2011年05月21日

パッカンでうっふん

 もうそろそろ「真夏日」も近かろう。

 春というか初夏だけと、この時期に「喰っとかなきゃいかんもの」があって、今季・3度目となるが、昨日も喰っちゃった。

 それは蛤である。

 蛤を砂出しして、「ただ煮る」それだけのことなのだが、それが良いわけですよ。

 調味料は一切入れない。ただ蛤ちゃんの「持ってるもん」だけで良い。

 アサリとは違ってお肌つるつるの蛤ちゃんは「出」が違う・という印象がある。庶民ではないニュアンスを持つ。

 水の段階から蛤を煮る。最初は余裕かましている蛤ちゃんだが、そのうちに「ん? なんかあったかいし」「ん? なんか熱いし」と思っている間におそらく気を失うのであろう。殺生であるがこれは「しょうがない」。年に数度・しかもこの時期限定であるから許していただく・勝手ながら。

 クライマックスは意外と早くやってくる。火のそばについていなければ、その瞬間に立ち会えない。

 それは「パッカン」の瞬間である。

 アサリとはこれ又異なり、そのパッカンも存在感がある。

 蛤はオンナである。カエターノなら「哀しみはオンナである」というところだが、浪速のカエターノになるとかようなグレード・ダウンとなる。しかしそれがどうした。

 蛤はオンナである。サルタヒコも蛤に手を挟まれて、海中へ沈んでいった。

 そのパッカンは最初の一個目がやはりイムパクトがある。蛤はやや大柄のオンナである。パッカンにもダイナミズムを伴うエロチシズムがある。どれが最初のパッカンか。おれはいつも目星をつけるがいつも外す。ちょっと出てきたアクを掬ってやや白濁したスープもろともちょいと気取った丼に入れる。ねぎもいいが、おれは茗荷を散らす。

 酒は断然日本酒だ。冷やしておいた辛口をスープで飲む。パッカンしている内部ももちろん良い。かわいい貝柱もこそげる。

 昨夜はホタルイカと男前豆腐が脇を固めていた。

 蛤のスープは絶品である。あっという間に酒が空く。

 良い初夏の夕餉だったのだ。



  
 彼女は探偵を見張っていて
posted by 浪速のCAETANO at 14:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

今夜から雨・よりはじめて

 今夜から雨だってさ。

 雨もまた良し。銀行まわりのついでにスーパーに行くが、ほんまに納豆品薄だ。おれも「四万十川の海苔」という納豆が大好きで、それを食べ出してから納豆にネギも芥子も要らなくなった。しかし、最近とんとお会いしてない。ご無沙汰だ。おかめ納豆特製昆布たれ付きで我慢する。だが特製昆布たれ付きぐらいではもう満足できないカラダになっているのだ。どーしてくれんのよ。「四万十川の海苔」が恋しい。納豆なんかカラダにいいに決まってるとこにもってきて、ダイエット効果だから、しかしほらやっぱりマスメディアのチカラはこんなにも大きいことの証明ともいえるわけで、またみなさんなんか健康的に「後ろめたい」とこがあって、魔法の杖・が欲しいのね・そうなのね。
 確かに納豆は偉大で、病原性大腸菌O157など納豆菌にとっちゃ朝青龍と幼稚園児の取り組みみたいなもので、なんか「当たりそうやな」という時は納豆をたべれば絶対に食中毒にはならないくらい偉大なわけだから、日本人エラいっ!!!なんですけど、発酵食品というものは世界のどこにでもあり、そこらへんの詳細は小泉せんせの著書をよんでみなさん各自に考えていただけたらいいと思うんですがこないだ行った江戸前の鮨も、それはなれ鮨の超はや鮨みたいなものでそれと赤ワインはやっぱり旨かった・と思うわけ。普通の寿司屋のなかにもたま〜にワインを置いてるとこがあって、そういうとこでたこの柔らか煮や蒸し鮑に肝を乗せてもらってとか、あとは穴子の甘ヅメとかでそれには赤がよく、穴子の白焼きの塩なんてときは白が欲しくなる。あとお家でできるオススメの赤用の肴といいますと、蛤を醤油かけて焼く・ただそれだけ、それが赤とむちゃ合う。おれは寿司屋に行ってもただ「酒を飲みたいだけ@栄寿司の大将」というやつみたいなので、しかし、それなら毎日飲んでいる赤を飲みたいもんね。お弁当作ってハイキング・なんていうとオコチャマみたいだが、まあそんなことをする際にも、酒何を持っていくかとなるとやっぱりそれは「赤」。常温でも大丈夫なことと、お弁当のおかずはなかなか味付け濃いから合うんだね・これが。世界観がワインを飲むことを中心に回っているから、ジャンルやなんやかんやがもうどうでもよくなっちゃってて、中華やギョーザなんてものすごく合うし、焼肉、すき焼き、OKOK、鍋にはスパークリング(シャンパーニュなんていわないとこがビンボーで共感呼ぶとこか)か白、まあとにかく探してるわけ、日々。だから鮨とワインの取り合わせはみなさん「・・・」となるが、そんなことないのよ・と言っておきたい・と思うわけなのよ。本日は肉じゃが・しば漬けにスペインのグランレゼルヴァかな・と思ってる。肉じゃがにも赤を100ccほど入れておく。口直しにしば漬けと生山葵いうわけである。

 いやー食の世界ってのもボーダーを取り去っていけば全然楽しいことだらけである。これこそみなさん・おえー・かもしらんが吟醸酒にブルーチーズなんてのもイケルのよ・これがまた。偏見・先入観をいかに除去するか・というのはなかなかハードル高いのかもしらんが。
seven3.jpgわからないが

 
posted by 浪速のCAETANO at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

寿司には・・・よりはじめて

 寿司の取材で京都まで行くが、あまりの話の盛り上がりと旨さに帰れなくなって泊まってきて今帰ってきた。

 いやー、そうこなくっちゃ。くわしくは2/1発売のミーツを・なのだけど、イナカモンはおれは嫌いである。生まれがどーこーと言ってるわけじゃなく、日本的洗練でなければいけないというわけでもなく、それは例えて言うなら贅と贅を出合わせることに人は躊躇すべきではなく、その際には研究も必要で、そうでなけりゃ「旨いもん」には巡り合えないのよ。そこにはある意味執着もあっていいじゃないか・ということなのね。よーわからんやろ、それ以上説明してもムリだからこの話はここで終わる。

 まあでもディナーという概念が喰いものになるということとはそんなことでした。

 さて遊んでるうちに松の内も終わり、オシゴトオシゴト・であった。センター試験も2週間後に迫ってきた。録音の準備と各方面への根回し(嫌な言葉だ)もしなきゃならない。TODO O MUNDO及びデットエンドストリートも一触即発状態が続く。もー・ヘ〜ンタイ・じゃなくタ〜イヘン。ま・「凶」なのでぼちぼちやんないといかんのね・これが。よく考えてみると、一昨年もおれは「凶」やったんだもんね。こんなヒトあんまりおらんのじゃないの? イノチがあるだけでも「よし」とスべきなのだろうか? よくわからない。よくわからないがハラも減る。本日カレーを作ろうと思う。
seven3.jpgだからなんなのだ
posted by 浪速のCAETANO at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

マル呑みかー・しかし

 衝撃の映像を見てしまった。写真を拡大したが、なんだかみてはいけないものみたいな気がしてじっとは見れず、「え・どこがとうなっとんねん?」とは思いつつも、おかんのヌードを目の当たりにしたときの感じ・ってなんとなくわかる?

 それはマレーシアのクアラルンプール発。6mのニシキヘビが羊を丸呑みして動けなくなってる・という図だった。羊はほとんど呑み込まれていて、しかし、なんか毛みたいなものが残ってたから、尻尾かな・あれ? いずれにせよとにかく、そのヘビは自分の身体より幅のある羊を呑み込んでいるわけなのだ。羊はアタマからイカれとったからもう窒息死しているだろう。

 でもさあ、どんな情況で呑み込まれたりするのか? カエルはヘビに睨まれると動けなくなるなんてのは聞いたことがあるけど、羊もそうだったんだろうか? しかし、そのう、いかにハラ減ってたとは言え、いかに口が、んがーっと開くとは言え、自分より幅のあるもんを喰おうなんて思うってのがびっくらこく。その食い意地に畏れ入る。そしてほぼ喰いきってしまうという初志貫徹にも畏れ入る。途中で「ん・こりゃちょっとムリかな?」なんて発想はないんだと思う。それかヘビの身体自体が消化管のようだから口に入れたその時から蠕動運動が始まってもう後戻りできないのかもしらんのかも・とも思う。

 頭から喰い始めて、まず窒息させて身体の動きを止めてからゆっくりゆっくり呑み込むんだね。ものすごく理にかなっててそれにも驚く。たまにこんな話は聞くが、実際に見たのは初めてかもしれない。あーびっくりした。しかし、そんな死に方したくないですね。

 まわりで動くものすべてが「喰いもの」であった。そこからヒトも進化してきたわけで、そのあげくに「理性」なんてものを持ったわけだけど、その理性が重たくなってきてる。やむごとなき親王の誕生と親殺し・子殺し・友達殺しが同時多発する日々だから。天皇家も大変だと思う。理想の家族を演じることが仕事なわけで、現在理想の家族なんてない上で、天皇家というみんなの幻想の中にしかそんなものはないわけだから、それが大変だと思う。自分は象徴天皇という存在を否定はしないけれど、ただ万世一系なんてウソはちょっといかんやろなあ。何かが続いてきたのは確かだが、きっとそれは「血」ではないでしょう。続いてきたのは最初は権力でのちに権威を現すなにかだったろうと思う。人は延々物事を考え続けることなんてできないから、システムを作ろうとする。そして一旦作ったシステムを保持しようとする。皇室典範というのはまさにそのことで、そのシステムが幻想を生む。そしてその幻想も物語によって補強される。古事記・日本書紀がまさにそれであって、それはいいように言えば「伝統」とも言えるだろう。でもそのときそのときの権力に都合のいい作り話とも言えると思う。ただ権力の質の変遷が物語の一貫性に影響を与える。時々辻褄合わなくなる。

 それにいちいちめくじら立てて騒いじゃうほど元気でもないのだが、あまりにみなさん手放しで喜んでおられる「慶事」なので、まあそれはそれでいいのだが、その親王が即位する時代のことを想像すると、それは30〜40年後だと思うのだが・なんか社会の変動と世界の変動がなんかものすごいことになってて、皇室自体の存在もまた今とは変わっているはずだからなにかしら不安のようなものを感じてしまう。

 もう人類は理性の頂点を見てしまっている気がしてて、種としての発展進化はもう終わってて、しかしテクノロジーは慣性で発展するものだから、その対象としては次は内へ内へと入って行くしかなく、しかし、内部を客観化するって必ずしも幸福なことではないと思うのよ。ノー天気に今まで生きとったやつが、「キミのノー天気の根拠はここにありました」なんてカウンセリングされるみたいなもので、そうやって人によっちゃ持たんでもいい客観性を持たせられて・みたいな、長嶋茂雄みたいな人はもう現れないというか、B型にとってはさらに生きにくくなる世の中が待ってる。何かに反抗してりゃよかった時代はハルカ昔に終わり、何か小ちゃなモノでもいいから「作る」ことが大切なのだが、でもたまにそんなことがかったるくなり・ジレて先のヘビのようにムチャをしたくなる自分を見る。いかんのだけど・な、これがまた。
posted by 浪速のCAETANO at 12:21| Comment(1) | TrackBack(1) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

おっと金曜日だ・よりはじめて

 さて金曜日だ。塾は本日で前半終了。お盆開けからは人が増えて気ィ狂いそうなぐらい忙しい。

 まあそれはいい。さっき銀行へと江坂まで行ってきたが、暑さで朦朧となった。朦朧となったおれのチャリは、むこうからやってきた、ほぼ間違いなく朦朧となっていたに違いないおばあさんのチャリとニアミスしてアブナかったわけだった。あのよろけ方は尋常ではなかった。おれは回避したとしてもその後ちょっと心配。

 金曜はレシピの日だ。本日はガスパチョを作ります。材料はいろいろあるのだが、明日からしばらく留守にするから、残ってるもの中心で、トマトソースがアホほどあって・ワインのおまけについてくるのだが、使わない手はなく、こういうおまけ歓迎。電池式しょぼいミキサーも一回ぐらいは使ってあげようっと。ニンニク・タマネギ・ズッキーニ刻みます。パプリカフォークに刺して直火で黒こげにします。これ食いもんにおもえんなあ。しかし、その真っ黒の皮を剥くとしっとりした元の色が現れる。そして刻みます。ミキサーに投入。トマトソース投入。塩・タイムぱっぱっ、クミン・ターメリックはお好みで。おれはお好み。ワインビネガー・エクストラヴァージン。そしてスイッチオン・オン・はいオン・オンだって・・・なんでなん?

 パワーなさ過ぎのコンジョーなしミキサーは回らない。結局小分けして10回ほどに分けてミキシング完了。やっぱちゃんとしたの買おうかな。ま・本日は・もうよし・それで。

 カッペリーニもワインのおまけでどんどん溜まってる。こいつも消費しなきゃなあ。そうだ・このガスパチョ使って冷製いっとこう。ほとんどソーメンだもんね・これ。

 で何かサカナ焼こう。そしてサルサリモーネとエクストラヴァージンで喰っとこう・と決定。白開けて・と。めでたしめでたし。

 イタリア・南仏・スペイン・ポルトガルだったらなぁんにもメシの心配なく旅行も出来るし、住んだりするのも大丈夫。喰いものと飲み物が違和感なしって大きい。南仏・スペインのワイン、値打ちがあってコストパフォーマンスもばっちりだ。日々飲むわけだから、安旨に限るんだけど、それがいい。金沢のタクシーのおっちゃんも「やっぱ立山は普通酒よ」と言っていたもんなあ。毎日飲んでそれが旨いって偉大である。

 しかし、本日きっと目ぇ回る。まあ能力総動員の4時間である。がんばってみよう。
ラベル:ガスパチョ
posted by 浪速のCAETANO at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

人類は麺類

 スパゲッティーニ・長崎チャンポン・長崎皿うどん・ビーフン・そば・そうめん・讃岐うどん・うまかっちゃん・マカロニ・ペンネ・幸麺・韓国辛麺・焼きそば・カレーヌードル。家にある麺類だった。

 麺好きだ。ちゃっちゃと喰えるのがいいのだけど、この時期は一番の頻度といえば「素麺」だなあ。薄焼き卵・ハム・キュウリ・レタス・煮しいたけ・梅干し・ネギ・わさび・モミ海苔をセッティングして素麺を茹でる。2分ちゅうのがいいじゃないか。もうあっという間である。他のことに気を取られてると、もともと根性のない麺であるので、ふにゃふにゃになってしまう。しかし、慌てるな!!!たとえそうであったとしても冷水で揉みに揉み、水に浸して氷を浮かすと、ちょうどよいちょいヤワアルデンテぐらいに復活するもんね。

 そこから先はもう難しいこと言わずに先に上げたトッピング(いやな言い方ではあるが)と共に無造作につるつるーっと喰えばいいだけである。特別本醸造の冷たい酒なんかあればもっといいが、ビールでも泡盛でもいいっすね。

 そばもじぶんで乾麺茹でたりすんのも好き。精進揚げのかき揚げなど、横で揚げながら、麺を茹でる。こちらは5分ほど。やっぱ・こっちアルデンテがいい。出し巻きなど用意しとくと自分ちが三流の蕎麦屋みたいな感じでよろしい。お金いただいたりしなくていいから、基準はあま〜く。これにも純米の冷えたのなんてあればかなり至福の時である。

 休日の昼間には長崎皿うどんをよく喰う。豚・イカ・エビ・貝・カマボコ(これ・ポイント)タマネギ・キャベツ・にんじん・もやし(これも・ポイント)をジャージャー炒めてついてるだしを水溶きして餡かけにしてパリ麺の上に。これにはビールが旨いけど、泡盛だって。コーレーグスなんてかけてピリ辛も夏の昼間にはいい感じ。汗かいて食べる。

 ラーメン類はなんでもかんでも放り込んで一緒に煮る。小鍋でやる。そしてそのまま喰っちゃう。この自堕落さがいい感じ。学生時代を思い出す。さほど成長しとらんことを自覚しながらね。
 
 ペンネはなんか・たとえばカスーレなど作った時にそれをかけて喰ってしまう。スパゲディにレトルトのカレーなども悪くない。昼メシに時間かけるのってばからしいのだ。晩メシは別よ。

 麺とは言えんがすき焼きや肉じゃがに入ってる糸コンも大好きである。鍋のシラタキとかね。小麦粉はなかなかエラいと思う・昨日今日明日なのだった。自給率あげる努力をするべきだよね。

blade.jpg「うどん・なんか旨そうだったな」
posted by 浪速のCAETANO at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

夏は・・・・・・・・

 夏は鰻である。土用の丑も近いことだが、背開きの中〜小振りの関東風の蒸しがはいったやつを山椒まみれにしてかっ喰らうときのあの喜び。至福とはそんなことをいうのではないか。
 
 夏は貴船である。市内が35度超の体温日であったとしても、貴船までのぼれば5度は低い。さらに床に座ればさらに5度低い。上に羽織るものが要るほどだ。熱燗なんか飲んでしまいたくなる。大した酒はないんだけども。今なら鱧しゃぶか?別に鱧づくしでなくとも、鱧はどこかで登場する。普通の懐石のバラエティの方が良い。貴船のとっくりはあっという間になくなってしまうからおねえさん(この時期はみ〜んなバイト)にしょっちゅう頼まないといけない。2本ずつ頼むのがいいかも。時間は昼間も涼しいがやっぱり、夕暮れからか?あの提灯の列による別世界感は言うに言えんものがあるからね。ちょいとだけ貴族にお近づきね。

 夏は冷や奴である。ikariでろくろ豆腐を買ってくる。二つに切ってガラスの皿へ盛る。ひとつはねぎとしょうがと花かつお、もうひとつは、これは最近気にいってるのだけども、納豆に四万十川のノリ付きというのがありまして、この納豆に今ハマっとりまして、これをろくろ豆腐の上にのっけで喰う。後半ではもみのりを散らす。オーソドックス版はビールにこちらは酒に合う。残ったらごはんにかけてしまう。

 夏は水茄子である。袋から出し、水気を切って、しょうがをのっけで山椒か七味をぱらぱらやりながら酒を飲む。喰っても喰っても爽やかなこんな喰いもんはないかも知らんなあ。

 夏はお茶漬けである。食欲が落ちるときに、でもやっぱりなんか喰わなきゃいかん。しかし、そのバリエーションは無限にある。そのなかでも多用するものは塩こぶと梅かな。じゃまくさくなくっていい。それにごまとあられともみのりプラス山葵、これで完璧だ。たまに納豆茶漬けもいい。お茶は熱くても冷たくてもどっちでもそれなりにいい。

 そして夏といえば、大根おろし茶漬けである。うーん、正しくないな。こんなの。大根おろしを大量に擂る。ごはんにたぷたぷになるぐらいにかける。花かつおをばらまいて醤油をかけて、ただこれだけ。ものすごく旨いのよ、これが。これで酒が飲める。いや、ほんとに。

 さらに、夏といえばスパークリングでしょう。舌先で気泡がぷちぷちいうあの感触。まあ赤やロゼのスパークリングはうちの店で飲んでいただくとして、本流の白泡をきんきんに冷やしてというのはやっぱりこのクソ暑い時に身体が正直に求めるものだと思う。刺身にはちょっときついが、焼いた魚だとか、天ぷらだとか、カレー、そして夏の鍋などにはどんぴしゃであると思います。

 個人的に明日から地獄の日々が始まるので、自分を元気づけるために書いていますが、みんなの夏に少しでも貢献できれば、よいですなあ。
posted by 浪速のCAETANO at 12:33| Comment(1) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

焼豚を作ろう。なんかやっとれんから。

 なんでテロやねん。といっても起こるものは起こる。
 ばかがひとり、自分のことを棚にあげて、延々メールしてくる。

 気が滅入るときは料理に限る。自分のためにめしを作る。これで幾度救われてきただろうか?
 
 豚ロースの脂乗ってるやつが冷凍庫にあった。自然解凍が間にあいそうになかったから、レンジにて強制解凍して塩・胡椒を全面になすりつける。卵焼き器がジャストサイズだったので、それを使うことにする。ニンニク二欠け手のひらで潰して、生姜なかったからおろし生姜をニュルッと出して余ってたネギもぶつ切りにしてオイルで炒め、香りがたったところで豚ロースの脂面から押し付けていい色にする。四面ともいい焦げ目がついたところで、ザラメと醤油、それと夕べの残りの赤シャンパンで煮る。すぐに水気なくなるから何度も足す。おっと八角忘れそうやった。小一時間ほど5分おきでチェックに行き、足りなけりゃシャンパンを足すが、あー、なくなっちゃった。酒にタッチして足す。ちょいと醤油も足す。味をみるがうん、いいいい。

 BGMも大切である。ゴールドワックスのオムニバスだった。スペンサー・ウィギンズがすばらしく、いい気分になる。終わって次はカルロス・リラにする。インタヴュー気合い入れていくぜ。お、なんとなく元気なってきたぞ。

 そろそろいいんじゃないか。端っこを削って口に入れてみる。おー、うめ〜よ。ラーメンやチャーハンのともにしようか、今晩これで焼酎でも飲もうか。ばかは許したろか。テロはそうはいかんが。
posted by 浪速のCAETANO at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする