあげれる」のが「誰が」いる?バカだらけのゴミ意見・ほんとこの大阪の「維新信者(どんなにばかでも)」でも一票持ってるんだもんね。

ほんとに「勇気がある」。後で調べたら、京橋だったよ。むべなるかな。

ただ、バカのおっさん(だいたいおっさん)のわけのわからんようなイミフの与太話に散々付き合った後の「スイッチ入った」山本太郎は、すごい・最強。

今日はそうだった。うんこの中に裸足で入っていける山本太郎。awayがいいね。ずっとawayじゃあかんけどね。こちらの国の人々の心の闇が払拭される事を祈る。そうなれば、「政治家・山本太郎」の言葉は直で腑に落ちる。

そうすればビンボー人だけではなく、勘違いした「意識中流・現実下層」の偏差値40にも届く。そうやって経済が回れば、大企業も中小企業もブラック化する事なく収入も上がる。介護や幼児教育、医療にも高い報酬が払われれば、状況は改善・間違いなくする。伸び代は絶大である。こんだけ「安い」給料で働いてるのだから。


おれは明後日行こうかな。


dtがtested positiveは笑ったが。無防備なら「感染る」。



が〜スーは「恐いね」。モテない男がどんな「罵倒」にも厚顔なのにも似て、「つまんないプライド」というものがないから、そんなもんが権力を持ったら容赦ない。その「つまんないプライド」こそが「人を人たらしめるもの」であったりもするんだけどね。

怖いなと思うのは、「が〜スー的」な男が増えている事だ。違うな。もっとひっそりと生きてたものが表面に出てきてる・かな?そんなカスは「ものすごく支持」するだろうと思うのね。「共通のルサンチマン」ってとこでまとまられたらきもいな。その結果は・というと、女の人の「被害」は増える。間違いない。だから「弱者」の立場になっちゃいけない。孤独になっちゃいけない。

弱肉強食は「どの分野」にも顕著になってきてる。


おっさんは「全人類の敵」かも・だね。正確にいうと「おっさん的なるもの」だけどね。
posted by 浪速のCAETANO at 21:31| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LuluとLunaを

9A31388B-D66C-41FF-834D-D9B97B18BBDA.jpg


ん、なんですか?


14067D1E-0B00-4647-AB17-00AE28EAA173.jpg


ん、なんじゃ、このシルエット?



E0DA1DFD-8ACD-493E-B58D-41F4C9C8F895.jpg


LuluとLunaを。アフリカン・スタイル。
posted by 浪速のCAETANO at 07:50| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

現実って

Luluの毛のテクスチュアが、う〜ん・・・・・・・・・・ぺろそっくり。

ちょっと「困ってしまう」。


今日から新しい月。そして今夜は中秋の名月。おれたちの精神を置いてけぼり・にして惑星・衛星は淡々と動き続けてる。


精神だけが「厄介」な気がする時がある。大きな「意思」のようなものを感じるときは余計にそうだったりする。惑星・衛星の進行とか・身近な例なら地震の頻発だとかそれをもたらすことになるマントル対流とか・太陽を妨げる雲の存在とかだ。


そういった「自然」に意思はあるか?あるような気がするしないような気もする。科学が「到達し得ない」field。ケムトレイル撒いたりする不届きな輩もいたりするが。そう言えば「人工地震」「人工台風」もいまの科学技術では、あり・だ。


もしかして自然の意思があるとするなら、そういった人間由来の小賢しさのさらに「上位」にそれは位置する。少なくともそんなコンセンサスを全地球的に持てればいいのに。そう思う。だいたい生意気なんだよね・おれたち。たかが哺乳類の分際で。

昨日、阪神高速で「ドナドナのトラック」を追い抜いた。4・500kgはありそうな豚くんたちが「頭・ケツ・頭・ケツ」と互い違いにならばされて運ばれていた。豚くんたちの「知能」とかおれたちは過小評価してないのか?とちょっと心配になった。奇しくもおれたちはLULUを運搬していた。ちょうど店長の太ももらへんにLuluがウンコ漏らした時だった。哺乳類のおれたちが同じ哺乳類の仔猫を飼おうと西から東へと向かってるその横で、同じ哺乳類の豚くんたちは殺されるために同じく西から東へと運ばれていたのだった。

頭・ケツ・頭・ケツ、などという「効率」にゲー吐きそうになったりする。身体への落書き(意味があると思われるが)にも心が痛かった。


罪深いと思う。おれはまあおのれのことは棚に上げて人に・「お前は、◯◯以下の存在である(◯◯には動物名が入る)」などよく言ってきたが、おれも含めて「おれたちは◯◯以下の存在」であるような気がする。

humanism(人間主義)の片手落ち度というか傲慢度というか、じゃあしかしそれはmanmalism(哺乳類主義)だったらいいのか、animalism(動物主義)だったらいいのか、と単にその範囲を広げていったらええっちゅうもんでもないのはわかってるのだが、何かそのような「机上の空論的・理想」を思った。

誰も傷つかず、誰もが穏やかにその生を全うできるような「机上の空論的・理想の社会」なのだが、SFしかないのかねえ。ただ、どんでん返し的、もっとひどい現実がその裏に隠されていた・みたいな結末にしかならんような気もする。

人権を勝ち取った経験のない・ただ概念として与えられただけの国の人間は平気で過ちを犯す。技能実習生や入管などで「お前らほんまに『現代人』なんか?」そんな扱いを外国人に対してするクソがいる。


閉じられたこの国で、ほんの小さな世界の中に安住して、そいつのエゴの肥大に伴い、その世界がモンストロウザ(膨張)し、頭だけがでかくなった歪な人間たちが満員電車に閉じ込められている・そんな風刺画で表現されるような気持ち悪さがある。いや、こちらの国だけではない。こちらの国化・がアニメなどを通してグローバルに広がっている。

現実から「遠く離れて」だな。


航空会社のアナウンスメントも「Ladies & Gentlemen」から「Everyone」「All Passengers」と変えられる。現実の格差が広がることとは裏腹に「建前」はどんどん平準化の方向へと向かう。だが、その乖離に不穏なものも感じてる。
posted by 浪速のCAETANO at 11:01| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

ネコを引き取りに

店長がどうしてももう一人欲しい、ということで候補のchat noirを見に西明石まで。

Fiat Panda 4✖️4 Climbing Plus、快調だった。本日はサンルーフも開けることができて、快適も加わる。

帰りの第二神明が気持ちよかったな。もう死ぬほど走った路。

結果から言うと「貰ってきた」。今頃Ticoと「接近遭遇」しているはずだ。

店長の膝に乗って帰ってきたが「ウンコしてええで」と言ってたらホンマにした。だはは、ノミもムシもいなさそうで、まあ病院はそのうち連れて行くが、仮親の方から大事に育てられてたみたい。

仔猫の可愛さには誰も抗えないと思う。Ticoも連れて帰ってきたときは可愛かった。今は「敵」だが。

おれは「うーちゃん」「ぺろ」といった「犬みたいなネコ」におれ自身が甘やかされたので、cleverなTicoとはちょっと合わない。

命名「Lulu」はうーちゃん・ぺろなみの「アホさ」を期待してる。まあ、どっちでも良いんだが、ホントはね。なぜなら「ネコ田大学」はもう卒業してるから。ネコ田大学院MBA持ってるから。

B52B75E5-49A7-45B2-930D-26A4DD348936.jpg

第一回接近遭遇。
posted by 浪速のCAETANO at 17:06| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

day after fu●kin’ days

不愉快な日々が続いたが、これからもまだ続くとは限らない。

視野・そのangleを変えよう。

変えた・今変えた。



大統領選のためのdebate round 1。たまたま今日だった。

dtは相変わらず、人が喋っているときに黙ってられんが、これ難しいね。「人」としての欠陥、ある。政治的レイシストでもある。

だが半分を過ぎてもうしっちゃかめっちゃかになってきた。これ、米国民どう判断するんだろうか?子どもの喧嘩・が最も近いかもね。

「大統領の方が茶々入れんの多いですよ」「バイデンさんの方が、はい、少ないですよ」通訳の方も大変である。


おれはアメリカの大統領が誰であっても構わんが、dtが出てきたときは「deal」ができると思って期待したがこちらの国の首脳がバカすぎて、結局「深〜く」そのけつ舐めを進めただけだった。深いけつ舐め。オエ〜とならんとこが気合の入った売国の徒・だけどね。


国の指導者を「手の届かないほぼ密室」で決められるのと、お祭り騒ぎのような「メディア内討論」で決められるのと、どちらがbetterなのだろう?

指導者が「変わらない」という体制もあるが。

ただ、支持層のvolume の関連からか。dtは自分でも右翼と言い出してる。あえて「レイシスト」を装っているようにもみえる。支持層って大きい。「第3の道」が見えないところがアメリカの現実と限界なのかも知らんね。もともと、左がいないアメリカの中で、第三勢力はサンダースたちなんだよね。

もうすぐ「ラテンアメリカ化」するUSAは今大変動の始まりだと考える。WhiteがMinorityへと向かう意味です。

どちらが勝つにしても、衰退の(ということはChinaの台頭と同値である)途上であることは間違いない。こちらの国などはもう「ホンネ」はChinaの「冊封体制」に入りたくてしょうがない(特に産業界の本音はそう)のに、政治のトップが「日米同盟」にこだわるから又裂きみたいになってる。

バカウヨの存在って、産業界にとっても「癌」だと思うよ。3億人より13億人の方に「ビジネスチャンス」を見るのは「当然」じゃないかなあ。


debateは収拾つかなくなってきてるが、そんなアメリカはコロナ対策で400兆ほど出している。この現実をどう見る?400兆はFRBの「手持ち資金」ではないよね。当然「国債」だよね。それに比べて「10万円とバカマスク」のこちらの国のセコさ・ショボさ(政治家・国民の大方共に)に死にたくなるのがおれだけじゃないことを望む。


アホキンソン・屁〜蔵 behind ガースーでは「どうしようもない」ことになぜ気づかないのか?気づいてるんだけど「スケープゴート叩き」の刹那的快感が勝つ・の方が正しいかな?

先駆けて、大阪がその「どうしようもなさ」を証明しそうである。でもあと1ヶ月あるが、維新支持者と友だちでいてもしゃ〜ないから、おれも小さな抵抗続けようかな。10人ぐらいは態度変えさせれるかも。これは「我が事」だしなあ。








posted by 浪速のCAETANO at 11:38| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

バカは至る所に

気持ちのいい1日だった。久しぶりにチャリ通。

こんな「天からの祝福」もないとやっとれんわ。ただガッツで朝早くに起きて作った「おにぎらず」・・・・忘れた。

つまらんサンドイッチを買ってしまったわけよ。かなちい。

行ってる学校が今年から知らん間に「二学期制に」しやがって、これ・学科長が変わったからなのだが、その煽りを受けて、留学試験まで1ヶ月の時期におれの授業が終わることになった。

で、今日はあちこちに「怒って」帰ってきた。

学校もチョーシ乗ってる感満載である。生徒が(外国人が・よ)増えて、信金のビルを買い、(学校法人は宗教法人並みの税制優遇を受けている)であるならその留学生のデメリットになることをするってどやねん。「もう辞めんで・おれ」と脅してきた。

学生たちもちょっとかわいそうで、もうおれ家に呼んで教えようか・ほどに思っている。だが時間が合うかな?みんなバイト大変だからね。


技能実習生の現状は伝えられるものを見聞きするだけだが、留学生に関してはかなり「知っている」。なんでも訊いてくれ。


どこにでも「新自由主義のフラクタル」があり、それも見事に「忖度」と「事を荒立てない」がくっつく。で、バカがちょーしのる。末端が困る。メーワクする。えらい目に遭う。おれ、基本的に、仕事だけやって「お先〜」で10年やってきたが、自分のことになるとそうもいかなくなった。


さて明日は最初の「ハイブリッド授業」。色々混乱があるだろうね。帰りに忘れず、pantryのピザ生地買ってこよう。この貴重な気候がしばらく続きますように。


posted by 浪速のCAETANO at 19:45| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

死者のことを考える日

個人ののことは個人それぞれでどんなに恵まれていても、その心の闇に関しては他人の邪推の余地はないのだけど、、、、、、、・

自殺・多ない?

ほんまに自殺なん?

そんな気にもなってくる。

こちらの国の闇も相当深いのでね。子どもを産んでさほど時間が経たない状態で「自死」を選ぶかね?よく分からないのだ。

ほんまに自殺なん?

三浦くんに星さん、今日は竹内さん。


誰にとっても相当生きづらくなってることの証なんじゃないだろうか?自殺であれば・だけど。相当深い闇・こちらの国には。石井紘基・中川昭一。そこから先はよく分からない。みなさん・ご勝手に。

闇の深さだけ・はよくわかります。


コロナも「ほんまか?」説も出てきてる。前からあるけど。ただし、ワクチンは「怪しい」と思ってる。実験データのための「モルモッツ」・ここはかなり蓋然性高いと思う。


ちょっと「トンデモ国家」に成り果ててしまったね。大阪離れるだけじゃやっぱりアカンかも知らんですね。みなさん一人ひとりが「覚醒」する以外にはないんだけど、だがその可能性は限りなく低いね。もう時間がない。

死者のことを考える。店長の誕生日・ミルクマンの誕生日・HONZIの命日と続く。


まだいい時代に死んだな・HONZI。北林・高瀬でさえも。ここ一年毎の劣化はもう「つるべ落とし」。もう現在の立場をいかに利用して「蓄財するか」がコンセンサスになっている社会には正義はない。公正もない。

最近のそのつるべ落としにより、悪目立ちした奴を叩くことがエンターテインメント化してることの醜悪さを自覚してないとこがどうしようもないね。

その「悪目立ち」かどうかさえも、叩く側が勝手に決めやがるのだ。叩かれたお二人『伊藤詩織さんと大坂なおみさん』は「世界で最も影響力のある人」でもある。この反社会的いや反地球的な「乖離」をおれたちは自覚する必要がある。す〜んごく「遅れてて」「世界の空気を読めてなくて」「アップデートもされてない」そんな現実が浮かび上がってくる。

なんか「もう一回戦争しそうで」怖いのよ・こちらの国。

もう頭の中ウンコまみれの人々がウン千万人いるこちらの国は内部が崩壊してるのだ。その先端にバカ政治家がいる・というのが正しい。


あ〜リモートで3本やって非常に疲れた。明日は「留学生の予備校」、物理化学生物数1数2数3の予習。留学試験が近づいてきた。遅めの昼寝?してから始めようと思う。明後日は「バカ田大学」。早起き続くねえ。似合わんねえ。
posted by 浪速のCAETANO at 21:04| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

そんな日

バカ田大学がまあまあ「画期的な」ハイブリッド授業を後期から始めるので、IT機器の最終確認というか練習というか昨日最終だったのだがそれに行ってきた。こないだは怒って途中で帰ってきたが、今回はスクール・バスが走っていた。


会場に着いたら4回生が「付いてくれて」懇切丁寧に教えてくれた。実際の教室2つに出向いて、しっかり現場でも予行演習。見直すのだった。彼女らはもう就職も決まってる(商社とITと言っていたな)らしく、「できないおっさん先生」のためにヴォランティアやってくれてるのね。まあ、おれは「わかり早いほう」なんだって。windows慣れしてないだけなのよ。

「またどこかで」と挨拶して大学を後にする。

住道の駅で「住道商店街」という文字がちらっと見えて、ちょっと寄ることにした。本日は某天満の予備校が15:15だしな。そんなにしっかり食えんな・と思ってたら、地元のシブい喫茶店に「ハーフサンド」があった。で頼む。でやってきたのだけど、うーん、なんていうかなあ「卵サンド・ゆで卵・バナナ」ちょっとありえない組み合わせでちょこっと「ヒく」。ハムなかったの?どうもそんな気がする。卵サンドにゆで卵。まあ食ったけど。住道やし・ま・ええか。すぐ忘れるからね。じゃ、Pantryであの「ピザ生地」でも買って帰ろう。それとひきわり納豆ね。そう思いつつ、携帯をみると、「山本太郎・ゲリラライヴ@京橋」とある。

学研都市線で10分である。これは行かなきゃな。

京橋の、京阪と環状線の間の「まあここしかなかろうね」と思われた場所で太郎ちゃんが喋ってた。おれはゲリラやりだしてからの街宣は「全て」見てるからまあ流れはだいたいわかってるんだが、質問者が何をいうかによって話が毎回微妙に変化する。前日は三国だった。「精神病」の方が泣きながら喋っていた。
19C97CD6-0252-421A-A432-3E2B60749FFD.jpg


毎回、極力・前半は「予定調和」を避け、だがしかし、最終的には財源の話へと落とし込む山本太郎の知識・体力・機転・強さ・大きさに毎回おれは感心するのだが、さて、京橋やで、ここ。ちょっとクセあるよね・この街は。

この大阪ゲリラ街宣では「都構想」に鋭く切り込んでくれている。大阪市議会の自民党は政府自民党とは異なり、都構想反対の活動をやっているが、おれのとこまでは「伝わってはこない」。

案の定、一人目のバカ「二重行政というmagic wordにヤラれ、維新の言説をコンパクトにまとめてよくできたでしょ」・みたいな。「維新がmayor/
governorだからいいのだ」なんて、ちょっとおのれが賢いと勘違いしてそうな「sexは正常位・これ一本でやってます」みたいな情弱だった。

二人目のヤカラジジイ「府も市も同じようなことやっとるがな」で太郎ちゃんが話してるとマイク放って去って行きやがった「とこうそう・さんせ〜」と叫びつつ。

3人目のバカオヤジ「まあ・山本さん、そうは言わはるけど、私らで決めることやし。決まったら決まったでシャーおまへんやん」


3バカ・少なくとも「見たくないものは見ていず」「TVにヤラれてるのに自覚もなく」「自分より若いヤツの言い分が気に入らん」そんなベースに加えて、「大阪市の政令指定都市としての値打ちをほとんど知らず」「一旦手から離れたら戻ってこないのにもほとんど無自覚で」「太郎ちゃんの危惧するシステムの話はよく分からず感情的になりがちで」で、結局、東京への「ルサンチマン」の処理がまだできてないことがさらにベースにはあるな、ということがわかり、二流の街・京橋に大変つきづきしい人物と質問内容だった。3番目のオヤジとか、強面ではなくややソフトに年下の人間に「偏った人生訓」とか語ってそうで「あ〜あ」だった。


でも、おれもだいぶ時間潰れたよ。ポスターももらってきたし、消費税反対の署名の機会もあってよかった。で、ヴォランティアの女の子たちの発する雰囲気、なんか知ってるぞ、と思いながら思い出してたら、昔のライヴの物販のあの雰囲気だった。インディーズのライヴのあの物販のあの感じ・ちょっと懐かしかったな。メジャー行きかけのインディ・つまりおれたちみたいな・ね。30年ほど前よ。20年とかじゃないのね。ちょっとちゃうねんな。まだシステム化されてない手探りの時代だったのね。

さあ、予備校行こう。天満まで環状線に乗り、気持ちよく時間つぶせてご機嫌にクラスルームに入れば、「ん?」なんか妙な空気。「ん?ん?」

「センセエ・今日は2時半ですよ」


うわ・また・遅刻。アベ辞めた時に続いて。


あららら、これこそシャーないね。ちょっと短めに終わろうね(勝手か)、ということで、早めに終了した。阪急へ向かい地下へ降り、前菜を何種類か買って、本日のメイン「ゴルゴンゾーラのペンネ」を激作してワインを一本空ければええ感じの睡魔が訪れた。

EDF930E8-6151-4C10-8F3C-4FC0F9B6AE5D.jpg


posted by 浪速のCAETANO at 10:16| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

屁〜蔵・カス

なんか恨み・があるんだろうか?それも「善意・ではないな・正当かな」を装いつつ。

竹中平蔵の「月7万だけ渡して生活保護も年金も剥がしてやる」という発想なんだけどね。

「冷酷・残酷」そんな心象が窺えるからなのだ。

ただ殺すにしても、できるだけ苦しみながら死なせよう・そんな意図。確かにある。根っこに「ルサンチマン」が確かにある。

「絵に描いたような『ショック・ドクトリン』」。ガースー、アホキンソン、屁〜蔵。アベが表に立っている時には目眩まさせられてたものが一気に可視化され、おれたちの前に立ちはだかって来た。更なる取り繕わない「新自由主義」だ。「Getting Worse」しかないのか、こちらの国は。


新自由主義とは「自己責任状態での弱肉強食」であるが、シニフィアンとシニフィエがこんだけ乖離している言葉も珍しい。


平蔵のルーツはなんだ?ひょっとしてハシシタと共通か?知らないし、分からないが、「臭い」を感じる。確かめたくもないが。


何かがないと「そこまでのルサンチマン」の根拠が分からない。そうなのだ。小川淳也くんのガ〜スーへの指摘は「考慮」すべきことだと思う。一般論ではなくてpm個別の話である。でも確かに「fake苦労話」にコロッと騙されたお人好し50000000人ほどいるんやろ?世話ないよ。too easy/too cheep。


屁〜蔵のいうベーシック・インカムはベーシック・インカムではありませんので、騙されないように。








posted by 浪速のCAETANO at 08:04| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

空虚さ 1

国民の「2/3~3/4」が支持してる・ってホントのホント?ホントにホント?

あるsurveyによると「1%」の支持。といった極論もあるよ。


Pollの曖昧さ・というか「空虚さ」ってこの社会が安いSFであることを担保してないかな?Pollの主体で「どれか」信用の置けるものって・ある?

TV・Paper・通信社、どれも信用できないんだけどね。みなさん、そんな簡単に「Reality」を手放していいのかな?

「じゃあ、どうやってRealityを回復すんのよ?」そう言われましても即答できません。できません・が、「なんかちょっとちゃうやろ・それ、そこ」と、おれの中にまだ残っている古代人のDNAが言っている。


AI不信論と根っこが一緒の何かだけどね。AIはすごい勢いで進化している。


そこなのよ。

「進化」していることこそが、AIの「不十分」と「不安定」を証明するものである・と言いたい。言いたいだけ・でもいいが。


アナロジックに言うなら、「科学」の進歩発達。すごい・これも。だが、超有能な科学者なら「達成したなら達成しただけ・さらなる未知の地平の広がりに・唖然とし、脱力させられる」んじゃないのかな。


だから、おれたち「ボケ」てるから、好きなようにやられっぱなしなんじゃないの?ボケてる=思考停止。忙しいのはあかんのよ。


ベーシック・インカムっていい考え方。ただし、「平蔵型」は「年金・生活保護」とのバーターだからダメ。それ「BI」とは言わんから。

「BI」は今現在の社会保障に「PLUS」されるもの・でないと意味がない。


コロナ脳・緊縮脳、いろいろあるが、この「緊縮脳」の人間だけは犯罪者になる可能性があるね・将来において。

おれたちが歴史書に学ぶ・例えば、古代の「非人権的行為」を「は〜?」なんて思うことと同様のこと・を未来の人間に思われるその現場が「今なんですけど」ってことね。


そんな「決して偉大ではない」時代に生きてるのよ・おれたち。まあそんな中でジタバタしてんねんけどさ。そこは実存かかってるからしゃーないの。かつての皆さんとおんなじ。
posted by 浪速のCAETANO at 10:51| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

記憶の中のChat Noir

帰ってきたら仕事が立て込んでいた。

今店長が、ticoのきょうだいを探していて、「シャ・ノワール」が見つかったんだが、その子に会いに行ける日を「早よ決めろ」と急かされるのだが、ホント「空いてないのよね」。来週の今日なら・ということになった。

おれは「キキ」と「ぺろ」経験者なので「ガトー・ネグロ=シャ・ノワール」は馴染みがある。どちらもとても素敵なネコだった。一人は「愛人」のようなもう一人は「母親」のような。それもおれの「その時の若者度orおっさん度」にアジャストしたかのような「変幻自在ぶり」でおれと対峙してくれた。奇跡のようなネコだった、二人とも。

語り出すとキリがないし、まあようわからんと思うのでdetailsは秘めとくのだが、ちょっとだけよ〜ん、で言うなら、キキなんて「ゴージャス」を絵に描いたようなソフィア・ローレンのような子だった。毛がふわーっとしていて尻尾も30cmほどありそれが興奮するとブワッと「膨らむ」のね。で、当時のヨメ・他のネコが寝静まった頃におれが書き物などしてると、いそいそとやって来る。で、もうほとんどこりゃ「愛の行為」でいいのではないか・と言えるような、おれとの時間を過ごすのだけど、終わると何もなかったかのようにまた帰って行く。

その上にマリーという茶トラのお姉さんがいたのだが、散々可愛がられた後、マリーは癌で死んでしまった。だから「長女」になったのだが、そういうrollは一切せず、そんな態度も最後まで見せなかった。とっても気高く、孤高で、後から来た3人の妹たちを舐めてあげてるとこなど、見たことがない。

末っ子のぺろを拾って来た頃(その時はだから4人いた)、ほらチビネコはただただ走り回る時期というのがあってうちの家の廊下はまあまあホームストレッチが長く、夜中になると「何往復すんねん」ぐらいに向こうにダー・こっちにダーと一次元的運動会が始まるのだが、そこにも参加はしてなかった。だが身体能力が低かったわけじゃない。そのぺろがキキに向かって突進すると、ふわっと50cmほど飛び上がって、ぺろをかわす。かわされたぺろは走り過ぎて「?」みたいな。よくあった・そんな事。

最晩年・もうあかんかなあと思っていた。いよいよその時が来たんだが、寝室から出て来て、トイレに行き、戻って来て、それからおれと奥さんとけいこちゃん先生に看取られて逝った。なんと美しく立派な「死に際」なのだ・と感動した。


黒ネコには「いい思い出」しかない。それはおれとしては「ペロ」でfin.にしておきたかったのだが、店長にしてみたら散々おれを見てたから「飼ってみたい」気はわからんでもない。まあ、でも「競争率」も1倍ではないみたいで、どうなるか分からない。まあおれはもう「ネコ田大学」卒業してるので。その代わり「バカ田大学」行ってるが。

posted by 浪速のCAETANO at 16:07| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

・・・・の秋

昨日は、キタ・ミナミ。今日は天王寺。タフである。

昨日は「みずほ」の中でiPadで見てたが、隣に座ったチャラけた若者は、全く興味ないようだった。難波は大石あきこも加わって、3:30の長丁場。初めて、維新に「f●ck」と皆さんの前で言うてくれたね。

辻本清美も街宣やってたみたい。人いっぱいだったみたい。「ここ・大阪を主戦場」にしてくれよ。

橋下をTVに出すなという#もだいぶ流通してきた。「よう知らんねんけど、なんとなく「賛成」」ってアホですか・きみは。そんなことぐらい分かれよ・大阪人。

「大阪の成長を止めるな」が維新のキャッチだが、「大阪の成長」自体がフィクションなのでね。いちいち「fact check」必要なのね。「嘘を公言」が奴らのpolicyだった。

これしかし、「意外に」時間がない。押し切られそうなのだが、all 野党・ちょっと集結した方がいいね。総選挙は「アメリカ大統領」が決まり切るまではないだろう。だから。決まっても「決まり切るまでは」相当時間もかかるし、揉めるだろうからね。

となると、年末・年明け、ということになるが、「コロナ」第三波もある。何が起こるかわからない。流動的だね。



さて、やっと本を読む気になってきた。例外的な忙しさとクソ暑さで、脳内の一部は休眠していた。「夏に冬眠」がおれのアタマだった。

酷暑前にfreezeさせておいた読んだideaを解凍させてるところ。

どんなのかと言うと;

「時間は逆戻りするのか」高水裕一。

「人新世の『資本論』」斎藤幸平。

「「その日暮らし」の人類学」小川さやか。

「方法としての吉本隆明ーーー大和から疑え」室伏志畔。

「黒いトイフェル」フランツ・シェッツイング。

「新実存主義」マルクス・ガブリエル。


思うことは色々で、山本太郎が「今」を救う。そのあとはどうなるか?

king crimsonは量子力学を予見していた。「I’ve been here and I've been there and I've been in between」(I talk to the wind)

前近代的にまだ生きる余地って残されているのか?いわゆる「外部」での生活・人生に成り立つ余地ってあるの?

神武は近畿に来たのか?それとも豊前へきたのか?(九州王朝はデフォルト・そんなものがわからん歴史学者は『死んだ方がいい』・あ、また言っちゃった。だはは)


わかんないこと(興味を持ったことの中で)はそれをわかりたいと思うから「もう死にたい」という現実を忘れられる。そんな「おのれのメカニズム」も思い出す・蘇ってくる。ここ「大事な」とこだったよ。ありきたりながら「知的好奇心」しか自分のドライヴにならんなんてことも気温の低下とともに思い出す。思い出す・て「キミもまたアホですか?」そんな意見も流しとくわけであるが、それは酷暑が原因なのね。もっと言うと;

『太陽のせいさ』とでも言うておく。カミュか。

















posted by 浪速のCAETANO at 13:29| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

バカレイヤー

「類は友を呼ぶ」から、知性のかけらさえなかった安倍晋三にはバカ子バエがたいそう集っていたけど、ガースーに「本気」で集るとするなら、知性のなさに関してならさほど変わらないが、今回の「腹黒さ」もその・類とするならそこに集るにはやや「憚られる」のではないかと思うが、その分、「安い苦労人話」に騙されるのであるから、こちらの国のバカにはレイヤーが何層もあり、手を変え品を変え、みたいに入れ替わり立ち替わり前面に出てくるなあ。
そんな感想をもってます。
posted by 浪速のCAETANO at 10:58| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Female athletes

にいやんとりりかが一緒に走るのを見たかったのだけど、やっとその機会が実業団陸上であり、5000mだったが、結果は「にいやんが2位、りりかが3位」。
4E25FD1C-B605-4A06-BB0D-756F51041FA7.jpg

National Recordまでは、にいやんがあと2秒、りりかがあと7秒ほど。


すごいね、二人とも。マラソンとかが注目されてるが、5000m、10000mも面白いのよ。りりかは将来、マラソン行きそうだけど。


マラソンといえば、にいやんは今年のヒューストンハーフマラソンでNational New Record。8年前に勝手に引退して3年前に勝手に復帰して今に至る。

二人の走る様子は「全く」違うが、だがお二人ともその姿は美しい。高校時代から美しかった。凛としたにいやんに、悶えるようなりりか、だが、行ってる女子大そばの西京極競技場がスタート・ゴールのfemale 駅伝、高校時代、都道府県、実業団と、どのレースでもこの2人は抜かれたことがない、という稀有な存在であるが、だから一緒に走ったらどーよ?がものすごい興味あったのだけど、今はにいやんが一枚上。まあ、だが、時間の問題でりりかの成長が上回るだろう。

Olympiad相当の大会で2人で5000m or 10000mに出て欲しいね。鍋島ちゃんという子も速いんだったかな。

B7D58B52-B0BB-46A9-A1B3-CCA0FE0FE72B.jpg

ヒューストンのにいやん。


しかしなぜそのレースが見れない?結果だけじゃもひとつだ。
posted by 浪速のCAETANO at 10:33| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

最高の政治家だと思うよ。何が問題?

日本を守る、とは

あなたを守ることからはじまる。

あなたを守るとは、

あなたが明日に生活を心配せず、人間の尊厳を失わず、

胸を張って人生を歩めるように

全力を尽くす政治に上になりたつ。

あなたに降りかかる不条理にたいして、

全力でその最前線に立つ。

生きているだけで価値がある社会を、

何度でもやり直せる社会を構築するために。


20年以上のデフレで困窮する人々、

ロスジェネを含む人々の生活を根底から底上げ。


中卒、高卒、非正規や無職、

障害や難病を抱えていても、

将来に不安を抱えることなく暮らせる社会を実現する。


わたしたちがお仕えするのはこの国に生きる全てのひとびと。


それがわたしたち「れいわ新撰組」の使命である。




山本太郎
posted by 浪速のCAETANO at 19:14| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

on the final above 30℃ day

大丈夫なのだろうか?こちらの国の人々。


発表された高支持率の根拠が「人柄」なのだそうだ。前任者からの相対性かも知らんが。それ「いい手」だね。カレー味のうんこ・から、うんこ味のカレー・へ、みたいな?見た目・カレーやん・てことか?


もう評価の基準がわかんなくなってるんだろうと思うし、アベのことがみなさん「本当は」辟易していたんだろう。支持率はやはり「操作」されてたことをある程度窺わせるね。

ただし、今回の結果は「かなり無理筋の印象操作」を「試して見たら・成功しすぎて・やった側も・ビックリ」だとおもう。


だが、これは台風の「最大瞬間風速」だろう。愚かな人々は相変わらず「高止まり」しているが、物事が「見える」人々の存在も「微増」している。勝ち目ないんだけどさ。しかし、最大瞬間風速はいつまでも続かない。


まあ。おれたちは虫の息・ですが。総選挙あって、ldp・skg・維新連合が大勝ちして、太郎ちゃんも戻れず、「ついでに」大阪市潰される。この最悪の事態は「ありえる」んだね。そのことは今年中に実現される蓋然性がかなり高い。

これが「現実」ですよ/ですが。


「田舎の人で、苦労人で、庶民感覚」。そいつを前面に出して、自分は「上皇」へ。上皇が「現世」へカムバックもあるよね。「待望論」が消えることはないから。iconだから。


国民のレヴェル以上の政治はホント・出現しない。最近、リアルに生き続けることが苦痛である。全てが「夢」ならどんなにいいだろう。こないだ、ある人間に対して言いづらいことを夢の中で「言っていて」、夢の中でそれなりに疲れたんだが、「あ〜やっと言えた」そう思ったら目が覚めた。結局問題山積のまま。夢の中でも、「半意識」とでもいうか、問題意識は「起きてる自分」と共有しているわけで、結局、同じように疲れるし、なんなんだろう。


火星から地球の家族を思う・例えばDavid Bowieみたいな夢を見たいものだ。一時、夢をコントロールするという夢(希望)を持ってたんだが、そんなことも忘れてしまっていた。true sleeperでも買ってみようか。二日に一回ほどやっちゃってるソファ寝はとりあえず辞めよう・と思った。今日が最後の「真夏日」だろう。夏は終わった。





















posted by 浪速のCAETANO at 10:01| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

改革・はダメワード

何だろう、・この『祝賀ムード』は?

こうやって、物事の本質からは目を「背けてやり過ごして」きたんだよね。伝統芸能。


「改革・改革」って連呼してるよね?


改革って何?

既得権益を打破・も今回も言ってる。

えっとですね、既得権益って「誰が」持ってるんでしょう?7年8ヶ月も政治の中枢にい続けた人々こそ・そうお前らに既得権益集中してるんだけどね。


改革という言葉、もう耳にタコだが、小泉くんが言い出した。それは「新自由主義」を推し進める・という意味だね。その定義は前に言いました。


いまだに言ってる。ひょっとして、みなさん、そこよく考えたことがなくって「また今回も騙される?」だとしたら、よっぽどアタマ緩い・と言わざるを得んけどね。


それで『合ってる?』ひょっとして?やっぱり?



掃き溜めに鶴・な事実。今井が・ということはチームアベは解散みたいね。今井もまたsame ageだった。今回・世代のことを考えた。考えざるを得なかった。


石破も岸田も今井も・例えば佐川も「同級生」である。その人物のパーソナリティのプロトタイプは全部、おれに取っては既知のもの。世代的には「立身出世」がデフォルトだったよね。おれもそんな予定だった・と思う。そこまでのvisionってなかったものの。


だがしかし、早くから「チャラけた」おかげで今がある。

「あのねえ、キミ、それは真逆の意味で自虐を込めて言ってるんだろ?」そんな意見も多く聞かれる。

いや・マジでいうてんのよ。

そっち方面のヴェクトルで将来を展望する・ってのが「ダサすぎ」と思ってたんだね。これは当時は「無意識」・途中からは「意識して」。


人生における勝ち・負けってなんなんでしょう?勝ち負けというより「価値」の話かな。そこ簡単に逡巡なく「・・・だよ」と言えるヤツ・羨ましいと思ったこともある。迷いがなくていいな・とも。しかし、同時に「アホではないのか?」とも感じた。それ、おれらのパパ世代の価値観やん・みたいな根拠による。


わかりやすさ・に反応するパターナリストはいまでも本当に多い。権威主義者とも言うが。これだけ人の倫理観がわやくちゃになってしまった挙句には、もうどうすることもできんだろう。現実におれなど維新主義者に全方向包囲されてるのだ。「無駄な抵抗はよせ・武器を捨てて出てきなさい」と拡声器で呼びかけられてる状態です。


まあ、これから何ができるか知らんが、もう社会のことは考えすぎるとパワーダウンしてしまうので、まあやれることを地味にやろう・など思う。「地味」の良さ・最近わかってきた。目立つも悪目立ちじゃ叩かれるだけだしね。どうしても目立ってしまう・っちゅうのがあって、そこ困ったことである。だが、わかりやすい達成みたいなことが「顔に書いていない」そのメリットは今感じる。自分のことが進められる。おじいさんへ近づくことで悪目立ちからは自由になってきてる気がする。そうであって欲しい。


若いころ、それができたらよかったんだが、それをやるには周りに「欲望を喚起するもの・ひと」が多すぎた。人って何よりも「貴重で、そして何よりも贅沢な存在」だった。そんな環境だと「チョーシ乗る」よね。だはは。ま・ええか、と思う・思ってる。隠居したら小説でも書くよ。


「改革」と言う言葉・使うヤツ「全員・民衆の敵」ですよ。

あ・突然戻った。
posted by 浪速のCAETANO at 11:05| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

懸念

みんな、コロナ対策のおかげか、fluの流行も今年は極少と言われている。

今「3人」だって。Nationally。


社会の様子は変わってしまってるね。


秋雨前線も停滞しつつある。「梅雨の逆」だね。小笠原気団がパワーなくなってきて「北の」高気圧が列島を覆ってくる。大阪もunder30℃。こんなぐらいでいいね/いいよ。30℃って今やmild。おれたちは「熱に焼かれる」のにも慣れてしまったのね。体温よりも高いというのは問題あるよ。気体の風呂入ってるわけで。まあ「サウナ」ってことよね。


政治勢力の刷新(のフリ)、再編成が行われたけど、もうはっきりしてきたね。


ldp;自助(自分でやって)、で消費税下げ・有り得ない。

立憲;共助(みなさんで支え合う)、で消費税は選挙の焦点にはしない。

れいわ;公助(カネを刷ってみんなに配れ)、で消費税は・廃止。


ldpと立憲は「政治する気ない」を『公言』してるのわかります?



ガースーは「絆」なんちって偏差値40以下のバカ高校生レヴェルの口にするの恥ずかしないか〜な、さ。

絆とは『動物を繋いでおく綱』のことを言うんだけどね。みなさん家畜の自覚・あるわけ?家畜の自覚・要求されてるよ。


奇しくもこちらの国の「後進性」あからさまなこの数日だったけれど、「密室」「イヂメ」「ジジイ」「メディアの無批判」「国民の無批判」そんなこと。


日程的な懸念がある。勝手に思ってるだけだが。衆院選と「大阪市をぶっ潰す・住民投票」が同日になるのでは?大阪にとっては「ドサクサ紛れ」の中、一夜明けると「別世界」が現れてる・そんなことにならんかな・と言う懸念。


淀川は淀川のまま、大川は大川のまま、大阪城はある、御堂筋もある、新世界もある、通天閣もある、が全く別の街「村以下の街」がそこにあって、一方・ldpと維新が勝ち、れいわは議席を取ったけども「5」も行かず、立憲・国民は大敗。


夢もチボーもないと東北のおばちゃんなら言うであろう、そんな世界が待っている。そんな懸念。


あちこちが同時多発的に崩壊する懸念。


おれが最も懸念していることは、現在はその崩壊を「最良でも」遅らせるしか方策がないことだ。もう「崩壊は決定」しているのだけど、遅らせればそれだけ人が生きる場と時間が残る・と言うことなのだ。そんなサンクチュアリのような場を求めて右往左往するのがおれたちの晩年なのであって、そのサンクチュアリは等比級数的な減少傾向にあるのだ。


こちらの国の人々のメンタルはもうかなりの「救い用のない地点」に至るまで劣化していってる。最近、人と話する気がしない。うわべの話しかできない。まあそれでも「言葉忘れん用に喋る必要」もあって、もうめんどくさい。そんな自分自身が社会に・みんなに先駆けて崩壊する・そんな懸念。

ある土地や場所へのnostalgiaの様子が随分、これもまた変化してきてて、おれたちが子どもの頃のnostalgiaに浸る際の街とはかつてあった風景・建物・路などが「資本主義的発展により」一掃されたことからくる、原風景の喪失だった、数十年前までは。

ところが、ある時からそのnostalgiaは街そのものが風化すること、朽ち果てた姿を、おそらく戦後に人々が見た時のような心情で眺めるようなものになってきてると感じる。


緊急避難したい。But Where?









posted by 浪速のCAETANO at 11:03| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

銀河よ

エアコンを夏の間onのままにしておいたが、ま「慣性」で生きる激暑の期間は「終わってしまった」な・というのが実感。

変な・というか、未経験の夏だった。おそらくみなさんもそんな感覚をお持ちではないだろうか。いつまでも暑いというのも最近の傾向だけれど、「やっぱり」9月の連休前後で空気が入れ替わる。

政治的空気は変わらない・より、もっと悪くなる、だが、「実際の空気」は確実に動いている。地球は公転軌道を粛々と進んでいる。「お前らごときの事情とか知らんけどさ。カンケーないし」そんなtweet が聞こえてきそうな。地球のtweetね。


そんな視点から見た場合、ゴミと人間の区別ほとんどつかんのじゃないの?この星のヒューマノイド型有機生命体ってlike garbage・そんな判断をされているかもしれない。そう思う。


毎年夏は「恣意的に思考停止」することにしていた。ある年は「夏期講習」・ある年は「ライヴ」・ある年はその両方。そんな感じで「ルーティン」化して過ごしていた。「頭使う」ことは一切止めて。夏期講習とライヴは頭使わない。そんなものは「頭使う」には入んないな。そんな夏生活だった。

でそんな夏の後、9月の連休頃になると、流石に「そんなアホじゃいかんのじゃないか?」そう思えてくる。人は「慣性」で生きてるとこもあって、夏の終わりだと、そうやって気候は少しづつ動いてる時に、まだ数週間前の気持ちでいることの「違和感」をふと感じるのね。


「おお。ちょっと物事考えないと」そんな気になったものだった。こんなのが一般的な夏だった。


ところが、今年は「気を使うこと」が多すぎて、特に何を考えるわけでもないんだけど、妙に、あんだけ暑い夏だったにもかかわらず、なんかどっちつかずの「う〜ん・もうっ」・そんな感じです。8月が「すっぽり抜けてしまってる」かのような印象なんだけど、みなさんはいかがでしょう?


暑さとコロナで外出を必要最小限にしたことも関係してるのかも。見たものといえば、中津の街・収録のカメラ・skypeの生徒・阪急デパートB1B2・長崎の街・店のカウンター越しの・そんなもんである。あんまりええもん見てないな。ヴァリエーションに富まない・というか。


おれは全く「鉄の人」ではないんだけど、うちの反日中学生(すんごい鉄・でもある)も言っていた「寝台列車・銀河」に心震えてしまった。

まあ、年代的にいうなら「大阪〜東京」間の夜行の急行の名を持つこの列車。なんだか「トワイライトエクスプレス」に代表される「縁のないゴージャス列車」かと思っていたらさにあらずで、1〜2万円で「大阪〜出雲」あるいは「下関〜大阪」を、しかもまあまあ(ここが大事)トロトロ走ってどちらも12時間ほどの行程である。個室とかもあって、very niceなのね。最近「みずほ」「さくら」によく乗る。もう5列席の新幹線・金返していただけない?そう言いたくもなる・のね。ほんとゆったり。相当のデブでもゆったりである。


出雲へ行く・寝台列車で。寝台列車は「あかつき」にご幼少の頃よく乗って、P&G時代には「あかつき」でCM Shootingもやった。無くなる寸前の「北国」にも新潟から乗って帰ってきた。あれは幸運だった。進行方向向きのベッド・あかつき慣れのおれには新鮮だったなあ。新潟〜佐渡〜村上と日本酒と寿司・鮭の心震える旅行だったなあ。2012に岩手・花巻大沢温泉からはじまって、その流れなんだけど、あと富山に「寿司だけを食いに」あ違う違う「寿司と勝駒」だけのために行ったりとか・だね。出雲も松江で呑んだくれて、レンタカーで神社を周り、最後はオオクニヌシ・とスサノオにご挨拶・みたいな、暑い時期だった。

熊野には若い時期散々行ったが、そのおかげでもう海外旅行行かなくなったぐらい。「世界遺産」を前の時代に「透視」していたかのおれの行動。イタ車にフラ車にサーブの屋根なし。途中でクルマ壊れて飛んで帰って、その日のうちに別のクルマで再度出かけた・なんてこともあった。退屈しなかった。


いや、その銀河ですよ。特筆すべきは。一人用の個室とか「最高」じゃないかなあ。できればどこかで軽〜い事故とか起こり、立ち往生してextra12時間列車内に・・・・など不謹慎なことを考える。


ちょっとアタマ・回ってきたなあ。

そんな回り方で・ええの?といったご意見もあると思うが。





posted by 浪速のCAETANO at 10:37| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

もひとつ終わりに近づいた・けど

ガースーがにやけて就任会見している間にも、柏でのゲリラ街宣を敢行する山本太郎だった。地面に近いところに「あえて」ポジションを取る太郎ちゃんがみんなを救う。本日もまた「反緊縮の啓蒙」を柏の辻にて。


ビンボーなくせに「真ん中」と意地はって思おう思おうとしてその結果「維新支持」みたいな頭のゆるい人々も生活・収入がダウナー傾向にあるのはもう変わらない。早よ気付こうね。見たいように物事を見たい気持ちはわかるが「浮ついたマインド」はいつか「冷める」。その時はもう「大阪市は過去の遺物」になってるかも知らんねえ。


アベが辞めてくれてちょっと油断してしまったねえ、おれたち。その間に「あっという間に」『更なる地獄』が見えてきた。その手があったか。ガースーのpmはあまりに「悪手」。最も「器」じゃ無い輩。やられたなあ。しかし、つい最近、成り行きで「その気」になったジジイにウルトラCかまされた。もちろん「勝ち馬に乗る」ldpの中の人間のあまりにも「政治家としての矜持のなさ」・「ただただ政治なだけ」というあまりに人間臭い、これでも「ええように言ってる」んだが、もっというなら「社畜」のマインドの政治家が多過ぎた。情けない。あんさ、公務員やろ・お前ら。公的なお金を己のもんにする行為は辞めたほうがいいよ。せっせと励んでる。そういうの「国賊」って言うのね。ほんまの右翼から「切られろ」。


さあ、橋下が入閣する・しない、これもちょっと「決定的」なことだが、おれはあると思ってるが、それは維新が自民のクソウヨ班の「別働隊」であることと、大阪で維新がやってることは、国政でldpがやってることの先鋭化されたものだし、ldpの票が維新に流れることは「ある種のカタルシス」を国民に与えることになる。「負けたフリ」ができるからね。だが実際はトータルしたら「うわ・増えとるがな」とおれたちは後で気づくことになるのね。



もうあかん、とおれがほぼ毎日「嘆いてる」理由はそのように「未来」に希望に全然満ち溢れとらん・ということが原因です。

おれも自分や他人の音楽のことやもっと心踊る話をしたい。だが、社会が崩れてしまえば、「音楽」もない。クソみたいな「経済音楽」は残るよ。それは「使いやすい」からね。企業や政府にとって。


「花〜はは〜なは花はさく」とか「米津なんとか」がおれはもう鳥肌たつぐらい苦手である。そういうのに何も感じない・っていうか、どちらかといえば「好意的」な人も大勢いるのは知っている。ああいうのは「おれの音楽のジャンル」には入っていない。まあ、おれの音楽が、そっちのジャンルに入ってないの方が「量的には正しい」気がするが。だはは。

だが、「それどころじゃない」のだ。今は。国もそうだし政治もそうなのだが、もう多くの皆さんの「マインド」が崩れて行ってるのだ。子どものハートの崩壊がそれを顕著に示してるよ。親もまた同様だけどね。


大坂なおみちゃんへの醜すぎる「ヘイト」など、まあもうどこまでお前らは行っとんねん・でしょう。自分を「どの層に」重ねてるのか、自覚もないんだろね。アメリカ一回行ってみい・ちゅうねん。おれたちは紛れもない「黄色人種」だけどね。「Chinese?」なんて普通。視野も非常に狭いよね、彼ら。かわいそうな井の中の蛙クソど田舎もん。他のもっと適切な形容って思いつかんな。なんかある?


ガースーの内閣は「かなり強権的」なものになると思うよ。アベの影で、そのガードとして、激しく記者たちを管理していたマインドそのままでpm化しちゃったわけだから。石破を見る目・とか恐かったね。でも石破はが「タカ派」なのは間違いないけれど、なんども言うが「世代」としておれたちのそれはオリジナルな意味でリベラルだな。だから、思うのだが、野党第一党よりldpの反主流の方をおれは評価したい気になっている。「言葉」があるよね・石破には。「政治は言葉である」といった格言を久しぶりに思い出した。まだ緊縮脳ではあるが枝野はじめ立憲首脳もそこは同様。人の話が聞け、ディベートを「口喧嘩」にしない技量がある。人徳。緊縮脳を和らげることは可能だろうと思う。勉強させればいいだけである。勉強するでしょう。太郎ちゃんと話したらいいのに。


また一歩、おれたちは泥の中にズブッと引き摺り込まれた。またオカに上がりづらくなってしまったね。客観的にはもう無理なことはどの角度から見てもわかるし、おれにももうそっち方面の希望は残ってません。だが、今日も仕事終わりで「酒」を飲もうと思う自分がいる。次のメシ・何食おうか、と考える自分がいる。そこを思うと、自分の実存の根拠は「まだ」ある。自分の愛情の発露の(これは過去とは方向性も熱量も変化してしまったが)対象も探さないわけでもない。


もうちょっとおのれの足元・見つめ直さないといかんのかも知らんな。

posted by 浪速のCAETANO at 20:06| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

nightmare by drunkard

官房長官*橋下徹。
posted by 浪速のCAETANO at 01:48| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

ガースーでいいんだってよ〜。

「政策にポエム的要素」は『一切』いらんからな。

残念ながら「与党も野党第一党も」党首がポエムである。ダブル・ばか。党首討論も不毛だろう。

アベ亡き後、また「痒い所に手が届かない」そんなことになりそう。まあ間違い無いもんね。


一難去ってまた一難。もどかしいね。党内クーデター必要だね・「both parties」。


おれはldpは石破でも岸田でもいいんじゃないか・と思ってきた。同い年のアマ評価ではなく、言葉が通じる。アベ由来の「うんこまみれ」の継承のガースー以外ならこちらの国も立ち直りの「きっかけ」にはなり得ただろうが、無理だな。更なる泥沼へガースーとともに沈んでいく。おれは「ゴメンだね」。


大阪からもこちらの国からもEscapadeしたい。


ガースーはバカのくせに、視野は3度ぐらいしかなく、思考停止の「権力維持装置」に過ぎない。ガースーは「ガースー」と読んでくれていい・と公言した。ガースーの中には「侮蔑」が内蔵されている・なんてこともわからない低脳ジジイである。もう「ヘイ・ガースー」でいいってよ。


石破・岸田なら「現状認識」はできている。共通認識まではいける。いい与野党協力ができそう。幻想かな?幻想かもしれないが、言葉の通じない・文盲首相がこれまで7年8ケ月おれたちを押さえつけていたのだ。

橋下が入閣という、「さらなる悪夢」も待っている。総務相だと思うが高市でもゲー吐きそうやったが、そこに橋下が来るとなると、もうメディアは「完全に」終わるね。あのバカならSNSにも手を突っ込んで来るだろう。少なくとも「玉川くん」は左遷だね。


そんな「敵」を前に「消費税」を選挙の争点にしないとか言ってる「バカ枝野」を羽交い締めしないと。

もう、解散総選挙も「ある」。10月 or 11月で間違い無い。太郎ちゃんも大変だよ。入閣した橋下は維新の当選増加のドライヴに間違いなくなる。一般人のバカって「ものすごく多い」のよ。だけどね、己の首を絞める人間を喜んで支持する・これは倒錯です。倒錯って「変態」なのね。変態は「治せない」のね。治せんもんをどうせえっちゅうねん。たださ、お前らはええよ・変態なら。でもおれも一緒くたにそんな壮絶な目に遭わないといかんことがおれにとっては理不尽極まりないのよ。どーしてくれる。

ガースーは本当にバカなので、財政・経済のアドヴァイザーは間違いなく平蔵だろう。もうクソ時代遅れのネオリベ野郎。誰も見向きもしないようなそんなカビ生えた経済理論でどうもならんよ。合法的に人が死ぬだけ。あ、それが望み?そーかそーか。アメリカもさあ、そこから「離れようと」している。アメリカなんてさ、今でこそ「アングロアメリカ」だが、どんどん増えるlatinos、知らん間に「ラテンアメリカ」なってるよ。公用語も「英語・スペイン語」となるよ。混ざって「変な言語」ができるかもしれない。クレオールみたいな。それはそれで面白いが。


ldpもさあ、キミらが「反社」だよね。ガースーに明日投票する奴らみんなそう。


明日から「地獄・第二章」始まるけどね。いま浮かれてるやつ・全員「go to fuckin' hell」

















posted by 浪速のCAETANO at 15:45| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

talkin' about my generation

おそらく、スガ以外の、石破でも岸田でも野党と「議論」はできるな。

おれたちの世代は「変なクセ」がないな。

幸せな子ども時代が透けて見える気がする。

実際、実に幸せだったのだ。時代の魔法かね?


「新人類第一世代」と呼ばれていたが、前後の世代とのブリッジ。何かに「凝り固まってなく」「柔軟」だな。


押しも強くない代わりにコンプレックスも極小で、イデオロギー臭も、じつはそう強くない。オヤジ的でもないよなあ。なんかマイルドだなぁ。

まあ若い女たちは「区別」つかんと思うが。ついて欲しいけど。

なんか、シムパシーを感じてしまってる自分を発見して、ややビックリしてる。

アベ・スガみたいなharshな、そして理不尽な支配を強行することはないんじゃないか。

甘いかな?

甘いのも、また世代だけど。

だが、幸せな子ども時代の何が悪いの?
posted by 浪速のCAETANO at 19:43| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大坂なおみ、Finalへ

5D952AA0-2E28-43C3-BD71-E30983F8B459.jpg


大坂なおみちゃん、今回はものすごく強い。ある種の「使命感」が身体中に漲ってる。

もうfinalまで行くことになったから、project is completed。あとは復帰したアザレンカとのゲームを楽しんでね。


前にも書いたが、近い将来、AOCの大統領候補受諾演説の際の応援演説が楽しみだ。なんかこの一週間で「すごい高いところ」まで昇ったね。

早速、こちらの国のクソウヨがキャンキャン言ってるみたいだが、そんな高いところまではゴミの罵倒は届きもしない。


崇高なものに対する態度とか、ゴミは馬鹿すぎて理解できないから、高いとこから殺虫剤撒いとけばいい。誰かがやる。

この全米は隙のないすごくいいテニスでもあり、全盛期のシュテフィ・グラフとの試合を幻視する。

セルシュやヒンギスなどよりはレヴェルが間違いなく上で、それはアスリートとしての素養の問題で、グラフは中距離の陸上選手としてならオリンピックで金メダル間違いない、とまで言われたが、大坂なおみもそれに通じるものがある。競技は異なるだろうけど。

ロジャースのドロップショットを走って走って拾って決めたアングルショット、凄かったね。サーヴィスのヴァリエーションも7タイプほどあって見ていて飽きない。この全米は何かが「憑いてる」、そんな印象を持つ。自分のidentityに関することが彼女の中の何かを覚醒させた。そんなところだろうか。


おれのテニス(female ね)のクライテリアはシュテフィ・グラフのそれ。1番近いね。

posted by 浪速のCAETANO at 09:43| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

中高生のsafety net・など

Magic Sam・ Fenton Robinson・Robert jr. LockwoodがMy Favorite Bluesmen。南部系は除いて。

中でもFentonは時々聴きたくなる。チョーキング(bending)をしないBlues Guitarist。レアだ。

Fentonはボズ・スキャッグスに作った曲を「盗まれて」金は入ってこないわ・投獄されるわ、で62歳でなくなった。

その曲とは「Somebody ,Loan me a dime」。100円貸して。だが、素晴らしい曲とギターです。

わかるかなあ?そう来たか?という展開。光ってる。最初聞いた時「うわ」と思った。


飛ぶが、飛んで行きっぱなしかも知らんが、ま、どーでもいい。自分の場だからね。なんか、自分が見えてないjapaneseが多い。思い込みたい。まだ「自分は大丈夫」と思いたい。でないと、生きていけない。プライド?それもあるだろうね。だがプライドはさ、自分のやって来たことに担保されるもので、じゃあ若者はどーする・ということになる。

最近、どうかうちの息子をみてください・ってことで、塾の子のお母さんの友人の息子とskypeで話した。昔なら「怖いもの知らず」だったし塾だけで生計立ててたから、パワーもあったし「何でも来いや」な感じだったんだけど、ちょっと付け入る隙がなかった。コミュニケーション拒否、skypeで顔も見せない。まあ初めて話する人間とコロナ禍の今なら、そんな状況ならおれだって、あんまり気は乗らんよね。自分の将来に何の希望もない・願望もない。おかん・何でも放ってくんなよ・が本音。まあ、本人のmotivationがないことには難しいねえ・とやんわり断って、ただ、motivationがありさえすれば「手伝うよ」と言っておいた。そしておれもいま忙しすぎるので、ちょっと待ってね、とも付け加えて。


数年前にtutorでみていた引きこもりのまあまあ天才プログラム少年のことも思い出され、おれの「失敗例」の予感がしたのね。「成功例(と勝手に思ってるだけかも)」はおそらく9割超えてるが、失敗例も「もちろん」ある。

その子は在日で進学校にまあ、何となく親の意向で通ったんだけど、ちょっと嫌になってついていけなくなってるみたいな感じ。友だちもいない。

ようあるパターンなんだけど、その学校は高三まではハードルなしでいける。だからモラトリアム仕様におのれを置くことはまだできる。現実・というか社会が遠いのね。まあ親も大概アホなので、よう考えもせず中学受験とかさせるんだけど、受験とは「受かったその後」があるねんな。受験産業はもちろんそこは考えてないよ。No Careなのね。みんなセコい商売してるのね。おれはだから「産業」には加担したくはない。大方・憎んでる。だからjapaneseの学生の受験にはできるだけ個人的以外には関わり合いたくないのね。留学生ならok。大学生もok.

それ以外なら、自分の塾はそのシステムからこぼれた子を助けようと、中津来てからはシフトした。中高生のセーフティ・ネット、最後の砦、そんなrollを担おうと思った。だから、最近は最初からうちの塾に来た子たちは「ゆるゆる」。おれは勉強「させる」特に、修練に近いことの反復をさせることは無理。自分がされて嫌なことはできない。もっとある意味の共通ベースができた後なら大丈夫。

短期的に成功する子もしない子もいる。だが、ハートの底だけは痛ませない。そこは豊津時代からずっとそうかな。


彼らの先の人生におれたちは「コミット」できないのね。だから無茶なことだけはやっちゃあかんのよ。クソ塾産業の輩、よう考えろよな。


Fenton Robinsonのことだったよね。Bozは本当にひどい。

太郎ちゃんのゲリラ街宣。一番きついことをやっている。「最高の政治家」でいいんじゃないかな。『日銀が国債を買取る部分は借金であっても財政への負担がない』こんな正しいことは誰も言っていない。通貨発行権の正しい理解を国民に「辻で啓蒙してる」。こんな難しく、だがこんな意味のあることはないからね。

エネルギーは有限なんだけど、まあ「サーキット」にすればちょっとした「永久機関」みたいにもできる。ADP~ATP~ADP~ATPみたいなサーキット。がんばれ太郎ちゃん。


酔っ払いが過ぎたのでもう寝ることにしました。

散らかり過ぎやんな〜。













posted by 浪速のCAETANO at 07:05| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

やっとanti-neo libe.が政策化されてきた

合流新党、2人の候補者『やっと』新自由主義はダメって公言し始めたね。

『遅』

今まで政策に入れなかった・明確にそれに反対しなかったのはなんでなん?

振り返ってみるなら、2009年、小沢くんは「国民の生活が第一」そんな政策で政権を取ったんだったよね。そこから小沢追放・鳩山見殺しが開始され、菅〜チャーシュー野田、そして「地獄の安倍政権」への赤カーペットが敷かれたんだったよね。その間「大震災」もありました。そこに対する総括・したほうがいいね。反省はよく口にするが、「総括」はされてない。小川淳也くん、突っ込めよ。て言うか、なんでキミ代表選でないかな?「まだ時期尚早」なの?

太郎ちゃんとの危機感の濃淡がそこでわかる。わかる者にはわかる。

候補者が言ってることは太郎ちゃんが「街宣」で言ってることがやっと一般化したな・という印象だね。時間かかったなあ。枝野のうじうじがそうさせたね。だがんまあしかし、衆院選はその間行われてない。ここからだ、と大目に見よう。


新自由主義とは(ぶっちゃけた定義を);

新自由主義の目的は、規制緩和とグローバリズムによって多国籍/大企業を儲けさせることであって、その口実に使われるのが「政府の予算は有限だ」と言うフィクションである。

セメント屋が、かつてエラそうに、「こんなことも知らんのか/知らんやろ」そんな尊大な態度でレクチュアしてる。「通貨発行権を持つ国がどうして破綻するのか?」と。しないんだよ。だからそれを分かって緊縮やってるヤツは死刑でいいとおもいます。いや、実際にそれが原因で何万人も首括ってますよ。だからさ。ミッチェル教授は「投獄」言うてますが。

ただ、事実はセメント屋がかつて言った通り。

新自由主義の第一・が「緊縮財政」だから。セオリーと逆をもう20年以上やってる。


もうね、立ち位置はどうあれ「アンチ・ldp」でまとまる必要はある。危機感の体現とはそういう振る舞いでしか有権者には伝わらない。「あっちへダー・こっちへダー」の羊の群れを「こっち」へ「ダー」しないとあかんのよね。


衆院解散はあるか?スガは「コロナが・・」とケムに巻いてるが、おれはあると見る。「当たらん」で有名ですけど。強行するんじゃないかな・と思ってる。10月。

そこしか、スガの生き残りのすべ・がないからだ。おっさん、アタマ空っぽ、滑舌悪い、即答できない、「権力掌握」だけに長けたクソジジイであることは「覚めやすい」こちらの国の人々にもすでに分かりつつあることだろう。ただ「生活の糧」みたいなことで首根っこ押さえつけられてるから、「権力側に」いると自覚する・いたいと思う、そんな層からの支持は受ける。気持ち悪いldpのおばはん軍団(妖怪系)は一斉になびいてる。三原うんこなど、投票先を自らバラしてる。二本指で奥まで開いて見せてるみたいなものだ、と思う。かように、こちらの国の人々の「堕落度」がスガ政権を担保することになるのだが、数で言ったら、熱烈支持という意味なら実はそこminorityじゃない?確信犯は間違いなくいるのだが、そこに影響される「羊くん・羊ちゃん」の「気をいかにひくか」が問われる。

山本太郎と枝野のうまい連携はできないか?太郎ちゃんの枝野への不信感を払拭するのは枝野本人しかできない。小沢くんに中に入ってもらう?いや、それでは無理かと思う。泉くんならもっと上手くやれるがおそらく、代表は枝野になる。


やっと政策が太郎ちゃんに追いついたのだから。それ最近まで「ダサかった」ってことだけどね。



おれもいまやビンボー人の属性であり、その自覚もあるから、太郎ちゃんの政策に「all yes」だった。それは今も変わらんが、世の中には「属性」は間違いなくそうなのだがその「自覚がない」層というのがある・に最近気づいた。おれのそういうとこ「アホ」だったりするのだが、そういう層がどこを支持するかというと「維新」なんだね。維新を支持すんのに「知性は要らん」がポイント。「進んで騙される」「もうあんまりごちゃごちゃ考えたくない」「だが政治意識には最近ちょっと目覚めたりしたりなんかしちゃったりして〜」みたいな。


なるほどねえ。反知性主義者を投網で持って行ってる。大阪・悲しい。悲しい街・大阪。太郎支持との大きな違いは「国の通貨発行権」を理解してるかどうかである。だから太郎支持者はハートを掴まれたこともあるが少なくとも「うっすら」国債≠国の借金・を理解している。「都合のいい真実」で元気になる。そこにルサンチマンの入り込む余地はない。

まあぶっちゃけ「バカ比率」高いね・ってことだけど。やっぱそこに戻るか。残念ながらNO1はOSAKA。独走態勢。ぶっちぎり。


昨日、箕面を走りに行ってきた。久しぶりだった。こっち来てからは「走りに行く」という発想がなくなっていて、「用事」優先になっていたが、残念ながら小雨だったから屋根は閉じたままだったが勝尾寺ルートと呼んでいる路を走る。もう少し涼しくなったら能勢妙見のリフト乗りに行こうと思う。ニューpanda、まあまあ面白い。峠を走るとよくわかるが、パワーがないとこがいい。超頻繁にシフトのup/downを余儀なくされるがそこがいい。4×4は最初のpandaそしてランチア・プリズマ・インテグラーレ以来だが重心がセンターにあることが実感できる。ワインディングを走ると顕著。引っ張るでも・押すでもない独特のフィール。複数台所有とかではないからまあそれがデフォルトになって行くのだが、まず軽快なのがいい。「遅いクルマ=パワーのないクルマ」が欲しかったからね。高速も走ってみるが、旧pandaみたいなことはないと思う。そこそこ安定してるはず。ぜひ・アホのワンボックスに煽られてみたい。いまのおれには「過不足なし」だ。暇つぶし・が確実に一つ増えた・というか回復したというべきか。ネコ田大学は卒業生のままでいいの。
posted by 浪速のCAETANO at 07:32| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

to tell the truth

「総裁候補の論戦(甘っちょろいが)」を聴いていて、スガというおっさんはその視界に「永田町・霞ヶ関」しかない事がよくわかる。visionというものが「な〜んにも」ないという事がよくわかる。

みなさんもわかりなさいよ。

安倍が「嘘やとチョンバレ」だと丸わかりながら「一応」国民に向けて言うポーズをとっていた。スガには「それさえ」ない。

政治家に『向いてない』。

組織の維持(強面で持って)しかできない。893組織が最も向いてる・かな。

そして致命的なのは「何もよう喋らん」事。自分の言葉がない。自分の頭でモノを考えた事がある・そんな気配が見えない。ないんじゃないか?

話が「すれ違う」のは、前任者同様だね。野党は国会においては「怒らせる」のがいいね。怒らせよう。太郎ちゃんを早く国会に戻さないと。


おぞましい「日刊ゲンダイ」の議席予想を見た。ldpは10ほどマイナス。それはいい。そんなもんかい・というのはあるが。れいわは「4」・そんなもんかい、こちらも。おぞましいのは維新である。30議席超と来た。不気味よね。

維新て「ldpスガ派」である。skgはそう変わらんから、改憲勢力がプラス20ということになるね。


大阪の住民投票で負け、改憲の国民投票で負け、そのあとは、大日本帝国が立ち上がってくる。ま・ええけどな。my remaining daysも、もう残り少ない。


fbに都構想と維新の酷さのことを上げたが、いいね・は僅か20人。笑けてきた。

「何か」の不満を維新は回収してるんだけど、よりharshなものが提示されることの予感ってないみたい。もう一度。維新は「新自由主義の先端に咲いたグロテスクな徒花」である・のね。そしてldpの「本音を体現する」集団・ね。それを「分かって」支持しなさいよね。そのような不満ってさ、『BI』でほぼ解消すると思う。カネというものはない者には「むっちゃ必要」。ある者には「ウン・まあね」だけど。もうなんかさ、新自由主義の「マインド」にみなさんやられててさ、「少ない椅子」の椅子取りゲームがデフォルトになってるけど、生活自体が安定した上での「椅子取りゲーム」だったらいいと思うのよ。競争率の高い椅子取りゲームに参加しないことには」生きていけず、参加はしたが椅子取れなかったら、やっぱり生きていけません・これが新自由主義の「マインド」。

こんな不毛なことは今すぐにやめないことには。あんさ、言うけど、その経済政策って『50年前』のものなんだけど。新古典派・ね。旧い旧い。フリードマンやで。

クルーグマンでさえ、2003年に、「あれっ、通貨発行権のある国は、わしの完璧な理論からはちょいと外れるなあ・・・・?」「ん?」彼は気づいたんだよね。

ミッチェル・レイ・ケルトンが唱えてるのは「マクロ」と「ミクロ」は『全然違う』・ということ。財政健全化、の字面と内容の乖離、早くみなさん、お気づきくださいね。国の借金・これも超誤解。「通貨発行記録」と言い換えましょうね。国債の名称と定義も変えるべき。

ただ、ミクロの感覚しか持ってない人がマクロのことをわかろうとするのは大変ハードル高いだろうね。バカ経済学者は「ほとんど」それ。アタマ悪い。金子・土居・小黒・藤巻、いっぱいおるよ。ミッチェル教授は「投獄」だって言ってるけどね。

再三繰り返してるが、円はドル・ユーロと「支え合ってる」。変動相場制ね。バランス取りなさいよ・という意味ね。アメリカの400兆に対してこちらは30兆ぐらいよね・財政出動。しかもGDPの1/4は吹っ飛んでしまった。じゃあ、市中にその吹っ飛んだ1/4を「ばら撒け」ばいいのだ。それはおれたちビンボー人にだけじゃないよ。中間層にも富裕層にも同じ金額をばら撒く。ビンボー人はコモディティを買う。中間層は旨いもん食いに・旅行に行く。富裕層は・・なったことないからわかんない。おれの過去の限界「アッパーミドル」だからわからん。ランチア・アルファロメオまでで、フェラーリはよう買わん。わかりやすいよね。


長い年月かけて「マインド」なんて醸成されるわけだから、そう簡単に人の意識なんて変わらない。そういう意味ではおれなどはもうmy remaininng daysを思えば「諦めてる」。ただ、関わってる若い奴らには真実を少しでもわかっていただきたいね。この場合、その真実は「不都合」ではなく「都合のいい」ものだから。やっと、手段が見えてきたのね。山本太郎の功績は大きい。大阪では維新に乗せられたバカによる「太郎ヘイト」も散見される。太郎ちゃんを殉教者にしちゃいけない。いつだって多数を占めるのはバカです。事実です。いや真実です。歴史が証明してる。







posted by 浪速のCAETANO at 11:16| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

変容・変容してる・変容前

全米オープンを流しながら。

今日は唯一「ちょっとマシな」忙しさの日。夜に塾のセッションが一本だけ。クルマでも乗るか!

乗る間がなくて。だが、いいの。いざとなったら「行きたくなったらいつでも行ける」というある種の保険というか、mobile ルーターも契約して最悪山の中でもテレワークができるようにしたわけで。

まあ、いろんなことがおこり、いろんなことが変化したこの半年だった。まあ事態は収束することもなく、最善の解決策も未だ見つかってはいない。

ただなんとなく、こちらの国の特性だが、目先を変えてなんとか紛らせよう、忘れたフリをしとこう、そんな意図を感じる。ほんと、なにかを「直視」するのが苦手なんだなあ。カタストロフの1分前まで気付かないフリを続けるつもりなのだろうか?


このところ社会の変容も加速度ついている。ただ、その変容が螺旋を描いて円の中心へと向かうヴェクトルのような気がしている。どんどん深みに落ち込んでいるかのような印象を持ってる。ブラックホール的とでも言うか。その「閉塞」をデフォルトとして生きる、ってのが条件なのよ、分かりる?としょっちゅう説教されてるみたいで力抜ける。

1950s生まれとしては、「抜け」が欲しいなあ、と思うのね。おれたちの、まあおれはそんな中でも愉しみを見つけるのは下手な方ではないが、その愉しみもまたスケールダウンするのは致し方のないことか。有馬温泉でも行くか。だはは。


本当は湯ノ峰温泉なんだけどね。つぼ湯が「貫通」していたけれど修繕終わったのかなあ?湯川や勝浦の湯も懐かしすぎる。寒くなり過ぎる前とか時間を作りたい。もうR168をぶっ飛ばす元気があるのかどうかわかんないのだが、中辺路は走りたい。おれが行ってた旅館もいっぱい廃業しちゃっただろうなあと思う。残っていたとしても代替わりなんてことも十分考えられ、二代目が初代同様のホスピタリティの持ち主とは限らず、アホのコンサルなんかにかるーく、騙されてるかも知らんのだよね。複数回お世話になった宿はどうも気になる。検証ツアーが必要だね。

ひとつの大学の収録の撮り溜めすると、ウイークデイなら時間が作れそうな気がしている。二泊三日なら行けそうだ。ちょっと希望。テレワークもあるんだし。浴衣でお勉強っちゅうのも悪くないよね。おれたちは「ホモ・ルーデンス」で「ホモ・モーヴェンス」でもあるのね。ただし、常に遠隔っちゅうのの限界というか、物足りなさって確かにある。直に会っておんなじ空気を吸うことの貴重さにも同時に気付くわけだよね。贅沢さとでも言い換えられようか、と思うけど。

変容前の社会へのnostalgia 、隠せないし、また隠さんでもいいと思う。あの社会に戻りたいよね。おれもめったに直に人には会わなくなって、ついちょっと外出する際にマスクを忘れる。最近はバッグにあらかじめ入れている。携帯用の傘だとか買い物用の「シュパット」だとかモバイルルーターだとかドーピングセットだとかいろいろ入っていて肝心な時に探せないことが多い。前のバッグは10LDKだったのが今のは2DKほどの「間取り」になってしまってるからだ。

ある事を考えると他のことを「必ず」忘れる。トシだねえ。変容とは「外部に限った」ことでもなさそうだ。


数年前に読んだジェフ・ヴァンダミアの悪夢小説にも似た現実を生きている。そんな気がする。
posted by 浪速のCAETANO at 11:27| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

もう一回ちゃんとまとめとこう

あんまり変わらんな。


ということで
再掲「ユーミン」@2009。


http://monile7777.seesaa.net/article/117854185.html
posted by 浪速のCAETANO at 04:17| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

死んでいただくのね

どエラい10号、いま九州の西岸を掠めながら北上しているみたいだ。
上陸はしてないみたいだが、風は九州全体が「台風進路の東」であることから大変なことにならないか、と心配している。すで停電各県で報告されている。新幹線も止まってる。今長崎県が暴風雨域に入った。

実家の瓦、飛ばないでね〜、と祈るしかないのよね。望み薄だが。雨はいいんだが(いいこともないが)うちの場合は「風」。


頭ひとつ出てるのよねえ。


さっき、長崎の友人にメールで訊いたら、ホテルは満杯だそうだ。ホームセンターが大繁盛、養生テープ・ブルーシート売り切れだって。なるほどね。

なんかさあ、「なんでおれたちこんな目に遭ってんの?」とみなさん、思わないのかなあ?自然災害の「容赦なさ」はしょーがないのだが、そこを柔らげる政府の態度と政策によってしかおれたちは救われないってことを、分かってますか?

そこら辺、うちの国「大変無能」ってことも知ってますか?だってかつての大災害@広島時に、赤坂自民亭で「イエーい」だからね。想像力のない人間って「死ねばいい」と思うんだけどね。

おれは「死ね」「明日死ね」「今すぐ死ね」「必ず死ね」言い続ける。それに値するクソ人間には。

いや、人間みんな死ぬやん、いずれ。早いか遅いかよ。ただし、ポイントは、おれが死ね、と言ったとしてもそやつは「死なん」のよ。そこがオチ・ね。だから例えば白井くんがユーミンに死ねと言ったからといってもユーミンはご存命なわけよ。権力を持ってる人間に対して、そこを制限されるとするならそんな理不尽なことはなく、おれはクソウヨと権力者には言い続ける。そいつらは「それを言われるためだけに」存在してる、ようなものです。

これは「塩梅」の問題でもあるが、「倫理的優位」はそりゃ理想ですけどね。そんな悠長なこと言ってられるんかな。いや、その態度を継続できる人はいいのよ。ただもう「待った無し」やねん、状況は。

おれだって余裕こいてる時なら言い方考えるよ。そして自分が「言論」あるいは「売文」で食ってるなら、そこ若干神経質にならざるを得んけどさ。おれは自分が好きなことを「仕事にしてない」ので。そこ、あんまりおれの人生に「弊害は極極小」なのね。

「フリー」なのよ、ごめんね。

だってなんかおかしいねん、今のこの世が。おれの生きてきた過程でこんな「理不尽」なことが連続してしかもその半分ほどがある集団の恣意に基づいて起こり続けている、なんてことはなかったわけで。

いいことももないとね、悪いこと事ばっかりじゃ狂ってしまいますので。おれの頭の中で今後も「多くの人間に死んでいただきます」。


posted by 浪速のCAETANO at 21:28| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

こちらの国 by foreigners

1.英語力がなく非常にローカル志向である。

2.政治が不安定であり、レギュレーションが突然変わることがあって、予想しにくい。

3.基礎賃金が低く、人材確保が非常に困難である。

4.社会保険が充実していて比較的国民健康を考慮する社会である。

5.医学の閉鎖的文化がある。

6.国や団体が発表する統計資料の信頼度が低い。

7.全体的な行政システムに、アナログ事務が多くプロセスに非常に時間がかかる。

8.社員が従順であり、忠誠度がある。

9.議論する文化が定着してなく、検討段階が長い。

10.情報公開文化が薄く、オープンリソースがほとんどない。


番外. いったん決めたことを撤回できず、行くとこまで行って壊れ、そして誰も責任を負わない。
posted by 浪速のCAETANO at 15:25| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「・・幹事長」いいんじゃないかな

US openを流しつつ、明日・明後日の予習。

「悪くない・週末」だ。先ほど、ペトラ・クヴィトヴァが順当に勝ち上がった。quarter finalで大坂なおみちゃんと当たればいいな・と思う。

今、チチバスが負けそう。

ldpの次の衆院選に消費税減税・どうかな〜?「勝つ気」なら、そっちくるよね。その時は完全に野党は「終わる」。その後、安倍晋三の復活・ハシシタの入閣、でもう世界の笑い者になるしかないね・そうなると。

太郎ちゃんの昨日の一言;

「消費税ゼロじゃなく、廃止です。ゼロだったら復活させられるから」

ldpってさ、選挙で勝った後、公約「ひっくり返す」からね。何度もそんなことあったが。クソウヨではない「普通の人」がそれ・忘れてるのね。クソウヨは世界中どこでもいる。肝心なのはそんなゴミではなく、普通の「羊くん」たちの存在だね。この層が「あっちにダー・こっちにダー」と振れる。


スガの「支持率」わっかりやすかった。うわ、こんなに頭悪かったのね・と再確認させていただいたよ。born to be 家畜なのか。

いや。家畜でしょ。社畜でもあり家畜でもありの一人二役の方もいらっしゃるだろうが。忙しいね。しかし、マインドは「一種類」で楽だね。


この羊たち、しかし若干・生意気である。小銭持ってる・が大方のその根拠だが。「恥」なんてものはとっくの昔に捨てました。だから恥ずかしいことを恥ずかしいと感じる・こちらの国の「ちょっとしたTradition」からもズレてる。かつての武士なら嘆き悲しむだろう、子孫がそんなみっともないことになっちゃって。わしらは「ハラきっとったんやど」なんて。


しかし、その羊くん・家畜くん・社畜くんを取り込まなければ、政権は奪えんのだよね。須藤元気くんが、去り際にいいこと言ってた。新党の「幹事長に小沢くん」「選挙参謀に中村くん」というものだが、いや・ホント、「本気」になるなら「それ」じゃないか?


だから蓮舫の「2番じゃダメなの?」この言葉に、えだの一派の「ポリシー」が『集約』されてる。おれもアホだから、何だか、その、国会において「正論」吐いて、そのこと自体は「完全に悪」であるldpに対して「そーだよね」と同感し、それで終わってた。何となく違和感は残るんだけど、そのままにしてた。で、何も変わらない。そんなことを繰り返してるだけだったからね。そのポジションに「安住」したい・というかそのポジション・楽だなあ、だね。責任ってないから。

本気の政権交代を求めるというか目指してるのは「小沢くん」しかいないんじゃないかな。袂は分ったがもう一人は太郎ちゃんね。

ネオリベ(新自由主義)がウンコであるとはおれはもう20年以上言い続けてきたが、それはおれがかつて新自由主義者だったこととも関係がある。自分がちょーしこいてるときはそんな気にもなるんだよね。ただ、おれのエラいとこは、いち早く、ネオリベの弊害に気づき、そっちは辞めておのれの立場も「ビンボー人」の仲間入りしたとこ。だはは、負け惜しみちゃうって。いや・ほんと。今もネオリベならldpにvote・じゃない?でも一回もそっちはない。そもそも選挙なんて行かなかった。30うん歳までは。

今みたいに、アホがちょとネット齧って「いっちょまえ」のことを抜かす・という時代じゃなかったし、政治的なことはもっとタブーというかちょっとちゃうねんけど、なんか「次元の異なる」事だった。politicianがぷー・でも回って行ってた社会だったのね・こちらの国は。最幸福な70sの余韻なのよ。そこまでに一杯・国家的・国民的資産・遺産があった。そこに甘えたな。ちょっとぐらい「損なっても」大丈夫・そんなマインド。で、その「損なう」事が「カネ」になるなんてことに目ざとい奴が気づいた。例えていうなら糸井重里とかね。ただ、おれも当時は「コマーシャル」作ってた立場だったし、偉そうなことは言えない。コピーライターとかマーケティングマンとか単なる「資本の奴隷」ですよ。ただ「なんか」それがカッコよかったりした。全員がアホでしたね。


で、さ、会社辞めたら、会社作ったら(零細企業)ほんといろんな事が見えてきた。やっと「社会人」になれた気がした。一番ヒリヒリするとこで「外部」と接するというのはそういう意味だったか〜・と分かった。もう30年以上になる。ナンパ・リーマンは6年弱である。マインドはだから『社会人』です。もう30年以上ね。ナメんなよな。


組織に守られてない人間にシムパシーを抱くのは「至極当然」という事だったね。組織から「のけもの」にされた人間にもね。























posted by 浪速のCAETANO at 14:03| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

番頭の舞い上がり

就任前から「ガースー」とか言われるってどーなん?
posted by 浪速のCAETANO at 02:02| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

おれ「死亡説」

女子大の授業収録が3コマ分あって地学が2コマ・物理の力学が1コマ。物理んとき、だいぶ「よれてた」が。3コマはやっぱりハード。去年は4コマ×4日なんてのもあったが。しかも酷暑の8月に。

だが、相手のある4コマvs空気に向けた3コマ。どっちもどっちである。対面がいいね。

理科の授業は大好きなのだが、それは「脱線が、脱線なんだけど脱線とも言えない」からだ。地球の歴史46億年の話から宇宙の140億年の話に飛び、ビッグバンから水素・ヘリウムの話に飛び、じゃあ他の元素は?なんで出来た・みたいなことに飛び、気圧の関係から小顔とお肌の張りに飛び、今の台風の話、地震の話、「今」と放映される時間のズレ、過去のおれから未来のキミらへ、「いま」のキミらへ過去のおれから、でもさあ、量子の世界じゃ時間が逆行するっぽいよ、で「架空の母・よし子46歳」の41歳デヴューで地球の歴史へ戻る、みたいなことだけど。


一人で喋る続けるのって、カメラの向こうの不特定なんだが、過去の学生たちのある種のキャラクターを設定して、喋りすぎず、架空の対話をしているかのような空気感を醸し出しつつ、そんなやり方でいってるがなんかしらんがなれてきた。ちょっとした質問に「さっと」答えて上げれないのが心残りである・唯一の。


ただ、昨日はヘトヘトになり、おとといもアクシデントでクタクタだったが、速攻で阪急百貨店B1・B2の人になり、帰ってpetit 一人宴会後、死亡。白・赤とはしごしたのが効いたのかもしれない。


死亡してたら、「リアル・死亡説」が店で流布されてたみたい。メールにも固定電話にも出なかったからだ。なんか鳴ってるな〜・という気はしてたんだけどね。

で、店長が日本郵政の2名を連れて来襲してきた。日本郵政の一人は、書留郵便を持ってきたけど不在持ち帰りの担当者・でお客。


しかしながら、昨日、地震がさ〜みたいなことを喋ってたら、今日福井で地震が起こった。その女子大には福井県人会も多い。不思議なイントネーションだね。京都というロケーションからか、京都大阪滋賀福井の子達で占められてる。



スガの予定(間違いなくやる);

消費減税否定。

地銀は潰す。

自助・共助・公助。

恐れてること(あり得る話);

橋下の起用。



さて、安倍晋三の「診断書」を見た者は『誰もいない』。


posted by 浪速のCAETANO at 12:26| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

ゲー・吐きそうな予測

怖いなあ・10号。

925hPa?瞬間最大風速70m?「伊勢湾台風」以上と言われている。

史上最大の台風・カリブ海からアメリカ南部を襲うハリケーンにも比類する。

海面水温の、これも観測史上最高というぐらいだしね。この海水温の高さは10号の今後の「発達」は間違いなく、列島付近の海水温もまた十分高いわけで、それは「激烈化しつつ」列島へとやって来ることを意味するからね。


実家がそもそもやや高いところにあるplus頭一つ出てるということもあり、水害はなんともないのだが風の被害をかなり心配している。まあ雨戸を閉め切るぐらいしかできないのが現状だ。10号だけじゃないよ。今回は沖縄・九州2連発だったが、小笠原気団の弱まりとともに台風の進路は東にbentする。列島横断または縦断も十分予想され得る。まあ小笠原気団の頑張りと台風のパワーは基本「バーター」だが、しかし海水温はそう簡単に下がらない。水は「最も比熱の高い」物質だったよね。


今年は一昨年・去年以上に(ということは今後はそれ以上に)台風は巨大・強力化するということだね。おれたちは「どう死ぬ?」などはそもそも選択出来ないのは重々承知なのだが(とは言え忘れてるが)、危険は周りに「溢れてる」ってことね。ギャートルズ時代とさほど変わらんのでは?都市など幻想ではないか?リアルに幻想。直下型でも南海トラフでもいいが地震が来た時のことを考えれば「戦慄」をおぼえる。しかも避難したら「コロナ」が待ってる。いつの時代の避難所やねん・みたいな環境に置かれるしさ。どこの土人国だよ。


スガが「自助・共助・公助」なんて言っている。あんさ、国ができることは「公助」しかないんだけど。スガちゃん、アホなのか?

「キミでやってね・キミらでやってね」それであかん時は「渋々」「遅遅」で「なんかします」けど。翻訳するとこういうことになるのよ。わかってた?japanese speakerのみなさま。



おぞましい予想があって、スガがワンポイント・リリーフで来年の総裁選挙に『また』アベが・というもの。よくよく考えるなら、スガや二階などに比べてアベは「若い」もんな。こんだけクソウヨが繁殖してる社会である。なんども言うが「Icon」なのね。Iconは現場から離れれば離れるほど、ヒトのハート内では
「肥大化」するものだからね。

社会がクソウヨの培養皿のようなものである限り「待望論」でて来ます。議院内閣制では、「与党」になりさえすれば「与党内」でpmは決められるんだよね。今回よくわかったでしょ。

posted by 浪速のCAETANO at 09:30| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

熱中症未遂

タクシーが待っても待っても来ない。呼んでも呼んでも来ない。しゃーないから歩く。大きな通りに出たらなんとかなるやろうと思い、歩く。

だが、全然来ない・

Ian Dury & the Blockheadsの曲に「Waitin' for the taxi,Taxi never comes」ってのがあるが、その通り。

で、しゃーないから歩く。歩くんだけど、歩いても歩いても、遠い。

なんやこのクソど田舎。発言がだんだん乱暴になってくる。なんやねん、バカ田大学。ま、これ、赤塚不二夫先生由来の、シニフィアンほどにシニフィエではないのよ。

ただ、腹立ってくるね。で、後ろ振り返りつつ、DiDiで呼びつつ、身体的・電波的にdualに探しながら歩いてたけど、なんか気分が悪くなってきたよ。

で悪いことに、雨まで降り出してきた。

こんな時、おれは決断早くって、「ハイ・無理・中止」

で」、引き返す。帰る。スクールバスとか運行してないときになんで「来い」やねん・意味わからんぞ・バカ田大学。こちらは先ほどよりシニフィアン・シニフィエの距離は近い。

で、駅前のPantryで惣菜買って帰って、昼飲みしていた。


でも、この蒸し暑さの中、ちょっといや〜な感じがしたね。「熱中症」なんて言葉も頭をよぎる・そんな感じ。シャツが汗だくになってた。


ホント、いろんな皺寄せが、相対的立場の弱いところへ集中するのが「今」だよね。教育現場をドライヴさせるものが結局は「カネ」でしょ?と誰でもそう思えてしまうものがある。垣間見える。

どこかのバカ教育長かなんか知らんが、「コロナかの解消には戦争」「中米が自国以外の場所で戦争を始めればカネが動く」だってさ。


「死ねばいいのに」はこういうバカにはいっていいのでは。おれは思う。白井くんがユーミンに・というのは言い過ぎだろうけど。教育長という公人のこの発言は看過できないでしょう。批判する側の「倫理的優越」それは確かに大切で不可欠なものだと思う。が、そんな「余裕」がないのよ。おれたちはソクラテスではないからね。言い換えれば、「切実」なんだよ。Punkの切実さの「持ちの悪さ」ってわかっちゃいるんだけど、他に有効な方法も考えられんほど切羽詰まってきてるわけよ。

この話はゆくゆくもう少し冷静に考えてみよう。冷静になれるとするなら・だけど。


だって、大方壊れてるからね、政治の当事者たちが。ただ、pmになったスガにはもう少し記者たちも「詰め寄れる」と思う。期待したい。総裁決定の過程とかは「あ〜あ」なほどに昭和を彷彿とさせるが。これさあ、しかし、どうなん?旧すぎてかえって新しく思うやつとかいたりして。こんなやり方もあったのね・みたいな。『知らんけど』


しかし「ポンコツ」と言われてたおっさんやで。思想の芯が見えんね。権力を維持すること・が専門、みたいなおっさんやね。ミスキャストであるのはいうまでもなく、アベのケツ拭くというよりもさらに無自覚に汚物を撒き散らかすような予感がある。チームアベは継続やな。かなり国内的には「強圧」なpmになりそうな気がする。対外的には存在感は「ゼロ」だろうけど。特にアメリカに対しては「何も言えない」だろうことが容易に予想できる。

「復古」という言葉が似合いすぎるポンコツであるね。沖縄には冷たいで〜・

忘れてたが、最大の懸念は維新がスガと大変親和的であることね。松井も吉村も橋下もみんなスガに「へ〜こら」してる。スガ政権のもとでは、その3人の中から「抜擢」そんな可能性さえある。維新の失態には官邸からダイレクトに報道規制もかかるだろう。「都構想」にもドライヴかかるだろう。もう大阪市は無くなることは「決定」した。


posted by 浪速のCAETANO at 23:06| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

あ、〜忙しい

もう、すんごく忙しい。アホみたいに。
まあわかっていたことなんだけど。

ま、でも、近視眼的に生きてると、絶望状況のことを忘れさせてくれる。

あとで思い出すから「おんなじ」か?

昨日は留学生と7時間。やっと来日できたVietnamese もいて。良かったね、良かったけど留学生試験出来るのかな?

なんとか実行してね、と思う。去年みたいに大阪だけ「試験問題届かん」そんな失態、no more。


昨日は物理化学生物数1数2数3。今日は生物を「3時間で網羅せよ」というミッションである。

無茶言うたらあかんわ。今日は某女子大用の収録だが、そんなミッションである。うーん、今年は行けないのね。弁慶のスジカレーうどんがものすごい「憧れ」になってしまった。行けないとなると、そんなもんである。


明日はバカ田大学へ、後期授業で「ハイブリッドなんちゃって」大学でも家でも授業が受けれるように、おれたちは登校してgoogle meetだと。

おれらの「健康」を誰が担保してくれんのよ。非常勤イヂメの構図がそこにはあって、おれたちは、言わば「大学における非正規労働者」である。バカほどイキる。世の常であるね。


明後日は今日の「地学版」がある。

塾の子たちをあんまり見てあげれてないのが気になる。まあ週末がまた怒涛である。いつ休むのよ、おれ。

ま、ええが。ドーピングでなんとかする。

昨夜は久しぶりの「胃拡張チャレンジday」。

RFー1と店長からの「お好み寿司」差し入れにより。白を2/3。一本いかなかったのは、おれの良心か?わからん。知らん。

個人事業主は今日も行く。どこへ?どこかへ。
posted by 浪速のCAETANO at 11:41| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

やっぱとことんアホなのね/なのよ

共同通信世論調査、安倍内閣支持率36.0%→56.9%に(+20.9p)


共同通信もさあ、なにを考えてんのかね?


70000000人もサルがいた。ゾッとする。外、出れない。不気味すぎた。
望復活の声が湧いてる〜。キモすぎて。しかし、ない話ではないな。アテントしながら。アテント優秀だから。




posted by 浪速のCAETANO at 00:57| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

その後への不安

ある意味「戦後」だな・と思う。

いろんなものが「破壊」し尽くされた後、いろんないらんもんが「立法」された後、その中にはもう「とり返しのつかない」ものもある。相手のある条約とかだけどね。bargain saleに加速度ついてしまってる。例:日英FTA。

さあ・大変だ。

構築はコストがかかるが破壊は一瞬・というか雪崩みたいなものだから。

今・後継の話でメンツを見てると「期待できない」。体制はそう簡単には変わらないから、このまま「慣性」で右肩下がりの状態は続いていく、と考えるのが自然だろう。


おそらく「スガ」だろう。安倍晋三を「クソみたいな記者会見」で支え続けた「A級戦犯」だね。


次から次にクズが出てくる。ldpは「ゴミ箱」だね。これ、また「ちゃんとjapanese」で討論できない可能性。little 安倍晋三。だが「クソウヨのアイドル」としてのキャラクターとは一線を画する。おれのポイントはそこなのね。繰り返してるけどね。

こちらの国は、メディアも「グル」だから、しかし一旦身についた「忖度ぐせ」はそう簡単に取れないだろうね。忖度は先回りした服従ですからね。

安倍晋三が辞めても竹中平蔵はご健在である。


なんかさあ、虚しさを感じるのよね。


「悪の中心」はいなくなるが、たっぷりとその悪のニュアンスを含んだ「膜」が囲んでる。何層にも。その幕を「溶かす」には「劇薬」要るよ。

枝野では無理ね。せっかく大きな塊を作っても「訴えるもの」がなけりゃまず無理。アホとしか言いようが無い。せっかくの小沢くんの汗も無駄になりそうである。ホントなら小沢くんが先頭に立つのがいいんだけど。「人格崩壊」させられてるからな。


と、論理的に考えてきたなら、太郎ちゃんという「劇薬」を前面に立て、賞味期限切れのldp・skg連合に向かうしか無い・そう思うが。そう思う人が「増えない限り」こちらの国は「現状維持」ということ、政治状況の現状維持って、経済的にはダダ落ち・ってことだからね。最近は枝野方面からもバッシングきついからね。

要は野党第一党で、ldpを追及するだけで存在価値があるというのなら、もはや無意味ですが。というか「すんごい楽な場所」にいるなあ・君ら。お気楽・が当たってる。「2番じゃダメなの〜」という蓮舫のオチってここなの?


メディア(大手以外)の奮起を。十分奮起してる人たちもいるが。セクショナリズムに陥らないように。ターゲットを間違わないように。







posted by 浪速のCAETANO at 15:00| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

軽薄に騒ぎたい気分。

何が良かったかって、あのクソみたいな態度のサル答弁をもう聞かなくて済むことだ。
国会がまともになることは「相対的」に間違いない。次の首相は少なくとも「japanese」が通じるだろう。そんなレヴェルでやってたんだよ、こちらの国は。

だが、とにかく「めでたい」。ヤツの顔をもう見なくて済む。このコロナ禍で「大元の厄災」がなくなったことは大きい。前から何度も書いてるが、クソウヨの「Icon」が消えるのだ。こんな嬉しいことってある?


クソウヨはじゃあ、どこへ行く。維新が吸収することになるかなあ。だが安倍晋三はクソウヨの「心の拠り所」である。空虚ではあるが空虚ではあるが故に「中心」であった。だがしかし誰が後継としても「小粒感」は否めない。


自民の再生はあるか?おれはそのベンチマークは「安倍晋三・逮捕」だと思う。そこみなさんもベンチマーク化してはどうでしょう?

自民の求心力もまた「低下は必至」だ。誰が首相を引き継いでも安倍晋三のような高支持率は期待できないだろう。クソウヨに「夢を与えられたられたのは安倍晋三だけ」である。空虚の為せるわざ。自民党の重鎮と言われる人間たちも、安倍晋三は「永久皇帝」であるかのような錯覚を持っていたと思う。だから「次」を狙うという発想も影を潜めていた。ファイターは皆無だった。もうだから誰が首相になっても支持率上がらんで。

チーム安倍晋三も解散だろう。今井とか佐伯とかオバハンとの不倫のあのおっさんとか一掃しましょうね。

しかし、一人消えるだけでバランスがこうも変わるものなんだね。ただ、「混乱・混沌」そんなものが見える。

今日のことで、目がキラッと光った者たち;

ユリコ、エダノ、ハシシタ、and so on。

でもクソウヨ、グローバリスト、ネオリベにはもう騙されないように。今こそ「国民の質」が問われることになると思うよ。



posted by 浪速のCAETANO at 21:19| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速報

アベ、首相、辞めるってよ。


雪崩式に辞任して「辞任党」を名乗ることをお勧めしたい。


アベ 自慰っちゅうわるふざけをしてみたかったんだけど、忘れてた。



それどころか喜びすぎて予備校遅刻。30分も。
posted by 浪速のCAETANO at 14:09| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろぐちゃぐちゃ

「スポーツに政治を持ち込むな?」はははは、バカ。

お前らのIconに言えよ。リオ五輪にマリオって「恥ずかしかった」ね。お前ら、あれ「喜んでた」んでしょ?

「音楽に政治を持ち込むな」もよく言われる。

音楽(Rock)は政治から始まったんだけどね。


自称音楽好きでもスポーツ・ファンでもいいんだけど、モハメド・アリ、ジミ・ヘンドリックス、マーティン・ルーサー・キング牧師、マルコムXの存在とか知ってるのだろうか?ニール・ヤングでもいいんだけどね。


根っこはおんなじ。


持ってるツールが異なるだけ・なんだよね。


自分がリアルに感じている「理不尽」に対して自分の持ってるツール(武器)で何か効果的なことを表現する。ただそれだけのこと。もちろん自分の感情から始まったものの、それは表現した瞬間から社会的なものになる。「共感」してくれる人が必ずいるからだ。アンチも出てくるが。


NBAのチームもボイコットした。自分の持つツールで・とはこういう事ではないかな。



さて、大問題。コロナのワクチンに対して「なんかあっても製薬会社訴えないからね〜」というこちらの国の政府、信じられんねんけどな。


「進んで実験台」ってことね。愚かな奴らだな。ワクチン自体、おれは眉唾だが、今回のは「特に危険」。



そしてアメリカのFRBはこのコロナ禍でインフレが2%を超えても「緩和」を続ける・と言った。こちらの国もやんなきゃ、「円高」進むよ。何度も言うが、おれとかはいいのよ。輸入品の値下げはウエルカム。

ただしどこの国も株価は「実体経済」を反映してないけどね。別もん。



こちらの国が「先頭切ってる」が、世界もまた「分断と崩壊」が進んでる。


池上彰のウソを太郎ちゃんがゲリラ街宣で「否定」して回っているが、まず、そこよね。政府がみなさんに一回とかじゃなく「何度も」金を配るしかない。ベーシック・インカムも「話題」にのぼり出している。その代わり、他全部カット・な悪いBIじゃなくて、そこは保持されたままの「いいBI」ね。

国の通貨発行権を駆使して絶対やるべき。経済学のバカ教授たち、もういい加減に「廃業」しろよ。ロクなもんじゃない。9割以上バカなんじゃないかな。

おれたちは「労働者」としてこの世に存在すしてるわけじゃないのね。いや・ホントに。


本日の17時は、「な〜んや」みたいだけど。


























posted by 浪速のCAETANO at 11:57| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

移動しつつ好きなことを

車窓から流れる景色を横目で見ながら駄文を書く愉しみ、最上級の贅沢の一つである。そう思う。

今は特急かもめの人,,もうちょっとしたら特急みずほのひとになる。特急かもめは揺れが激しい。、、、するのだ、が、、、するニダになったりする。なんでやねん?!と空気に突っ込む。ま、いいんだけど。

しかしみずほはいい。普通車でグリーン車・仕様。非常に快適。もうひかり、のぞみ、乗れない。乗ってられん。狭すぎて。おれはもう、みずほに甘やかされました、ので。

で、みずほの車内販売のねえちゃん、かなり可愛かったりする。で、いらんもんも買ったりする。小銭ながら、まわすのはいいことね。

Skymarkも新幹線も「だいじょうぶか?」ほどに空いている。大丈夫じゃないのだ。そんなわけない。本日855人とテロップで出てる。


なんか、もうあかん域まで行っちゃってるのを、どうガワだけ取り繕うか、みたいなphaseなのだろうと思ってる。

明日のpmの会見、残念ながら「ウンコとまりませんので辞めまつ」ではないな。弱ったままだが、行くとこまで行く宣言かな。世耕をキーとして起用する布陣に変えるかな。菅の代わりじゃないかな。

ま、おれとしてはpmがいるかいないか、がポイントであると思う。バカウヨのIcon、何度も言うが。セメント屋やsecretary では、そこは役不足。いや、バカウヨってリアルに・バカなんだから。


さて、harassmentである。構造がある。する側の意識が時代感覚とズレまくっていて、あーあなんだよね。要は「バカ」なのだが。加害の側がね。だがバカだから「自覚」がないのね。意識の「アップデート」が成されてない。ここ、致命的なこと。奇しくも身近な人間が「典型的な」セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメントに遭ってしまった。

おれの本音は加害の鼻蹴りたいんだけどさ、肘関節いわすとか、スリーパーで落とすとか、そんな乱暴な発想になってしまいがちで柔道初段が疼くのだけども、それでは根本の解決にはならんのだよね。これは次のハラスメントを未然に防ぐこと、そのためには、今回そのサルがしでかしたハラスメントの重大さ、今の世の中においてどこがどんなにどうアカンのかを分らせないと。

どちらも「おれの場」でそんなことをやりやがったというのが致命的なのだけど、その重大性にどうも気づいてないみたいなのである。なんで?サルだから?


大坂なおみちゃんが、トーナメントをボイコットした。それに別のサルたちがキーキー言ってるみたいだが、サルは死ぬまでサルなんだね。japaneseでありblackであり、彼女は与えられた運命を冷静に受け止めて、その「幅」を目一杯生きてるだけよ。compassion というのはそういうことなのよ。優れて人間的よである。おのれ、などという小さな箱の中に閉じこもった頭の悪いアスリートではないわけよ。にーやんにもそういうとこ、感じるけど。

何年か先、AOCの大統領候補受託演説の際にスピーチしてほしいと思う。あり得る話である。まだ希望があるよね、in America。それに引き換え、、、、、、。


だが山本太郎がゲリラ街宣を始めたみたい。それで/それがいい。
posted by 浪速のCAETANO at 22:47| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

28日なの?ほんまに?

pm、ほんまに辞める?辞めてくれるわけ?

であるなら歓迎。welcome。そんな嬉しいことはないけれど。


Icon不在のバカウヨたちの「団結」を見てみたい。そういうのなくなるんじゃないの?


バラけるんじゃないの?

バラけたバカウヨ、どうするんでしょう?Iconないんだけどね。

そう考えればpm「偉大」だったね。for バカウヨ。


熱病に冒されてたこちらの国。民主党政権の後期らへんからもう10年ほどになる。ハシシタが大阪市長になったのがその予兆だったかな。こちらの国の国民の皆さまが「性急」になってたね。その前には小沢くんに対する「人格破壊」が更なる予兆だったのだけど。

おれは全力をあげて自分ができることはした。2012年ぐらいのアンチスペシャリスト宣言はもうおれなりに必死でした。なんの役にも立たなかったぽいが。

仙石とか岡田とか枝野とか、まあ左翼的な権力闘争と見ることもできるけど、メディアも酷かった。後藤や亡くなったバカボンのパパ・誰だったっけ?お前その後、良心的な反pmの解説委員てことになってたけど、あれはおかしかったよ。

筑紫哲也が生きていたら、お仲間に加わっただろうか?久米宏がニュースステーションをやり続けていたらそんなあからさまな「立場」を取っただろうか?

情弱のバカ、クソウヨともある程度重なっているが、「小沢だけは、、、」という人たち多い。


いや、アベだけは、ではないのか。アソウだけは。スガだけは。コーノだけは。ならわかるのだけど。

今思うに、アーミテージ=ナイ方面からの指示、って気がしてる。バイデンが勝ったら、その世界に戻りそうな気がするよ。

アメリカも、「バイデンを推すデモクラティック」「サンダース・AOCのデモクラティック」「dtのリパブリカン」「メインストリームのリパブリカン」そんな分裂を抱えつつの選挙である。

コリン・パウエルがバイデン指示を表明してるように各候補者のサポーター以外の勢力は「あっちの候補者」に投票するかも?である。それでメリットあったのが前回ね。ヒラリーだけは、、、そんなこと。

dtも当初のdtではないからさ。あまりのシロートくささが出て来すぎ。その間に「deal」ができないばかりか、従来のやり方を深めたpmの無能さばかりが今は目につくが。「イヌの、というかポチの方法」ね。イヌであることでプライド保つ、なんてバカウヨたちのの倒錯は深まりカオス化したよね。どうすんの、キミたち、これから。おれは面白がってるんだけどさ。

イヤー、偉大だったね、安倍晋三。空っぽだったから良かったのね。バカウヨの、おのれのストーリーを乗っけれたからねえ。メーワクな話だけどさ。


やっぱ人が、トップが変われば「何か」は変わる。だれが継ぐのか知らんけどな。今回は全面的に変わる予感。

大日本帝国からは「keep your distance」にしようよ。


28日、ほんとなのかなあ?



posted by 浪速のCAETANO at 21:33| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

晩夏に

市橋で店長と飲んで帰りしな、虫の声が聞こえた気がした。蝉の「やらして〜」も最近ユニゾン度が落ちた。季節は確実に進んでいく。どうしようもない事実だね。時間も「マクロ世界」においては不可逆である。

「ミクロ」の素粒子たち・量子たちの世界では時間が「どっちに(前・それとも後ろ?)」進むか・は確率の世界だけどね。

マクロとミクロを繋くもの・あるはずなのだけどね。


マクロな存在・ヒトにとってのミクロとはハートの奥底にあるのではないかと常々思っていた。ミクロの揺れがマクロの存在を脅かす。繊細な存在である・ヒトってやつは。

フィジカル・メンタル共に。メンタルもフィジカルに含まれるとも言える。他人の無神経な(動物的な)行為に、軽く傷つけられてしまう。


もはや、グローバルなレヴェルでの人権意識においては、加害側の「そんなつもりじゃなかった」が通用しない。こちらの国は「土人のそれ」だから、土人が大手振ってまだ歩いてやがるが。


さて、そんな国のpm、「かわいそう」をコンセプトにしだした。クソD通の政府内に出向してるバカのシナリオだと思うが、そんなもんでsupport rateが回復してしまう(とフンでの策だろう)蓋然性があるからこそ採用されたのだろうね。

くそD通の「戦術」はいやらしい。ハート内のミクロレヴェルの声をアンプリファイするのが上手い。大方・それでやられる「B」な人たち、しょうがないなあ、とも思うが、TVばっかり見てる・だけでもなく、ネットの中もさほど変わらん気もする。バカウヨの存在がその証明だね。


物事を見たいようにしか見れないと言うのはある意味「病理」で、まあだから大抵皆さん(含む・おれ)病気なのだが、物事を見るときに、嫌な方向性に「耐える精神の強度」は若いうちに養っておくほうがいい。思い通りにはならない。だから、他者・なんだね。一緒に住んでるネコさえも思い通りにはならない。

それを思い通りにすることは暴力である。殺人と言ってもいいくらい。人の個性を潰すわけだから。


ストレス過多の社会、やめたいね。欲望だけは喚起され続けているわけで、若者もおっさんもおばはんもただただ翻弄されている。まあアホなんですけど、自覚がない。それはリアル・アホだからなのだが。


もう完全に「パラダイム」は変わってしまったのよ。早くそれに気づいて、順応しなさいよ。今後、もっと世の中は厳しくなっていくことが予想される。そこに対応できなかったらもう本当に「粗ゴミ」みたいなことになるからね。

順応しましょう。

もう半パンも飽きてきたね。
posted by 浪速のCAETANO at 07:15| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

色々・注視しよう

FBに「クール・ジャパン」とはどこから来たのかという仮説を立てて乗っけた。

いまいち・反応「薄いが」。


クール・ジャパンとは早い話・「冷やし中華」である。

イマイチ・反応・薄い。ドッカンドッカン来るかなと思ってたんだけど肩スカされた。


いや「クール・ジャパン」で「冷やし・中華」だ。



河内長野までpandaを取りに行って来た。うちのディーラーにおかれましては「納車」とは客が遠路はるばる河内長野くんだりまで炎天下行って乗って帰ることを言うらしい。

ま・いいんだけど。いやそれで良かったのだが。と言うのは、その後・ちょっとしたトラブル(目三角なそれ・じゃないのよ)が発生したからなのだ。


駐車場に「入らない」のね。pandaはまあ言うたら「軽」と「2000cc」の間ぐらいの大きさ。初代パンダはもう少し小さかった。おれはイケるとふんでたのだが、いざ入れようとするとキワキワ。うちの駐車場は屋根付き・ガレージ付きでうんマン円弱という中津にしたら破格と言ってもいいのだが、おれの「1番」はちょっと幅が狭かった。おれはイケるイケると思ってたなら、入るに入るがキワキワすぎて人が出れん。まあ・パンダはダブルサンルーフだから「最悪・屋根からかな」などトリッキーな手法へと解決策を持って行きがちなのはおれの良いとこ?あほなとこ?どっち?


で色々、隣の方と(すごいいい方で助かった)色々、本当色々知恵を絞って、とりあえずその方の軽と入れ替えといて、おれの「1番」の2番側の壁に(そこは幸か不幸か?木で出来ている)穴を開けて、ドアが開くようにする⁉️。もうトリッキーと言うなら前代未聞のそんな「ウルトラ・トリッキー」なソリューションが提案された。

面白いね。中津。


どうなるのか、注視しよう。


さてr、pmがpmで無くなるという噂は真実?まことしやか度は増して来たね。

とりあえずは「歓迎」でいいと思う。あのバカは、クソウヨのiconとしては「サイコー」だったからね。クソウヨの立場になってみると、pmがpmでなくなった時は、ちょっと旗色悪くなるよね。後継が誰になってもね。麻生?もう総スカンでしょう。菅?選挙負けるよね。岸田?弱すぎ。石破?pmが恋しくなるだろうね。

というように、どれを取っても我らがpmほどの値打ちがない。俺たちの未来は先細り・と思っても差し支えない。

24日と言われている。


さてどうなるんだろうね?
posted by 浪速のCAETANO at 18:07| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

明日は死ぬにはいい日かもよ〜

「死ぬ気で貞操を守るか、さもなくば死んでもしゃ〜ない」


なんやそれ?


これってこちらの国の法律だけどね。クソ男たちのレイプがどんどん不起訴になってる現実。クソ発展途上国。

そりゃ男で居続けるのも確かに辛いものはある。だがね、やっぱ結局「男は守られてる」・え・本当ですか?なんに守られてんの?


「法律に・」です。


一行目のセンテンスはこちらの国の「女性」が緊急事態に直面した際の「おかれてる状況」。女性・とは限らんな。性的弱者ね。


身体を他者に「自由に扱われて」いいわけはなく、そこら辺・無意識にその境界を侵すおっさんの多いこと。勘違いもまた・多いこと。で、それを擁護する低脳・もまた、多いこと。

全員・イナカモン・ですが。100年前に生まれろよ・バーカ。


バカはそれを「Roman」とか勘違いしてやがる。明日・必ず、死んでちょうだい。


「不同意」なら、そこでとりあえず、「関係性は終了」です。


また「一から出直し」なので。バカはそこで「コスパ」とか考える。バカの所以なのだが。他人の気持ちなど、己の努力でなんとかならないから、他人なのだよ。


クソみたいなオヤジが多くて困る。

明日・必ず死んでね。







posted by 浪速のCAETANO at 10:48| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

lookin' back

おお、大阪「日本一」。

時間の問題だったが、割と早かった。感染者数だが。アホのgovernorを仰ぐ不幸とはこういうことである。


アホが2名、コバエを従えて闊歩する。それが大阪。東京は、ユリコはツルンでないから、まだマシに見えてきた。一つの「くそイデオロギー」でダーっと流れるには中心が多すぎる。中央政府の機関もあるからね。

大阪はもうFascism。阪神タイガースも知らん間に3位とかに上がってきてた。

対東京へのルサンチマンがある。だからと言って「アホ度」で競う必要がどこにある。反知性主義をベースに(でなかったら雨ガッパなど中津のいろんな店・出禁の馬鹿オヤジと「遜色」ない)吉本というオオバエ、さらにコバエを従えて、その蚊柱じゃなくって「蠅柱」は市内から外に向かって拡散中(今ココ)。


サルでも分かるような「大コケ」しなければ、次のターゲット(東京・名古屋)に於いても一定の支持を受けるだろう。こないだの知事選でも維新推薦は太郎ちゃんと変わらなかったしね。供託金は没収されよったけど。そこ・太郎ちゃんも危なかったからね。

山本太郎があの熱量を込めて全国行脚したのと同じほどの結果が「武富士」がバックにという理由で「同値」だったということが戦慄であるね。

どこまで目曇っとんねん・オマエら。


て言うか、怖い。こちらの国の人々・怖い。一人一人は「全く」怖くないのだが、その内面の集合体が怖い。キモい。

だがこうなっちゃったのは「政策」が原因です。新自由主義・ネオリベ、どっちでもいいがゼロサムどころか「マイナスサム」の状態にしといてそこで「醜い争い」をさせる。そこに小賢しく対応できたものが「ヒーロー」になる。その他は「敗者」。20余年。国家の発展さえも棚に上げて、「国民への奉仕者」がおのれの蓄財まっしぐら。

デフレを「放置」してるのも、その方が「支配」が容易になるからね。食うための仕事にひ~ひ〜言わせとけば「仕事に・生活に・人生に」疲れ、いらんこと考えさせず、アホなTV見せとけば愚民化はさらに加速して「もう・最高〜」ってことね。

地獄・に近い。実際に残虐な殺戮があちこちで行われているわけじゃないが、その目に見える暴力以外の「暴力的行為」だらけ。時にはリアル・ヴァイオレンスもあるね。だが常にその対象は「おのれより弱い者」である。そもそも「卑怯者」なのね。明治以来の伝統。いた近畿王朝以来かな。卑怯者。

その卑怯者が実権を握る国「justice」のない国。市民のいない国。家畜のくに。

全てが「他人事」なのね。これを成り立たせるには、非常なる他者への無関心と共感能力を限りなく削る・と言う作業が必要になってくるのだが、その環境としての「デフレ経済」と言うのは誠に都合がよろしかったね。

でも、これさあ、「誰かが意図してたの?」


おれは若者ではないから、そんな「変遷」を目の当たりにしてきたのだが、「こんなことしてたら社会はあかんくなる」とずーっと言ってきた。アンチスペシャリスト宣言だけじゃない。もっと前の「ヒトリツウシン」からずーっと言ってきた。言ってきつつも、この40年間の前半はその先端近くにいた。およそ40年前、直観で「これからは綺麗事じゃなくて、カネがないと尊敬されない」そう思った。まあ・言うても、おれのことだから、そこまで徹底できるわけでもなく、まあいわゆる「アッパーミドル」ほどのものだったが。基本的に遊び人だからね、ディレッタントとも言うが。そんなの。


だが、そう言うのってさ、「飽きる」。いろんな贅沢も、飽きる。だいたいやっちゃった。いろんな「性的冒険」もやっちゃった。だが飽きた。それは結局『It's the same old story』なのね。だから、新鮮味がなくなって飽きた。そもそも・飽きっぽい。

で、飽きた頃にそういうのが一般化するってのが「大衆社会」。おれなんかにしたら一周遅れのダサいのが騒いでる・みたいなことが起こってて、なんだ?そんなんで「小銭」稼いてるヤツまでいる。「は〜?」だった。おれは大衆社会をナメてた・と言うかバカにしてたとこがあって、それはいまでも心の隅っこに持ってるが、この欲望を喚起するシステムだけは自己増殖していくバビロンでは、バカと情報は「何度でも再生産される」ということなのである。自分が飽きたこと・にはおれが全く興味なかったとしても・だ。

だから「バカと情報(これがD通way・よね)」をネタに生きることは卑しい・絶対しない・と思う。


人生に「美意識」って必要な人間もいる。で、その美意識は結局、原点に戻って辺りを見渡したときに見る風景と、おれの場合は似ていた。人によっては、色々経験した挙句にそう言う境地に達する人もいるのだろう。だが、おれの場合は、最初っから「わかってた」。遊戯としての20〜40代を送ったということだった。そのこと自体は、別に後悔はしてない。疲労というものを知らなかった時代に「カネ」も「時間」も「イタ車」も「フラ車」も「才能」も「美貌」も「音楽と興奮」もちゃんとあった。「現世的愉しみ」だね。それはそれ・だ。

今・そんなもの(もちろん全部じゃないけど)が全てあったら、逆に大変だ。すぐ心臓発作とかで死ぬだろう。それも「悪くはない」が。

そうじゃなくて、もうちょっと喧騒から距離をおきたい。ディスタンス。

環境が環境だからアレだけど、気が向いた時に仕事をして、あとは考え事をして過ごしたい。音楽は仕事にはしたくない。『。。。が趣味ですか〜?』とか言われるとワインの瓶で殴りたくなるが、「lifework」です。え〜ご・わかるぅ?


昨日、30年前の元生徒(とてもいい性格の才媛)から「息子の勉強を・・」という電話があった。そういうのもう7件目ぐらいだが、親子を教えるってなんか知らんが「すごいな」と思う。おれがすごい・とかじゃなくてよ。

一番好きなことたちを仕事にせず(保存しながら)に生きてこれたこと・はおれはとっても幸せなのかもしれない。そんな気もする。死ぬ頃には結論が出るだろう。




posted by 浪速のCAETANO at 11:05| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

さらなるカタルシスが

いろんなことが「すっと」した1日。懸案事項が見事に解決した。うれちい。

こういうの、カタルシスっていうのね。


もおっと大きな国民的というか貧乏人的カタルシスも求めたいね。

無理かな。そこおれたちが内向的視点ばかりで注視せざるを得ない時に、店は潰れ、土地は売られ、おれたちの国富はどんどんbargain saleされている。

見えるものはChina に、見えないものは米の資本家に全部安く「合法的に」買われる。その合法は、こちらの財界・政治家が合法としたものである。

ホンマ、右翼になるわ。そんな現実を見ると。

くそグローバリストたち、平蔵はじめ晋三もセメント屋の太郎も「政治的」に消えて欲しい。影響力を「0」にしたい。

だからといって、イソジン武富士や雨ガッパや枝野や前原やユリコにその後が牛耳られても、不幸は続くよどこまでも。


「排除」しないとあかんの多過ぎない?

取り敢えず、アタマに「ウンコ3つ」の大阪市民としては、一つでも二つでもウンコ取り去りたい。フェーン現象で風が降りてきたら「くさくてたまらん」から。
posted by 浪速のCAETANO at 16:50| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遊びがないのはもっとダメ

こないだは山本太郎が散々叩かれ、いまはタマキンが叩かれてる。
この二人は既得権益からは程遠いことだけは明解になりませんか?


今の政権の酷さがベースにあって、しかし、まだpmがpmであるから「ツッコミどころ」満載なのだが、ツッコミどころのない、一見理路整然としていて、石頭で、それでいて地位と権力に恋々とするそんな奴が政権を取ったら。と「寒く」なったことがある。上のパーソナリティはえだののことなんだけどね。
posted by 浪速のCAETANO at 02:52| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

いわゆる一つの大恐慌が

昨日、こちらの国のGDP-28%、と言うがアメリカ、ドイツー30%超え、イギリスに至ってはおよそー60%だと言う。
これ「大恐慌」ではないのか?どこにも「救い」がないね。

強いて言うなら「in China」(だけ)かな。それとKoreaね。

欧米<Japan<中韓と他のアジア諸国、そんな構図が見えてきた。特に台湾は特筆すべき。お見事。天才トランスジェンダーIT大臣ね。

今年、年越しできない人、たいへん多そうである。

こちらの国はその回復が、欧米ほどのGDPの落ち込みではないにせよ、だらだらいつまでも捗らないように思う。まあ、その-27.8て「ホンマにそんなもんかー?」と斜視になるが。データの信用、地に落ちている。

コロナ→酷暑→またコロナplus flu。環境は「大恐慌」。これ、チーンではないのか?正味の話。何か「希望」ある?

今、少しづつ準備をはじめてるのだけど、youtube 番組を「細々と」始めようと思っている。おのれの愉しみのため、がメインだけど、まあ自分の音楽的知見は残しとかないと、そんな風に思った。

クルマにRoland Cubeとギター、マイク積んで、知り合いの街(お近くでもない)に押しかけ、演奏しに行こうかな、と打診してみたのだけど、どうも「色いい返事」が来なかった。イナカの人々は感染拡大前の長崎みたいなメンタルだということもよくわかった。

もうね、こんな時でも「やれること」を探して少しづつ始めるのは悪くないだろう。


今どっちに向かってるんだろう、と考えていて、それは「現場の喪失」ということではなかったか?Conventionalな現場という意味だが。

メタ現場がメジャーになっていくのかもね。おれはメンタル「どかちん」なので、従来的な現場を好むけど。

食っていく方法も考えないといけないのよね〜。個人事業主の辛さってある。社会のパラダイム・チェンジは人のアップデートをも促すことになるだろう。まるっきりの新しさはまた揺り戻しもあるだろうけれど、「目に見える不便を和らげる利便」はポイントだろうね。

子どもたちの「変遷」を見てると、こりゃもう話合わんな、ということもわかる。話合わんのだけど、話もしなきゃいかんし、知識の非対称性は埋めて行かなきゃいけない。いろいろやんなきゃあかんことは多い。ジタバタ、悪くない。ジタバタしておきたいのかもしれない。変なの。

今日も昨日よりは「ややマイルド」な36度らしい。あ〜あ、だね。


posted by 浪速のCAETANO at 09:34| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

after お盆

またまた、「こんな時期に」税調の経済音痴たちが「増税(消費税)」を議論してるよ・ということをTVでリークし始めた。


その根拠にまた「社会保障の財源」である。「嘘言うなよな」。そう言って5%→8%に上げた後、太郎ちゃんの国会本会議での「じゃあナン%社会保障に使ったか言うてみ?」という質問に「え〜、16%でつ」pm said。

『は?』

騙されちゃダメね。


じゃあ誰が「そんなこと」言ってるの?という話なんだけど、pmに決まってるんだよね。最近、いろんな特命担当大臣を急ごしらえで作って、そいつに担当させてるからワタクチ・コメントはしません・なんていう姑息なやり方・身につけて、そこメディアが突っ込まんから、例えばコロナの全権は「ヴェトナム少女の敵」キツネ男・西村にあるかのような錯覚覚えてる人・7000000人ほどいらっしゃると思うが、間違い。責任はpmにあります。

pcrを絞れ・もまた責任はpm。そう言う「意図」があるってことですよ。もう一回確認しておこうね。

もちろん、そこ、陰で操ってるのは「経団連」と暗に遠回りな圧をかけてるのはUSAですけど。その仕組みをわかんないことにはいつまでも大阪市民のように「別のだれか」に騙され続ける。先頭走ってるね〜・大阪、top runner。

他府県の維新支持者には大阪はかつての他国の共産主義者たちの「north korea」みたいになってるらしいよ。「地上の楽園・大阪」for communistsではなくfor fascistsだけど。

10時前でもう「33度」だ。本日は38度。京都など39度と言う。風が吹くと桶屋が儲かる・じゃなくて「漏れ無くフェーン現象」が起こる。ゲリラ雷雨でもいいから雨降ってよ。雨は気温を下げる。勝手だね。


先の増税の話の一部は今朝報じられたGDP27.8%ダウンが根拠だと思うが、だからなんなの?失ったGDPは「補填」すればいいだけだよ。150兆ぐらい大丈夫。もうからっからのタオルから水は絞れない。ぼたぼたの・とかバラマキとか「あかん形容」とされてるものが実は「スンバラシイ事実」だった。そんなパラダイム・チェンジに皆さんついてこいよ。


そしてそのさらなるポイントは今儲かってる奴らもまた「儲け続けさせられる」ということなのね。民にはいいことだらけなんだよ。そうなると、それをさせないようの踏ん張ってるバカたちって、その根拠は「政治的」・「権力維持のため」という仮説が真実味を増してくるね。


とんでもないね。でも当たってるよ。


posted by 浪速のCAETANO at 10:41| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

浮かんでは消え

残暑お見舞い申し上げとこう・と思って。

今年はまた「厳しく・暑い」ね。店も今日から連休で、おれはだけど、明日の3コマ収録に向けて、予習が残ってる。今日の医学部・数学の予習もなかなハードだった。人生で一番勉強してるかも。意味がわからない。


大学だけなら・楽勝。塾だけも楽勝。予備校だけも楽勝。Tutorも楽勝・なのだが、それが変なバイオリズムで重なって増幅する時が「必ず」ある。ようある。いまがそれ。世は休み。

理不尽って言うのだろうか?こういうの。


もうどーでもよくなってるっちゃなってるんだが、終わればすぐ・忘れる。まあ忘れながらも何かしら「改善のタネ」みたいなものが残り、アホなおれでもちょっとは効率など考えたりする・みたい。


ほとんど「無意識」の世界。5 hard daysはもう終わろうとしているが、もう4日分のことは忘れつつある。


しかし、暑いですね。殺人的な暑さ。40度ってなあ。気が遠くなる。外でんのも・怖いもんね。ちょっとおれたち・「冷静に」なって考える必要がある。ひょっとして「Olympiad」やってたんだよね。

「殺す気か@ダチョウ倶楽部」ですよね。アスリートにも観客にも審判チームにも被害が出てると思う。


なんかひどい世界・ひどい国になっちゃったなあ。明らかに20年前までぐらいまでの生活とは「格差」を感じませんか?酸素も足りない気もするし。息苦しいよね。マスクも一役買ってる。言いたいこともどんどん憚られる。さっすが、報道の自由度70位前後の国である。


誰かが「Olympiad ナンチャラwith Corona」なんて言ってたけど、それ辞めたほうがいいですね。「ガイジン」には「怖すぎる」からね。with Coronaとかユリコが言い出した時に誰か突っ込めよ・と思ったが流してたけどさ。『with』はあかんでしょう。いろんな意味を持ってるwithだけど、その使い方はどう見ても「intimacy(親密)」のwithやん。in love with youのwithでしょう。

仲良くなんて。ね。そんな刷り込みが「恐れを知らない・感染者」を産むような気もするのね。under Coronaぐらいに変えてください。


ニイヤン(新谷仁美)がOlympiadなしでもいいし・と言っていた。それに「賭けてきた」アスリートでそんなこと言えるのは大したものだと思う。為末くんとかとえらい違いである。そんな「ガス抜き要員」小銭儲かるんだろうな・とは分かる。


「英霊」と言う言葉、この夏も「乱発されてた」けど、英霊たちは「餓死」多かったんだけどね。他所から(中・韓に限らない)見てると、やっぱり精神的な「戦争の(と言うことは大日本帝国の)清算」が出来てないんだよね。Europeの国の(独伊以外)人など、空襲で甚大な被害に遭ってるのにも関わらず、なんで「2原爆」落とされるまで降伏しなかったのか?とかがよくわからんみたいよ。それとか「ソ連」に仲介を期待してた理由がスターリンが「西郷さん」に似てるから・なんて、もう頭ん中・ウンコだらけの実例があちこちに存在する。もうなんて言うの?天皇を中心にした「國體」という概念も、ガイジン誰一人分からんだろうな・と思うし。軍部が悪かった。統帥権がね、なんて話が「決定」みたいになってるけど、戦争責任者はやっぱり「国のトップ」以外にありえないけどね。

この暑さの中、狂う寸前の頭はいろんなことが湧いては消え・の連続だ。
posted by 浪速のCAETANO at 16:45| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

そういったAnniversarioが良いのでは(ご提案)

発掘が続けられている「梅田墓」。江戸終期〜明治初期といわれているが、「そんな近いこと」さえわからないのだね。

記録・っちゅうのは大変大切・ということがよく分かる。公文書、改竄も作らないもホント・あかん。チカンもアカンが。

30代ぐらいが多いとか、疾病や傷ついた後がある、とかがどうも気になる。1500体やろ?その多さも気になる。平和な匂いじゃない。事故とか伝染病とか処罰・そんな匂いが仄かに感じられる。

目と鼻の先だから気になる。そもそも、中津界隈などは「大した地域」ではないし、おれたちが来た10年ほど前でさえ、その伝統というか「マイナスのニュアンス」に溢れていた。おれは「それ」が良かったんだけどね。「隠れる」にはぴったし。隠れたかったのだ。

許永中が生まれ育った街。まあ「河のほとり」ちゅうのはなんかあんのよ。そこ・おれとかはどうでもいい。カウボーイズのミックスで一度来てたしね。あれは95年ぐらいだったはず。前川くんのTagRagがあったから。「うわ・この地域」と思ったものだった。当時、タバコの自販機23時まで・が始まったばかりだったが、「ほとんどカンケーないです」やった。そのタバコ屋の孫たちが5人いるんだけど、なんと豊津に在住してて、おれが苦渋の表情で「あんな〜・中津になあ・・・」みたいなこと言ったら、「なんの問題もなく」ずるっと来た。結局・一番上の兄貴から4人の妹・全員豊津から通って来てくれて、下の4人目が「特推」受けれそうで、5人目が中2(今ココ)。中〜大まで今んとこお世話はずっとやれている。


そんな中津にも最近「アフガンハウンド」が目撃されている。タワマンの乱立だけじゃなく、家族向け・独身用のマンションもその3倍ほど建ってしまっていて、転勤組の若者もちょくちょく常連化している。高瀬の後輩ね。

もうあんまり客は来ていただきたくない。めんどくさい。新たな人間関係で「負荷」を受けるのは「こちらです」なのでね。クソウヨとバカはお控えくださいね。おれと「合わなかったら」店居れんのでね。そんなのは犬・ネコ以下の扱いである。実際、犬・ネコはウェルカムだからね。

仕事はSelectiveにやんなきゃ。

ここはつい最近まで「ちょっとしたbayou」であった。「湿地帯」ね。いや、海・かな。奈良時代手前・大化の改新(と言われてる「ただの」乙巳のクーデター)後に孝徳が移った・とされる豊崎宮とは今のNHKんとこではなく、うちに家からJRの線路沿いに300mほど行った「豊崎神社」のことである。ズルズルの湿地帯。おそらく上町大地の先の先の先っちょね。その昔、神武がナガスネヒコに逆襲されて這々の体で逃げるときに通った上町台地北端の水道が南方・だからね。通説の宮は九州王朝の別都ね。あんな夕日の見える「一等地」に近畿の豪族が住めるわけがない。日本書紀なんて盲信しちゃダメよん。そのウソを読むだけでいっぱいいっぱいの人多いけどね。古事記・然り、ね。

そんな、九州が送り込んでいた財務官僚の蘇我氏殺しておいて「タダで済むかよ」。


中津にはおそらく外からみるとだが「カネが匂う」んだろう。隔世の感がある。今だったら隠れないな・ここには。

来んな・とは、「店」なら言えても「街」は言えない。


おれは「いこい」があって「市橋」があればそれでいい。後、自分の店。夏場のファーストの「ソフトクリーム」。中津平成クリニック。以上。



さて、「終戦記念日」という言葉遊びはもう辞めてさ、敗戦記念日もまだ違う。立場がおかしい。

「大日本帝国消滅記念日」「大日本帝国崩壊記念日」「大日本帝国滅亡記念日」とかがいいんじゃないかな。これがFactに最も近いからね。

だから今のままで、戦後レジームを解体して以前の・・・なんてのは「論理矛盾」なのよ。そこんとこ、「わっかるかな〜」と久しぶりに松鶴家千とせ師匠化して終わっときたい「精霊流し」の日。
posted by 浪速のCAETANO at 09:06| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

a bit relieved

太郎ちゃんの久しぶりのweb発信。ちょっと安心した。「何すんねん?何言うねん?」と怒ってる田中龍作くんとかもいるが。

まあしかし、また誤解も解けるよ。


ほんまに出る杭は打たれるというか、「人の賤しさ」みたいなものが「凝縮されて」突出するのが、こちらの国のパーソナリティ。出過ぎてると・触れないのだけど、叩く側は「チャンス」を待っている。ちょっと失速すると「待ってました」とばかりに叩きにくる。


ストレスフルな社会というのは、根本を直さないことにはtreatmentが難しいと思うが、それに対処できる立場にある権力を持ってる人間がクソすぎて、逆にストレスを極大化しようとしてる。その後、どーすんねんやろ?いや・まぢで。


大阪など、マークが甘いのと「アンチ・東京」をうまく使って、騙されるあほが多いっちゅうのが原因だけど、もう人によっては「地獄」のような社会になってしまってる。気がついてない人、おめでとう・としか言いようがない。住み続ける気がしない。都構想などが成し遂げられた暁にゃ・・・・ねえ、どーすんの・大阪citizenのみなさん。

まあ都会の住人って、「腰掛け」だからさ。しかしそうは言うが、かなりの時間、その地方自治に恩恵もメーワクも両方受けるわけで、他に行く場所(逃げる場所)があるがある・ないにかかわらず、一定期間その地方政府の下で生きるわけでね。関わらざるを得ないのね。否応無しです・そこ。

そう言う点において、おれは吹田に27年ほど住んでたが、タイミングとしては「いい時代に」当たった。クソ維新もいなかったし。


大阪市に来たあたりから、まあこの10年ですね・ザ〜っと言うと、奈落への加速度極大化したのは。



戻るが、太郎ちゃんがトップにいて雑務をこなしながら「山本太郎」でい続けるのは難しいだろうな。「マネージャー」が要る。全国飛び回ってれるときはカムフラージュされてたものが、コロナ禍で活動が制限された挙句、炙り出されてきた。で、つねきくんのアレである。都知事選の「疲弊」の直後だったし。叩くやつは、人の「弱り」にホント敏感。鼻利くよねえ。で、ナイーヴな人々は去って行く。


本質を見れてない人も多い。それを再確認するけど、やっぱ上っ面で「流れてる」人たちいっぱいいるのね。でもそれはそうですね。

おれもトドムンド5年目ぐらいにそんな目に遭った。酷かった。子羊たちというのはもうホント「自分がない」からね。なんでもいいのよ。幻想の対象が「失速」したら、潮が退くように「いなくなる」。見事なまでに。

今の厄介さ・ってそんな子羊にも発言権があって、そこは悪い話じゃないの、しかし、そこで挙げられる声のトーンが「negative」しかないってことなのね。そこまでの幻想の「反動」の憂さ晴らしで「こんだけ信じてたのにぃ」という、なんて言うかなあ、おのれの掛けたエネルギーの「落とし前」をつけたい・みたいな、暗い負の感情の発現ね。そこマイナスな感情にはみなさんエネルギー出るのね〜、これがまた。

なんかおれがね、思うのは「positiveなエネルギーの発露」の手法を知らないんじゃないかな・ということ。なんかやられたと思ったときに初めてパワーが出る・みたいな。やられた・というのも非常なる「主観」ですけどね。


そんなものの中に今太郎ちゃんはハマってしまってる・と思うんだね。望む望まないに関わらず。

ただ、昨日の2時間番組、要は発信して行けば、その密度とintimacyにおいては次元の違う政治家であることは再確認できる。距離が近くなったよね・太郎ちゃんの出現により、政治との。

まあべつのヴェクトルを持つ小川淳也くんという人もいるが、いつか、国の政治という大きな枠で、コラボができればいいね。太郎ちゃんも箕面自由学園だが、学歴がその人の結果的な知性を決定するののではない。アホの東大生、死ぬほどおるよ。特にこの何十年かは東大生になるのは相対的に簡単だった。させる側としてはそんな気がしてる。

目立ってしまうバカが多すぎる。


人は伸びしろと、それに向かうパワーだけ。それをやり続けることがその人の「最終的な知性」を形作るのね。まあ、みなさん頑張ってね。



















posted by 浪速のCAETANO at 05:06| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

世界の、地球の・敵

早く来ないかな、と思うのだ、New Panda 4×4 Climbing Plus。

まあ、おれが買うんだから「ボロ」なんだけど、乗り手も大概「傷んでる」のよ。まあ、クルマ事情も変わったな。アホが増えた、ね。最後の(1周目ね)#15のLancia Dedraを手放したのが「いつなの?」と思ってたのだが、いつやったかな?2年、3年、4年前?ま、いいんだけど。


今回も「なにわナンバー」ですがそこんとこよろしく、である。なんかメリットあるだろうか?ディーラーが@河内長野だったからね。


色は白、アルファ75に続いて2台目。75みたいにいかつくないから、押し出しはさほど強くない。ナメられるだろうね。ナメてこいよー。待ってるよ、バカドライヴアー。


熊野だけじゃなく、いろんなところへ行こうと思ってます。もう休みは遠出、と決めた。


納車は夏の終わりだから、酷暑からは遠ざかる時期で、タイムリー。



さて今日からお盆。


歴代ネコたちも、いっぱい空気を吸ってよね、とキャビネットを開ける。水を替えて(カラッカラだった・だはは、ごめんごめん)、鰹節を供えて、手を合わす。儀式だけども、「型」があるようなものはなかなか悪くない。、まあおれがやることだから、随分バロックはいってるけど。


さて、みなさんがお休み、ならおれは忙しいのtheory の通り、今日から月曜日まで大変忙しい。全部仕事である。でも、いいのいいの。もう少ししたらドーンと休むから。で、人がいないとこへ行く。



しかし、radioactiveといい、油といい、こちらの国は「地球の、世界の敵」ではないのか?6人しか派遣せん、てなんなん?舐めてんの?
posted by 浪速のCAETANO at 12:09| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

ストレスフルな社会の必然ね

部屋の中ではちょっとはマシだが、一歩外に出たら「フー・・・」となる。こんな中、工事現場(実はうちの目の前のJRの高架下)などで、交通整理をやられてる方々、大抵高齢者である。前を通るときに呼吸が荒くなる。医療現場の人々同様、前線で働く皆さんに「感謝」したいが、労働条件改善などはすぐにできるはずだ。30分に一回休むとか、水分補給は絶対に・とか。どうもペットボトルを身につけてないような気がするのね。大丈夫なのだろうか?心配になる。


アグネス・チョウ氏・逮捕された。後ろ手に自分で回してたのは、アピールだろうと思う。それくらいいいじゃない。それくらい。本国の影響が強まった挙句の「逮捕」は「なんで?」となるでしょ。


アホウヨが知ってるか知らんか、最も今こちらの国でChinaに「無批判」なのは誰か知ってる?

ldpでありこちらの国のgovernmentですよ。「体制・コピー」したくてしょうがないんだよね。知ってた?

日本共産党などは「最も批判的」。そこは筋・通してるよ。


もう色々ガタガタなこちらの国だけど、もう一般の人には「何を」「誰を」「どこを」信じたらいいか、わからんだろうね。


「誰も信じない」がいいんじゃないっすか?あるいはだれかをちょっとだけ信じてみたりする。信じてみたりしちゃったりして〜・ぐらいがええんちゃう。

つまみ食い。



昼メシは「鯖」をどうしても食いたくなって、焼いた。あんさ、なんか世間ではバカ男たちが「ヨメの料理の手抜き」がどうちゃら、みたいな非生産的な話で喧々諤々な様子。なんかさ、やっぱり「かつての父親・家父長としての」そこ、こだわって生きてる不幸な男たち多いんだな・そんな印象。それはおそらく、そういう父親を許容して来た母親に育てられた男の子・だということね。

それは政治家の女性比率なんかとも密接に関連していて、まあ、なんだろな、おれたちぐらいの世代まではまだそんなことが通用するのかな・しないのかな・どっち?おれは、ほぼ他人に興味がないからよくわかんないんだけど、おそらく、そういうことの当事者って、おれたちぐらいの歳かもうちょい上の人間の子どもたちでしょう?

あり得るのかな?それもわからん。親経験がないからね。アホの子どもは「数千人規模」で見てるけど。まあでもね、おれたちぐらいの歳から「子どもが子どもを産んで・子どもが子どもを育ててる」みたいなことになって来てたよ。

その傾向は弱まることはないだろうね。要は、男たちの多くは妻に「母を」求めてるわけよね。端的にいうなら。「あ〜あ」だね。年収の問題ではないような気がしてる。それは本質をカムフラージュしてるだけだろう。このどうしようもない不況の中、その立場がいつまでも続くなんて、幻想だろうと思うよ。

メシ作るぐらい、何がしんどいかなあ?「大阪王将の羽根突き餃子」はまあまあイケるけどね。絵に描いたような家庭なんて、それこそ「幻想」だけどね。家族って難しい。家族・が難しい。

これはおそらく、こちらの国の「ものすごく多いストレス」が原因だと思う。他にはない。新自由主義がそれを煽る煽る。みんな「何かしらの不満を」抱えて生きてるからね。アホならそれが原因でクソウヨ化するし、あのさ、ストレスのない人なんて決して「クソウヨ化」しません。断言してもいい。憐れみの対象だよ・クソウヨのみなさま。できるだけ近よらんといていただきたい。こないだ「在日なのにクソウヨ」といった稀有な存在と邂逅したけど。もう会うこともないが。

ま・どーでもええわ。


『How Music Works』なん度もいうが、すごい本だったけど、翻訳をしていない自分にも膿んで、なんかないかなあと思っていたら「Talking Heads」のクリス・フランツ(Dr)の著書が出た。訳そうと思い取り寄せた。




David Byrneのような、ちらっと見たところでは、アカデミックではないが、ある意味、Headsのファンならこっちの方が喜ぶかも・と思った。

で、訳す。盆休み(ってあるのか・おれ?)から始める。またまた366ページ・だよ。嬉しくなるが。



posted by 浪速のCAETANO at 15:38| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

🐎鹿、多すぎて困ってる

「無症状感染者の発生理由、世界で初めて発見」

韓国の研究陣がコロナウイルスは、感染2日目に最も急速に増殖し、1週間が過ぎれば事実上活動を停止するという事実を霊長類実験を通じて確認した。 また、ウイルスが活動を止めれば、症状はないのに陽性診断が出るという事実も一緒に明らかになった。


今はこういう知見の積み重ねを地道にやっていく時期で、むやみやたらに「、、、、である」と断言するのはやめたほうがいい。

pandemicなんだから。比較すべきはfluではなく、100年前の「スペイン風邪」。

普通の風邪に、北半球の夏場に何千万人も、罹るわけないじゃん。

勇ましいこと、言うのはただだが、でも実際に罹ったひとの、「水中から水面に顔を出してもまだ苦しい」の喩えは説得力あるしね。味覚・嗅覚の障害が続く、もね。


もうこの夏は公共交通機関での移動は自粛。実家へも行かないでおこうと思ってる。もうちょっとほとぼり冷まそう。


NHKのドキュメントはまだ全然見る価値がある。

海外の惨状(ブラジル、アメリカ、ロシア、インド、イタリア)にこちらの国の(東京)の惨状、心が痛かった。

日々雇用というシステム、酷いな。もうこれからどんどんその惨状が激化していく時に、政府はカネを配り続ける以外ないと思うが、どうだろう?

リーマンのアホが個人事業主の休業補償にごちゃごちゃいうてるのを散見するが「死ね」と言いたい。

あのね、おれたちは、ヒリヒリする傷口で「社会」と接してるわけよ。お前らみたいな「庇護」された存在ではないのね。そこ、わかんなかったら、アタマの中「ウンコ」と言われるよ。誰から?

おれから。

日々雇用という立場で働いてる人にはもちろん、おれたちにだって休業補償なんて一銭も出ない。

「社会人」ですらないのよ。きみらは。「えー、じゃーなんなんですかー?」

いや「会社人」でしょう。


似て非なるもの。


でね、待遇というのは、「いーなー」を引き下げるんじゃなくて(これ、クソ維新の手法ね)良い方に「アジャスト」する、が正しいのね。

ほんとです。
posted by 浪速のCAETANO at 02:44| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

世間は休日

nagasakiの日。

朝から仕事で物理の問題教えてたから11:02には間に合わなかった。な〜んか忙しい。タイミング遅れたけれど、西南西向かって黙祷。丸かぶり・と似てる。アホなこと言うな。アホなこと言いました。


アホと言えば「ホンマのアホ」が長崎で「やらせの・記者会見という名の『朗読会』」を敢行しているが、この前頭葉のないウスラばかのやたらに感情的に「読んでいる」会見という名の朗読会・もう辞めさせろよ。

しかし、前頭葉のないバカと、前頭葉はあるが「いらんことしか言わん・カス」とどっちが害がないのか?

今日は「もう終わんのかい」をいう奴はいなかった。記者もまた・ヘタレである。あんさ、ちょっとはアホに自分の頭で考えさせてあげてよ。「おもろいこと言うかもしらんで」。

太郎ちゃんが「ちょっと失敗したから」と言って、大ブーイングしたヤツさあ、pmに言う言葉がないのであれば、「言いやすいとこにすんごいひどい言葉を言う」だけのヘタレ・と言うことにしかなんないよ。

『きっこ』ぐらいの言葉、対pmに言ってみてよ。どなたかが、きっこの言葉を非難していたが、ハズレ。為政者「だけ」は何を言われてもいいんだよ。「為政者=権力者」だけ・はね。

人を何人も結果的に殺している人間は「罵倒されて」当然よ。何を甘っちょろいこと言うとんねん・とおれは思う。


さて、忙しすぎて、部屋の・もだが、テーブルの上のエントロピーが大変上昇している。やることが多すぎるのだ。

気温・湿度計・CDプレーヤー・間接照明・CD10枚ほど・カッター・消しゴム・テーブルタップ・歌詞ノート・bluetoothスピーカー・ハサミ・ティッシュ・物理のプリント・化学のプリント・某大学の成績inputのためのガイドライン・マスク・灰皿・鍵の束・物理のノート・照明のリモコン・グラス・iPhone・iPad mini・Mac Book Pro・メガネ・赤ワインのボトル・安スコッチのボトル・水・水・水・コースター・mebius・サンプルのタバコの葉・ルーラー・三角定規・分度器・ランチョンマット・タバスコ・コーヒーマグ・腕時計・腕時計・腕時計・サングラス・ジェル・イアフォン・ディーラーのメカの子の名刺・サングラス・シャープペンの芯・新実存主義(マルクス・ガブリエル)・病院の湿布・モバイルルーター・米屋のメンバースカード・ライター・ライター・ライター・爪切り・充電コード・エアコンのリモコン・TVのリモコン・新自由主義の消滅(菊池英博)・タバコ・タバコのペーパー・タバコのフィルター・ワイングラス・スティックのり・黒のトイフェル(フランク・シェツィング)・フェルビナクの軟膏・シュパット・手帳・日栄社の英作文・孫の手・濡れティッシュ。


おれの頭の中がテーブル状に「繰り広げられていた」。だがまだマシな方だ。大学系の勉強道具がテーブルの「下」に積んであった。

今日は「胃拡張チャレンジ」の日。朝からリモート授業だったし。サラダとピザとファルファッレでボロネーゼ。白と赤。ちょっと昼寝して、明日の収録の準備。溜まってるVTRもぎょうさんあって、それを見ながらおそらくソファの人だろうな・と。


まあ、世間は休日やしええやん。

posted by 浪速のCAETANO at 14:32| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

沖縄が、、、

今「第二波」として広がっているVirusはどうも「東京発」の新たな遺伝子配列を持つ・そして当然だが全国の陽性患者はそのタイプ。@読売。


児玉先生の「新宿(もはや・だけじゃないが)エピデミック・センター化」は信憑性が増したね。


そしてユリコのターゲットは「夜の街→ホストクラブ→喫煙所」と。タバコがまた「悪者」にされるだろう。

あんさ、Virus/Radioactive・それらは「とんでもない」よ。それに比べて紫煙なんて(実は)なんと可愛いものだろう。なのに、「可視化される」ものの不運だね。


沖縄がとんでもないところへ追い込まれようとしている。国の支援がないからね。冷酷に見捨てるつもりなのだろう。敢えてダメッジを与えようとしている。島が多いことでは長崎と共通。「モデル」の応用ができないのだろうか?かなり危機感が募っているはずだ。


だが、ldpでもいいし、たの国会議員でもいいが、陽性が出たという話は聞かない。


「だからこれは『茶番』なんだよ」という意見がある。そうなのかもしれない。しれないが、もうちょっと「詰めて」考えるに、彼らは「特権的に」特効薬を持っている・というのはどうだろう。そしてその特効薬は決して一般人には回ってこない。それはひょっとして「アビガン」なのかもしれないし。そこ認可が遅れている(おくらせてる?)のはそのためだったりして。どう思いますか?



それにしても東京・大阪で「アホ」を競ってる。Tシャツvsイソジン。害があるのは大阪やな。Tシャツは無策だけど。「あなた・イソジン買いそうなタイプ」なんてリテラシー・ゼロの代わりに言われそうである。東京ではコートをはだけて「ほら〜」・でコロナTというのは犯罪ですか・どうですか?愚かさを競ってどーすんの・あんたたち?

大阪市など「育鵬社」の教科書やねんから。ひどいよ。貯金があってもコロナ対策には使わない。なんでか?都構想の住民投票ように取ってる・と。雨ガッパ・救いようのない・ロクでもないクソドアホです。どの角度から見ても。


で、ワクチンができれば「セーフ」という人もいるが、ちょっと危険かもね。そこが「本丸」という説だってある。「断種ワクチン」という説もある。「断酒ワクチン」ならアルカホリックにはいいだろうけど。すいません・つまんないこというた。



で、東京の新規陽性者数、またも「頭打」っぽい様子(500超とかにはなってない)が見える。だが、これは検査体制が追っついてないのか、または再度の自粛が貢献しているのかよくわからない。ただし、今流行ってるのは「こちらの国型」であることは忘れずに。


まあ、それでも「日本維そ新の会」だとか「イソジン・オール ザ ピーポー」とかそんなんにはクスッとくる・不覚にも。



いや・沖縄・緊急事態。なんとかならんのか。









posted by 浪速のCAETANO at 11:28| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする