2014年07月10日

Landmines

「Landmines」

あたしは地雷の間を這っている。あなたの居場所を知るために
あたしの目には煙が見える。あなたが地面を焼いているのだ。

あたしは地雷の間を這っている。あなたの居場所を感じるために
夜に隠れてあたしは真珠を地面に埋める。

あなたはどこへ行ってしまったのか?(そんなに遠くじゃなく。
行かないで。近くに)

あなたの指輪を見つけた。鳥の羽根が付着した指輪を。
ひとつの腕はここに、ひとつの腕はもうない。
この指輪を大事に。パリの街をここへ。

ね、愛しい人。あなた。
あたしの愛を知ってるの?

あたしは地雷だらけの野原を這っている。
あなたがどこへ行ってしまったか、それを感じようと。

あたしの目はガーゼで覆われ、
でも、あなたは手がかりを残している。

あたしは地雷の間を這っている。
地雷のことはよく知っている、
それらを埋めたのはあたしだから。

夜の闇に紛れ、あたしのこころをそこに埋める。

あなたはどこへ行ってしまったのか?(そんなに遠くじゃなく。
行かないで。近くに)

あなたの手袋を見つけた。皮が破れた手袋。
五本の指を確認する。
ここにあなたを呼ぶ煙を炊いておく。
愛しい人。あなた。愛しい人。あなた。愛しい人。

by St. Vincent

posted by 浪速のCAETANO at 16:55| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

All My Stars Aligned

「All My Stars Aligned」

兆しを読んで、わたしの星たちみんなを一列に並べて
お守り、魔除け、わたしのウソの目覚ましをセットする。
そしてわたしは決して忘れられない誰かとなる
質問があるのよ、そして貴方が答えを持ってる。

雨乞いの踊りを踊るのよ
空が落ちて落ちて落ちてこないように微笑んでいて。
これまでにもらった愛を集めて
わたしたち二人が眠る愛の巣を作るの、ええ本気よ。

わたしは手のひらをチェックし、舗道の裂け目や、
わたしの心もようと夢も、そして指を折る。
あなたはもう決して忘れられることのない人となる。
質問は何だった?わたしがその答を持っている。

雨乞いの踊りを踊るのよ
空が落ちて落ちて落ちてこないように微笑んでいて。
これまでにもらった愛を集めて
わたしたち二人が眠る愛の巣を作るの、ええ本気よ。

兆しは消え、並んでる星たちもなく、
魔除けも、あなたをわたしの腕の中へと連れ戻すお守りさえも、、、
この人の心だけしかなく、それは人の欠点で築かれるもの。
あなたの質問は何だった?愛、がその答えでした。

雨乞いの踊りを踊るのよ
空が落ちて落ちて落ちてこないように微笑んでいて。
これまでにもらった愛を集めて
わたしたち二人が眠る愛の巣を作るの、ええ本気よ。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 17:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

Every Tear Dissapears

「Every Tear Dissapears」

微笑みは、歯を見せるよりもいい。
それは薬じゃなく、それは魔法で、あたしはそれを探してる。

どんな涙も消えていくもの。
すべての涙はいずれは乾く。

じたばたすればするほど、深い穴に陥るもの。

21世紀を呼んで、ちょっと一休みさせてよと言ってやる。

どんな涙も消えていくもの。
すべての涙はいずれは乾く。

ねえ、痛みはどうなの?
どうだかなんて訊かないでよ、
わかってることはそれが消えていくということだけ。

どんな涙も消えていくもの。
すべての目は千里眼。

そう、ワイヤーの上で危なっかしく生きてる。
あたしは二度目の生を生きてる。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 17:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

Laughing with a mouth of blood

「Laughing with a mouth of blood」

記憶喪失の人みたいに
感覚を取り戻そうと
(えっ、どこへ行ったの?)

口を血だらけにして
しかも少し垂らしながら笑って
(ん、何を笑ってるの?)

世界のひと区画を
何処へでも行ける飛行機と
交換したのよ
(へー、どこへ行くの?)

未来はわからないけれど
あたしには大計画があって
(未来は何を見てるのかな?)

昔の友達のみんなが今そうフレンドリーってわけでもないわ。
馴染みの場所はみんな頭の中を巡ってるけどね。

リッツ モーテルにこもって
TV伝道師と
(へー、彼はなんて?)

水を抜き切ったプールの底でね
(どうやって、そこまで行ったの?)

最も近親の者に残念賞を送るの
おはじきのおもちゃ
(なんだって思うでしょうね)

昔の友達のみんなが今そうフレンドリーってわけでもないわ。
馴染みの場所はみんな頭の中を巡ってるけどね。

お姉さんに恋しいと伝えて
お兄さんにすごく順調って伝えて

昔の友達のみんなが今そうフレンドリーってわけでもないわ。
馴染みの場所はみんな頭の中を巡ってるけどね。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 10:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

SURGEON

「surgeon」
夏の間、ずっと仰向けで過ごした。
また別の発作が忍び寄る、
あたしと仲良く仲良く仲良くしようとして。

TVを消して、青と赤のBEDで待っている。
あたしを支配し支配し支配する
些細ななにか。

ねえ、最高の外科医の誰か、
あたしを切り開きに来て(@マリリン モンロー)

服をきて、そして壁に向かい服を脱ぐ。
もしも母がやってきたなら。
彼女はあたしたちがうまくうまくうまく
いっていないことを良く分かってる。

あたしは郵便配達人の男にこう言う。
「気にしなくていいのよ、あたしはこれから
矢じりのチェックをするから」
そして彼が上手く上手く上手く
上手くうまくうまくやれるように

ねえ、最高の外科医の誰か、
あたしを切って開いて。

ねえ、最高の外科医の誰か、
あたしを切り開きに来て。

ねえ、最高の外科医の誰か、
あたしを切り開きに来て。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 17:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

marry me

「Marry Me」

結婚しましょう、ジョン。
結婚しましょう、あたしはあなたにとってすごくいいから。
あなたはあたしがいなくなるのがわかってない。

結婚しましょう、ジョン。
結婚しましょう、あたしはあなたにすごくやさしいわ。
あなたはあたしがいなくなることをわかってない。

ひとはみんなお金を儲け、セックスをし、仲直りをし、死んで平穏を手に入れる。
でもほとんどのひとはまず勝つためにやるゲームに勝ちたいと思ってるし、
ちょっとでもリードしていたいもの。
でも、あなたはあたしが自由にプラグを差し込めるソケットみたいな心をもった岩。

あたしが横に来た時、あなたの気持ちがウエルカムだというサインがチカチカしてたらなあって、
そんなこと想像できる?

だから、結婚しましょう、ジョン。
結婚しましょう、あたしはあなたにとってすごくいいから。
あなたはあたしがいなくなるのがわかってない。

あたしって、風に吹かれて舞い上がるペーパードールみたいに気まぐれで、
次に地面に落ちた時はもう他の人の腕の中。

ねえ、ジョン、だから結婚してる人たちがすることをあたしたちもしましょう。
ねえ、ジョン、マリアとヨセフが子供のいない時にすることをあたしたちも。

だから、結婚しましょう、ジョン。
結婚しましょう、あたしはあなたにとってすごくいいから。
あなたはあたしがいなくなるのがわかってない。

だから、結婚しましょう、ジョン。
結婚しましょう、あたしはあなたにとってすごくいいから。
あなたはあたしがいなくなるのがわかってない。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 17:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

NOW NOW

「NOW NOW」

わたしはあなたのママのお気に入りのイヌじゃなく、
あなたがその上を歩くカーペットでもない。
わたしはちっちゃな原爆でもないし、
わたしはなにものでもない。
わたしはあなたの足元に落ちている鳥の羽ではない。
わたしはあなたの黄色のレンガ路ではない。
わたしはあなたがこれから出会う誰でもない。

今、今今、今今、今。

あなたは謝るつもりないでしょ。
あなたは謝るつもりないし、
あなたはわたしがあなたに謝らせることもないと思ってる。
あなたはあなたの王の人質じゃない。

わたしはピンと張った糸の上のあなたの世界じゃない。
わたしはあなたがこれから打ち負かす誰でもない。
わたしはなにものでもない。

今、今今、今今、今。

あなたは謝るつもりないでしょ。
あなたは謝るつもりないし、
あなたはわたしがあなたに謝らせることもないと思ってる。
あなたはあなたの王の人質じゃない。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 13:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

Psychopath

「psychopath」

サイコパスみたいにハイウェイを走るの。
燃えるような思いと激しい怒りを背負いながら。
賭けてみたいわ、その賭けを取り戻せるかに。
今、心臓発作になりかけてるから。

あなたは「ハニー、心配するなよ。
隔たりってのはまさに吹いてる風みたいでさ。
燃えさしと小ちゃな火を消して、その代わりに
大きなのを燃やし続ければいいんだよ」という。

だからわたしは砂の上に立って、そこで言う。
「今までで最高の日ね」と。それ以上のことはなにもない。

すべてのものが動き続けててもわたしだけは
あなたの焦点の定まらない視界の中に居させて。
みんなが家へ帰ってもわたしのはっきりしない
視界の中にあなたを居させるから。
すべてのものが動き続けててもわたしだけは
あなたの焦点の定まらない視界の中に居させて。
みんなが家へ帰ってもわたしのはっきりしない
視界の中にあなたを居させるから。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 11:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

The Apocalypse Song

「The Apocalypse Song」

待って。
わたしは光よりも速い。
身体の中の炭素は10億年の時を経ている。
あなたは両眼を縫い目で覆われた状態で目が覚める。
そしてわたしにわたしの身体を与えない。

時が来た。あなたは光。
あなたはみんなを構成するものを怖れているのだと思う。
これまでのあなたの祈りはたった一度の呼吸も同然。
どうかあなたの勝利が続きますように。
そしてわたしには取るに足らないような死を。

時が来た。あなたは光。
あなたはみんなを構成するものを怖れている、おそらく。
だから黙示を繰り返しながら通りへ出てみなさい。
あなたの祈りは狂人が一点を見つめる、そんな風よ。

by st ヴィンセント


梅雨といえどもまだ本格化はしていず(おそらく)今日はクルマで走って快適。江坂まで買い物に行く。本当はも少しDRIVING AROUND北摂っちゅうのをしたかったのだが、そしてHIRO コーヒーでマンデリンのpotをゆったりと飲みたかったのだが、ゴミ出すのを忘れてたことを気づいて、クソ〜と帰ってくる。クソ〜だ、ホンマに。小市民、だはは。

St.Vincentの歌詞にはキリスト教関連のモチーフがよく出てくる。南部出身とも関係あるかもしれない。彼女はis from Dallas ,TX.
posted by 浪速のCAETANO at 14:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

Digital Witness

Rainy season has just started.

さっきよね。先日のクソ暑いのも参るけれど、このジトジトねちねちネトネトしとしと時にどばー、、そんな季節になっちゃったが、実はそんなに嫌いじゃない。自分のことですが、それは3月生まれとかんけーあるのでは、そう思ってる。

気がついたら、初めて意識した環境がこれだったからかな、なんて思ってます。乳児だったおれはかわいくも、この環境を「絶対的なもの」として捉えた、いわば「刷り込まれた」という風に思ってます。

だからかな、と。ええ加減なこと言うな、とおっしゃる方、違う意見があればぜひおせ〜て。

さて、本日の歌は、もう実はアメリカの子供たちが大好きになってるという事実を知りました。さもありなむ。

おれも子供時代はとうに過ぎてしまいましたが、おっちゃんも大好き。


<Digital Witness>
席に戻りなさい。戻りなさい。歯ぎしり。
お前の知性のすべてが欲しい。
みんなはTVをつける。それは単なる窓みたい。
みんなはTVをつける。それは単なる窓みたい。
ほんとに。

DIGITALの証人たち。
今眠ったりするのに何の意味がある?
わたしがそれを指示できず、おまえにわたしが見えてないとして
だからと言ってなんでもかんでもやることに何の意味がある?

証言する時間がなくなる。

お前の知性のすべてが欲しい。
みんなはTVをつける。それは単なる窓みたい。
みんなはTVをつける。それは単なる窓みたい。

DIGITALの証人たち。
今眠ったりするのにわたしが何の意味がある?
わたしがそれを指示できず、おまえにわたしが見えてないとして、
ではロンドン ブリッジからわたしが飛び降りるのを見てなさい。

証言する時間がなくなる。

みんなはTVをつける。それは単なる窓みたい。
ほんとに。

ほら、ちゃんとよく見て。でも、もうどうでもいい。
お前の知性のすべてが欲しい。
お前の知性のすべてをよこせ。
お前の知性のすべてが欲しい。
すべてをよこせ。

DIGITALの証人たち。
今眠ったりするのにおいて何の意味がある?
わたしがそれを指示できず、おまえにわたしが見えてないとして、
だからといってなんでもかんでもやることに何の意味がある?

だからわたしはもう眠ることをやめた。そう、やめた。
だれかわたしをわたしに売り戻して欲しい。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 17:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

Rattlesnake

<RATTLESNAKE>

道路から送電線を逆に辿って
誰もいないのでわたしは服を 脱ぐ
このたったひとつの世界にわたしはたったひとりなの?

砂の地面に蛇の穴がいくつか空いている
それはスーラがリオグランデを描いた絵みたいで
このたったひとつの世界にわたしはたったひとりなの?

汗をかく 汗をかく 風は後ろから吹いてこない
汗をかく 汗をかく 誰も決してわたしを見つけることはない

聞こえる音といえばわたしの息だけで
わたしはよろけながら歩いてその跡は小径になる
このたったひとつの世界にわたしはたったひとりなの?

風は最後にはわたしを救ってくれるだろうか?
藪の中から聞こえる音はガラガラ蛇だろうか?
このたったひとつの世界にわたしはたったひとりじゃない
走る 走る ガラガラ蛇が迫ってる
走る 走る 誰もわたしを見つけることはない
走る 走る ガラガラ蛇が迫ってる
走る 走る 誰も決してわたしを見つけない
汗をかく 汗をかく 汗をかく ガラガラ蛇が迫ってる
走る 走る 誰も決してわたしを見つけない
汗をかく 汗をかく 汗をかく ガラガラ蛇が迫ってる
走る 走る 走る 誰も決してわたしを見つけることはない

by ST. VINCENT
transrated by marutanikaz

posted by 浪速のCAETANO at 15:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

PRINCE JOHNNY

もう、なんか、じわじわとなのだけど、真綿で首絞められるみたいにヤル気がなくなって来るし来た。

どうでも良いのではないかな、もう。すべては終わってしまっているのだけど、終わってないフリをみんなですることでなんとかモってる気になってただけなのだ。ヒトはそういうこと忘れてて、心の中にちっちゃなバブルを作り、それが保たれてるうちはいいんだけどね。その、ちっちゃなバブルというかフロスはあっけなく弾けてしまう。

<PRINCE JOHNNY>


王子のジョニー、貴方は優しいがバカじゃない。
もう、その違いは分かってるわ。
貴方は名も無い誰かの息子になりたいのね。

貴方がくすねたベルリンの壁の欠片を馬鹿にしたときを思い出して。
で、そのことにそんなに大笑いしたっけ?
カーペットで寝転がりなさい。

指でアンデス山脈をなぞって、いつ、どこで、誰と次に寝るかってことばかりを言ってる。
すべては誰かの息子たちと。

貴方は自分が立派な男の子になるようにと祈る。
貴方は自分が立派な男の子になるようにと祈る。

王子のジョニー、貴方は優しいけどもっと気をつけた方がいい。
今じゃ貴方と距離をとる時が分かってるわ。
友達や御付きの者たちがバスルームの片隅で貴方をチヤホヤしてる時よ。

貴方が自分がが立派な男の子になるように祈るのを見た。

でも、ハニー、誤解しないで、あたしの気持ちをそれとよく似た安物の贖罪と。

私たちはみんな誰かの息子なのよ。あたしの言葉でもまだ言い切れないことを分かってほしい。

だから、あたしは立派な女の子になるように祈る。
だから、あたしは立派な女の子になるようにと祈る。
あたしは祈り続ける。

BY ST. VINCENT TRANSLATED BY MARUTANIKAZ
posted by 浪速のCAETANO at 20:23| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする