2021年01月25日

そう、根元が「0」点

「正統経済学がダメなのは、論理的一貫性を持たせるべく慎重に構築された上部構造に間違いがあるからではなくて、その前提に明確さと一般性が欠けているからだ」


ジョン・メイナード・ケインズ
posted by 浪速のCAETANO at 06:34| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

Bernie Sanders says


(CNN) 昨今の報道を席巻する見出しは、当然ながらドナルド・トランプ前大統領による言語道断の振る舞い及び同氏が扇動した連邦議会議事堂でのクーデターの試みを扱う内容となっている。

なるほど、下院がトランプ氏を弾劾(だんがい)するのは重要だった。もちろん、上院は弾劾裁判で有罪判決を下さなくてはならない。いかなる大統領も、現在であれ将来であれ、米国に対する反乱を先導しておきながら罪を免れるなどということは許されない。

だがそれと同じくらい極めて重要なのは、全国各地で暮らす数多くの勤労者世帯が感じている痛みと不安を見落としてはならないという点だ。彼らを苦しめる公衆衛生と経済の危機は、我が国の近代史の中でも最悪のものである。実際のところ、多くの勤労者世帯が今日直面する経済的絶望感は、大恐慌以降のいかなる時期よりも大きい。

新型コロナのパンデミック(世界的流行)の結果、我が同胞たる数千万人の市民が職と収入を失った。食事に困窮する事例は過去数十年間で最悪の水準に増加し、4000万人は住居からの立ち退きの瀬戸際にある。連邦政府による賃貸住宅の退去猶予措置が今月末で期限切れを迎えるためだ。我が国の2400万人以上は新型コロナ検査で陽性と診断されているが、米国民の数千万人は健康保険に未加入だったり保障が十分ではない状況だ。

これほどの経済的苦境と絶望の中、米国民の多くは自分たちの政府への信頼を失ってしまった。また非常にたくさんの人々が、昨年の大統領選の結果に関する虚偽を抵抗なく受け入れている。現状、民主党にとって絶対的に必要なのは、大胆かつ積極的な経済政策をバイデン大統領就任後の100日間で進めることだ。今は物事を小さく考える時ではない。大きな構想を描いて、勤労者世帯――黒人、白人、中南米系、アジア系、ネイティブアメリカンの各世帯――から、民主主義社会では政府が自分たちの求めに応えてくれるという信頼感を回復する時だ。

現在の米国の絶望的な経済状況に適切な対策を打ち出せなければ、バイデン政権は弱体化するだろう。民主党も2022年の中間選挙で、わずかに維持している議会上下院の過半数を失う公算が大きい。民主党はクリントン氏が大統領選を制した2年後の1994年の中間選挙で大敗した。オバマ大統領が勝利した2年後の2010年も同様だ。

こうした失敗を繰り返してはならない。

我々が直面している危険は、大規模にやりすぎるとか投入する資金が巨額すぎるといったことではなく、むしろ規模が小さすぎたり国民のニーズを放置してしまうことにあるだろう。もし共和党がともに取り組む姿勢を示すなら歓迎すべきだが、彼らの協力が必要というわけではない。2010年、ミッチ・マコネル上院議員は共和党を優位に立たせるために経済を破壊することをいとわなかった。ありとあらゆる方法で、当時のオバマ氏を「1期だけの大統領」で終わらせようとしたのだ。

彼にまた同じ手を使わせるわけにはいかない。

上院で主要な法案を成立させるには60票以上の賛成が必要で、これが政治の不作為の口実にされてきた。だがここではっきりさせよう。我々にはこの手続き上のハードルを乗り越える手段がある。上院予算委員会の新たな議長として、私は予算調整として知られる手続きを用いるつもりだ。これにより、包括的法案を51票のみの賛成で通すことが可能になる。

これは過激な考えでも何でもない。

ブッシュ(息子)、トランプ両政権で上院は共和党が過半数を押さえていたが、彼らは予算調整を使って数兆ドル規模の減税案を通過させ、最上位に位置する富裕層や大企業に恩恵をもたらした。同じようにして17年には、医療保険制度改革(オバマケア)撤廃に向けて予算調整を利用した。今回は民主党が同様の手順を駆使しなくてはならない。米国民を貧困から救い出し、賃金を引き上げ、実入りの良い仕事を生み出すにはそれが必要だ。

まず、12月に議会を通過した直接給付について、すべての勤労者世帯向けに600ドルから2000ドルへと増額しなければならない。この問題については、バイデン氏、トランプ氏、チャック・シューマー上院院内総務、ナンシー・ペロシ下院議長、上下両院の複数の共和党議員、そして間違いなく、苦しい状況にある多くの米国民(彼らは12月にさらなる景気刺激策を求めていた)が意見を同じくするだろう。

とはいえ、国家がとてつもない危機に向き合っている現状を考えると、それだけでは足りない。予算調整を通じて大規模な新型コロナ救済パッケージを成立させる必要がある。これで緊急失業給付金は週600ドルまで拡大。州並びに地方政府を支援して大量解雇を防ぐとともに最前線で働く医療従事者に危険手当を支給し、郵政公社(USPS)を守ることができる。ホームレスになるリスクにも対応し、米国内のいかなる人も飢餓や住居からの立ち退きに遭わずにすむ。

危機の間は、緊急医療をすべての人に提供しなくてはならない。健康保険未加入者や保障不足の人の医療費の支払いは高齢者医療保険(メディケア)でまかなう。新型コロナ検査や感染経路の追跡、ワクチン配布にも十分な資金を投じる必要がある。プライマリーケア(かかりつけ医による医療)のシステムが行き詰まり、多くの人がメディカルホーム(患者中心の医療の拠点)を持たない時代にあっては、地域の医療センターと全国医療サービス部隊(NHSC、訳注:米保健福祉省に属する組織で、臨床医と医療へのアクセスが限られる人々とを結びつける役割を担う)の財源も大幅に増やさなくてはならない。NHSCは医師の少ない地域で医療従事者になることに同意した学生に対して奨学金を支給したり、学生ローンの支払いを免除したりする。

予算調整を通じ、この危機的な期間の失業手当は確実に非課税としなくてはならない。そうすれば働く人々は、確定申告期限の4月15日になって予想もしなかったほど巨額の税金に見舞われずに済む。

さらに我々は賃金の良い数百万の雇用を生み出す必要がある。我が国の老朽化したインフラ、つまり道路や橋、歩道、学校、水道システム、手ごろな価格の住宅を再建することでそれは可能になる。このほか世界の先頭に立って人類の存続を脅かす気候変動と戦う上で、また多くの雇用を創出できる。この場合は大規模な投資を風力、太陽光、地熱、電気自動車、耐候化、エネルギー貯蔵といった分野で行う。

最低12週間の家族休暇及び医療休暇を保証することも必須だ。高収入国で唯一、有休出産休暇が認められていないという国際社会から見て恥ずべき米国の現状にも終止符を打つ必要がある。

機能不全の幼児期の教育システムに対処するためには、国内すべての3〜4歳児に向けた広く利用可能なPre−K(幼稚園就園前の教育)を提供し、保育の分野を大幅に拡充しなくてはならない。また、世界で最も教育水準の高い労働人口を確保するというのであれば、公立大学の授業料を無償化するとともに労働者階級の米国民の学生ローンを帳消しにすることが必要だ。

これらのすべてを実行しつつ、予算調整の手続きにより法外な処方薬の値段は大幅に下がり、最低賃金は15ドルに引き上げられる。このような施策は多くの人々の生活を改善するだけでなく、連邦政府にも数千億ドル規模のコスト削減効果をもたらす。

現在の並々ならぬ困難の時、どの世論調査を見ても米国民は政府に対し目の前の危機に積極的に対処するよう求めている。議会の今の仕事は米国民の声を聴き、我が国を大胆に前進させて経済的成功へと導くことだ。そして有権者に対し、民主党には生活を向上させるありとあらゆる手を打つ準備ができていると示すことである。

現状のような時期は、米国史上前例のないものだ。我々も前例のないやり方で行動しなくてはならない。






posted by 浪速のCAETANO at 10:01| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

にいやん

「東京五輪:アスリートとしてはやりたい。人としてはやりたくない。アスリートとしては賛成だけど一国民としては反対。命正直五輪よりも大事。応援してくれる国民がいてこそ競技が続けられる。国民に不安が広がる現状での開催については慎重な姿勢を貫いています}


新谷仁美
posted by 浪速のCAETANO at 23:31| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

わたしたちが登る丘(アマンダ・ゴーマン)

日が昇ると、私たちは自問する──どこに光を見いだせようか、この果てなき陰のなかに。
私たちが引きずる喪失、歩いて渡らねばならない海。
私たちは果敢に、窮地に立ち向かった。
平穏が平和とは限らず、「正しさ」の規範や概念が正義とは限らないことを学んだ。
それでもその夜明けは、いつのまにか私たちのものだ。
なんとか私たちはやるのだ。
なんとか私たちは切り抜け、目の当たりにしてきた──壊れてはいないが、ただ未完成の国を。
私たちは、一国一代の後継ぎだ。
そこでは、奴隷の子孫にして母子家庭に育った痩せっぽちの黒人の女の子が大統領になる夢を持てる、
そして気づけば大統領のために詩を朗読している。

もちろん、私たちは洗練からもほど遠く、清純からもほど遠い。
だからといって、私たちは、完全なる一致を形作ることを目指しているわけではない。
私たちが目指しているのは、意義ある一致を築くことだ。
人間のあらゆる文化、肌の色、人格、状況に尽くす国を組み立てるために。
だから私たちは目を上げる──私たちのあいだに立ちはだかるものではなく、私たちの前に立ちはだかるものに。
私たちはその分断を終わらせる。未来を第一にするためには、まず私たちの違いを脇へ置かねばならないと知っているからだ。
私たちは武器を捨て、互いに手を差し伸べ合えるようにする。
誰も傷つくことなく、誰にでも調和があることを求める。

世界に、少なくとも、これは真実だと言わしめよう──
私たちは嘆いたけれども成長したと。
傷ついたけれども望んだと。
倦んだけれども試みたと。
私たちはいつまでも共に結ばれて、勝ち誇るだろうと。
それは私たちが敗北を二度と味わうことがないからではなく、分断を二度と植え付けたりしないからだ。

聖書は私たちにこう幻を抱くようにと語りかける──
「人はそれぞれ自分のぶどうの木の下、いちじくの木の下に座り、脅かすものは何もない」(「ミカ書」4:4)。
私たちがこの時代に応えようとするのであれば、勝利は刃ではなく、私たちの作ったあらゆる橋にあるのだ。
それが、私たちがのぼる丘の約束だ──ただし私たちが果敢にのぼりさえすれば。
なぜなら、アメリカ人であるとは、私たちが受け継ぐ誇り以上のものだからだ。
それは私たちが取りかかる過去であり、その過去をどう直すかなのだ。
私たちは目の当たりにしてきた。
私たちの国を分かち合わず、割って粉々にしようという勢力を。
私たちの国を破壊するだろう勢力を。
民主主義を先延ばしにするというのだ。
この試みはほとんど成功しかけた。
だが、民主主義は断続的に先延ばしできても、
永続的に打ち負かされはしない。
この真実、この信仰に、私たちはより頼む。
私たちが未来に目を向け、歴史が私たちに目を向けているからだ。
これが、正しきあがないの時代なのだ。
私たちはその始まりにあって恐れた。
そんな恐ろしい時の後継ぎになる備えができているとは思えなかった。
それでもその内側で私たちは見出した──新しい章を著す力を、自分たちに希望と笑いを与える力を。
かつて私たちは問うた──「私たちはいったいどうしたら破滅に勝りえようか」
いま私たちは断言する──「破滅はいったいどうしたら私たちに勝りえようか」
私たちはありしものにふたたび戻らず、あるべきものに向かって動いていこう。
あざはあるが欠けのない、情け深いが大胆で、猛烈ながら自由な国へと。
私たちは脅しにも振り返らず、遮られもしないだろう。
私たちは知っているからだ──自らの無為と無気力を次世代が受け継ぐのだと。
私たちの失態が彼らの重荷になるのだと。
だが、ひとつ確かなことがある。
私たちが慈悲と力を、力と正しさを融合させるなら、
そのとき愛が私たちの遺産となり、変革が私たちの子供たちの生得権となる。

だから、私たちに残されたよりも良い国をあとに残そう。
私の青銅色の、高鳴る胸で息するごとに、この傷ついた世界を
素晴らしき世界へと高めよう。
立ち上がろう、西部の黄金色の丘々から。
立ち上がろう、私たちの父祖が最初に革命を起こした、風の吹き渡る北東部から。
立ち上がろう、中西部各州の湖に縁取られた街々から。
立ち上がろう、しゃく熱の南部から。
立て直し、仲直りし、回復しよう。
私たちの国の隅々で、わが国と呼ばれるところどこででも、
さまざまで美しいわが国の人々が現れよう、打ちのめされても美しい人々が。

日が昇ると、私たちはその陰を飛び出す──紅潮して、恐れずに。
新しい夜明けが花開く、私たちがそれを解き放つ。
そこにいつも光はあるのだ──
私たちにそれを見ようとする勇気さえあれば。
posted by 浪速のCAETANO at 05:10| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

そゆことよ

「金融政策は紐のようなもの、引くことはできるが押すことはできない」(ケインズ)
posted by 浪速のCAETANO at 20:27| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bd of MLK &holiday today in USA/B

“We now have the resources, we now have the skills, we now have the techniques to get rid of poverty. And the question is whether our nation has the will.” − Dr. Martin Luther King, Jr.

「我々は貧困を取り除くリソースも、スキルも、テクニックも今はある。となるとクエスチョンはわたしたちの国にその意志があるかどうかということだ」

マーティン・ルーサー・キング、jr。
posted by 浪速のCAETANO at 07:25| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

そしてその後コロナworldへ

「増税で 税収減らす マヌケかな」

贅沢保湿さん
posted by 浪速のCAETANO at 08:06| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

バカ男たち(女も)よく聞け

7FADB7BB-FFC7-4311-B224-3A41CFD409D9.jpg
posted by 浪速のCAETANO at 15:41| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

European leader says

“The fundamental right [of freedom of expression] can be interfered with, but along the lines of the law and within the framework defined by the lawmakers. Not according to the decision of the management of social media platforms,”


表現の自由という基本の権利は妨げられることがあったにせよ、立法者により定義された枠組みの中で、法に沿ったものでなくてはならない。ソーシャル・メディア運営者の上層部の判断によってはならない。

アンゲラ・メルケル、dt絡みの一連の出来事に関して。
posted by 浪速のCAETANO at 15:12| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

勘違い多いよね、どちらの国にも

『愛国心とは国を支えることだ。大統領に味方することではない』


ルーズベルト大統領

posted by 浪速のCAETANO at 16:50| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

saying in china

お金で「家」は買えるけど、「家庭」は買えない。
お金で「時計」は買えるけど、「時間」は買えない。
お金で「本」は買えるけど、「知識」は買えない。
お金で「名医」は買えるけど、「健康」は買えない。
お金で「地位」は買えるけど、「尊敬」は買えない。
posted by 浪速のCAETANO at 09:20| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

ライオンに襲われた水牛を他の水牛が助けていたが

私が嘲笑するのは、いわゆる「実際的な」人々や彼らの知恵なのです。もし人が牛のようなものでありたいと思えば、もちろん人類の苦しみには背を向けて、自分自身のことだけ心配していることもできるでしょう。


カール・マルクス
posted by 浪速のCAETANO at 06:16| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

鎖を作る側にはなあ、パソナかい。

俺はほとんど失望した。俺のまわりの奴らを見た。鎖で縛られていることも知らんでいるような奴が大勢いる。知っていても、それがありがたいものだと思っている奴も大勢いる。ありがたいとまでは思わないが、仕方ないと諦めて、やっぱりせっせと鎖を造っている奴も大勢いる。 (「鎖工場」8/24)


大杉栄
posted by 浪速のCAETANO at 08:04| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

MMTとか関係なくまず・これ

「国家は“最初の投資家”であれ」


マリアナ・マッツカート
posted by 浪速のCAETANO at 10:40| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

新自由主義者ならそうこなくっちゃ。どこかの元pmも以下同文。

「彼女の葬儀は民営化しよう。競争入札にして一番安い入札者に決めよう。彼女もそれを望んだだろう。」


サッチャーの死に際して、ケン・ローチ監督の言った言葉。
posted by 浪速のCAETANO at 16:25| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

平蔵、耳の穴かっぽじくってよく聞け

一個人がいかに富んでいても、社会全体が貧乏であったら、その人の幸福は保証されない。その事業が個人を利するだけでなく、多数社会を利してゆくのでなければ、決して正しい商売とはいえない。

渋沢栄一
posted by 浪速のCAETANO at 09:32| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

ふーん、そーなの

わたしには国家観というものが、ない。


スガくん
posted by 浪速のCAETANO at 04:51| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

大阪弁でも時には正しい

「あのね、最大の経済対策っていうのはね、国民が貧乏から離れる事やろね。こんなに貧乏になった7年間・8年間見てるとね、もう痛々しくて仕方がないの。所得倍増計画いうのを政治家の人にぶち上げて欲しいし、今の安倍政権の三本の矢いうのは、増税はするわ、社会福祉は切り捨てるわ、公共投資は抑えるわ、これどっち向いて矢飛ばしたんや、という事が自ずと結果出てんのに、それを継承します言う人を入れてしまうのは問題あるよね。」


日本城タクシーの社長
posted by 浪速のCAETANO at 07:34| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

将来ならあり得る話

「主流派経済学者は投獄」

ミッチェル教授
posted by 浪速のCAETANO at 20:43| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

ホンマ、入れるヤツいなかったのよ、太郎ちゃん

「大阪は与党が維新だから、対峙する相手は維新ということになるだろう。安倍政権がやろうとしてきたことを先行してやってきたのが大阪。日本における新自由主義の動きを止めるなら、実験場になっている大阪は主戦場になる。候補者を増やしていきたい」



山本太郎
posted by 浪速のCAETANO at 21:41| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

30点ぐらいなので

国民の平均点以上の
総理大臣は現れない。


かおなし
posted by 浪速のCAETANO at 11:37| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

皮剥いて放っても実は残る。実は腐ってた。

我が国では封建思想なお全盛の際に於いて封建制度だけを廃したのであるから、制度を廃せられてもその根底たるべき思想感情は依然として継続している。『我思ふ所』


尾崎行雄
posted by 浪速のCAETANO at 16:55| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

比べると恥ずいな

White House前、一度ホワイトハウスを見せたいと、両親に初めて連れてこられた小六ぐらいの少女。

「将来、ここで働きたい?」という質問に

「わたしはいや。ここの人がわたしのために働くのよ」


これが「民主主義の浸透」ってことだろうね。
posted by 浪速のCAETANO at 20:19| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

シン レッド ラインを観ていた

「戦争を美しく語る者を信用するな。彼らは決まって戦場にいなかった者なのだから」



クリント・イーストウッド
posted by 浪速のCAETANO at 00:48| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

🐴 鹿 🐂

私が嘲笑するのは、いわゆる「実際的な」人々や彼らの知恵なのです。もし人が牛のようなものでありたいと思えば、もちろん人類の苦しみには背を向けて、自分自身のことだけ心配していることもできるでしょう。


カール・マルクス
posted by 浪速のCAETANO at 08:05| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

Foreign view

「国内観光キャンペーンが最悪のブーメランに」


「専門家や医者・学者の多方からの批判にもキャンペーンを押し進める政府」


「感染者激増にもかかわらず来週から入国制限が緩和される」



オーストリア国営放送。
posted by 浪速のCAETANO at 10:10| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

お前らホンマに、、、


「私は考えるのを止めた。考えても何か言うと、官邸から恐ろしい報復がある。考えたのに何も言わないとストレスで病気になる。だから考えない。脳死すれば、夏休みも取り放題、ボーナスがっぽり。こんなに楽な仕事はない。特に老後には」

そして続けた。
「私だけじゃないよ。みんなそう言ってるよ。誰があんな馬鹿に頭を下げるのかって話だよ。でも、みんな頭下げるんだよ。そうしないと生きてけないんだから。1億5千万もらってたって、とんでもない話だよ。だけど、やる方がもっとおかしいだろ。狂ってるね。終わってるよ。この国は」


ある自民党議員が語った、安倍政権の失政に声を上げない理由。


posted by 浪速のCAETANO at 18:37| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

おお、こわいこわい、ほんまにこわい

我々が戦っている相手は残忍な連中、人間に化けた獣だ。



ウラジミール・プーチン
posted by 浪速のCAETANO at 14:22| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

ぬかよろこび

資金が大きくなるにつれ、全面的な搾取は容易になる。


カール・マルクス
posted by 浪速のCAETANO at 18:25| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

しゃかいが、、、

社会が下降状態にあるとき、もっとも苦しむのは労働者だ。労働者は、労働者という立場からして特別の圧力を受けるが、社会の状況から来る一般的な圧力も受ける。


カール・マルクス
posted by 浪速のCAETANO at 07:31| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

御用学者じゃなけりゃ普通こう

「エピセンター(感染集積地)となった東京を制圧するには20万人以上対象のPCR検査が必要」


「国民が努力しても抑えられません、政治が意思を持って抑えようと思えば抑えられます!」


本日の閉会中審議にて


児玉龍彦教授


posted by 浪速のCAETANO at 18:26| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

ホント、疲れると思う

「いついかなる場合でも無知な者と争うべきではない。どんなに賢い者でも無知な者と争うと、その瞬間に無知の仲間入りをしてしまうからだ」
ゲーテ
posted by 浪速のCAETANO at 11:16| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

ポエムかい

「私達の暮らしを支えてくださっている皆さんへの敬意や感謝、他の人達への支え合いの気持ち、そうした思いやりの気持ち、人と人との絆の力があれば、目に見えないウイルスへの恐怖や不安な気持ちに必ずや打ち勝つことができる。私はそう信じています」

我らがpm。

要は「自己責任でよろしくお願い申し上げます」「特に何かする、とか、ございません」
posted by 浪速のCAETANO at 13:37| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

人のアタマなど自然のほんの一部

もし事実が理論と合わないとしたら、捨てるのは理論の方ね。
If the fact will not fit the theory – let the theory go.
アガサ・クリスティ
posted by 浪速のCAETANO at 16:31| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

それがデフォルト

「自国の政府のあらゆる主張にきわめて懐疑的であるべきです。他の諸国の政府に対しても、同じように懐疑的であること」
「暴力を嫌悪すること。国家の虚飾と自己愛を嫌悪すること」
スーザン ソンタグ
posted by 浪速のCAETANO at 18:10| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこまでいつまで間違ったまま進むのかね?

「大量の検査をしないというのは世界に類を見ない暴挙です。感染症を専門としている人間にとって、この発想はあり得ない。感染症対策のイロハのイは、誰が感染しているかをきちんとつかむことです」


東大の児島教授
posted by 浪速のCAETANO at 06:50| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

厄災多過ぎ

マジもう日本にいたくない‼️
地震、大雨、安倍、小池。
もう嫌だ。


桃花さん
posted by 浪速のCAETANO at 12:45| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

2020年07月04日

1%のためじゃなく

I believe that right now, the American people want real transformation.

They want us to invest in health care, jobs and education for all, so that they can live their lives with dignity and security.

They want a government which represents all of us, not the 1%.

Bernie Sanders
posted by 浪速のCAETANO at 02:49| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

ステファニー・ケルトン says

私達は「赤字神話」の嘘を暴く必要があります。政府の赤字について考え方を改める必要があるのです。

コロナ禍で世界中の政府の赤字支出が膨らみましたが、これを心配する必要はありません。

政府債務残高というものは貨幣発行の記録に過ぎず、民間の経済に対する貨幣供給の総量なのです

政府の財政と、通貨を発行できない家計とを混同するのは大きな誤りですし、米英日のような自国通貨を発行する国は破綻しないばかりか、支出するための税収さえ必要ありません

そして殆どの人が、政府債務は返済しなければならず、将来世代のツケになるとも考えています。

でも、例えば、第二次世界大戦の時の政府は巨額の債務を発行し続けましたが、その債務の大きさに関わらず後世の世代は平和に過ごしていましたよ。

政府債務を個人債務のように考えてはいけないのです。事実、政府は税金を原資に支払いをしていません

政府が私達から税金を徴収するのは、支出するためのスペースを民間の経済に作るためです。

そうやって私達はインフレ圧力を回避しながら公共サービスを享受できているのです。

全ての政府支出は無から貨幣を創造することによりなされます。しかしここには制約があります。インフレという制約です。

MMTは、実際にインフレを予算編成プロセスの中心に据え、インフレリスクからすべてを保護することができると考えます。

時に政府は巨額の赤字支出をした後に緊縮財政をしこうと考えます。赤字を恐れるあまり支出を抑えたり、公共サービスを縮小したり、経済を形作るあらゆる公共投資を控えたりするのです。

しかし、財政を均衡させることがゴールなのではなく、経済を均衡させることがゴールなのです。

もし政府がちゃんと経済を良くすることに予算を使えていたら、例え予算オーバーであったとしてもそれは実体経済にとっては重要ではありません。

重要なのは、多数の人々を繁栄させるべく、公平で健全な経済を提供するために予算を使うことなのです。
posted by 浪速のCAETANO at 07:57| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

ほんまもう次から次に

「高度に適応して人間への感染力を持ちやすい全ての本質的な特徴を備えている」 豚flu。

Chinese Researcher
posted by 浪速のCAETANO at 17:26| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

Bernie to AOC


45EF3A09-ECE3-4EFE-ACC6-02A19F05AF3D.jpeg


Congratulations to @AOC for winning her primary tonight! In less than two years, she has become a major leader in Congress on many important issues, and I look forward to continue working with her to achieve justice for all working people

AOCへ。今夜.行われた予備選挙での勝利、おめでとう!2年もしない間に彼女は多くの重要課題で議会の抜きん出た指導者となった。そして私はすべての労働者たちの正義を勝ち取るために彼女とは働き続けることを楽しみにしている。


Bernie Sanders
posted by 浪速のCAETANO at 16:02| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

あーあ、騙されないようにね、遅いかな、もう

吉村洋文 大阪府知事の新型コロナウィルス対策が評価され、人気が上がっています。しかし吉村知事・松井市長が掲げた重要施策の多くが、プレスリリースすらありません。つまり「行政として何の準備もないまま、メディアで発表している」ということです。


口だけかい、親分と一緒だね。
posted by 浪速のCAETANO at 17:47| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄戦の事

「ありったけの地獄を集めた戦場」


米軍関係者
posted by 浪速のCAETANO at 16:27| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

まさに。

相撲取りが大食するように、精神を使って仕事する作家のような人間には、多くの快楽が必要だと思います。私自身、人から快楽主義者だといわれるような生き方をしてきました。 

団鬼六
posted by 浪速のCAETANO at 16:26| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

過剰なのに充分じゃなく

「TOO MUCH and NEVER ENOUGH」

how my family created the world's most dangerous man.

dtの姪Mary Trump による著書のタイトル*サブタイトル。
posted by 浪速のCAETANO at 09:47| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

バカのひとつ覚え、恥ずかしいね

「仮定の質問には回答を控える」
「個別の案件には回答を控える」
「捜査中の案件には回答を控える」
「事前通告がなかったから回答を控える」

バカ政府・バカparty・バカpoliticians


禁止にしようよ。
posted by 浪速のCAETANO at 21:50| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼の言葉の持つ「臨場感と高揚感」だな

「政治というものにこんな握力を感じたことはなかった。これこそ政治だ」

元検事の郷原信郎氏が山本太郎の出馬会見に際して。
posted by 浪速のCAETANO at 09:01| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

compare & evaluate simply

小池都知事「これからは自粛ではなく自衛の局面」

松井大阪市長「防護服の代わりに雨ガッパを集める。無いよりマシ」

大村愛知県知事「医療従事者応援金として、患者さん1人当たり100万〜400万円を病院に給付します。防護服も配ります」
posted by 浪速のCAETANO at 06:37| 大阪 🌁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

こんなんで喜んでたおれたち

「素顔隠して体隠さず」

永井豪
posted by 浪速のCAETANO at 18:04| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

流石Bernie

Let me be clear: postal workers are heroes. Letter carriers like James Daniels risk their lives every day to ensure all Americans can get the necessities they need during this crisis.

Congress must act to save the Postal Service and these essential jobs.


はっきりさせておこう:
郵便事業に関わる人々はヒーローなのだ。ジェームズ・ダニエルズのような郵便配達の人が、この危機の間、全てのアメリカ人が求める必要なものを手に入れることが出来ることを保証するために日々自分の生命を危険に晒している。

議会は郵便事業とこの必要不可欠な仕事を守るために何かするべきなのだ。



バーニー・サンダース
posted by 浪速のCAETANO at 09:34| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単すぎたかな?よいこのみんな

【なぞなぞ】「責任は私にある」と言うけれど一度も責任とったことなくて、「丁寧に説明する」と言うけれど一度も説明したことないもの、なぁ〜んだ?
posted by 浪速のCAETANO at 09:21| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

いや、まぢで

都構想っておかしい言葉なので「安っぽくてケチな大阪にする」と堂々と言ったらどうか。


大阪千太郎
posted by 浪速のCAETANO at 21:59| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

あったりまえ

I hate when random people say athletes shouldn’t get involved with politics and just entertain. Firstly, this is a human rights issue. Secondly, what gives you more right to speak than me? By that logic if you work at IKEA you are only allowed to talk about the “GRÖNLID” ‍♀️?」

いろんな人がアスリートは政治に深入りすべきではなく、自分たちを楽しませてくれさえすればいい、と言うが、わたしはそれがキライです。それは第一に人間の権利の問題だから。そして第二になぜわたしはあなたたちより口を開く権利がより少ないと言えるの?その論理で言うなら、あなたがIKEAで働いてるとして、じゃああなたは「グローンリード(ソファのブランド)」のことしか口にできなくなるけどそれでいいの?



大坂なおみ
posted by 浪速のCAETANO at 14:54| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立派な軍人はアホの政治家よりも慎重でより思慮深い

ノルマンディ上陸の際のナチのスローガンは"Divide and Conquer"(分断し征服しろ)だった。それに対する我々アメリカ軍の回答は、"In Union, there is Strength"(団結するのだ、それが力だ)だと兵士たちは教えられた」

マティス元米国防長官
posted by 浪速のCAETANO at 05:08| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

Factだけをちょーだいね。

「東京は韓国よりも死んでいる」
5/26現在
韓国5100万人で269人の死者。
東京1300万人で280人の死者。


ある医療関係者。
そう言えばヴェトナムでbuying 3 girlsのニシムラが「PCRをもっと!」の質問に「患者を増やせと言うのか?!」と反論してたけどさ。
posted by 浪速のCAETANO at 10:27| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Factだけをちょーだいね。

「東京は韓国よりも死んでいる」

5/26現在

韓国5100万人で269人の死者。
東京1300万人で280人の死者。

ある医療関係者。

そう言えばヴェトナムでbuying 3 girlsのニシムラが「PCRをもっと!」の質問に「患者を増やせと言うのか?!」と反論してたけどさ。
posted by 浪速のCAETANO at 10:27| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

prof. Yamanaka to govn. Yoshimura


「大阪モデルの基準を結果を見てから変更すると言うのです。・・この報道が本当なら大阪府の対策が科学から政治に移ったことを意味します。大阪府民として非常に心配です。人は権力や上司に忖度しますがウイルスは遠慮ありません」 covid19-yamanaka.com/sp/cont5/main.…
posted by 浪速のCAETANO at 14:19| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

今と「まんま」、ショックドクトリン

ブルジョワ階級は恐慌を、一定量の生産手段の破壊と、新しい市場の獲得、古い市場からのさらなる徹底的搾取によって克服しようとする。つまり彼らは、もっと全面的な、もっと強大な恐慌の準備をするのであり、また恐慌を予防する手段をいっそう少なくすることにより、恐慌を克服する。

(共産党宣言)


posted by 浪速のCAETANO at 09:01| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

今は「どっち?」

歴史という物は、必ず繰り返す。先ず悲劇として、次は茶番として。


カール・マルクス
posted by 浪速のCAETANO at 14:56| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

すんごいバカ(this is 維新クォリティ)

「内閣が閣議で決めるというのは、統治機構の観点から、間違っていることことではない。」


足立康史
posted by 浪速のCAETANO at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

r.i.p. w/ long tall Sally

"Little Richard epitomized everything parents feared about rock and roll. His music was brash and deviate, a screaming rush of inchoate frenzy guaran-teed to get teenage blood boiling."

リトル・リチャードは親たちがロック&ロールに関して恐れたすべての事を体現していた。彼の音楽は生意気で、不良っぽく、その時始まったばかりの熱狂的な叫び声の嵐はティーネイジャーの血を間違いなく沸騰させることになっていたのだ。

− Vernon Gibbs, 1982

#RIPLittleRichard


posted by 浪速のCAETANO at 01:25| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

交換価値でなんでも測るなよ、ばーか。

「皮肉屋とは、すべてのものの値段を知っているが、どんなものの価値も知らない人間」


オスカー ワイルド
posted by 浪速のCAETANO at 17:59| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JFK said

「あなた方が国に対して何をできるか考えましょう」という有名なケネディの言葉は、これだけ聞くと、「滅私奉公」ぽくて違和感がありまくりだったのだけど、その後に「アメリカ市民の皆さんも、アメリカ以外の国の市民の皆さんも、私達があなた達に求めている以上の事を私達の政権に要求して下さい」こんな言葉が続く、ということを、初めて知って、うわ、おれはアホでした、と反省します。
posted by 浪速のCAETANO at 00:13| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

あ〜あ、バレてる

「アベノミクスという華々しい言葉はアベノマスクという嘲笑的な言葉にとって変わられた」

「辞めたがらない安倍が贈ったのは2枚のマスク」

「108兆円は見せかけで真水はたった20兆円」


フランス某紙
posted by 浪速のCAETANO at 21:54| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俯瞰できたのはつい最近ってこと

「歴史家のJ.R.マクニールが述べているように、​世界のどこでも「経済成長」を最優先することが、20世紀における最重要の思想であったのは疑いない。……しかしながら、その突出ぶりにもかかわらず、経済成長が政府の目標として最重要となったのは比較的最近のこと​である、アメリカでは第二次世界大戦後になってはじめて、景気循環の抑制や大量失業の回避といった長年の優先事項に代わって、成長が経済政策の主要目標となった」


デレック ボック
(ハーバードの元学長・法学者)
posted by 浪速のCAETANO at 02:08| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

W-G-WではなくG-W-Gダッシュ

「私は「資本主義」を独自の定義で用いている。すなわち、「​無限の資本蓄積が優先されるシステムとして定義される史的システム​」という定義である。」

ウォーラーステイン
posted by 浪速のCAETANO at 04:58| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

パンデミックの中で

「そうなのです。利他主義とは最も合理的な利己主義なのです」

ジャック・アタリ
posted by 浪速のCAETANO at 15:58| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

さて、いかほどの人々が、、、?

人間は自分の運命を支配する自由な者のことである。


カール マルクス
posted by 浪速のCAETANO at 09:42| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

西の端から見ててもそう見える

CNNは、昨日、日本駐在の北朝鮮専門の特派員が長めの時間を担当して、日本におけるPCR検査の操作ほか、様々な問題を指摘し日本はもう持たないという意味を含ませた報道をしている。

CNN

CNNのほかも既に同様な見解で、海外メディアは、もう日本は破滅一直線という判断をしている。
posted by 浪速のCAETANO at 08:41| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする