2010年10月26日

クールにFAREWELL

 アルファともいよいよおさらばである。

 ずーっと乗りたくて、でも他のクルマを買い続け、もうほかに乗りたいクルマがないところまで引っ張って、やっといい個体に出会い、初期型のナロー・アルファがうちに来たのは4年ほど前になるだろうか。今調べたら2007の三月八日でした。3年半というところか。

 このご時世である。クルマは余計者・と捉えられても仕方がないし、一般の意見としてはそれでも構わんと、おれは思う。

 おれは人が思うほどエンスーでもなく、ただ、いろんなクルマを乗り散らかして来ただけであって、しかし、その個体数にはかなりのものがあり、そのそれぞれのフィールは今も目を瞑れば甦ってくる。飼っていたネコたちのそれぞれの毛のテクスチュアと同様に。旅として行った先の風景・鳴っていた音楽・そして横に座っていた女・の記憶を伴って。記憶・よりももっと生々しい感覚さえある。それだけ、クルマは好きだったし、ネコたちと同様、ある種「仲間」みたいなものだった。

 ネコとクルマそして愛すべき女・音楽があればそれで良かった。まあ、割と欲が深いと思われるかもしれないが。そういう人生しか知らなかった。

 そして、いろんなものと「お別れ」するフェイズにすでに入ったはずである。だからそれはそれで覚悟は決めてるつもり。ぺろも最晩年である。そこからはきっとネコは飼わない。ぺろやうーちゃん以上の個体には出会わないという確信がある。アルファ8v以上の個体にも出会わない自信もある。しばらくはサーブに乗るだろうが、おれの「華麗な?」クルマ遍歴もそれで最後になろう。実際クラッチがかなりヘタっている。

 いろんな「遍歴」もこれで終わり。出家でもしようかな・なぁんて。

 まあ、これも時の流れ・だろうか/だろう。

 現世の楽しみだけを追いかけてきて、あまり悔いもなく、熊野もこないだ火祭りを見に行くときアルファで中辺路・大辺路走ったし、それもよろしかった。クルマがなけりゃ熊野詣ももうしないだろう。後白河上皇にはかなわなかったね。後鳥羽上皇よりは行ったけどね。

 さて、このように考えてくると、自分は何か別のものに「alter」過程かも、と思えてくる。一体全体「何に?」わからない。わからないが、その変容の先にはこれまでとは明らかに異なる環境と実体があって、今までの感覚で言うなら「何か辛いもの」のような気がするが、そのときに自分が変容しているわけだから、それを辛い・と感じるかってのは不明。

 楽しみか? と訊かれれば「そんなに楽しみでもない」と答えざるを得ないけど。そういう感情論で云々できない世界に突入する気がしている。
 

 
 FAREWELL FAREWELL
 
 

 
posted by 浪速のCAETANO at 14:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

予定は未定

 本日の予定:
 早起きして、8:30には家を出て、新御堂を北上し、すずきクリニックにて「健康診断」。それ終わりで、北摂のどこかで「お弁当とビールorワンカップ」持参で花見。ついでに8Vもオイル交換してあげて。そのために昨夜から絶食。

 本日の現状:
早起きして、8:30には家を出て、新御堂を北上し、すずきクリニックにて「健康診断」・・のはずが、不審そうな困ったような顔と声で「予約なさってます?」と看護士のおばさんが言う。「ん? 予約要りましたっけ?」とおれ。「予約いるんですよ〜」とおばさん。「はあ〜」とおれ。結局次の金曜の予約をしてすずきクリニックを後にした。まだ9:00である。昨夜は店も行かず絶食して今日に備えたのに・しゅん・だった。

 健康診断の後のめし・それはヒトを「無謀」にするものだ。過去を振り返ってみても、「鰻屋」に直行したり、「豚カツ屋」に直行したり、「寿司屋」に直行したり・とその時の気温・湿度とオノレのハラの具合によってその「無謀」の質と種類はちゃうが、まあなにかの「オトシマエ」つけたろやないけ・とやや語尾は南河内のヒトとなるわけ。

 そして今回は千里阪急の豪華お弁当と酒 beneath the full bloom of cherry blossom、うーん完璧・と思っておったのだ。

 なんにもすることがなくなると、ヒトはハラが減る。しかし、午前9時にはモーニングぐらいしか喰うもんてないのね。で、しょうがなく吉野屋の朝定に行くことにした。で、行ってしまったら、牛丼を喰っていた。何十年ぶりやねん。これもなにかの「オトシマエ」なのだろうか。うん久しぶりに喰ったら、何だか旨かった。空腹は最大のアピタイザーではあった。

 オート・バックスは10:00からだろうと思い9:50に行ってみると、受付は10:30からだと言う。で、コーヒーを飲みに江坂へ戻る。こんなこともあろうかと文庫本を持ってきていた。検診の待ち時間に読もうと思ってたのだ。でコーヒーのHiro本店へと行き、ここは駐車場があるから8Vをそこに停めて、マンデリンG1の2CUPSを注文する。Hiroも久しぶりである。上手にいれていた。朝から旨いコーヒーを飲めば気分は上々なのであるが、さらに、ものすごく笑顔のかわいいウエイトレスのおねーちゃんがいた。決して美人ではないのだが、笑顔がもうまるで屈託がなく、この屈託だらけの狙いだらけの計算だらけの「現代女子笑顔業界」(そんな業界あればだけど)に於いては「ザ クイーン オヴ 笑顔」と決定してしまっても差し支えない・そんな笑顔の持ち主だった。

 朝からあんな娘のとびきりの笑顔に会えたりすると一日気分良いだろうな・と思う。あれは遠くからでも足運ぶ値打ちあり・だ。あの表情がテムポラリィなものであったとしてもあんな表情が自然にできるのは「才能」だと思う。まあ・彼女は人気らしく、来るおっちゃん来るおっちゃん・みんなが挨拶されると破顔していた。

 そのとびっきりの「笑顔」はヒトを善人にする。おれは駐車場のタクシーのフォグ・ランプが点いているのをわざわざ店に戻って教えてあげるわけよね。

 オートバックスで鉱物形のオイルを選んで、作業を待っていたら、前のマンションの別の階のおばちゃんと会う。そのおばちゃんはこないだ梅田でも出くわし、なんなんでしょうか? こないだ家庭教師先のばか高校生に、iPod用のトランスミッターを破壊されて以来、クルマではテープを聴いていたので、それを探す。かなり安くなってきてる。2千円台だった。

 8Vは1000kmで1Lオイルが減ってしまう。熊野も行ったし、もうそろそろだと思ってたから、替え時だった。おれのアルファ155・8vのエンジンは「アルファロメオ最後のツインスパーク・エンジン」だ。16vとなるとフィアット製になる。ジュリアからの直系の伝統のエンジンで、回すと「がるるるるるる」と大型ネコ科の唸り声で鳴く。ツインスパークの直4のDOHC8Vエンジンは軽快で、まるでフィアット・パンダやアウトビアンキのようにドライヴが出来る。おれの8Vは所謂ナロー・ボディというやつで、その後の室内の拡大化が成される前のモデルだ。

 クルマのエンジンオイルはバルトリン氏腺液である。今・バルトリン氏腺液が汚れ、量も減り、ネバ・なのである。それを透明で、量たっぷりで、サラ・にするわけね。ピストンに対して「すまん」という気持ちである。そんな悪環境の中ピストン運動を強いていたおれをユルせ・と思うのだ。その代わり本日からは、○○ちゃんのお○○こ内のような好環境であるよ・と言うのである。いきなり激しいピストンだってオッケーだよ・と言うのである。クルマってのはほんと「ニンゲン」であって、カオもケツもあって、内燃機関はもろ・それである。8キトーなんちって。だから電気自動車というのはたとえそれが「ゼロ・エミッション」であって、環境に云々・であるとしても、やっぱりそれは本来的な意味でのクルマ・とは言えんのぢゃないの・とおれは斜視になってる。「うわー・しずかー」などとバカ・タレントがよくほざいているが、そんな「実感」に欠けるもんなんて乗りたかねーし・と斜視の角度はさらに大きくなる。

 ムヅかしい時代だったりする。クルマに関してはおれこそ「時代に逆行」なのであって、しかし、そういう人々の乗るクルマがもうほとんどない・のだった。大事にしたい。

 人生「予定は未定」だった。しかし、開けたサン・ルーフに散る桜の花びらが落ちてくるってのはいいもんだった。来週まで花はモたんかね。

 iPodから流れていた。
posted by 浪速のCAETANO at 16:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

エコとか言うが

 クルマ「マルタニ塾」(お勉強マルタニ塾ではなく・ミーツ・リージョナル誌にクルマ三連発連載の三番目として今年の二月までやってた)の相棒の瀧村くんが店のHPのための撮影に来てくれて、その後、まあクルマ話をする。

 この東京モーターショーなどはかなり悲惨なムード漂う中、開催されたという。不況だ。

 そして、世の中は「ハイブリッド」「電気自動車」「まずは燃費最優先」とまあそんな感じである。おれも最近は何が何でも「クルマで行く」という感じではない。しかし、クルマには乗っているし、時々乗るクルマがアルファ・ロメオである・ということは「嬉しい」ことだったりする。時々乗るクルマがリーザ・チャチャ20年落ち・であったとしたら、加藤和彦氏の後を追ってるかもしれない。

 今、8vはケツを向けて駐まっている。クルマに乗ろうとする時にそのケツがまずは目に入ってくる。いや、オンナとクルマはケツでしょう。頬ずりしたくなるケツが、本日も第一印象である・ということはそれから始まる大したor大した事ないドライヴが「FUN」になるのでは・という予感を抱かせる。

 リーザ・チャチャではこうはいかない。

 オノレのワーキング・プア度がさらに胸に突き刺さる。そして加藤和彦氏の・・・。

 そんなこと、どーだっていいぢゃん、動けば、という意見もある。まあ、そんな意見がメジャーであったりする。リーザ・チャチャのオートマチック車。考えただけでも加藤氏の・・・・。

 今、エコ・がブームを通り越して「当然」という域に入ってきてる。化石燃料を使用する・燃やすことが、そんなに「悪」か・というほど、「悪」になりきってる感あり・だ。

 鳩山ちゃんは25%の削減を(条件付きだが)コミットした。さらにこの傾向は進むのだろう。ま・いいけど。

 しかし、流行語を通り越して「一人歩き」している「エコ」はまた、リアリティが薄くもなっている。一つの考え方・方向性・手段がまとわりつき、たまに鬱陶しかったりする。

 「エコ」にはお金がかかる。ここんとこだ、変な感じなのは。エコカー減税なんていう、自民党最末期の大衆迎合政策により、コドモ店長がTV画面で200000円割引してあげる・といくら言っても、おれは反応しない。あのコドモ店長、「泣かしたろか」などオトナゲない対応・な、おれだった。引っ越し屋のCMにおいても「キリンさんが好きです。でもゾウさんの方がもっと好きでーす」の女子児童にたいしても「泣かしたろか」が基本姿勢だ。同時期にオンエアされていた男子児童による「松本引っ越しセンターでしゅかーっ。松本引っ越しセンターでしゅかーっ」は何故かユルせる。なぜでしょう。

 飛んだが、でもさ、そのエコ・に関して、みなさんどこかしら「?」とか思ってたけれど、なんかツッコミどころがなくて、そのままにしておいたら、なんとなくその存在が「ビッグ」になってたアホタレントみたいなイメージってないかね。もひとついうなら「あまりに正し過ぎる」のだ、それって・ね。

 なんだか、ノセられてプリウスやインサイト(だっけ?)を買ったヒトってどれほどいるのだろう? エコカーに乗るのはエコかもしらんが、乗り換えたクルマはどーなるの? 中古車として売れたとしてみよう。世の中にはエコカーが一つ増えただけっちゅうことだ。排出CO2量は微増(エコカーの分)し、特に減ったというわけではない。もし、乗り換えたクルマが廃棄されたら、CO2の量は確かに減るが、廃車の分エントロピーが増すことになる。

 では、おれのようなアホはどうするか。

 15年落ちのアルファに乗り続ける。なぁんにも変化ないが、鉄の塊を増やすこともない。CO2量は変化なしだけど。

 モノは考えようだと思う。現に日本のメーカーの調査でも乗り換え・は少なくなっている。みなさん、今思ってることって、「じっとしとこう・しばらく」といういうことなのだと思う。

 これも・というかこれが意外にエコと言えばエコって気もしてくるわけよ。ジタバタせずに、乗る回数は確かに減ってるわけだからね。モノ買わなきゃエコじゃない・ってのは「敵の作戦」だからね。どうせ買うならエコなモノを・と敵は言う。しかし、買わずに「あるもんですます」これが一番エコ・って気もするわけです。

 旧車に乗ってらっしゃる方も多い。おれもそうだけど、メンテしながら、まあある意味フェティッシュでもあるけれど、オンナのいいケツを愛でるようにクルマのケツを見て「にやにや」しつつも、新御堂の上りではカル〜く一瞬5000回転ほど回してあげるなんてのも,精神的エコとも言えそうなのね・いや・まぢで。


 エコな音。根拠は薄弱だけど。そんな気がするのね。
posted by 浪速のCAETANO at 17:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

早朝からの愉しみ

 昨夜・やっとの思いで塾を終え、酔っぱらって倒れ込んだから、そういうときは早く目が覚めることが多い。

 念願の朝散歩をして、どーもそれでは収まんなかったから8vでちょっと走りに行った。新御堂のドン突きのあのトンネルが気になっていたのだ。でそこまでいく。

 よう考えたら箕面ってオモチャの街ぽくなってるね。おれは好きじゃない。まあそんなことよりか、トンネルトンネル。中へ突入である。

 有料だってさ。600円。高いのか・安いのか。どちらかと言うなら、高いんじゃない?
 そしてびっくらこくのはその長さであった。6km近い。山ん中そんなに掘りましたか。こりゃ、もうごくろーさん・としか言いようのないものがあったりする。

 中は和歌山の山奥のトンネルとはさすがに違い、明るい!!!なんだか自然光がどこからか入ってきているような明るさであって、まあそんなことは有り得ないのだが、穴の中という気がしない。技術の向上をそこに見た。で、どこに出たか?

 止々呂美に出た。あ・なるほどね。亀岡池田線に出たから亀岡まで行こうかとも思ったが、箕面森町というニュータウンを超えたらそこは光風台だった。あ・なるほどね・といろいろ辺りを走っていると、ときわ台だった。能勢電である。あ・そーゆうことね。となれば、妙見口まではすぐである。そして妙見山までもすぐである。しかし、ただ走っているのが気持ちよかったので寄り道はなし。そこからまた亀岡池田線に戻り、山路を茨木までぶっ飛ばして下り帰ってきた。

 能勢電って乗ったことないのだが、木々の中を走り、乗ってるだけでピクニック気分になれる電車ではないか・と思った。クルマもいいが電車もいいがクルマもいい。その辺を「使い分け」できる人間性の向上が最近見られる。実家のおかーちゃんも喜んでくれることだろう。

 8vは「なまくら」である。嬉しくなっちゃうのだ。不真面目といってもいいか・と思う。その重いクラッチも緑の中を走っている時には全然苦にならない。下に降りて来るとやっぱり重いのね・これが。サンダルでは難有り・かな。

 高野山道路であるとか、高野龍神スカイラインであるとか、中辺路であるとか、R168であるとか、R42であるとか、ちょっと走りたい路がある。行っちゃおかな。

 問題はこの暑さだ。あのさぁ・気象予報士の諸君、「今年は猛暑」と最初言ってたのが「今年は打って変わって冷夏」としたり顔で言うといて「やっぱ猛暑ぢゃん」。長期予報なんかするもんじゃないよ・大した根拠も言わずに。そんなのをありがたがってわざわざ聞きに行くなよ、メディアのサルも。気象予報は短期しかダメよ。そして短期なら天気図見たら、おれでも分かるっちゅうねん。専門家とそれを取り巻くバカのつまんなさ・の一例である。

 この35・35・34・35・35・35・35という予報、ここんとこは信用できる予報であるが、これは人をして外に出ることを躊躇わす外気温である。こりゃたまらん。やっぱ一番暑いもんね・大阪というか近畿。高校球児たちもごくろーさん・である。母校が甲子園来なくて良かった。

 自分を楽しませることはたくさん持っている方がいいに決まっている。温暖化の一つの原因みたいにクルマは思われとるが、もっと大規模な元凶を先になんとかしてよね。数値に表せないこともまだまたいっぱいあり、そこで癒された人間は他人に優しくなれたりするのだ。その連鎖って数値で表現できない。いや・できるのかも知らんが、その要素を学者が知るには無理な世界かも知らんでしょ。遊んでないとわからんこともまだまだ多い。と言いつつ、スペシャリストからはどんどん遠ざかって行くのである。そんなことよりも「偉大な生活者」になりたいのだ、先は遠いんだけどね。

 
posted by 浪速のCAETANO at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ある休みの一日

 ワインを持って山へ・と言っても里山程度の深さぐらいしかないとこだが、8vを駆って出かけ知らん路を上まで登ると、神は我を祝福しているのであって、芝のある「ここでのんびりするべし」という場所があるわけだ。

 温かく・適度に風も吹き・そしてなによりワインが旨い。ゴージャスなお弁当も旨い。他に何か?という気になる。ごろんと寝転べば鶯も啼く。ん? なんか余分である。「ほーほけきょ・ぴ」て。最後の「ぴ」は余分である。上手く啼けない鶯というのはよくいる。「ほーほきょきょ」とか「ほーほへひょ」とか「ほーほけー」とか「ほーけー」とか最後のんは創作ですけど、「足りない」鶯は春待ちの頃よくいる。しかし。

 ちゃんと啼けているにもかかわらず、あえて最後にそんな「おかず」を追加するとは、こやつはかなり「やる鶯」ではないか・と感じた。過剰なんてことも感じた。どばっと系かもしれない。生殖行動ではかなり優位に立っているのではないか。行き過ぎなニュアンスがあり、勢いもあり過ぎ、たぶん周りからは「こまったちゃん」として扱われているのだろう。多分フェロモン系メス鶯には受けがよかろうが、清純派メス鶯には中学生ぐらいになると疎ましがられるタイプだろう。

 たまに「ほーほけきょ」とちゃんと啼く。だからやっぱり「ぴ」は「おかず」といわざるを得ない。こんなぐらいにしといてやー、と言ってもそれ以上を必ずやるドラマーというのを知っているが、そのような過剰がある。しかし、そのドラマーはルックスは冬枯れの雑木林ぐらい「枯れ枯れ」であるから、この鶯の全人生的過剰というものはやはりその若さ・に原因を求めていいのだろう。

 外で旨いもんを喰いながら旨い酒を飲んでると・何が何だかわかんなくなってくる。しかも昼酒は相当やばい。そんなことでいいのか。いいんだもんね。

 
posted by 浪速のCAETANO at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

失敗の巻

 天気がすかっとせんのだ・どーも。

 予報では「お天気に恵まれた黄金週間」なんて言ってたくせに〜・うそつき。

 まあおれは仕事なので別に構わんのだが・実は。本日税理士のセンセのとこへ行って塾だから、どちらかというと「豪雨と強風」ぐらいでもいいのだが。8vで行くのさ〜。用事はしょぼいが、行き帰りは楽しいぞ・どーだ。

 a美ちゃんのもってるiPod用のシガーライターに差すトランスミッターがいーなーいーなー、と常々思っていたのであるが、そしてあるとき東急ハンズ江坂店で衝動買いしてしまったのだが、a美ちゃんのような「にゅっ」と飛び出し型ではなく、「ぱかっと近場で嵌め込み型」を深く考えるまでもなく買ってしまったのだが、安かったから。これがミステイクでして、8vのシガーライターはパカっと灰皿用の扉を開けて奥ぅの方にあったのね。よく見てなくって、でその「ぱかっと近場で嵌め込み型」の場合、シガーライターが前面に出てる場合なら、嵌め込みパートがすっきりそこに収まり、そこに付いている可動部分を動かすとiPodのディスプレイがこちら向きになり、見た目も美しく、機能的にも問題なし!!ということなのだが、これがまた・誤算というのはこういうことでして、奥ぅのほうにあるシガーライターに差すともうかなり奥まで・いやんそんな奥までというほど・ずっぽり入ってしまい、その可動部分が「むちうちのおっさん」ぐらいの微妙な動きしかできんのよ。でこちらがわに曲げるとシフトで5速入れた時に当たっちゃう。それでしょうがないから助手席側にピッと曲げるとシフトにはかろうじて当たんない。もうこれしかしょーがない・ということになったのだが、「あ・この曲なんやったかな」と思ってもさっと見る事ができない。どうしても気になる場合は、カラダを右手に90度以上・助手席にほっぺが付くぐらい曲げないと見えない。危険な事この上ない。

 前から見て無人のアルファが走ってましたらおれですので。そこんとこ・よろしく。
posted by 浪速のCAETANO at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

エアーになって

 エアポケットのような日はエアーのように過ごすのがいいだろう。

 誰からも必要とされてないそのエアポケット感を楽しむのがいいだろう。結局そうやって生きていきたいのだ・実はね。そのイン ジ エアポケットの揺り戻しがヒトを新鮮にするのだ。そんな日があってもいいのね。

 銀行回りのためにチャリンコで出発したがバッグを引っかけ、ジーンズをひっかけもうアタマにきて銀行回りヤメやヤメ。しかしバッグを買おうと思ったり、破れたバッグを修繕している間になぜか清々しい気分になる。ヒトの心象というのはわからんなあ。

 こうしなきゃいかん・という強迫観念があまりのオノレのふがいなさに一挙にその矜持とともに崩壊し、となるとヒトはさほど肩肘はらんでもええやん・ということになり、タイミングもよく、いろんなことがキャンセルになり、時間をプレゼントされた。そして目の前にはエアポケットが出現した。世の中の都合? それがどーしたのさ。

 あとは晴れ間が続けよ・と思う。晴れ間さえあれば完璧だからね。
posted by 浪速のCAETANO at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

やつが来た

 出るぜ・アドレナリン。

 8vが朝突然やって来て、思いのほか早くやってきたから、ちょっと肩ならしに箕面まで、原稿今日まで・ときつく言われておったが、その場のノリで久しぶりにドライヴが目的のドライヴなんてのをしてみたが・・・出るぜ・アドレナリン。

 まあマジメに帰ってきて原稿も仕上げましたけど。おもんないクルマのことを書くのが苦痛ではあった。やっぱクルマは中身だけでもあかんし、ガワだけでもあかんのね。ヒトといっしょだね。

 春が楽しみになってきたな。あたたかい季節のことだけど・今年は花見も2週間ほど繰り上げなきゃいかんみたい。となると能勢は4.8の日曜か? 4.1のファンダンゴ大爆発してその余韻に浸りながらの桜吹雪なんてのがよいですなあ。なんだか春は元気なのね。生まれた時期ってカンケーあるのねえ。

 試験からもやっとこさ・解放!!!だ。いやー・苦しかった・いろいろと。ライヴの翌日からほえ〜とする間もなく、マル3週間。8vはゴホービ・あとbirthday presentも兼ねときました。まだ根本の病気は改善されとらんのだが、いろんな手は打った。人事は尽くした。あとは天命を待ちましょうね・と自分に言い聞かせてる。

 これから4月のアタマまでは唯一、ゆったりくんの日々だ。今年は募集もしなかった(できなかった)けどそれもいい。18日は多分最後から3番目ぐらいの「露地祭り」だし、それから長崎へ行かなきゃいけないし、それが終われば「ラフレシアン・コムプレックス」であるし、それから「アナウンスメント」もあるし、花見もあり、みんなとキャンプも行かなきゃな。多忙であるがこのよーなバラエティに富んだ多忙は歓迎なのである。ただ遊びたいだけなのだ。遊ばしてくれよう。
seven3.jpg4割方なウカレ様だな・本日のとこは

posted by 浪速のCAETANO at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファロメオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする